NCIS ネイビー犯罪捜査班

NCIS ネイビー犯罪捜査班

シーズン数17
IMDbスコア7.9/10
ジャンル 犯罪, サスペンス
主要出演者マーク・ハーモン デヴィッド・マッカラム マイケル・ウェザリー
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

捜査班というので警察組織の一つと思えるが、実際はアメリカ海軍に関する事件を捜査する海軍犯罪捜査局をNCISと呼ぶ。(NCIS: Naval Criminal Investigative Service)少し横暴だが頼れる絶対的リーダー・ギブスをはじめ、元殺人課刑事のプレイボーイ・トニー、ファッションが奇抜なゴス系科学捜査官アビーら個性派揃いのチームが、殺人やテロ、暗殺など、さまざまな難事件の捜査に挑んでいく。

NCIS ネイビー犯罪捜査班の感想

ダーク・エンジェル」に出演していたマイケル・ウェザリーがプレイボーイ役で出演していたので、シーズン1からリアルタイムで見ていた(彼の代表作はダークエンジェルではなく今や「BULL」)。リーダーのギブスが部下の頭を叩くシーンはドラマとはいえ、よく問題にならないなあ〜〜と当時から思っていた。テックガイ(技術担当)のマクギーがシーズン後半になればなるほど痩せていく(ダイエット?)のは長寿番組ならではだろう。シーズン1から各出演者の個性が決まっていて、多様性があり、お互いの掛け合いが楽しいことが、普通の犯罪ドラマとの違いかもしれない。また海軍の捜査局同様に陸軍の捜査局(アメリカ陸軍憲兵隊)もあり、そちらはトム・クルーズ主演の映画「アウトロー」や「ジャック・リーチャー」がある。
クリミナル・マインド」のスピンオフはどれも短シーズンだったのとは対照的に、NCISからスピンアウトした「NCIS:LA ~極秘潜入捜査班」、「NCIS: NEW ORLEANS/ニュー・オリンズ」ともにシーズンを重ねるぐらい成功している。

NCIS ネイビー犯罪捜査班を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編


「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 」シーズン16 予告 – YouTube

Season1 エピソード

第1話 大統領の警護

エアフォース・ワンに搭乗中の海軍将校が謎の突然死を遂げる。もしかしたら毒殺で、犯人の真の狙いは大統領なのか…? NCIS捜査官のギブスたちは、ケイトやFBIと衝突しながらも、死因の究明に挑むが…。

第2話 パラシュートの罠

降下訓練中の海兵隊員がパラシュートの故障で地上に激突して事故死。現場を調べたギブスは予備のパラシュートが使われていないことに不審を抱く。何者かが細工したものとにらみ、整備士や同僚を尋問したところ…。

第3話 船乗りの真実

海岸に海軍中佐ファレルの死体が打ち上げられ、近隣で麻薬の売人の射殺死体も発見される。マスコミはファレルが麻薬の密売に関わっていたと報道。だが、ギブスはファレルの潔白を信じて捜査を進めると…。

第4話 不死身の戦士

19歳の一等水兵マクドナルドが正装して腰に重りをつけた水死体で発見される。死因は他殺か自殺か?マクドナルドが所属する駆逐艦に乗り込んだギブスは、彼があるオンラインゲームに熱中していたことを知る…。

第5話 ミイラの呪い

メリーランド州の森の中で海軍の古びた貨物ポッドが発見され、中を開けるとミイラ化した男の死骸が。男は1994年に失踪したシルズ大尉で、海軍の金庫から120万ドルの現金を盗んだ容疑をかけられていた…。

第6話 公海の英雄

ギブスのもとに元部下のバーリーから協力要請の電話がくる。バーリーは空母エンタープライズ内で蔓延の疑いがある薬物汚染の捜査をしていたのだ。ところが薬物反応で陽性が出た兵士ウィルクスが突然の変死を遂げ…。

第7話 潜入者

産業廃棄物を入れたドラム缶から腐敗した水兵の死体が発見される。どうやら潜水艦の乗組員らしいが、名簿を調べても行方不明者はゼロ。ニセ者の兵士が紛れ込んでいるとにらんだギブスは自ら潜水艦に乗り込む…。

第8話 死のエメラルド

運転中に死亡したサイード二等兵の胃腸管の中から大量のエメラルドが見つかる。キューバのグアンタナモ基地に飛んだギブスらは、サイードと親交があった現地のNCIS捜査官ポーラに事件のことを隠して接触する…。

第9話 死者からの電話

海兵隊員キッドウェルの葬儀中に、妻のサラに 「奴らを信じるな」という謎の電話がかかる。驚いたことにサラは電話の主が夫と主張。ギブスはキッドウェルはたある極秘任務に事件の謎が隠されていると考えるが…。

第10話 埋められた女

生きたまま埋められた女が自力で地中からはい出してきた。ショック状態で記憶喪失にも関わらず、彼女は「軍艦に爆弾がある!」と驚くべき言葉を叫ぶ。ケイトは彼女が記憶を取り戻せるように励ますが…。

第11話 スパイ衛星

海岸で男の他殺死体が発見される。被害者は新型ソナーの開発に関わっていたイーガン少佐で、開発メーカーとイーガンの確執が発覚する。だが、何者かがスパイ衛星を操作して殺人現場を覗いていたことが判明し…。

第12話 歩かない脚

ゴミ捨て場から切断された男の右脚が発見される。手術で埋め込んだシリアル番号から、被害者はドーン一等兵と判明。だが、記録によると彼は2年前に死んでいるのに、見つかった脚は死後24時間以内のものだった…。

第13話 一発必中

海兵隊の事務所でアルヴァレス軍曹が射殺される。ギブスたちは怨恨の線から犯人を探るが、数日後、別の事務所の勧誘員も射殺されてしまう。そこでギブスは、自ら囮になって犯人をおびき出そうとワナを仕掛ける…。

第14話 完全なアリバイ

海軍少佐のジュリアスが全裸で後ろ手に縛られた射殺死体で発見される、同じ手口による第2、第3の殺人も発生。捜査の結果、3人目の被害者の妻ローラが容疑者として浮上するが、彼女には完璧なアリバイがあった…。

第15話 不可解なものたち

イラクでフセインの金を輸送中の海兵隊将校が行方不明になり、偽名で帰国していたことが判明。容疑者のライアン大佐はギブスの元上司だった。ライアンの無実を信じるギブスは彼から“陰謀”の存在を聞き出し…。

第16話 それぞれの悪夢

イスラエル大使館の要請で検死をすることになったダッキー。だが、死体袋の中の男は生きており、銃でダッキーを脅して検死室に篭城する。一方、異常な事態に気づいたギブスは人質救出チームに出動を求めるが…。

第17話 真実はそこに

ナイトクラブの天井裏からゴードン一等兵曹の死体が発見される。死体には死後、服を着せられた形跡があった。彼の部屋を調べたトニーは4万ドルの現金を発見。事件には彼の4人の同僚が関与しているようだが…。

第18話 特殊部隊員の脱獄

妻を殺害した元特殊部隊隊員のカーティンが脱獄。ケイトは彼の幼い息子の警護を任されるが、突然現れたカーティンに拘束された上に銃を奪われてしまう。やがて逃亡を続けるカーティンの意外な目的が判明し…。

第19話 ダイイング・メッセージ

NCISの捜査官パッチが腹を切り裂かれた無残な死体で発見される。数日前、彼の相談を断っていたギブスは強い罪悪感にさいなまれる。やがてパッチが3年前の未解決事件を調べていて、それが殺害の原因とわかり…。

第20話 消えた海兵隊員

海兵隊員が次々と姿を消す不可解な出来事が発生。その中のひとり、アトラス一等軍曹が核爆弾製造の知識を持つ爆弾処理班だったことから、NCISに捜査が託される。アトラスは狙われていると怯えていたというが…。

第21話 潜入捜査

クワンティエコ基地で兵器の管理責任者だったグリム三等軍曹が無残な死体となって発見される。グリムが秘かに武器を横流ししていたと踏んだギブスは、トニーに客を装わせて密売組織への潜入捜査を命じるが…。

第22話 転落の真相

ロープで断崖を降下する訓練中に、特殊部隊のジョンソン大尉が転落死する。直接の原因は用具の破損だが、ギブスは事故ではなく何者かの細工による殺人事件と推定。やがて、事件の意外な真相が明らかになる…。

第23話 目覚め

かつてNCIS本部に篭城し、まんまと逃げ失せたテロリストの逮捕に執念を燃やすギブス。しかし、いっこうに敵の正体はつかめないでいる。そのころ、再び動き始めたテロ組織にケイトが捕まってしまい…。

Season2 エピソード

第1話 硫黄島の記憶

国防総省に勤務する海軍大佐の妻と目の不自由な幼い娘が誘拐される。その直後、犯人は大佐に200万ドルもの大金を要求。大佐から極秘に依頼を受けたNCISは、救出作戦を開始する。

第2話 歪んだ愛の行方

海軍基地の宿舎跡で、ミイラ化した花嫁姿の女性が発見される。その部屋は、犯人の手によってなぜか1950年代の家具で統一されていた・・・。

第3話 闇に潜む誘拐犯

小さな田舎町にミステリーサークルが突如出現し、そこで海兵隊のヘリが発見された。操縦士と副操縦士の姿はなく、ギブスたちが捜査に当たるが、町の住民は彼らに強い警戒心を示す。

第4話 消えたパイロット

海軍基地内でレイプ絞殺体が発見され、NCISは現場へ向かう。死体を見たダッキーは、10年間未解決のままのある事件を思い出す・・・。

第5話 名前のない大尉

海兵隊の爆撃訓練場でFBI潜入捜査官の遺体が発見された。NCISは、マフィアがそこに長年死体を捨て続けていた事実を突き止める。

第6話 裏切りの代償

スーパーマーケットの駐車場で海軍少佐の車が爆破された。彼女にはアフガニスタンで民間人を誤爆した過去があった。NCISはテロリストの襲撃から守ろうと、少佐と家族の護衛に当たる。

第7話 除隊直前の恐怖

第二次世界大戦の名誉勲章受章者が、約60年前に硫黄島で親友を殺したとNCISにやってくる。真実は他にあると感じたギブスたちは、彼を刑務所に行かせないために奮闘する。

第8話 秘められた真実

まるで“人体自然発火現象”のように突然炎に包まれ、焼死した海軍中佐。NCISは彼の死の謎を探る。

第9話 逃亡者トニー

レイプされそうになり、男を撃った海兵隊員の妻。しかし犯人は、彼女の恋人だったと主張する。メールのやり取りも見つかり、被害者がわざと自宅に男を誘い入れた疑いが出てくる。

第10話 偽りの情事

囚人のふりをして窃盗犯と共に護送車から逃亡したトニー。鎖でつながれた2人をギブスたちが追跡するが、途中で行方不明になってしまう。

第11話 湖に沈んだ男

2年前に失踪した海軍大尉が、車ごと湖に沈んだ状態で発見される。場所を言い当てたのは、これまでにも数々の事件を解決してきた探偵だった。ギブスたちは彼と協力し、一緒に捜査することに・・・。

第12話 過去からの復讐者

バラバラに刻まれた3体の死体を検視するなか、ダッキーは1体が自分の知る人物だと気づく。残り2体の身元も判明し、ギブスたちはただならぬ事態に捜査を急ぐ。

第13話 生き写しの捜査班

海軍兵曹が殺されたとの通報が入り、ギブスたちが駆けつけると遺体は消えていた。死は偽装だったと分かった矢先、彼が実際に遺体となって発見される。

第14話 目撃者

海軍兵が絞殺されたという通報が入るが、現場には争った形跡も死体もない。ギブスは事件性を見極めるべく、新米捜査官マクギーに担当させる。

第15話 テープに残った真実

海兵隊員がキャンプ中に崖から落ちて死亡する。NCISは、彼が死の直前まで撮っていたビデオを手掛かりに捜査する。テープに残されていた真実とは?

第16話 ポップスター

バーテンダーが目を覚ますと、隣で寝ていたはずの女性が死んでいた。彼女が海軍の兵曹だったことからNCISは捜査を進めるが、バーテンダーは自分が家に連れ込んだ女性とは別人だと主張する。

第17話 目には目を

海兵隊下士官の元に女性の目玉が送られてくる。ギブスたちが捜査を始めた直後、彼は自殺。その後、南米で諜報活動を行っている彼の教官の存在が浮かび上がる。

第18話 スプリング・ブレイク

ビキニ・コンテストに出場予定だった海軍兵曹が殺害される。NCISは彼女のストーカーが怪しいと考える。

第19話 モンスターの陰謀

イラクで婚約者を亡くして以来、精神が不安定になった海軍兵曹。彼女は兵士に襲われると必死に訴えるが、担当医は妄想にすぎないという。そんななか、彼女が病院で首を吊って自殺する。

第20話 秘密クラブ

予備役将校訓練課程の海兵隊員が首の骨を折られて殺害される事件が起きる。被害者のコンピューターから手掛かりを探しているところに、謎のインスタント・メッセージが次々と届き、捜査は迷走する。

第21話 英雄の真実

イラクで仲間を救って戦死した海軍の衛生下士官。そんな彼に、かつて故郷で人を殺した疑いが出てくる。ギブスたちは彼の潔白を証明すべく捜査に当たる。

第22話 死の口づけ

トニーがNCIS捜査官あての手紙を開封したところ、白い粉が飛び散る。NCIS本部では生物テロの対応措置がとられ、ギブスたちは粉の正体の解明を急ぐことに・・・。

第23話 帰ってきた宿敵

ドライブ中、2人の海軍兵が何者かに殺され、1人は両手を切り取られていた。 現場に向かったギブスたちは、被害者の車に仕掛けられた爆弾で命を落としかける。

Season3 エピソード

第1話 アリを追え! (前編)

テロリストのアリの手によりケイトを失ったギブスとNCISチーム。悲しみに打ちひしがれる彼らの前に、新しい捜査官ジヴァが現れる。彼女はアリとのつながりが疑われている人物だった。

第2話 アリを追え! (後編)

巧妙な手口でダッキーを誘拐したアリ。ギブスはケイトの死の復讐を遂げようと、アリとの決着へ向かう。一方、ジヴァを尾行していたトニーは、彼女が偽造パスポートを用意していたことを突き止める。

第3話 マインド・ゲーム

多数の女性を殺害した連続殺人鬼の死刑執行を控えたある日。その殺人鬼は突然、ギブスとの面会を条件に、未だに発見されていない「遺体の隠し場所を教える」と言い出す。

第4話 南北戦争の遺産

南北戦争時代の墓から保存状態の良い遺体と、当時には決して存在しない携帯電話が見つかった。NCISチームは、遺体が失踪した二等軍曹で、生きたまま埋められ、窒息したことを突き止める

第5話 入れ替わった2人

NCISは、殺された海軍下士官が二重生活を送っていたことを探り当てる。しかし、下士官が死に際につぶやいた言葉がギブスたちを間違った方向へと導いてしまう。

第6話 海兵隊員の妻たち

ある伍長の妻が行方不明になったと通報があった。家宅捜索に向かったマクギーは、彼女がネット上で公開された殺害映像を見ていたことに気づく。ギブスたちはサイトの管理者を追跡する。

第7話 父の名誉

海軍少佐が、6歳の息子の目の前で姿を消した。息子の証言によれば、2人の男に連れ去られたという。少佐は、国防総省の機密計画に関わっていた人物だと判明する。

第8話 夫婦の絆

死亡した殺し屋の夫妻の荷物から偽造パスポートと航空券が見つかった。ギブスたちは、2人が海兵隊関係者の暗殺を謀っていたと推測。トニーとジヴァが夫妻になりすまし潜入捜査を開始する。

第9話 容疑者トニー

海兵隊基地で、女性の切断された両足が見つかる。数々の物的証拠からトニーが殺人罪で告発されてしまう。NCISは彼の潔白を証明しようとするが、捜査権はFBIに移される。

第10話 新米捜査官

マクギーは任務遂行中に、機密任務についていた警察官を射殺してしまう。新局長のジェニーは警察が独自の調査を開始することを許可するが、それを知ったギブスは彼女との関係に限界を覚える。

第11話 リアリティー番組殺人事件

海兵隊基地で、リアリティー番組の撮影をしていたスーパーモデルが殺された。ギブスと彼のチームの面々は、事実をフィクションから切り離す必要に迫られる。

第12話 閉じ込められて

トニーとジヴァは密輸された武器をめぐって、ある造船所を調査していた。しかし、ある日突然、2人は忽然と姿を消してしまう。彼らの行方を追い、ギブスたちは決死の覚悟で捜査を開始する。

第13話 さらわれた海軍少佐

核兵器の輸送を担当していた海軍少佐が、「誘拐された」と自ら通報してきた。NCISは、武器の秘密の置き場所が発覚する前に、事件を解決する必要に迫られる。

第14話 コリアタウン

海兵隊員の妻2人が射殺され、被害者はどちらも韓国出身者だった。ギブスは、ある女性と生まれたばかりの乳児が次の犠牲者になることを恐れ、すばやく捜査を開始する。

第15話 トランクの中身

NCISは海兵隊員によって営まれる不法な自動車部品の販売店で、冷蔵保存された人間の頭部を発見する。被害者は海軍大佐と判明するが、彼は4か月前に火葬されていた。

第16話 家族の秘密

ある上等兵の遺体を搬送していた救急車が突然炎上した。NCIS捜査チームは、救急車が計画的に爆破されたことを突き止めるが、犠牲者のDNAがその上等兵と一致しないと知らされる。

第17話 大自然に潜む牙

国立公園のキャンプ場で、野生の熊に喰いちぎられた下士官の遺体が発見された。検死によると、彼は刺殺されたことが判明し、ある連続殺人犯が容疑者に挙がる。

第18話 おとり

高校生が体に爆弾をくくりつけ、仲間の生徒たちを人質にとる立てこもり事件が発生。ギブスとNCISチームは、誰か他の人物が学校の外からこの生徒を操っているかもしれないと気がつく。

第19話 凍った海兵隊員

行方不明の海兵隊員の遺体が凍った湖で発見される。NCISは池から、さらに3人の遺体を見つけ出す。検死の結果、彼らは溺死ではなく、射殺されたことが判明する

第20話 外交特権

トニーとジヴァが、暗号解読官の遺体を発見。床には銃が落ちており、ギブスたちは自殺と他殺の両面から捜査を開始。暗号解読官の死を知った暗号部の大佐は、部下たちに自宅待機を命じる

第21話 アビーの危機

海軍宿泊施設に、切り刻まれた肉片が散乱していた。アビーとマクギーは、現場に残されていたコカインの分析を始めるが、間もなく、毒性の強い青酸ガスが彼女たちに襲いかかる。

第22話 ダブル・トラブル

麻薬密売人が、ジヴァの管理下で死んだ。訃報を知らない密売人の兄は局長のジェニーを誘拐し、押収したヘロインと弟の釈放を要求する。

第23話 消えた記憶(前編)

爆破事故に巻き込まれたギブスは、病院に搬送され一命は取り留めたものの、昏睡状態に陥ってしまう。主治医は、湾岸戦争時にもギブスを治療したことを思い出す。

第24話 消えた記憶(後編)

昏睡状態から目覚めたギブスは、15年間の記憶を失っていた。一方、ギブス抜きのNCISチームは、あるテロリスト・グループが“9.11”と同規模の爆破計画を進行させていることを嗅ぎつける。

Season4 エピソード

第1話 再会

ギブスはNCISを辞めてメキシコへ。残されたトニーたちは懸命にチームを立て直そうとする。そんな中、ジヴァが暗殺事件の容疑者としてFBIに追われることに。ジヴァは唯一信頼できる相手に助けを求める。

第2話 逃亡者の真実

FBIのフォーネル捜査官が脱獄犯から脅迫を受ける。友人のフォーネルに協力を求められたギブスはNCISに復帰し、その脱獄犯が関与した銀行強盗事件の再捜査を行う。

第3話 連れ去られた大尉

欧州への転属を打診されたトニー。だが、今のギブスにチームを委ねて去る決心がつかずにいた。そんな中、路上を走るSUVの窓越しに車内で泣き叫ぶ女性の姿が目撃される。

第4話 消えた銃弾

かつて武器密売組織の潜入捜査に参加していた兵曹長が死体となって発見される。

第5話 暴かれた死体

売りに出されていた家屋で海兵隊員の死体が発見される。イラク派遣の出発日に無断欠勤し、そのまま行方不明になっていた隊員だった。

第6話 ハロウィーン誘拐事件

仮装の人々が街を練り歩くハロウィンの夜。自宅で銃撃されたナイルズ軍曹が隣家に駆け込み、重体で病院に運ばれた。2人組に襲われ、1人に撃たれて娘をさらわれたらしい。

第7話 それぞれの序章

陸海軍クラブのゴルフ場に仕掛けられた爆弾で海兵隊大佐が死亡。犯人を突き止めるため、ギブスたちは陸軍犯罪捜査司令部と合同捜査を行う。そんな中、ギブスとトニーに恋の予感が…。

第8話 英雄の証明

勲章を受けた過去を持つ元海兵隊員が、ワシントンDCのホテルで落下死した。捜査を進めるうちに不審な出来事が明らかになり、ギブスたちは死者の汚名をそそぐために奔走する。

第9話 血まみれの訪問者

マクギーの自宅に妹サラが現れる。サラは血まみれで、過去数時間の記憶を失っていた。マクギーはギブスたちに黙って自力で捜査を始めるが…。

第10話 煙突に眠るミイラ

連続殺人事件の容疑者が煙突の中で死体となって見つかった。NCISとFBIの合同捜査により、衝撃の事実が明らかになる。

第11話 恐怖の殺人カー

極秘裏に開発されていたAI搭載車が何者かの細工によって凶器と化し、海軍大尉が死亡する。大尉は国防総省の重要なプロジェクトに関わっていた。

第12話 疑惑の隣人

田舎町のモーテルで海兵隊情報部の将校が殺害され、早速ギブスたちは現場に向かう。地元の保安官事務所に到着すると、事件が起きたのは3日前で、すでに現場検証も死体の解剖も済ませたと言われてしまう

第13話 帰ってきたテロリスト

猛毒の化学兵器が10キロ盗まれ、ギブスたちは行方を突き止めるべく懸命に捜査を行う。犯人として浮上したのは指名手配中のテロリスト、マムーン・シャリフだった。

第14話 グルヌイユの登場

海軍の武器が闇取引されることが判明し、ダッキーが売人になりすまし潜入することに。局長のシェパードは“グルヌイユ”と呼ばれる武器商人に個人的な恨みを抱いているようだが…。

第15話 残されたメッセージ

海軍兵の死体が廃屋で見つかり、ギブスたちは捜査を開始。死因は薬物の過剰摂取によるものと思われたが、血文字で書かれたメッセージが発見される。

第16話 ジヴァの恋

海軍大尉がNCISを訪れ、殺人事件を捜査してほしいと依頼する。その被害者とは、放射線障害に苦しむ自分自身だった。

第17話 殺人鬼の正体

軍人墓地の霊廟で納骨室が爆発。その中から数名分のバラバラ死体が発見された。ギブスたちは連続殺人事件として捜査を進めるが、事件は衝撃の結末を迎える。

第18話 よみがえった伍長

ダッキーが遺体を解剖しようとしたその時、凍死したはずの男が息を吹き返した。ギブスたちは殺人未遂事件として捜査を始めるが、事件のカギを握る人物はギブスのかつての上司で…。

第19話 生死を分かつもの

匿名の通報者からNCISにテロ情報が入るが、指定された建物に入った捜査官2名が爆死してしまう。

第20話 推理小説の結末

海軍兵曹が殺害されるが、手がかりが見つからず捜査は難航。マクギーは執筆中の小説になぞらえた犯行だと悟り、追い詰められる。

第21話 姿なき敵

局長のシェパードは単身で情報提供者の男と接触するが、情報を得る寸前に男は殺されてしまう。ギブスたちは総力を挙げて犯人を追うが…

第22話 写真が暴いた秘密

目の見えない写真家が撮影した写真に、海軍兵曹の死体が写り込んでいた。ギブスたちは写真家の繊細な感覚を頼りに捜査を進める。

第23話 トロイの木馬

シェパードが海外出張のため局長代理を任されたギブス。しかしNCIS本部に到着したタクシーの中で男の死体が見つかると、ギブスは局長の仕事を放り出して現場に向かう。

第24話 死の天使

国土安全保障省の指示でNCISの全職員がポリグラフ検査を受けることに。メンバーたちの隠された秘密が明らかになるのか…。一方、トニーと恋人のジャンヌは、凶暴な麻薬の売人に人質にされてしまう。

Season5 エピソード

第1話 真実との対面

病院の外でジャンヌの父グルヌイユに引き合わされたトニー。NCISの潜入捜査官であることが知られているのかどうか、虚々実々のやりとりが続く。

第2話 家族のかたち

若い海軍兵曹ムニョスの射殺死体が、郊外の路上で発見された。現場で大破していた車は彼のものではなく、フロントガラスを突き破って橋の下へ落ちた女性の死体も見つかった。

第3話 ラブ・トライアングル

海兵隊大尉レイノルズが、自宅のパソコン前で死亡していた。凶器は彼自身の水中銃で、発見者は出張から戻った妻ジルと友人ステファニー。

第4話 イレイザー

自然死を遂げたと思われていた男の遺体を教育目的で解剖したところ、脳から水銀が垂れ落ち、殺害されたことが分かる。

第5話 崖っぷちの大尉

アビーに超好条件のヘッドハンティングがかかっているという噂が立ち、トニーたちチーム一同はその話で持ちきり。アビー本人はいつもと変わりないが、尾ひれがついた噂はとめどなくエスカレートする。

第6話 幽霊船

海上で活動中の海軍調査船『キメラ』で、研究スタッフのタカダ少佐が突然激しい嘔吐・吐血を起こして死亡。

第7話 娘の面影

人けのない埠頭付近で、トニーが水没した車内からギブスと若い女性を救出し、懸命の蘇生処置を施していた。ギブスに何があったのか、物語の発端は前日にさかのぼる。

第8話 標的

公用車が故障してタクシーで会議に向かっていた海軍少将が、運転手共々バイクに乗った何者かに射殺される。さっそく捜査にあたるギブスチームだが、少将の命が狙われる理由が見当たらない。

第9話 秘密の過去

ボーイスカウトの見学ツアーでアビーのラボを訪れた小学生のカーソン少年。デモのために指紋を採取したところ、9年前に連れ去られて行方不明扱いになっている子供のデータと一致してしまい、アビーたちは驚愕する。

第10話 勇気の証し

海軍病院の精神病棟から海兵隊伍長ワースが脱走し、主治医であるデ・ラ・カーサ医師を拉致して姿を消した。担当の看護助手ジェンキンスはワースがPTSDでイラクから送還され治療中だったと語る。

第11話 リクルーター

 敬虔なイスラム教徒の海兵隊員アブドゥルが、モスクでの礼拝を終えた直後、体調に異常をきたしたあげく路地で何者かに撃たれて死亡した。

第12話 盗まれた極秘レーダー

開発直後で配備前の最新型レーダー装置が海軍から盗まれ、下町の倉庫に隠されているとの匿名情報がNCISにもたらされた。

第13話 凶暴な牙

海軍基地で麻薬の密輸が行われているとの情報を得て、ギブスチームが容疑者である軍用犬訓練士ハンソン兵曹の家に令状を持って踏み込むが、兵曹は犬に噛み殺されたか血まみれで死んでいた。

第14話 FBIの追及

いつもの通り平和なNCISオフィスに突然FBIのフォーネル捜査官たちが乗り込み、通信などのロックダウンと業務停止を告げた。

第15話 グリーンゾーン

イラク、バグダッドの中心に設けられた米軍管理区域(通称グリーンゾーン)が迫撃砲の攻撃を受け、仲間とバスケに興じていた海兵隊ランキン大尉が死亡した。

第16話 モサドの素顔

ワシントンDCで、出征中の軍人の妻ばかり4人殺される連続殺人事件が発生。海兵隊員ホフマンが容疑者として浮上し、ジヴァがバーで軍人妻を装って接近する。

第17話 パーマーの試練

海軍施設内にある改修工事中の駐車場で、転落死した男の遺体が見つかる。免許証からリック・バクスターという名の男と分かるがパーマーが遺体を移動中にポケットから落ちたパスポートには別の名前が記載されていた。

第18話 審判の日(前編)

引退した元NCIS特別捜査官デッカーが、自宅のプールで急死した。心臓発作とのことだったが、ロサンゼルスで葬儀に出席したシェパードは、怪しげな男がオシマイダという人物を探しているのを知って衝撃を受ける。

第19話 審判の日(後編)

シェパード局長の死を受け、臨時責任者となったヴァンス副局長は早速事件現場へ。ギブスに激しい銃撃戦の様子を説明し、殺し屋4人とシェパード以外に、もう1人謎の人物がいたことを残された薬莢から指摘する。

Season6 エピソード

第1話 チームの絆

ギブスがヴァンス新局長のもとで新たな部下と仕事を始めて数か月。法務専門のリー・IT担当のキーティング・FBI帰りのランガーという布陣はいかにも頼りなく、ギブスは苛立ちを隠せない。

第2話 船上の捜査官

中米沖を航行する航空母艦シーホーク号の甲板で、海に飛び込んだと思われるエヴァンス大尉の遺品が発見された。

第3話 秘密の恋人

園の池で女性海軍少佐マクレランが遺体で見つかった。別の場所で背中を撃たれて死亡したものと見られる。現場検証が行われるなか、ギブスは電話で誰かに呼び出されどこかへ消える。

第4話 帰郷

深夜、酔ってバーから出た海兵隊員2人が何者かに襲撃された。テイラー伍長はその場で死亡、ラコーム伍長は意識不明の重体に。

第5話 重要証人

ジヴァが休暇を取って数日間イスラエルに帰ると知り、母国に恋人でもいるのではと野次馬根性丸出しのトニー。そんなとき、海兵隊のブルワー兵長が自宅ガレージで凄惨な殺害死体となって発見された。

第6話 殺人ゲーム

クワンティコ海兵隊基地内の軍人住宅で、シャワーの水に鮮血が。NCISチームが調べたところ、敷地内の貯水タンクで男の死体が発見された。

第7話 銀行強盗の真相

ふとしたことから汚職捜査官として死んでいったランガーを思い出し、つらい記憶にさいなまれるギブス。人物鑑定眼に自信を失い、新人捜査官ドウェインの能力を評価しろというヴァンスの指示に対しても抵抗を感じる。

第8話 裏切り者

 とある厳重警備の海軍施設に、冷凍状態の死体が配達された。現場に出動したギブスのチームは現場検証のフリをして解錠用パスワードなどを盗み見、いったん引き揚げたのち監視用バンから施設を見張り始める。

第9話 リーの正義

リーに何食わぬ顔で今まで通り機密の受け渡しをさせ、相手の人物を追跡するというオトリ作戦が動き出した。リーは娘の安否を気遣うあまり思わずトニーの尾行を邪魔してしまい、作戦はなかなか進まない。

第10話 命懸けのファイト

ビーチで飲み騒ぐ若者集団の前に突然血まみれの男が現れ、その場で絶命した。死者は海軍兵曹コリンズで、ダッキーの所見によるとまず酷い暴行を受けたのちに車で事故を起こし、瀕死状態でビーチまで来たようだ。

第11話 クリスマスの贈り物

クリスマス目前のある夜、配達員が自宅で死亡している老夫婦の遺体を発見した。彼が現場で目撃した男の似顔絵と血染めの指紋から、17年前に死亡したはずの元海軍兵クインが浮上する。

第12話 女たちの抵抗

森の中で海軍兵士の白骨化した遺体が見つかる。両手中指が切り落とされているという特徴から、ギブスはセリアという女が犯人と見る。

第13話 癒えない傷

ダウンタウンの路上で、海軍兵曹が痴情のもつれから元婚約者に刺殺される事件が発生。犯人も確保されスピード解決となったが、現場で検視をおこなっていたダッキーが突然襲いかかってきた女に刺される。

第14話 大佐の腹のうち

海軍大佐ジェニングスが突然消息を絶ち、ギブスチームに失踪事件として捜査するよう指示が入る。NCISを訪れた娘レベッカは母を失って以来父とは不仲だったと冷たく語る。

第15話 セカンド・チャンス

 ヒスパニック系ギャングの抗争が続くDCの下町地区リバティ・ハイツの廃ビル屋上で、若い海兵隊員サラザールの死体が発見された。

第16話 償い

ホテルの客室で殺害され、ダストシュートからゴミ箱に捨てられた死体。被害者は海軍大尉グレイディと判明するが、部屋の宿泊客である犯人らしき男がディノッゾ捜査官と名乗っていたことから事態が混迷する。

第17話 アリゾナからの便り

イギリスで死んだ裕福なおじさんの遺産が入るかもと、バラ色の未来を思い描いてウハウハのトニー。そんなとき空母所属のNCIS捜査官パターソンが、早朝の路上で射殺された。

第18話 伝説のボクサー

ミシガン湖でタイラー・オーウェンズという男の銃殺体が見つかり、ヴァンス局長が遺体をDCへ運ばせてダッキーに検視を依頼、マクギーとジヴァを連れてシカゴへ捜査に向かう。

第19話 少年と銃

ノーフォーク海軍基地内の官舎住宅で、12歳の少年ノアが部屋に隠し持っていた拳銃を母ヒラリーが発見。父タフェット中佐はイラクに派遣中。ギブスたちの質問を受けたノアは、公園で拾ったと主張する。

第20話 大捕り物

CIA工作員コルトに緊急呼び出しを受けたギブスが人けのない工事現場に赴くと、そこには死体が2つ転がっていた。2人は国際犯罪組織の親玉ジョナサン・シラヴォの手下で、来た時にはすでに撃ち合って死んでいた。

第21話 救世主アビー

血鬼にでも襲われたかのような小さな傷があって、アビーが喜びそうに思われたが、彼女はその頃、FBIに郊外にある病院へ連れて行かれていた。

第22話 ロサンゼルス潜入捜査班

DCにある高層ビルの建築現場で、酷い拷問を受けた形跡のあるチャンドラー一等兵の死体が発見された。ダッキーによると、死因は体に電流を流され呼吸困難に陥った結果の窒息死。

第23話 ロサンゼルス潜入捜査班

武器商人リアムに化けてリフキンと対面したカレンは、逆に異変を察していたリフキンに銃を向けられる。突入したOSPチームに拘束されたリフキンは、驚くべき事情を語った。

第24話 不協和音

ダヴェンポート海軍長官の屋敷に、FBI長官、CIA長官、ICE移民税関捜査局局長が集まってポーカーに興じていたところ、警備に当たっていたICEの捜査官シャーマンが突然倒れて死亡する。

第25話 忠誠心

ジヴァ宅でトニーの銃弾を浴びたリフキンは、病院に搬送されるが死亡。ギブスはトニーの主張を信じるが、恋人でもある同胞を失ったジヴァはトニーへの反感をあらわにし、ダッキーの優しい慰めもはねつける。

Season7 エピソード

第1話 砂漠の捕虜

過去の出来事を引きずり、ジヴァに対する思いをそれぞれが抱えながらも、ギブスとチームは任務に戻り、ジヴァの後任役を探し始める。ディノッソとマクギーが向かった先に待ち受けていたものとは・・・?

第2話 チーム再結成

NCISへの復帰を望むジヴァに、ギブスは明確な応えを与えることができずにいた。 捜査進展とともに見えてきた新たな人物を追うNCIS。 そして、ジヴァとチームの関係は修復されるのか・・・?

第3話 隠ぺい疑惑

国政批判専門のブロガーが最後の書込み直後に橋の上から転落死する。 ブログ上では過去に起きた海軍将校の事故死に対するNCISの隠蔽捜査が訴えられており、チームはこの事件を洗い直すことになる。

第4話 ダモクレス号の真実

タンザニア沖の漁船で海軍兵、ダニエル・クライヤーの死体が引き上げられる。 その後、ダニエルは海軍から失踪し、兵士として金を儲けるためにモサド局員と行動を共にしていたことが分かる。

第5話 ハロウィーンの悪ふざけ

ハロウィーン前夜の住宅街、車の中で遺体と化した海軍兵が発見される。 過度ないたずら好きの彼に対する所属部隊での評判は決してよいものではなく、捜査線上には複数の人物が浮上するが・・・。

第6話 カウボーイと無法者

ギブスが作ったボートが、男性2人の死体を乗せてサンディエゴの海軍基地で発見される。ボートはギブスからマイクの孫に贈られたものだったため、メキシコのマイクの自宅を訪ねるが、すでに一家の姿はなかった。

第7話 美しき暗殺者

士官学校の敷地内で民間の医師の死体が発見される。現場を訪れたヴァンスは、北朝鮮工作員リー・ワンカイの仕業だと断言。

第8話 大停電

あるプロバイダー会社で襲撃事件が発生。同時に変電所で爆発があり、ワシントンDCで大停電が起きてしまう。

第9話 チャイルド・プレイ

トウモロコシ畑で海兵隊員ロザダの死体が発見される。死体にはギャング団のマークが刻み込まれ、さらに右手が切り落とされていた。

第10話 祈り

海兵隊員トーマスが公園で祈りを捧げている最中に殺される。トーマスの父親はキリスト教の牧師であったが、トーマス自身はイスラム教に改宗しており、ギブスたちは彼の宗教が事件に関係しているのではないかと疑う。

第11話 ロケットマン

海軍の試験飛行士セイヤーズの死体が山奥で見つかる。死体は片面だけ焼け焦げており、現場周辺を捜索した結果、ジェットパックで墜落したことが発覚。

第12話 狙われた王子

アメリカ滞在中のサウジアラビア王子の側近が車の爆発によって死亡する。過激派組織が犯行声明を出していたことから、ギブスたちは王子を狙ったテロ行為だと考えて捜査を開始。

第13話 機内の殺し屋

軍事会社の内部告発者ノラ・ウィリアムズを移送するため、パリに飛んだトニーとジヴァ。航空保安官と連携し、彼女の身の安全を確保しながらワシントンDCへ向かう。

第14話 マスカレード

海兵隊員ローマン・ヴェガの車が爆発し、現場から放射線が検出される。民間情報機関によれば、ローマンはテロ組織リベルタ・ヌエバとつながっており、この組織はアメリカに攻撃を仕掛けてくる可能性があるという。

第15話 トラック野郎

元海兵デイモン・ワースが目を覚ますと、隣には一緒に飲んでいたはずの海兵仲間ヘザートンの死体があった。デイモンはギブスの家を訪れてヘザートンが仕事を受けていた怪しげな運送会社に潜入することを提案する。

第16話 母の日

海軍大佐が海辺で恋人にプロポーズした直後、何者かに射殺される。事件を目撃した婚約者は、何とギブスの義母ジョアン。ギブスとジョアンの再会は、シャノンとケリーの葬式以来だった。

第17話 空白の6年間

公園で銃弾を浴びた男が発見される。指紋照合の結果、彼は海兵隊のメイン中尉であることが分かるが、記録上では6年前にアフガニスタンで失踪していた。

第18話 縄張り争い

海軍ダイバーのジェンセン大尉が遺体で発見される。遺体には刺創が残されていた。ギブスたちは殺人事件と考えてジェンセンの自宅に行くが、そこで思わぬ先客と鉢合わせ。

第19話 罪と快楽

海軍新聞の記者が刺殺される。彼は事件前に高級娼婦の取材をしており、最後の取材相手はシャーロットという女性であることが発覚。そして彼女を斡旋していたのが、売春組織の元マダムであるホリー・スノーだった。

第20話 消えた証人

海軍下士官の死体が発見される。その近くでは、犯罪組織の元メンバーで現在はFBIの証人となっているデルマーが殺されており、下士官は巻き添えになって殺されたことが分かる。

第21話 命懸けの取材

急いで病院に向かっていた海軍大尉ハットンが、車中で原因不明の死を遂げる。大尉の妹はテレビ局の報道記者デイナ・ハットン。彼女は果敢な取材で知られる花形記者だったが、事件当日から行方をくらましていた。

第22話 迷宮入り

足を切断された海兵の死体が発見される。彼の足取りを追っているうちに、トニーとジヴァは大量の足を載せていたトラックに遭遇。

第23話 忍び寄る影

たき火で焼かれた死体が発見される。それがLAオフィスにいたララ・メイシー捜査官の死体だと分かり、ショックを隠せないギブスたち。

第24話 ギブスの掟

フランクスの身を案じてメキシコに向かったギブスは、元陸軍のディーンに捕らえられてしまう。ディーンはベル大佐の傭兵だったが、そのあと麻薬カルテルのトップであるパロマ・レイノサに雇われていたことが発覚。

Season8 エピソード

第1話 復讐の結末

過去の出来事を引きずり、ジヴァに対する思いをそれぞれが抱えながらも、ギブスとチームは任務に戻り、ジヴァの後任役を探し始める。ディノッソとマクギーが向かった先に待ち受けていたものとは・・・?

第2話 悪夢

NCISへの復帰を望むジヴァに、ギブスは明確な応えを与えることができずにいた。 捜査進展とともに見えてきた新たな人物を追うNCIS。 そして、ジヴァとチームの関係は修復されるのか・・・?

第3話 怒りの導火線

国政批判専門のブロガーが最後の書込み直後に橋の上から転落死する。 ブログ上では過去に起きた海軍将校の事故死に対するNCISの隠蔽捜査が訴えられており、チームはこの事件を洗い直すことになる。

第4話 海上の国境

タンザニア沖の漁船で海軍兵、ダニエル・クライヤーの死体が引き上げられる。 その後、ダニエルは海軍から失踪し、兵士として金を儲けるためにモサド局員と行動を共にしていたことが分かる。

第5話 歪んだ愛国心

ハロウィーン前夜の住宅街、車の中で遺体と化した海軍兵が発見される。 過度ないたずら好きの彼に対する所属部隊での評判は決してよいものではなく、捜査線上には複数の人物が浮上するが・・・。

第6話 取りつかれた女

ギブスが作ったボートが、男性2人の死体を乗せてサンディエゴの海軍基地で発見される。ボートはギブスからマイクの孫に贈られたものだったため、メキシコのマイクの自宅を訪ねるが、すでに一家の姿はなかった。

第7話 意外な来訪者

士官学校の敷地内で民間の医師の死体が発見される。現場を訪れたヴァンスは、北朝鮮工作員リー・ワンカイの仕業だと断言。

第8話 暗殺計画

あるプロバイダー会社で襲撃事件が発生。同時に変電所で爆発があり、ワシントンDCで大停電が起きてしまう。

第9話 真の標的

トウモロコシ畑で海兵隊員ロザダの死体が発見される。死体にはギャング団のマークが刻み込まれ、さらに右手が切り落とされていた。

第10話 狙われた証人

海兵隊員トーマスが公園で祈りを捧げている最中に殺される。トーマスの父親はキリスト教の牧師であったが、トーマス自身はイスラム教に改宗しており、ギブスたちは彼の宗教が事件に関係しているのではないかと疑う。

第11話 ポトマック川殺人事件

海軍の試験飛行士セイヤーズの死体が山奥で見つかる。死体は片面だけ焼け焦げており、現場周辺を捜索した結果、ジェットパックで墜落したことが発覚。

第12話 入隊志願者

アメリカ滞在中のサウジアラビア王子の側近が車の爆発によって死亡する。過激派組織が犯行声明を出していたことから、ギブスたちは王子を狙ったテロ行為だと考えて捜査を開始。

第13話 仮面の裏側

軍事会社の内部告発者ノラ・ウィリアムズを移送するため、パリに飛んだトニーとジヴァ。航空保安官と連携し、彼女の身の安全を確保しながらワシントンDCへ向かう。

第14話 区切り

海兵隊員ローマン・ヴェガの車が爆発し、現場から放射線が検出される。民間情報機関によれば、ローマンはテロ組織リベルタ・ヌエバとつながっており、この組織はアメリカに攻撃を仕掛けてくる可能性があるという。

第15話 反逆の矢

元海兵デイモン・ワースが目を覚ますと、隣には一緒に飲んでいたはずの海兵仲間ヘザートンの死体があった。デイモンはギブスの家を訪れてヘザートンが仕事を受けていた怪しげな運送会社に潜入することを提案する。

第16話 キル・スクリーン

海軍大佐が海辺で恋人にプロポーズした直後、何者かに射殺される。事件を目撃した婚約者は、何とギブスの義母ジョアン。ギブスとジョアンの再会は、シャノンとケリーの葬式以来だった。

第17話 最後の大強盗

公園で銃弾を浴びた男が発見される。指紋照合の結果、彼は海兵隊のメイン中尉であることが分かるが、記録上では6年前にアフガニスタンで失踪していた。

第18話 疑わしき者

海軍ダイバーのジェンセン大尉が遺体で発見される。遺体には刺創が残されていた。ギブスたちは殺人事件と考えてジェンセンの自宅に行くが、そこで思わぬ先客と鉢合わせ。

第19話 呪いの本

海軍新聞の記者が刺殺される。彼は事件前に高級娼婦の取材をしており、最後の取材相手はシャーロットという女性であることが発覚。そして彼女を斡旋していたのが、売春組織の元マダムであるホリー・スノーだった。

第20話 ポートキラー

海軍下士官の死体が発見される。その近くでは、犯罪組織の元メンバーで現在はFBIの証人となっているデルマーが殺されており、下士官は巻き添えになって殺されたことが分かる。

第21話 鏡の中の真相

急いで病院に向かっていた海軍大尉ハットンが、車中で原因不明の死を遂げる。大尉の妹はテレビ局の報道記者デイナ・ハットン。彼女は果敢な取材で知られる花形記者だったが、事件当日から行方をくらましていた。

第22話 悲しい再会

足を切断された海兵の死体が発見される。彼の足取りを追っているうちに、トニーとジヴァは大量の足を載せていたトラックに遭遇。

第23話 白鳥の歌

たき火で焼かれた死体が発見される。それがLAオフィスにいたララ・メイシー捜査官の死体だと分かり、ショックを隠せないギブスたち。

第24話 過去の清算

フランクスの身を案じてメキシコに向かったギブスは、元陸軍のディーンに捕らえられてしまう。ディーンはベル大佐の傭兵だったが、そのあと麻薬カルテルのトップであるパロマ・レイノサに雇われていたことが発覚。

Season9 エピソード

第1話 失われた記憶

ディアリングの仕掛けた爆弾が爆破し、大きな打撃を受けたNCIS本部。事件は大きなニュースとなり、その傷も癒えぬ中、ギブスたちはディアリングの行方を再び追い始める。

第2話 養子の秘密

爆破されたNCISの建物で修復作業が行われる中、職員たちは精神鑑定を受けることに。ギブスは悪夢に悩まされて不眠が続くアビーを心配するが、アビーはカウンセラーに心を開こうとしない。

第3話 マクギーの祖母

12年前の検視にミスがあったことを懸念するダッキーは、ロバーツ中佐の遺体発掘を申請。当初は事故死と断定されたが、毒殺された可能性が浮上したという。

第4話 正体不明

ヘリコプター墜落事故の生還者3名がビーチで発見される。しかしヘリコプターの残骸は見つからず、機長は依然として行方不明。

第5話 密航者

水兵がスポーツカーの中で射殺される。彼はホテルの駐車係として働いている間に、客のスポーツカーを勝手に乗り回したという。

第6話 渇き

ウェストコット大尉が追いかけていたカーシーが、アフガニスタンで敵側にいたことを知ったギブスたち。さらにカーシーが国内の建物を爆破しようとしていることが発覚したため、決死の捜索が始まる。

第7話 3人の夫たち

アフガニスタンから帰還したトレス中尉が、殴られた末に殺害される。その場にいたウェストコット大尉は5~6人のグループに襲われたと証言するが、大尉の証言には矛盾があることが発覚。

第8話 尊い犠牲 (前編)

バイト明けの少女ロージーとリディアが数人のグループに襲われ、止めに入ったリディアの父親ウェイド大佐が死亡。ロージーがさらわれたため、NCISは総力を挙げて捜索に当たる。

第9話 尊い犠牲 (後編)

突然、見知らぬ男に発砲されたフォーネル。銃撃犯が水兵であったことからNCISが出動し、ギブスとフォーネルは水兵が働いていたバーを訪れる。何とそこには2人の元妻ダイアンの姿が。

第10話 容疑者ディノッゾ・シニア

海軍中佐の夫が死体で発見され、彼の財布から謎の100ドル札が見つかる。造幣局に問い合わせると、それは外部に持ち出されてないはずの未発行の新札だった。

第11話 聖夜の逃亡劇

川から軍服を着た死体が引き揚げられる。身分証は海軍二等兵曹のものだったが、指紋が一致せず、殺されたのは海軍の記事を書いていた記者であることが発覚。

第12話 予期せぬ再会

モサド局長イーライ・ダヴィードとヴァンスの妻ジャッキーが襲撃によって死亡する。ヴァンスとジヴァは捜査を外され、クレイグ副局長がヴァンスの代理を務めることに。

第13話 運命の人

海兵隊のダン上等兵と民間人女性ライラの死体が発見される。当初は車の転落事故だと見られるが、転落前に殴られて死亡していたことが発覚。

第14話 天からの贈り物

MTACにハッキングし、潜入捜査官を死亡させたサイバーテロリストのカーンが逮捕される。ギブスたちは黒幕である“MC”の居場所を聞き出そうとするが、極秘でグアンタナモ収容所への移送を計画。

第15話 ヒーローの現実

クアンティコで訓練中の海兵クロウが死亡する。彼の体には繰り返し殴られた痕が残っており、さらに多額の現金を入手していたことが明らかに。

第16話 心理戦

海軍大尉が洗浄剤を一気に飲み、謎の自殺を遂げる。彼は自殺前に暴行され、さらに撃たれた痕があった。ダッキーとパーマーは現場から死体を搬送するが、その途中でタイヤがパンク。

第17話 情報共有

12万ドルを盗んだ上等兵を追跡中のギブスのチーム。彼の恋人がバハマにいることが分かり、トニーと新人捜査官ドーニゲットは現地に飛ぶ。一方、行きつけの理髪店の主人に相談を持ちかけられたギブス。

第18話 サイン

軍用犬のハンドラーとして派遣されたテッドが、アフガニスタンでスナイパーに殺害される。現地ではタリバンの仕業だと判断されるが、不可解な動画を受け取ったテッドの妻ルビーがNCISに捜査を依頼。

第19話 水兵たちの休暇

スコールに見舞われた空母で船医の死体が発見される。NCISは空母を封鎖して捜査を開始するが、そこにはマクギーの父親であるマクギー大将が乗艦していた。

第20話 落ちてきた死体

予備役の海軍大尉キャリー・ダニエルズの夫ノアが何者かに誘拐されたことが判明。自宅は荒らされており、さらにゴミ箱からはノアの切断された指が見つかったため、ギブスたちは捜索を急ぐ。

第21話 憎しみの炎

アメリカに来ていたモサド局員マンテルが何者かに殺される。それを受けて、モサド新局長オーリ・エルバズがNCISを訪問。モサド局員の派閥がマンテルを殺したと考え、ヴァンスとギブスに合同捜査を持ちかける。

第22話 危険な火遊び

ベルリンからの帰国直後、別の車に突っ込まれたトニーとジヴァ。相手の車からはボドナーが現れ、ダイヤを持ち去っていった。

第23話 大義名分

海軍の給養員が何者かに尾行されていると訴え、NCISに調査を依頼する。車にはGPS発信器が仕掛けられており、彼のリュックから権利放棄書の一部が見つかったことから何らかの契約を結んでいたことが明らかに。

第24話 チェックメイト

独立検察官パーソンズに司法妨害などの罪に問われたギブスは、1週間にわたって黙秘を続けていた。トニーたちはパーソンズの過去を調べ、彼が極秘資料を入手していたことを突き止めるが、ギブスは何もするなと指示。

Season10 エピソード

第1話 抹殺指令

ディアリングの仕掛けた爆弾が爆破し、大きな打撃を受けたNCIS本部。事件は大きなニュースとなり、その傷も癒えぬ中、ギブスたちはディアリングの行方を再び追い始める。

第2話 修復

爆破されたNCISの建物で修復作業が行われる中、職員たちは精神鑑定を受けることに。ギブスは悪夢に悩まされて不眠が続くアビーを心配するが、アビーはカウンセラーに心を開こうとしない。

第3話 遺体発掘

12年前の検視にミスがあったことを懸念するダッキーは、ロバーツ中佐の遺体発掘を申請。当初は事故死と断定されたが、毒殺された可能性が浮上したという。

第4話 幻の墜落事故

ヘリコプター墜落事故の生還者3名がビーチで発見される。しかしヘリコプターの残骸は見つからず、機長は依然として行方不明。

第5話 もう1人のジェスロ

水兵がスポーツカーの中で射殺される。彼はホテルの駐車係として働いている間に、客のスポーツカーを勝手に乗り回したという。ギブスとトニーが店を訪れると、軍人に与えられる最高位の勲章が目に留まる。

第6話 壊れた兵士(前編)

アフガニスタンから帰還したトレス中尉が、殴られた末に殺害される。その場にいたウェストコット大尉は5~6人のグループに襲われたと証言するが、大尉の証言には矛盾があることが発覚。

第7話 壊れた兵士(後編)

ウェストコット大尉が追いかけていたカーシーが、アフガニスタンで敵側にいたことを知ったギブスたち。さらにカーシーが国内の建物を爆破しようとしていることが発覚したため、決死の捜索が始まる。

第8話 少女誘拐事件

バイト明けの少女ロージーとリディアが数人のグループに襲われ、止めに入ったリディアの父親ウェイド大佐が死亡。ロージーがさらわれたため、NCISは総力を挙げて捜索に当たる。

第9話 元夫婦の合同捜査

突然、見知らぬ男に発砲されたフォーネル。銃撃犯が水兵であったことからNCISが出動し、ギブスとフォーネルは水兵が働いていたバーを訪れる。何とそこには2人の元妻ダイアンの姿が。

第10話 クリスマスの贈り物

海軍中佐の夫が死体で発見され、彼の財布から謎の100ドル札が見つかる。造幣局に問い合わせると、それは外部に持ち出されてないはずの未発行の新札だった。

第11話 安息日の晩餐

川から軍服を着た死体が引き揚げられる。身分証は海軍二等兵曹のものだったが、指紋が一致せず、殺されたのは海軍の記事を書いていた記者であることが発覚。

第12話 追悼

モサド局長イーライ・ダヴィードとヴァンスの妻ジャッキーが襲撃によって死亡する。ヴァンスとジヴァは捜査を外され、クレイグ副局長がヴァンスの代理を務めることに。

第13話 アビーの初捜査

海兵隊のダン上等兵と民間人女性ライラの死体が発見される。当初は車の転落事故だと見られるが、転落前に殴られて死亡していたことが発覚。

第14話 強制移送

MTACにハッキングし、潜入捜査官を死亡させたカーンが逮捕される。ギブスたちは黒幕である“MC”の居場所を聞き出そうとするが、カーンが口を割らないため、極秘でグアンタナモ収容所への移送を計画。

第15話 不可解な傷痕

クアンティコで訓練中の海兵クロウが死亡する。彼の体には繰り返し殴られた痕が残っており、さらに多額の現金を入手していたことが明らかに。

第16話 命懸けの解剖

海軍大尉が洗浄剤を一気に飲み、謎の自殺を遂げる。彼は自殺前に暴行され、さらに撃たれた痕があった。ダッキーとパーマーは現場から死体を搬送するが、その途中でタイヤがパンク。

第17話 第一容疑者

12万ドルを盗んだ上等兵を追跡中のギブスのチーム。彼の恋人がバハマにいることが分かり、トニーと新人捜査官ドーニゲットは現地に飛ぶ。一方、行きつけの理髪店の主人に相談を持ちかけられたギブス。

第18話 忠犬デックス

軍用犬のハンドラーとして派遣されたテッドが、アフガニスタンでスナイパーに殺害される。現地ではタリバンの仕業だと判断されるが、不可解な動画を受け取ったテッドの妻ルビーがNCISに捜査を依頼。

第19話 マクギー大将

スコールに見舞われた空母で船医の死体が発見される。NCISは空母を封鎖して捜査を開始するが、そこにはマクギーの父親であるマクギー大将が乗艦していた。

第20話 見えない敵

予備役の海軍大尉キャリー・ダニエルズの夫ノアが何者かに誘拐されたことが判明。自宅は荒らされており、さらにゴミ箱からはノアの切断された指が見つかったため、ギブスたちは捜索を急ぐ。

第21話 ベルリン

アメリカに来ていたモサド局員マンテルが何者かに殺される。それを受けて、モサド新局長オーリ・エルバズがNCISを訪問。寝返った局員の派閥がマンテルを殺したと考え、ヴァンスとギブスに合同捜査を持ちかける。

第22話 復讐の誓い

ベルリンからの帰国直後、別の車に突っ込まれたトニーとジヴァ。相手の車からはボドナーが現れ、ダイヤを持ち去っていった。

第23話 謎の契約

海軍の給養員が何者かに尾行されていると訴え、NCISに調査を依頼する。車にはGPS発信器が仕掛けられており彼のリュックから権利放棄書の一部が見つかったことから、何らかの契約を結んでいたことが明らかに。

第24話 魔女狩り

独立検察官パーソンズに司法妨害などの罪に問われたギブスは、1週間にわたって黙秘を続けていた。トニーたちはパーソンズの過去を調べ、彼が極秘資料を入手していたことを突き止めるが、ギブスは何もするなと指示。

Season11 エピソード

第1話 ギブスの極秘任務

ホテル爆破事件で海軍長官ジャーヴィスが死亡し、国土安全保障省のモローも重傷を負う。ヴァンスはマクブライド大尉の殺害事件と関連があると考え、ギブスをイランに送り込むが、現地で何者かがギブスを襲撃。

第2話 さよなら、ジヴァ

事件の黒幕であるテロ集団“疑いの同胞団”を引き続き追いかけるギブスたち。フォーネルは次の標的と見られる反テロ連合の幹部メンデスの警護を任されるが、2人が入ろうとしていた病院で爆破事件が発生する。

第3話 レーダー圏外

海軍中尉テレンス・キースの部屋で爆発があり、アパートの管理人が死亡。ギブスたちは行方をくらましたキースを捜索するが、爆弾を仕掛けたのがキース本人であることが発覚する。

第4話 受け継がれる遺志

酸を浴びた女性の遺体が発見される。彼女はモレノ軍曹と名乗っていたが、本物の軍曹は3年前に死亡していたことが発覚。

第5話 眠れぬ日々

不眠が続くトニーは、暗号技術者の死体が発見された現場で見覚えのある男を目にする。最初は幻覚かと疑うトニーだが、アビーが現場に残されたガムからアントン・マーキンのDNAを検出。

第6話 爆弾と古傷

石油プラットフォームでの訓練終了後に爆破事件が発生し、予備役の海兵が死亡する。NCISとCGISの合同捜査が行われ、現場検証により故意に爆弾が仕掛けられたことが発覚。

第7話 空の戦友

休暇中の海兵ドーソンが死亡。当初は強盗の巻き添えだと思われるが、彼が事件現場まで尾行されていたことが明らかになり、トニーたちはドーソンが関わっていた諜報部門の任務について調べを進める。

第8話 罪深きアリバイ

クアンティコ基地内でひき逃げ事件が発生。アビーが車を特定するが、その持ち主である二等軍曹ダンは無実を主張する。

第9話 天才分析官あらわる

MTACでの極秘説明会の最中に、セキュリティーアラームが作動。海軍長官のペンに盗聴器が仕掛けられていたことが分かる。

第10話 フォーネル家の事情

海兵隊員フレグマンの死体が発見され、現場ではピエロの格好をした人物が目撃される。ギブスたちがホテルの部屋を訪ねてみると、何とそこにいたのはフォーネルと元妻ダイアンだった。

第11話 クリスマスの施し

町がクリスマスムードに包まれる中、子供たちが次々と謎の病気に感染し、病院に運ばれる。軍人の子供ばかりが感染していることから、ビショップは生物テロの可能性を懸念。

第12話 テロリストの再来

海軍一等兵曹がアメリカ海軍の無人偵察機に攻撃されて死亡。偵察機はテロリストのベンハム・パーサのアジト攻撃に使用され、墜落後にパーサがアメリカ本土に運んだという。

第13話 運び屋のプライド

ベンハム・パーサの攻撃により、祝賀会に出席していたデライラが負傷する。手術は成功したかに見えたが、マクギーが見舞いに行くと突然デライラの容体が急変してしまう。

第14話 最後の標的

バージニアでベンハム・パーサの用心棒らしき死体が発見される。しかしダッキーとアビーが調べた結果、死亡したのは港湾局の職員であることが発覚。ギブスたちは依然として逃走中の用心棒の行方を追う。

第15話 危険な欠陥品

事故現場から大量の防弾チョッキが発見される。アビーが分析した結果、その防弾チョッキを着て銃弾を浴びると、セラミックが割れて破片が体内に入り込み、致命的な負傷につながることが発覚。

第16話 ホテルの惨劇

シニアの突然の訪問を受けたトニーは、その直後に海軍将校の格好をした不審な男を発見。銃を向けられてやむを得ず男を射殺し、監察室の調査を受けることになる。

第17話 80年代の栄光

軍のチャリティーコンサートを予定していた会場で爆破事件が発生し、2人が死亡する。爆弾は楽屋にあった魚雷に仕込まれており、その楽屋を使用していたのは80年代に活躍したロックスターのマンハイム・ゴールド。

第18話 ニューオーリンズ支局 (前編)

ニューオーリンズでマクレーン議員の死体が発見される。彼が元NIS捜査官だったことから、NCISニューオーリンズ支局のプライド捜査官、通称“キング”はDCを訪れ、ギブスとヴァンスの協力を求める。

第19話 ニューオーリンズ支局 (後編)

ニューオーリンズの湿地で特権キラーの手口による死体が発見され、犠牲者は増えるばかり。ギブスたちは模倣犯の仕業だと考えて捜査を進めていた。

第20話 闇サイト管理人

闇サイト“PX”を追っていた海軍情報部員ジョーンズがブダペスト爆死してから2週間。国防総省に復職したデライラがメールを分析すると、中には犯人に関する情報が隠されていた。

第21話 女性将校の試練

帰港した空母の乗組員テイト少尉が死体で発見される。死体には殴り合った形跡があり、死亡直前に別の男と乱闘騒ぎを起こし、バーを追い出されていたことが発覚。

第22話 疑惑の写真

海兵隊の報道写真家ロウが撮影した写真をめぐり、軍法会議が開かれる。ロウは陸軍中尉ウォーターズが無実の村人を殺害したと主張していたが、軍法会議での証言を目前にして失踪。

第23話 マルセイユ事件簿

ケンドール大将の依頼で、大学を中退してヨーロッパで豪遊している娘アマンダを連れ戻すよう命じられたトニー。しかしマルセイユ支局に到着すると現地の職員が皆殺しにされており、アマンダの姿は消えていた。

第24話 父の背中

ギブスの元に故郷スティルウォーターからある訃報が届く。ギブスが帰郷した矢先、“疑いの同胞団”のメンバーが海軍の船から逃亡したという報告が入り、NCISがテロリストたちを捜索することに。

Season12 エピソード

第1話 深い森

病気のおじを訪ねてモスクワに飛んだNCISのシステム管理者ケヴィンは、何者かに尾行されていると感じ、アメリカ大使館に逃げ込む。

第2話 途絶えた伝言

ホワイトハウスから程近い公園で、海軍少佐ウォレスの死体が発見される。付近では強盗事件が多発しており、刃物を持った犯人が目撃されていることから、ダッキーは刺殺された死体を見て強盗致死だと推測。

第3話 ダッキーの帰郷

車が爆破され、運転していた男性が死亡。現場からは軍の機密文書が発見され、さらに車を借りたのがダッキーの若かりし頃の親友アンガスだということが分かる。

第4話 追われる科学者

海軍研究者が特殊なワイヤ装置で殺害される。NCISが捜査を始めた矢先、海軍長官がヴァンスとギブスを秘密裏に招集。そこにロシアのパヴレンコ参事官が現れ、今回の事件の被疑者の捜索を依頼する。

第5話 乗っ取られた貨物船

ギブスとCGIS捜査官のボーリンは、海に浮かんでいる水死体に気づく。被害者は貨物船サン・ドミニク号に乗っていたことが分かるが船は針路をそれて航行しており無線にも応答がないため、軍艦で追いかけることに。

第6話 隠れた悪意

SEAL隊員の妻であり精神科医のヴァレリーが殺害される。第一発見者は10歳の娘レイチェル。父親ライアンが命を狙われているとおびえるレイチェルに対し、ギブスは危険な目に遭わせないと約束する。

第7話 帰還兵の悲願

海兵隊の元特務曹長ホーキンスが自宅で殺害される。遺体の手にはベトナム戦争で戦死したケント三等軍曹の認識票が握られており、ホーキンスが彼の遺骨を回収しようとしていたことが明らかに。

第8話 法の落とし穴

三等兵曹ヒックスが乗っていた車がフェンスを突き破って転落。ヒックスは死亡するが、その場に居合わせた元衛生兵のアナが手当てをし、同乗者たちの命を救う。

第9話 吹雪の感謝祭

感謝祭を海外で過ごすため、季節外れの大雪の中、ダラス空港に向かったビショップと夫のジェイク。ビショップはターミナル内で見覚えのある男と遭遇するが、彼が何者か思い出せない。

第10話 父への手紙

クリスマスに父あての手紙を書くことにしたマクギーは、その前週に起きた特殊な事件について語り始める。事件の発端はクランプスというハッカーによるインターネット障害だった。

第11話 繰り返された悲劇

レストランで5名の軍人の遺体が発見される。銃撃戦が行われたと見てギブスたちが現場検証をしていると、そこにギブスの元妻であるダイアンとレベッカが現れる。レベッカの姿に、好奇心むき出しのトニーたち。

第12話 自国民テロリスト

シリアで拘束されていたアメリカ人女性が特殊部隊に救出され、無事に帰国する。しかしアビーが現場のライフルを分析すると、テロリストの中にアメリカ人の青年ナスリーが含まれていたことが発覚。

第13話 名誉勲章の行方

海軍建設工兵隊の大尉カッツラーが殺害される。彼は同性愛者で、第一発見者は夫であり警官のヴィンス。カッツラーはアフガニスタンで重傷を負いながらも仲間を救ったという経緯から、名誉勲章の候補者になっていた。

第14話 規範と校訓

森の中で海兵隊員ウォリスの遺体が発見される。ウォリスはトニーと同じレミントン士官学校の出身で、死亡前に学校の寮から着信があったため、トニーはビショップと共に母校を訪ねることに。

第15話 敵討ち

各国の要人が乗船中の軍艦で爆発が発生。現場からはロシア語が書かれた手榴弾の破片が発見され、さらにロシア参事官パヴレンコが現れたことから、ギブスはセルゲイ・ミシュネフの関与を疑う。

第16話 偽名の足跡

民間人の射殺事件でNCISが出動要請を受ける。被害者の名前はリーランド・R・スピアーズ。それはギブスがNIS時代に潜入捜査で使っていた偽名だった。

第17話 華麗なるペテン師

国防兵站局で海軍大尉が殺害される。アビーの分析により、現場のオフィスから絵画「チェサピーク」が盗まれ、贋作とすり替えられていたことが発覚。ギブスたちは絵画目的の事件だと考えて捜査を進める。

第18話 狙われた留守宅

軍人の留守宅で女性が殺害される。当初は軍人の妻かと思われるが、指紋を照合した結果、被害者が押し込み強盗の常習犯であることが発覚する。

第19話 積年の思い

海軍二等兵曹ハーヴェイとコロンビア人女性が射殺される。しかし海軍の記録にハーヴェイの名前はなく、指紋も一致しない。その後、被害者2人が乗っていた車がレクス・タリオニス作戦に使用されたことが分かった。

第20話 行方不明の拳銃

海兵隊員がバイクで走行中、何者かに射殺される。凶器がATFの“ワイルド・スピード作戦”に使われた拳銃だったため、ゾーイがNCISの捜査に加わるが、ATF捜査官たちは協力を拒む。

第21話 戦場の通訳者

海兵隊のランディス大尉が拷問の末に殺害される。ランディスの自宅にはカシーム・ナシルの指紋が残っており、その兄であるラシードが100人以上を殺害していたことから、ギブスたちはナシル兄弟を探り始める。

第22話 疑惑のチャットルーム

海軍のウィルト少尉が車で店に突っ込み、死亡する。事件当日、彼女は高校のバスケ部でボランティアをしており、その帰り道に車内でノドを切られたことが発覚。

第23話 迷える若者

自爆した少年ブラッドが、コーリングという組織と関わっていたことが判明。彼らは子供の勧誘に力を入れており、さらに闇ルートでS-マインという地雷を探していたことからNCISはコーリングの狙いを探り始める。

第24話 幼き使者たち

ドーニゲットの死を受けて、彼の母親であるCIAのティーグ局員がNCISの捜査に参加。ギブスと共に少年ルークから情報を得ようとするが、彼は心を許さず、ギブスはマイク・フランクスの幻覚を見るようになる。

Season13 エピソード

第1話 死の淵で

テロ組織“コーリング”を追ってイラクに到着した矢先、少年ルークに撃たれてしまったギブス。ペルシャ湾の空母に搬送され、優秀な外科医タフトが急いで治療に当たるが、ギブスは手術中に生死の境をさまよう。

第2話 長年の借り

DEA捜査官ミッチと共に、三等軍曹コール・グリーソンを捜すことになったギブスたち。グリーソンはミッチが長年追ってきた麻薬密売人に関する証拠を握っていたが、ミッチとの約束をすっぽかして姿を消したという。

第3話 仮面夫婦

ギブスと会う約束をしていた少佐が死体で発見される。少佐は過去の事件に共犯者がいたと信じて独自に調査を続けており、たびたび情報を提供していたが、どれも裏が取れないまま終わっていた。

第4話 巧妙な罠

二等水兵が自動車事故を起こして死亡する。車内から大金と演習用の手榴弾が見つかり、遺体の血液からは大量のLSDが検出されたため、二等水兵が強盗を働いたあとに薬物を盛られた可能性が浮上。

第5話 アビーの格闘

車のトランクから海軍大佐ドブリンの死体が発見される。体内からは神経毒ボツリヌスが入った容器が見つかり、その使い道を調べるため、ギブスはドブリンに成り済まして密会場所を訪れる。

第6話 盗撮の代償

二等兵曹マイヤーズが狙撃されて死亡する。NCISは連続スナイパー殺人犯の犠牲者だと考えて捜査を始めるが、今回は模倣犯の仕業であることが発覚。

第7話 シャーロックたちの推理

森の中で元海軍少佐ヘイズの死体が見つかる。死体の身元を知ったダッキーは、捜査から外れると宣言。ヘイズは服役中の息子の冤罪を晴らすべく、“シャーロック推理研究会”に調査を依頼していたのだ。

第8話 想い出の人

南スーダンでボランティアの医師たちが襲撃され3人の死亡が確認される。トニーとビショップが彼らを派遣した団体IDGを訪れると、そこには何とトニーがかつて素性を隠して付き合っていたジャンヌ・ブノワの姿が。

第9話 着せられた汚名

殺人容疑をかけられていた下士官カイルが証拠不採用によって釈放される。その後、水兵仲間に嫌がらせを受け、妻にも愛想を尽かされてしまったことから、カイルは汚名をすすぐために軍法会議に出廷することを希望。

第10話 血を分けた兄弟

兄弟2人を戦地で失った水兵アレックスが、白血病で瀕死の状態に。ギブスたちはアレックスに骨髄移植を受けさせるため、行方不明になった弟ショーンの捜索を開始。

第11話 長かりし旅路

ダッキーが何者かに襲われ、助けに入った海兵隊員が殺害される。犯人はダッキーの弟ニコラスについて探っていたが、ニコラスはすでに他界しており、ダッキーは心当たりがないと言う。

第12話 姉弟都市 前編

ニューオーリンズ発の自家用機との通信が途絶える。搭乗者は死亡していると見られ、NCISが安全な場所に墜落させるが、ニューオーリンズ支局のプライド捜査官は、名簿の中に何とアビーの弟ルカの名前を見つける。

第13話 デジャヴ

DCが寒波に襲われる中、埋め立て地で女性水兵の死体が見つかる。彼女が射殺事件の証人だったことから、当初はギャングの仕業かと思われるが、被疑者の男は関与を否定。

第14話 閉じ込められた潜水士

潜水支援船の減圧室の中で元水兵の飽和潜水士デラロサが死亡する。通報を受けたギブスたちが船に乗り込むが、減圧には4日かかるため死体を減圧室の外に出すことができない。

第15話 REACT

マクギーの幼なじみで、チーム“REACT”に所属するペイジ捜査官が、戦術訓練のために本部を訪れる。その直後、海軍長官の娘メーガンが彼氏のディーンと共に誘拐されたことが発覚。

第16話 悲しい再会

一等兵曹のフィンとショアが武器の盗難現場に居合わせ、撃ち合いの末にフィンが死亡。ショアと犯人グループの1人は負傷し、タフト医師が犯人の手術を担当することに。

第17話 時間外の捜査活動

海軍下士官の発砲事件の現場に出動したギブスたち。下士官が襲われていた女性を救うという単純な事件だったため、ギブスは早々に帰宅を命じる。

第18話 孤高の狙撃手

イラクで取材旅行中のアメリカ人夫婦が殺害される。現場の5キロ西では2ヵ月前に海兵隊員たちと武装勢力の銃撃戦があり、その際に盗まれた海兵隊の銃が凶器であることが発覚。

第19話 2人の被疑者

海軍基地に勤務していた記者が死亡する。現場には妻と愛人が居合わせており、それぞれ相手が発砲したと主張。どちらのウソか見破るべくギブスたちは捜査を進める。

第20話 成り済まし詐欺

パーティーに参加していたトニーは、ブランスフィールド議員から突然2万ドルを渡される。さらにNCIS捜査官が死亡したという情報が入り、被害者は何とトニーのIDを持っていた。

第21話 舞い戻ったスパイ

海上輸送されてきたコンテナの中でイギリス人看守の死体が発見され、彼女が脱獄事件の人質だったことが判明。脱獄囚2人のうち1人は元MI6のスパイ、もう1人は殺人犯だった。

第22話 軍人の家族

トム・モローの殺害を受け、トニーは容疑者スコットの手掛かりを追ってロシアへ。ヴァンスとフォーネルもイギリスに飛び、トニーがつかんだ情報を頼りに元MI6長官の行方を追う。

第23話 真犯人

フォーネルが重傷を負って救急搬送され、改めて容疑者ジェイコブ・スコットを捜し出すことを誓うギブス。モンロー捜査官と共に、スパイ事件の関係者の中で行方不明になっていた元NCIS捜査官2人を捜し始める。

第24話 トニーの決断

トレント・コルトを追うギブスたちの元に、イーライ・ダヴィードの農場が爆発したというニュースが飛び込んでくる。そこにジヴァが住んでいるという情報を得たトニーは動揺を隠せず、テルアビブに飛ぶ準備を始める。

Season14 エピソード

第1話 消えた潜入捜査官

軍人夫婦の車が爆発し、夫のキャンベル中佐が死亡。妻はJAGの検察官で、アルゼンチン出張から戻ったばかりだという。しかし捜査を進めると、妻の弟がアルゼンチンでの任務中に失踪していたことが発覚。

第2話 同窓会

基地内で開かれた同窓会で毒殺事件が発生する。被害者のブルーノが会場のロッカーに爆弾を入れていたため、ギブスたちは彼が大量殺人を計画していたと考えて捜査を開始。

第3話 疑惑の自殺未遂

海兵隊のエリン・ヒル三等軍曹がアパートの屋上から転落して重体に。彼女はアフガニスタンから帰国後、勤務に集中していなかったことから、上官の指示でセラピーに通っていた。

第4話 眠らない船

駆逐艦のゴミ圧縮機の中で航海士の遺体が発見される。駆逐艦は乗員の家族や友人も乗艦しているタイガークルーズの最中で、帰港が翌日に迫っていたため、艦長は事件の早期解決を要請。

第5話 トラウマ

MI6のクレイトン・リーヴスから捜査協力を要請されたギブスたち。クレイトンは密輸の捜査中に失踪した同僚を捜すためにフィラデルフィアに来たところ、水兵の遺体を発見したという。

第6話 監禁

誘拐されていた下士官ケリー・リストウが犯人を撲殺して脱走する。その後、ケリーはダレス空港で拘束されるが、彼女を空港に呼び出したはずの夫クリスが行方をくらましていることが発覚。

第7話 勇者の故郷

酒店で水兵が死亡し、通報者の海兵隊員ヴィクターが現場から逃走する。彼の手には血がついており、店の事務所に銃を隠してから逃走したため、ギブスたちは何か隠し事があると考えて捜索を開始。

第8話 議員脅迫事件

ジェナ・フレミング議員の車にネズミの死体が置かれるという事件が発生。秘書の話によると議員はこれまでにも数々の脅迫を受けており、NCISはネット掲示板などから犯人を絞り込むことに。

第9話 収容キャンプ

従軍聖職者レザ中佐の車が道路を外れて岩に激突。中佐自身は事故前に殺害されており、何者かが車に細工して事故に見せかけたことが発覚する。

第10話 母の思い人

観劇後に車の相乗りサービスを利用して帰宅しようとした大佐が殺害される。大佐は機密情報を売っていた疑いがあり、軍の内部調査を受けていた。

第11話 愛する者のために

カイ・チェンという実業家を逮捕するために“ウィロビー作戦”が決行される。ギブスたちが飛行機に副操縦士としてリーヴスを潜入させ、チェンの搭乗を待っていると、機内にいたチンタオが、突然飛行機から降りる。

第12話 癒えない傷

いつものように、なじみの店で朝食を取っているギブス。不意に窓の外を見ると、そこには見覚えのある男の姿が。彼は店を出て、その男に声をかける。NCISのオフィスでは、ビショップが職場復帰を果たす。

第13話 いばらの道

車内で会話をする1組の親子。運転手はスミス海軍大佐で助手席には息子のライアンが座っている。ライアンが会社に一時解雇されたことを告げると、なかなか生活が安定しない息子を大佐が厳しく責める。

第14話 シャーロック再び

二等兵曹の女性マヤ・ケタリングの遺体が自宅で発見される。夫のマイクは仕事でサンフランシスコにおり、マヤは休暇中だった。ギブスたちが夫妻の家を訪れ捜査をしていると、1人の男性が現れる。

第15話 仕組まれた計画 前編

大規模なライブ会場で想定されるテロ攻撃のシミュレーションに参加し、犯人役として会場に乗り込むアビー。しかし、アビーが持ち込んだ風船には数百人を殺せるだけの猛毒が仕込まれていた。

第16話 究極の選択

海軍のターナー少佐の死体が発見される。自殺を図ったと見られるが、タイミングに不可解な点が多く、ギブスたちの捜査によって少佐が何者かに脅迫されたことが発覚。

第17話 床下の秘密

2人の不法侵入者がマクギーの部屋を荒らし、鉢合わせしたマクギーが1人を射殺。もう1人はデライラのハードドライブを盗んで逃走する。

第18話 最期の願い

海兵隊の元大将がギブスの家を訪れ、ガンに侵されている娘ローラを助けてほしいと依頼。ギブスが病院を訪ねると、海軍大尉であるローラは一等兵層コリンズの遭難事故を捜査してほしいと話す。

第19話 記念碑

退役軍人を無料でワシントンDCに招待し、戦争記念碑に案内する団体“オナー・フライト”。そのボランティアをしていた海兵隊のベック伍長が、ツアー中に殺害される。

第20話 ウィルス被害

海軍中将のパソコンが新種のランサムウェアに感染し、時間内に解読キーを購入しなければデータがすべて消えてしまうという事態に。

第21話 蘇ったギャング

銀行強盗に関与したと見られる海兵が殺害される。監視映像を確認すると、犯人が逃走時に乗っていたバイクは、潜入捜査をしていた頃のトーレスのものだと発覚。

第22話 謎の頭蓋骨

ロッククリーク公園で海兵隊員が殺害され、さらに現場付近で動物の頭蓋骨が発見される。被害者がリベリアで自然保護官を訓練していたことから、ギブスたちは動物の密売が関係していると踏んで捜査を開始。

第23話 誓いの言葉

駆逐艦の給養員ジョーンズが謎の突然死を遂げ、死体を搬送するために乗艦したギブスとパーマー。ところが死体が保管されていた冷凍室の錠が壊され、何者かが死体を運び出したことが発覚する。

第24話 無法地帯

パラグアイのジャングルで切断された右手が発見され、他にも遺体の一部が川岸に流れ着く。その右手がSEAL隊員マシュー・ディーンのものだと確認され、ギブス達は彼が命令に背いて渡航した理由を探ることに。

Season15 エピソード

第1話 パラグアイ

パラグアイで子供たちを救うために反政府組織RACと衝突し、その後ヘリコプターに乗り損ねたギブスとマクギー。

第2話 掘り起こされた棺

1つの棺から2人の死体が発見され、そのうちの1人が1年半前に失踪した海軍のコイン大尉だと発覚する。

第3話 新たな人生

トーレスと共に張り込みをしていたヒギンズ刑事が現場から姿を消す。市警の上司は人質事件だと主張するが、現場の隠しカメラはヒギンズと謎の女の姿を捉えていた。

第4話 嵐の夜

ハリケーンが接近する中、海兵隊員が刺される事件が発生。さらに海軍所属の妻が誘拐されたことが分かり、ビショップとトーレスは彼女が勤務していた軍艦に乗り込む。

第5話 匿名の彼女

リーヴスの目の前で自助グループの友人メリッサが拉致される。彼女は元恋人エディから暴力を受けており、彼が機密情報の入ったパソコンを盗んで失踪したことが発覚する。

第6話 交信記録

ゴルフ場で海軍二等兵曹の死体が発見される。被害者はゴルフ場の管理人として副業しており、マクギーとトーレスが自宅を調べると、アマチュア無線の機器が見つかる。

第7話 冤罪

11年前の殺人事件で死刑判決を受けた男が、NCISにハメられたと主張。ダッキーとジミーが遺体を調べ直すと新たな事実が発覚したため、ギブスたちは再び捜査を行う。

第8話 霊能者

謎の声に導かれた女性が死体を発見。スローンが事情聴取を行うと、今度は自動車事故のシーンが見えたと話し、ギブスたちは彼女を疑いながらも関連性を調べることに。

第9話 新しい命

スローンの友人であるMI5職員が殺害される。ギブスたちが犯人の武器商人を追う一方で、双子を妊娠中のデライラが破水したという知らせを受け、マクギーは病院に急ぐ。

第10話 運命のサイコロ

トーレスとスローンがアフガニスタンで議員の護衛を務めている最中、議員の息子が重傷を負ったという知らせが入る。3人は帰国を急ぐが、アクシデントに見舞われる。

第11話 ルイス&チャーリー

麻薬取り締まりの潜入捜査で船に乗り込んだトーレスとビショップは、売人との接触に成功。ところがその直後に船が爆発し、トーレスたちとの連絡が途絶えてしまう。

第12話 二重生活

海軍大尉が首をつって死亡する。両親は自殺ではないと主張し、彼女の日記にも落ち込んでいる様子は見られないため、ギブスたちは他殺の可能性も視野に入れて捜査を行う。

第13話 悩める少女たち

海兵隊員ジェンキンスの死体が発見される。死体の外傷や現場に落ちていた破片などから、ジェンキンスがひき逃げ事故に遭ったと推測したギブスたち。

第14話 探偵フォーネル

盗難車の中のドラム缶から海軍中佐の死体が発見される。中佐は1週間前に失踪しており、FBI捜査官から私立探偵に転身したフォーネルが中佐を捜していたことが発覚。

第15話 探偵の手腕

ギブスたちが連続殺人犯ヒックスを追いかける中、彼の弁護士ジェシカが爆発によって死亡。早速ヒックスを連行して取り調べが行われるが、証拠がないため釈放せざるを得なくなる。

第16話 毒入りクッキー

スペインに派遣中の二等兵曹スウィーニーが心不全で死亡。アビーはスウィーニーの血液からシアン化物を検出し、彼あての支援物資の中に毒入りクッキーが入っていたことを突き止める。

第17話 コレクター

お宝発掘番組で歯が欠けたこん棒を見たギブスとダッキーは、それが16年前の未解決殺人事件の凶器だと推測。調べを進めるため、ダッキーは執筆のために雇った助手ケイシーを連れてNYから戻る。

第18話 侵入者

NCIS本部の屋上で修理業者の死体が発見される。当初は変圧器の爆発が原因かと思われたが、被害者は爆弾を所持しており、過って自爆したことが発覚。

第19話 偽造ID

海兵隊員とレコード店の経営者が死体で発見される。レコード店の経営者は副業で大量のIDを偽造しており、海兵隊員と思われた被害者はギャングLVMのメンバーだったことが発覚。

第20話 見えない目撃者

飲酒運転の車を追っていた保安官が、パトカーごと湖に転落する。後部座席には暴行事件の被疑者である下士官が乗っており、そのまま溺死したと思われたが、パトカーを引き揚げると車内はもぬけの殻。

第21話 一歩前進

母親を殺された女性退役軍人が、捜査を求めて海軍工廠に乗り込んでくる。自宅の近くで逮捕された強盗犯が第一容疑者として挙がっていたが、殺人とは結びつかず、事件は未解決のまま1年を迎えたという。

第22話 二歩後退

アビーとリーヴスがレストランを出た所で見知らぬ男に襲われる。ギブスは部下を守れなかった自分を責めながらも犯人の捜索を開始。

第23話 マーシー号

共に船を造った友人フィルが海に沈んでしまい、葬儀に参列したギブス。フィルの妻マーシーに彼の工具を持っていてほしいと頼まれて地下室に行ってみると、シェルターの隠し扉があることを発見する。

第24話 フラッシュバック

デライラに紹介された男性と食事をすることになったスローン。デートは順調に進んでいたが、あることをきっかけにレストランの中で暴れ出して逮捕されてしまう。

Season16 エピソード

第1話 異端者

テロリストのハキームがヴァンスを拉致してから4週間が経過。かつてハキームに拷問されたスローンは、彼と再会した時に冷静に対処できなかったことを悔やんでいた。ギブスは局長代理を務めながらヴァンスの捜索を続けており、飛行機がカブールに着陸したという情報を基にトーレスがアフガニスタンに飛んだが、何の情報も得られない。そんな中、銀行強盗グループの中にヴァンスがいたことが分かり、ギブスたちは驚愕する。

第2話 袋小路の住人たち

住宅の浴槽の中から死体が発見される。腐敗が進んでいたため、身元の特定には時間がかかるが、家の住人が海軍大尉だったことからギブスたちが捜査を開始。2週間前に近所の家が泥棒の被害に遭っており、当初は強盗事件だと思われるが、しばらくして個性的な隣人たちが次々と証言を始める。そんな中、過ってサングラスを踏んで壊してしまったトーレスは様子がおかしくなり、憂さ晴らしにパーマーと夜遊びに繰り出すことに。

第3話 危険な小包

SEAL隊員ニコラスに届いた小包が爆発し、それを盗んだ泥棒2人が死亡する。ニコラスの妻シーバはリアリティ番組に出演しており、プロデューサーのヤラセではないかと勘繰るが、離婚を望むニコラスはシーバの仕業だと主張。番組のファンであるマクギーはシーバの無実を信じていたが、取り調べによって彼女の本性が見えてくる。一方、傷病休暇中のヴァンスはリハビリを続けており、なかなか職場に復帰しようとしない。

第4話 ギブスの休暇

現金輸送車から35万ドルを盗んだ犯人が海軍航空基地に逃げ込み、飛行機で逃亡した可能性が浮上。マクギーたちがその飛行機を調べると、中には犯人のものと見られる1本の指が残されていた。一方、山小屋で休暇を過ごしているギブスの元に、友人のフィルとフォーネルがやってくる。その後、強盗犯がパラシュートで落下したと推測される場所がギブスの山小屋に近いことが分かり、ギブスたち3人は広大な森を捜索することに。

第5話 ベトナムからの便り

閉鎖された郵便局から1970年の郵便が見つかる。中には海兵隊のホール中尉がベトナムの戦場から送ったテープが入っており、彼が自ら命を絶とうとしていることが語られていた。ところがNCISにテープを持ち込んだホール夫人の話では、中尉を殺した罪で別の海兵隊員が終身刑に処されているという。そこでギブスたちは真相を探るために再捜査を始めるが、服役中の男性は自分が殺したと言って捜査に協力しようとしない。

第6話 運命の分かれ道

トラックの休憩所のトイレで2人の死体が発見される。1人は海軍の三等兵曹、もう1人はかつてトーレスが訓練中に親しくしていた元海兵隊員アンダーソン・コールだと発覚。2人は第三者に殺されたと見られるが、犯人が現場を出入りした形跡はない。その後、コールの家を訪れたトーレスとビショップは、彼の暮らしぶりに驚愕する。一方、パーマーは検視室で死体が移動したと主張し、ハロウィーンの悪霊の仕業ではないかと疑う。

第7話 盗まれた壁

信用組合の壁に穴が開けられる。当初は強盗事件だと思われるが金銭的な被害はなく、盗まれたのは壁の一部だけ。その後ケイシーの分析によって盗まれた壁にはストリートアートが描かれていたことが分かり、ビショップとトーレスは作品が売られている会場へ。すると、その作品は正体不明の人気アーティストであるリッツが手がけたもので、絵の中に隠されたQRコードによって秘密のメッセージを伝えていることが明らかに。

第8話 反逆者

川から死体が発見され、IDや軍服の名札から国防兵站局に勤務する軍人だと分かるが、ビショップが勤務先に連絡を取ると、その軍服の主はまだ存命だった。彼は押し込み強盗で軍服などを盗まれたが、なぜ犯人が彼に成り済ましたかは分からないという。その後、アフガニスタンの死亡事件との関連が明らかになり、帰還してきた戦死者の遺体をNCISが預かることになるが、遺体に付き添っている大佐がギブスたちに猛反発する。

第9話 謎の共犯者

3年前の強盗事件に加担したアンジー・グレイが刑期を終えて釈放される。アンジーは当時の捜査で共犯者をかばって司法取引に応じなかったため、ギブスたちは今度こそ共犯者を突き止めようと尾行を開始。ところがNCISの他にも、アイヴァーソンという探偵がアンジーを追っていることが発覚。そしてスローンがプロファイリングを行うべくアンジーに接触した直後、アイヴァーソンがアンジーの部屋に侵入してしまう。

第10話 舞い降りた天使

NCISの面々がクリスマス休暇に向けて仕事を納めようとする中、ホームレス施設でボランティアをしていた退役軍人が殺害される。彼が前日に麻薬密売人を施設から追い払っていたことが分かり、ギブスたちは事情を聞くために男の自宅へ。しかし被疑者が説得に応じず、銃撃戦に発展。その後、彼が自宅に赤ちゃんを隠していたことが分かる。一方、被害者に親近感を覚えたケイシーは、彼が持っていたはずの名誉負傷勲章を捜し始める。

第11話 化学兵器

国防長官の捜査中止命令を無視したとして、直々にNCISを訪れた長官から銃とバッジの提出を求められたマクギーとトーレス。クビが懸かった2人は、長官とヴァンスに化学兵器紛失の捜査に至った経緯を説明し始める。事の始まりはギブスとマクギーの代理でビショップとトーレスが出席したセミナー。その内容に退屈して会場を抜け出した2人は叫び声を聞きつけ、ホテルの一室に大量の遺体が並べられているのを目の当たりにする。

第12話 永遠の絆

麻薬密売人ディーガンが海軍大尉の殺害を命じたことが分かり、ギブスたちはディーガンを逮捕するべく大尉の死を偽装。そして盗聴器をつけた手下をディーガンの元に送り込むが、捜査は予想外の展開を迎え、チームは軌道修正を迫られる。一方、ギブスの父親の友人シドニーがNCISを訪ねてくる。ギブスは周囲が戸惑うほどシドニーを冷たくあしらうが、彼の頼み事を断り切れず、久しぶりにスティルウォーターに帰省する。

第13話 秘密のオフィス

基地の倉庫で少女が発見される。少女はリリーと名乗り、母と共に監禁されていた地下室から脱出したという。DNA鑑定の結果、母親は10年前に拉致された海軍三等水兵のモーガン・バークだと判明。モーガンは海軍で実働していなかったことから、事件の管轄は保安官事務所に移り、自殺だと断定されていた。しかしモーガンの生存が発覚したため、ビショップとトーレスが捜査資料を調べた結果、驚きの事実が明らかになる。

第14話 母校を訪ねて

軍属の民間人が死体で発見される。被害者のメモ帳にはマクギーの古いパスワードを書いた形跡があり、さらに彼がマクギーの母校に電話していたことが発覚。トーレスと共に母校を訪ねたマクギーは、コンピューターの教師に再会したことをきっかけに、高校時代の父親との確執を振り返る。折しも事件の直前、高校時代に作ったパソコンを引っ張り出してきたマクギー。自宅で復旧を試みていると、パソコンが不気味な動きを始める。

第15話 落水者

駆逐艦で赤道祭が行われている中、落水者が発見され、すぐに引き揚げられたものの死亡が確認される。被害者が救助員だったことから、艦長は彼が溺死したのではなく何か事情があったと主張。さらにパーマーが遺体を確認すると、中世の武器で殴られたような傷が見つかり、駆逐艦に乗り込んだギブスとマクギーとビショップは死の真相に迫る。一方、本部に残ったトーレスは、NCISの職場体験に来た高校生3人の指導をすることに。

第16話 父と息子

三等兵曹の死体が発見される。死体にはクマに襲われたような傷痕が残っており、パーマーが検視室で詳しく調べていると、彼の義父エドが突然訪問。パーマーは死体の刺創に気づいていたが、エドはクマの仕業だと言ってほしいと懇願し、パーマーは義父とギブスの間で板挟みになる。その後、エドがポーカーで借金を作り、殺人の隠蔽を指示されていたことが分かり、パーマーはポーカーに参加していたディノッゾ・シニアを頼る。

第17話 消えた潜水艦

潜水艦メンフィスに乗艦していた潜水士が訓練中に死亡する。ギブスとビショップが潜水艦に乗り込んで状況を確認していると、急に潜航が始まり、外部との接触を絶たれてしまう。さらに艦長たちが捜査に協力する姿勢を見せず、不審に思ったギブスとビショップは他殺を疑って聞き込みを開始する。一方、最終出勤日を迎えたダッキーのために、さまざまな催しを企画していたパーマーだったが、潜水士の司法解剖に追われることになる。

第18話 記憶喪失

音信不通になっていたトーレスがバージニアビーチの釣り船で発見される。トーレスは11時間の記憶をなくしており、船内で見つかった彼のTシャツには血が飛び散っていた。ギブスはパーマーの診察を受けるようトーレスに命じ、ビショップを連れてトーレスのジムを訪れ、彼のパーソナルトレーナーに話を聞く。一方、ヴァンスはリハビリ中に出会った女性と交際を続けていたが、彼女はひそかにヴァンスのパソコンを狙っていた。

第19話 怒れる白鳥

海軍病院で銃乱射事件が発生し、死者1名と12人の負傷者が出る。現場に居合わせた非番の警官が応戦したものの、犯人は現場から逃走。病院内には大勢の目撃者がいたが、犯人は帽子を目深にかぶっていたため顔の特徴が分からない。そこでギブスは情報を得るべく事情聴取を続行し、現場に駆けつけたスローンにも協力を要請。ところがスローンは犠牲者リストを確認したあと、捜査から外れると申告してその場を立ち去ってしまう。

第20話 後悔

工事現場で遺体が発見される。パーマーが歯を照合した結果、被害者は海兵隊員エレン・ウォレスだと発覚。エレンは2001年9月11日の同時多発テロで死亡したとされていたが、別の理由で殺害されたことが判明したため、NCISが捜査を開始。エレンの父親であるウォレス大将に経緯を報告したギブスは、必ず事件を解決すると誓う。その後、エレンの遺品を調べていたビショップとケイシーは、彼女とギブスの意外な関係を知る。

第21話 正義の天秤

ケイシーがDNAをデータ化したことにより、30年前アイスクリームに毒物が混入されて少年1人が死亡し、5人の子供が重体になった事件が解決する。ギブスたちは証言を行うために出廷し、犠牲となった少年の父親が見守る中、検察側は次々と証拠を提示。犯人が自白したため有罪評決は確実と思われていたが、審理は予想外の展開を迎える。そんな中、マクギーは仕事のオファーを受けたカリフォルニアのIT企業を訪れていた。

第22話 私刑執行人

NCISと共に国防長官の隠し口座について探っていたCIA局員クラークが、ヴァンスの元恋人マロリーと撃ち合った末に死亡する。その後、国防長官自らNCISに出向き、口座の記録をすべて提供した上で、口座の管理者を突き止めるよう要求。早速マクギーとケイシーが記録を分析すると、口座が別の殺人6件と結びつき、闇の私刑執行組織の存在が明らかに。その組織が次の処刑対象に選んだのはギブスだった。

第23話 英雄の最期

一等軍曹ウィルソンの死体が発見される。彼はテロ指導者ザキールを確保した部隊“ザキール5”の一員で、ビショップとトーレスが自宅を訪れると、ひどく荒らされた家の中で混乱する妻に遭遇。さらにチームがザキール5の別の隊員マッカーシーの家を訪れると、寝室に血が残されており、マッカーシー自身は行方をくらましていた。そんな中、ギブスが突然現場を立ち去り、残されたマクギーたちは戸惑いつつも捜査を進めることに。

第24話 最愛の娘

フォーネルの娘エミリーがパーティー会場で倒れ、オピオイドの過剰摂取と診断される。薬物アレルギーのためエミリーは生死をさまよい、フォーネルは激しく動揺。友人たちの証言から、エミリーが薬を盛られ、同様の事件が大学で頻発していることが分かる。そして一旦着替えを取りに戻ったギブスは、死んだはずの元妻ダイアンに遭遇。彼女にハッパをかけられ、管轄外のエミリーの事件を捜査したいとヴァンスに掛け合う。

Season17 エピソード

第1話 闇の中から

ギブスとジヴァが再会した直後、ギブスの家が襲撃に遭い、2人は命からがら逃げ出す。ジヴァはサハールという女に命を狙われており、トニーと娘のタリを取り戻すために、サハールを捜し出して殺害する計画だという。一方、ギブスの家で現場を検証したビショップは、ギブスがジヴァと行動していることに気づき、以前ジヴァが使っていたオフィスへ。そして大家のオデットから事情を聞き出し、マクギーにジヴァの生存を打ち明ける。

第2話 光の中へ

サハールを逮捕したギブスとジヴァは、彼女が命を狙っているという上院議員の名前を聞き出そうとするが、説得が間に合わずにワシントンのホテルで自爆テロ未遂事件が発生。議会警察が犯人を殺害し、幸い現場にいた上院議員たちにケガはなかったが、依然として標的は分からない。サハールが分派テロ組織の元リーダーだという情報を踏まえ、スローンが取り調べを行うと、サハールは本当の標的が上院議員ではなく下院議員だと話す。

第3話 疑惑のトレーラーパーク

海軍工廠の搬入口でトラックの荷台の下から死体が見つかる。被害者はノーム人形によって殺されており、兄と共にトレーラーパークを購入していたことが発覚。そのトレーラーハウスの住人がノーム人形の盗難を訴え、彼の畑から死体を引きずった形跡が確認される。一方、スローンはヴァンスの指示を受け、ジヴァ襲来によってチームの士気が下がっていないか判断しようとするが、チームの面々は何も問題ないと口をそろえる。

第4話 ホームレス軍人

アーリントン国立墓地に突如として馬が現れ、切断された人間の足を乗せていたことからNCISが出動。足の主は海兵隊の元三等軍曹ホルツマンだと発覚し、彼の治療を担当していた退役軍人省の医師のアドバイスを基に、ギブスたちはホームレスの退役軍人たちが暮らすテント村を訪れる。捜査の傍ら、マクギーとビショップとトーレスはジヴァの件でウソをついた罰として、ヴァンスから証拠保管庫の整理を命じられる。

第5話 催眠殺人

海兵隊のレイニー・アリモンテ伍長が冷蔵庫の中で見覚えのない銃を発見。銃は3キロ先に住むジョー・コルテスのものだと分かり、ビショップとトーレスが自宅を訪ねると、コルテスはすでに射殺されていた。凶器となった銃からレイニーの指紋が発見されたため、ギブスとスローンが取り調べを行うと、レイニーはもし自分が殺害したとすれば催眠療法士の仕業だと話す。そんな中、ギブスは近所に越してきた少年と交流を深める。

第6話 囚人と犬

出所したばかりのトレイ・クチェラが海軍基地で死亡しているのが発見される。トレイは刑務所で使われるような手製の武器で殺害されており、手には犬の毛が握られていた。さらにトレイがパブに入り浸ってダンテ・ブラウンという男と飲んでいたとことが分かり、ギブスたちがダンテの自宅を訪ねると、そこにはなぜかケイシーの姿が。親友ダンテに殺人容疑がかけられたことを知ったケイシーは、彼の潔白を証明するべく奮闘する。

第7話 のぞき魔

養豚場で海兵隊員の死体が発見される。死体は部分的にブタに食べられており、ギブスたちは被害者が持っていた鍵を頼りにモーテルへ。彼が借りた部屋は使った形跡がなかったが、天井の異変に気づいたギブスが屋根裏に行くと、そこには大量の隠しカメラが。さらに被害者と下院議員の接点が発覚し、NCISは恐喝事件として捜査を行う。一方、交際中の女性に息子がいることを知ったトーレスは、意外な形で対面を果たす。

第8話 エリート音楽隊

海軍のエリート音楽隊“アンカー楽団”の隊員が走行中のバスから飛び降りて死亡する。後続の車に衝突する前に心臓が止まっていたことが分かり、NCISは他殺の可能性も視野に入れて捜査を開始するが、ギブスが突然休みを取ると宣言して行方不明に。指揮を委ねられたマクギーは、ビショップやトーレスと共に音楽隊の周辺から被疑者を絞り込んでいく。その一方で、スローンもまた捜査に集中できない事情を抱えていた。

第9話 恨まれたゲーマー

ゲームのライブ配信中に男性が殺されたとの通報が相次ぐ。彼は“海軍ゲーマーZ”と名乗っており、NCISの調べで一等兵曹イアン・ロハスと発覚。当初はヤラセかと思われたが、ギブスたちが自宅を訪ねると、彼は大人気ゲームになぞらえて殺害されていた。そこでゲーム好きのマクギーが中心となり、チームは周辺のゲーマーから被疑者を絞り込んでいく。ギブスの家に泊まっていた少年フィニアスも、意外な形で捜査に関わることに。

第10話 運命の1発

オデットの頼みでクラブ経営者からUSBを入手したビショップは、それをオデットに渡さずチームを招集。USBにはジヴァの幼なじみであるアダム・エシェルが拘束されている写真が納められていた。ビショップから報告を受けたギブスは、勝手に自分の部下を使った理由を知るべくジヴァの元へ。ジヴァはオデットの独断だったと話すが、サハール特定に尽力したアダム・エシェルが行方不明になっているため、ギブスに助けを求める。

第11話 家出少年

少年フィニアスが書き置きを残して姿を消してしまう。フィニアスに対する罪悪感に苦しむギブスは、いつになく動揺をあらわにしてスローンたちを心配させる。潜入捜査時代の経験から他人事と思えないトーレスは、ギブスと共にクラブ経営者ヴィクターを再び尋問することに。一方、スローンはフィニアスの父親に関する情報を集める。さらにジヴァもパリ行きを延期して捜索に協力するが、彼女もまた葛藤を抱えていた。

第12話 飛行計画

空母から飛び立った戦闘機が海に墜落。操縦士のウィークス大尉とは交信が途絶えており、上官たちは低酸素症だと判断していたが、空母に乗り込んだギブスとビショップが大尉の船室に行くと、中には死体が残されていた。さらに脱出の形跡が見られないことから生存は絶望視されていたが、その後のケイシーの調べで大尉が電子探知器をわざわざ解除していたことが発覚。NCISは大尉が死を偽装した可能性を視野に入れて捜査を進める。

第13話 届かない声

新型ドローンのテストが行われていた兵器実験場で、元一等軍曹バッカーが爆撃される。パーマーの所見によるとバッカーは爆撃前に死亡しており、何者かが遺体を実験場に運んだという。中止命令を無視してミサイルを発射した操縦士はバッカーの元恋人で、ビショップたちが話を聞こうとすると、待機していたはずの部屋から姿を消していた。そんな中、ダッキーの転身によって手が回らなくなったパーマーは、検視官助手を探し始める。

第14話 暴走

トーレスとビショップがジョギング中、暴走する車が突っ込み、ビショップをかばったトーレスは意識不明の重体に。病院に駆けつけたギブスの前で心停止を起こし、予断を許さない状況が続く。トーレスの体内から摘出した車の破片を調べると、ロシアの資産家の息子ゼイヴィア・ゾロトフに結びつき、ビショップの取り調べでゼイヴィアは複数の罪を自白。事件解決に思われたが、ヴァンスは主権免除によってゼイヴィアを釈放する。

第15話 射抜かれたハート

心臓を矢で射抜かれた裸の死体が発見される。被害者の携帯電話には海軍限定の出会い系アプリ“フリートデート”が入っており、最後に交際していた女性ステイシーの家を訪ねると、そこにはギブスの友人フィルの姿が。フリートデートを通じてステイシーと知り合ったフィルは彼女にゾッコンの様子だが、ステイシーの別の元恋人も4ヵ月前に矢を放たれて死亡していたことが分かり、彼女が連続殺人犯である可能性が浮上する。

第16話 エフェメラ

海軍の元最上級兵曹長アートが自殺する。彼はボランティアとして働いていた海軍博物館に100万ドル以上の価値があるコインを寄付すると書き残していたが、来歴が分からない寄付は受領されないため、ダッキーの指示の下でアートの自宅に保管されていた手紙や書類を調べることに。その中から、アニーという女性から送られたラブレターが発見され、チームの面々はアートが若かりし頃に思いをはせながら当時の出来事を探っていく。

第17話 ジオラマの謎

自動車事故で死亡したと思われた三等兵曹ノア・オドネルが、実は事故前に至近距離から射殺されていたことが発覚。ノアの両親は10年前に同じ手口で殺害されていたが、当時の犯人は捕まっておらず、両親の事件を担当した刑事が今回の事件について嗅ぎ回っていることが明らかに。さらにノアの妹は事故の直前に携帯電話の電源を切って行方をくらましており、ギブスたちは彼女を捜索する中で奇妙なドールハウスに遭遇する。

第18話 聖人

一等兵曹ジェレミー・ウィスラーの死体が湖で発見される。死因は溺死ではなく絞殺と見られ、携帯電話にはすさまじい剣幕で被害者を脅すメッセージが残されていた。その後、ジェレミーが通っていた専門学校を訪れたマクギーとトーレスは、誰からも聖人だと思われていた被害者に裏の顔があったことを知る。

第19話 聖パトリックの悲劇

強盗団の1人がリーダーに殺害され、その死体が海軍新兵募集センターのゴミ箱に遺棄される。ギブスたちは遺棄現場に出動すると、死体はすでに警察が搬送しており、手持ち無沙汰になったパーマーはケイシーと朝食を取ることに。すると死体遺棄事件を起こした強盗団が、偶然にもその近くで警備員と撃ち合いになり、パーマーとケイシーのいる店に逃げ込んでくる。他の客や店員と共に人質に取られた2人は、無事に脱出できるのか。

第20話 戦艦アリゾナ

大将の家から名誉負傷勲章が盗まれる。ギブスたちが現場に残された書き置きを頼りにモーテルに行くと、95歳の老人ジョーが待っており、不法侵入と盗難を自白。その後、取調室にギブスを呼び出したジョーは、自分の死後、真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナに納骨すると約束すれば勲章を返すと条件を出す。アリゾナの乗組員にはその権利があるが、当時16歳だったジョーは兄の名前で従軍しており、乗艦の証明は困難を極める。


U-NEXT
NCIS ネイビー犯罪捜査班 Naval Criminal Investigative Service

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus