アントラージュ★オレたちのハリウッド

アントラージュ

シーズン数8
IMDbスコア8.5/10
ジャンル コメディ, ドラマ
主要出演者エイドリアン・グレニアー ケビン・コナリー
配信中サービス  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

ニューヨーク出身の人気上昇中の若手スターのヴィンス・チェイス、そしてそのアントラージュ(取り巻き)のエリック、タートルそして兄のジョニー。幼なじみの3人がヴィンスを支えて、セックスやパーティー、そして超やり手のエージェントたちが支配する街、ハリウッドをお気楽に生き抜いていく物語。強烈で行き過ぎた今のセレブたちのライフスタイルや、信頼できる人間関係、本物の芸術を作り上げていく過程を、業界内部の人間が描いたドラマ。

アントラージュ★オレたちのハリウッドの感想

この「アントラージュ★オレたちのハリウッド」は日本ではそれほど知名度が高くなく、人気もない気もするがアメリカではかなりファンがいたドラマだ。邦題のタイトルが長かったから人気が出なかったのかも??このドラマはお金を稼ぐハリウッドスターの上位にランクインされることが多いマーク・ウォールバーグが自らの体験をもとに製作されたドラマだ。なので彼自身が製作総指揮をしている。話のストーリーとしてはコメディなので単純なのだがケンカをしながらも4人の友情は見ていてホッとする。若い頃に一緒にバカ騒ぎした友人を思い出す作品だ。

アントラージュ★オレたちのハリウッドを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
 

予告編(英語)


Entourage Trailer Season 1 – YouTube

予告編(映画)


Entourage – Official Main Trailer [HD] – YouTube

Season1 エピソード

第1話 アントラージュ -俺たちのサクセスストーリー-

ヴィンス・チェイスはデビューしたばかりのセクシーな若手映画スター。楽しいことを分かち合い、俳優としての基礎を築くために、ヴィンスはニューヨーク・クイーンズ時代からの仲間、エリックとタートル、そして兄のジョニー・ドラマ・チェイスを取り巻き(アントラージュ)に据えることにした。次回作の出演依頼が来るが、ヴィンスは台本をまったく読まず、4人は同窓会に出席するために東海岸に戻るかどうかを相談していた。そんな中、出演料が400万ドルに決定する。

第2話 映画評を吹き飛ばせ

ヴィンスの主演映画が「バラエティ」誌で酷評された。ヴィンスに気分転換させるようエージェントのアリに言い渡されたエリックは、ヴィンスの浪費を許し、ロールス・ロイスを買ってしまう。そんな中、エリックはアリの新しいアシスタントのエミリーに心を惹かれる。また、4人はジェシカ・アルバのパーティに招待され、そこでヴィンスはヴァージンで知られる歌手のジャスティンに出会う。貧困からの脱出を実感する4人。翌朝、ニューヨーク・タイムズに嬉しい映画評が載る。

第3話 波乱のトークショー

ロサンゼルスでのボクシング観戦の帰りに立ち寄ったセレブ御用達のバーで、ヴィンスはテレビ司会者のジミー・キメルに出会う。翌日の出演を要請されて快諾したが、兄のジョニーは以前キメルに見捨てられたことを根に持っており、番組の中でキメルに仕返ししようと画策する。一方、エリックは恋人のクリステンとよりを戻そうとするが、彼女は聞く耳を持たない。ヴィンスは過去に関係のあったサラとともにトークショーに出演。その場でキメルにドラマの話をぶつけたことから、ショーは予期せぬ展開になっていく。

第4話 みんなで初デート

いよいよヴィンスの主演映画「ヘッド・オン」の公開日。アリに電話で叩き起こされ、同日に公開された人気アニメに押されていることを告げられたエリック。そこにファンからの手紙を携えたエミリーが訪れる。エミリーの好意を感じ取るエリック。一方、ラジオに出演したヴィンスは、思いがけずジャスティンと電話で話すことに。ジョニー、タートルもデート相手を見つけて夜を過ごすが、最後は男4人で飲むハメになる。そこへアリが初日の収益を伝えに来た。

第5話 主役を勝ち取れ

ヴィンスは完全菜食主義者のフィオーナと付き合い始める。そのせいで仲間は思わぬ試練にさらされることになる。

第6話 さすらいのビーチ・パーティー

アリの元アシスタントであり、今やライバルとなったジョッシュは、ヴィンスとその仲間をマリブのビーチ・パーティーに誘い、自分をエージェントとして雇わないかと持ちかける。ジョニーは外食産業への転職を考え、エリックはエミリーに恥をかかせてしまう。そして、タートルはある俳優にとんでもないことをしてしまうのだった。

第7話 ブラインド・デートは監督と

エリックは、胡散臭いインディーズ映画の監督ビリー・ウォルシュの撮る映画にヴィンスを出演させたものかどうか悩んでいる。一方、ジョニーは何とか脇役で出演させてもらおうと、売り込みに必死だ。アリはと言えば、ビジネスと喜びは切り離して考えるべきだと気付く。

第8話 いざニューヨークへ

シーズン1の最終回。「ヴィンスの付き人」と呼ばれることに嫌気が差したエリック。自分の仕事に相応しい肩書きがほしいと思うようになる。新作映画の撮影でニューヨークに3カ月滞在することが決まったヴィンスは、多くのガールフレンド達がいるL.A.に別れを告げる準備をする。

Season2 エピソード

第1話 帰ってきた4人! 

「クイーンズ・ブールバード」の撮影を終えて、ヴィンス、エリック、タートル、ジョニーの4人がLAに戻ってきた。アリはヴィンスに、メジャーなプロジェクト「アクアマン」への出演を強く迫る。しかしヴィンスはちっとも興味を示さない。いまやヴィンスのマネージャーとなったエリック。しかし彼女のクリステンとデートでセックスできるかどうかとなると、マネージャーとしての権威もかたなしだ。

第2話 マセラッティと美女 

ヴィンスは、若手女優の関わるペット支援プロジェクトに参加することを考える。エリックは恋人クリステンの態度がつれないあまり、ビーチパーティーで知り合ったスタイル抜群の美女と浮気する。タートルは女の子を引っ掛けようとビーチパーティーでウソをつく。ジョニーは自分の足にイマイチ自身がない。タフな役を手に入れるほど自分の足が魅力的かどうか試そうとする。アリはヴィンスを「アクアマン」に出演させようと躍起になり、彼に脚本を読ませようとどこまでも追っかける。

第3話 魅惑のプレイボーイ・パーティー

ヴィンスたち4人は家を出ていかざるを得なくなる。新居の物色中に、かつてマーロン・ブランドやジョニー・デップが住んでいた豪邸を紹介される。しかしその価格は予算をはるかに超えていた。ヴィンスは、「アクアマン」への出演が突然魅力的に思えてくる。そんな中、プレイボーイ誌創刊者ヒュー・ヘフナーのプレイボーイ豪邸で夜通しのパーティーが開かれる。4人はそろってパーティーへ出かけようとするが、過去にヘフナーの怒りを買ったジョニーは豪邸に出入り禁止の身である。

第4話 あのヒットメーカーが監督を?

ヴィンスたちは豪邸を購入したばかり。売れっ子のインテリア・コーディネーターを雇うために、さらにお金をつぎ込む。お金が消えていく中、エリックは、ヴィンスの「アクアマン」出演契約が正式に書面で交わされていないと知り不安に陥る。ジョニーはタフな足を手に入れようと高額な整形手術を受けようと計画する。アリは妻と結婚セラピーを受けることに。また第一線の監督ビリー・ウォルシュの「クイーンズ・ブールバード」は、サンダンス映画祭に出品されることになった。さらにあのヒットメーカーが「アクアマン」を監督することに。

第5話 隣人はボブ・サゲット

ついにヴィンスは、「アクアマン」の主役に抜擢!という記事でバラエティ誌の一面を飾る。それで近所のゴージャス美人ステーシーが最近フレンドリーだったのだ。しかし、ヴィンスの出演契約はまだ正式に結ばれていなかった。アリとエリックは契約をまとめようと奔走する。エリックは「アクアマン」を監督するジェームズ・キャメロンと連絡を取ろうとするが、まずはアシスタントのエミリーを説得しなければならず彼女との過去を後悔する。アリはデーナを脅迫してキャメロン監督とのミーティングを取り付けようとする。

第6話 哀愁のチャイナタウン

ヴィンスたち4人の経済状況は徐々に深刻になる。アリはヴィンスに、ギャラのいい外国のCMに出演するよう勧める。ジョニーもお金を捻出しようと案を練る。エリックは「アクアマン」の監督ジェームズ・キャメロンにヴィンスを主役候補に入れてもらおうと必死だ。ヴィンスの出演する「クイーンズ・ブールバード」を見てもらおうとするが、監督のビリー・ウォルシュが肝心のフィルムをなかなか渡そうとしない。タートルは4人の金欠状態を救おうと、Xboxのゲームトーナメントに出場する準備をする。

第7話 サンダンスでの情事 

ジェームズ・キャメロン監督がサンダンス映画祭に来てくれることになった。ヴィンスたちは映画祭に到着する。エリックは早速映画スタジオの重要人物とのランチを取り付ける。これがきっかけとなり、とてつもなく条件の良い映画出演のチャンスが巡ってくる。「アクアマン」よりも確実に契約を取れそうな話に、アリは乗り気になる。ヴィンスに出演を勧めるが、彼は「アクアマン」に勝負を賭けることにする。タートルとジョニーは同じ女性にホレてしまう。仲良く共有できるわけもなく、2人に微妙な空気が流れるのだった。

第8話 アクアガールは元カノ?

ヴィンスが「アクアマン」に主演することが正式に決まった。次のステップはアクアガール役の女優を選ぶことだ。数少ない候補女優の1人にマンディ・ムーアの名前が挙がっていた。マンディは実はヴィンスの元カノ。2人の関係を知らなかったエリックは、ちょっとした疎外感を感じる。アリは雑誌特集「最も活躍する30代」に載るはずだったが、年齢オーバー疑惑により外されてしまう。ジョニーとタートルは、ヴィンスの映画撮影に同行。滞在地での生活を楽しむ。

第9話 アクアマンの救世主

ヴィンスは失恋した元カノのマンディ・ムーアとの共演に気が進まなかったが、仕事は仕事と気分を切り替える。しかしマンディは結婚予定。婚約者と仲良くしてほしいと言われ、割り切れなくなる。イヤミなジャーナリストにマンディについてネチネチ質問され、ヴィンスはブチ切れる。エリックやショーナの懐柔もむなしく、逆ギレしたジャーナリストはヴィンスをけなす記事を書こうとする。タートルは2人のプロをジャーナリストのもとに送り込み事態を丸く収めようとする。アリはジョニーにとびきりのバースデープレゼントを贈る。

第10話 友情より恋愛? 

ヴィンスは「アクアマン」の共演者で元カノのマンディ・ムーアにまだ恋心を抱いていると打ち明けてしまう。2人の微妙な関係により、映画製作に差し障りが生じることを周囲は心配する。一方、アリのパートナーのテランスがヴィンスに興味を示し、ヴィンスを紹介するようアリに強く迫る。エリックは気になる女性にアピールするために高級なスーツを買う。ジョニーとタートルは、アリが娘のために開くバト・ミツワー(成人を祝う儀式)に望みをかける。

第11話 10万ドルのプレゼント

ヴィンスとマンディはよりを戻す。しかしショーナたちから、ヴィンスが原因でマンディが婚約者と破局したというスクープ記事が出てしまったことを聞く。ヴィンスはテランスから愛する女性への接し方を学び、アリからは特別な贈り物を受け取る。エリックはテランスの娘スローンといい仲になるが、恋愛と仕事の狭間で複雑な心境に陥る。一方ジョニーは共演者との演技の最中、興奮しすぎて勃起してしまう。タートルはメッセンジャーとしてヴィンスとエリックの仲を取り持つ。

第12話 スターが恋に溺れる時 

ヴィンスは「アクアマン」の撮影をこなしつつも、マンディとの恋にのめりこむ自分を止められない。そんな2人を見て関係者たちは不安をつのらせる。アリとエリックは、ヴィンスとマンディの私生活を厳しく管理せざるを得なくなる。アリとエリックの仕事関係の雲行きも怪しくなっていた。そんな中、エリックの車が盗まれる。ジョニーとタートルは取り戻した車に残されたミュージックデモCDを聞き、作曲したアーティストの才能に驚愕する。

第13話 ハートブレイク・再び 

ヴィンスは相変わらずマンディにのぼせ上がっている。しかし彼女は結局元婚約者とよりを戻してしまったようだ。それを知った仲間はヴィンスを心配する。エリックとタートルはスパイよろしく、マンディと元婚約者が一緒にいるところをパパラッチする。エリックとスローンは気の置けない関係を楽しむようになる。一方アリはテランスが職場に戻ることを知り、戦々恐々とする。テランスを追い出そうと画策するが失敗に終わり、逆にクビになってしまう。

第14話 それぞれの道

シーズン2の最終話。ヴィンスはマンディとの失恋を吹っ切ることができず、「アクアマン」の主役を降りると言い出した。エリックたち仲間はなんとか降板を思いとどまらせようとするが、ヴィンスはかたくなに聞き入れない。エリックたちはヴィンスを離れてそれぞれの道を生きていくことを考え始める。一方今や無職のアリは再び敏腕エージェントのポジションに返り咲くために、コーヒーショップであれこれ戦略を練る。ジョニーとタートルは、仲間の行動に対して沈黙を決め込むのだった。

Season3 エピソード

第1話 アクア・マザー

シーズン3の第1話。ヴィンスの主演する映画「アクアマン」のプレミア開催が間近に迫った。ヴィンスたち4人は、プレミアの夜にふさわしい同伴相手を選ぶことに熱中する。ヴィンスはニューヨークに住む母親に同伴してほしいのだが、旅行嫌いの母親はなかなか腰を上げない。エリックは奥の手を使ってタートルの母親もろとも彼女をLAに呼び寄せる。タートルとジョニーは、グラビア系のグラマー美女をプレミアに連れて行くために、あの手この手でチケットを手に入れようとする。そのためヴィンスの共演者のすさまじい怒りを買ってしまう。

第2話 スパイダーマンをぶっ飛ばせ

「アクアマン」公開初日の朝、ヴィンスたちは浮き足立っていた。4人はサンフェルナンド・バレーで映画を見ることに。ジョニーはあまりの暑さにウンザリしている。公開初日の動員数は快進撃だった。このままいけばスパイダーマンがたたきだした公開第1週目の興行記録を破るかもしれない?しかし猛暑のせいで停電が起こり、興行成績の伸びが危ぶまれてくる。サンフェルナンド・バレーで足止めを食らったヴィンスたちは、「アクアマン」よろしく2人の冴えない高校生を救うためにハイスクールパーティーにもぐりこむ。

第3話 予期せぬ侵入者

ニューヨークのクイーンズ時代の幼なじみ、ドムが4人の前に姿を現した。ドムは最近刑務所から釈放されたばかりだ。ヴィンスは喜んで彼を取り巻き(アントラージュ)の1人に加える。新参者のくせに傍若無人な態度を取るドムに、エリックたちは不満を募らせる。アリの娘は子役スターとつきあっている。アリは気が気ではなく、娘のつきあいを邪魔しようとする。

第4話 シュレックが盗まれた! 

「アクアマン」が大ヒットしたおかげで、彼の夢が実現するまであと一歩というところになってきた。「メデジン」への出演が現実味を帯びてきたのだ。しかし役のオファーを得るためには、映画のプロデューサーに気に入ってもらわなければならない。エリック、ジョニー、タートルは、新参者のドムが気に食わない。ドムは気の利いた話を披露して「メデジン」のプロデューサーの心をつかみ、ヴィンスの映画出演実現に一役買う。エリックたちはドムのことを認めはじめるのだった。

第5話 アクアマンVS麻薬王

ヴィンスは「メデジン」出演を決めるが、「アクアマン」の続編製作も決定する。奇しくも同じ日に両映画とも撮影が開始されるという。どちらとも出演を死守しなければならない。「メデジン」を監督するのはオスカー受賞者のポール・ハギスだ。アツい監督の気分を害さないようにスケジュールを調整してもらおうと、ヴィンス、エリック、アリは知恵を絞る。タートルのクライアント、ラッパーのサイゴンの歌がラジオでガンガン流れるようになった。タートルはアリとやっと仕事の話ができることをハッピーに感じる。

第6話 メジャー・スタジオの逆襲

ヴィンスは「アクアマン2」のギャラアップを狙い、アリに映画スタジオの重役を説得するよう強いる。しかもヴィンスは、ジョニーにも仕事を取ってこなければ映画スタジオのオファーを受けないという。アリは死に物狂いでヴィンスの要求に応えようとする。一方エリックは恋人のスローンとその親友から3Pのお誘いを受ける。エリックはやぶさかではないが、その話にはある条件があった。

第7話 恋人の親友は厄介者 

エリックは恋人のスローンとその親友との3Pを体験する。しかし思いがけず、スローンよりも親友のほうが気になり始める。アリとテランスはエージェンシー同士として交渉を成立させる。ヴィンスはスローンの主催するチャリティーイベントに参加する。スローンに頼まれ、ヴィンスは自分自身をオークションにかけることに。

第8話 芸術とビジネスの狭間で

ヴィンスの出演した映画「クイーンズ・ブールバード」が全米公開される。そのニュースを聞いて仲間たちのテンションは上がる。しかし公開用に編集された映画を見て、喜びが怒りへと変わる。その頃アリは、仇敵テランスだけでなく大手エージェンシー5社「ファイブ・ファミリー」がズラリと居並ぶランチ・ミーティングにいた。威嚇的な雰囲気の中、彼のエージェンシー生命をかけた対決を迫られていた。ジョニーは重要なオーディションを控え、緊張からいきり立っていた。

第9話 ベガスへGO!

そろそろ休暇を取りたくなったヴィンスたちはバケーション旅行を計画する。タートルはヴィンスのためにギャラ10万ドルの仕事をゲット。ヴィンスたちは仕事を兼ねたラスベガス旅行へ出発する。エリックはある俳優から、スローンとの過去についてイヤミったらしくほのめかされる。エリックはジェラシーを禁じ得ない。ヴィンスとアリは、チームを組んでギャンブルをするが、ヴィンスになかなかツキが回ってこない。アリは猛烈に焦り始める。マッサージ師をホメたことから、ジョニーはとんでもない誤解をされてしまう。

第10話 鎮静剤をくれ! 

タートルは、クライアントのラッパー、サイゴンのレコード契約を結ぶ日を迎えた。しかし当のサイゴンは行方知れず。怒り心頭のレコード会社重役に命じられ、タートルとジョニーはLA中サイゴンを探しまくる。アリはエリックに、過去の遺物のような存在のプロデューサー、ボブ・ライアンと組むよう申し渡す。ボブ・ライアンは実のところヴィンスの次の仕事について何のネタも持っていない。しかし彼の家で、エリックはヴィンスにとって完璧なプロジェクトになるかもしれない脚本を見つける。

第11話 老プロデューサーの帰還 

ヴィンスの次なるプロジェクトは、ニューヨークのクイーンズで結成されたパンクバンド「ラモーンズ」の映画である。エリック、アリ、そしてボブ・ライアンは製作実現に向けて動いていた。タートルは有名なグラフィティ・アーティストの限定版スニーカーを手に入れたくて仕方がない。ヴィンスはあらゆる手を尽くして限定版スニーカーをタートルにプレゼントする。ジョニーはついにTVドラマの撮影初日を迎える。緊張しまくるジョニーだが、なんとか撮影をこなさなければならない。

第12話 エージェント以上、友達未満 

ヴィンスの次なるプロジェクトとなるはずだった「ラモーンズ」がご破算になった。アリの失敗をそのまま見過ごすわけにはいかず、ジョニーの「ポイント式評価システム」に従って新しいエージェントを探すことにする。ヴィンスたちの動きを知り、アリは愕然とする。ヴィンスからクビの宣告を受けないよう、「ラモーンズ」の権利を獲得しようとあれこれ手を尽くすのだった。

第13話 元サヤはいつも困難

ヴィンスは誕生日を迎え、希望に満ちた1年が新たに始まろうとしていた。新しい(セクシーな)エージェントのアマンダもヴィンスたちのチームに加わった。彼女はヴィンスに話題の時代物映画に出ることを勧める。ビジネス関係を切ったヴィンスとアリ。後腐れが悪いものの、ヴィンスとエリックは友達としてアリとランチをすることにした。アリはヴィンスに意外なプレゼントを贈る。

第14話 旅行のパートナーは相性が肝心

エリックはスローンとロマンチックな旅行を計画していた。実は2人だけで行きたいのだが、ヴィンスは自分も一緒に行くものと思い込んでいる。タートルとジョニーは、ペットのアーノルドを連れてLAのシングルたちが集まるホットなナンパスポット、ドッグ・パークへ行く。計画通り、犬を連れた2人連れの女性と意気投合する。その頃アリに、トップクラスのTVライターと契約するチャンスが舞い込んでいた。名高いゲイのライターにロイドを生贄として差し出し、契約を取り付けようとする。

第15話 美人は仕事のジャマ!? 

ヴィンスは時代物映画への出演に興味が沸かないことをアマンダに正直に打ち明ける。そしてヴィンスとアマンダは互いに魅力を感じていることを告白し合う。プロの関係に徹するために、アマンダはヴィンスにある提案をするのだった。アリはバーバラに能力の無いエージェントをクビにするよう命令される。しかしヴィンスに背を向けられてからというものアリはすっかり意気消沈しており、おなじみの情け容赦ない仕事ぶりは鳴りを潜めていた。

第16話 これってドッキリ? 

ジョニーはドッキリ番組「ガッチャ」のえじきになる。エリックは、ヴィンスとアマンダの秘密の関係に気づく。一方、アリの大学時代の友人が訪ねてきた。がさつで冴えない男だったのにすっかり変貌を遂げており、今や大金持ちでゴージャスな婚約者までいる。アリは嫉妬心がムラムラ沸いてくるのを抑えられないのだった。

第17話 別れはいつも突然に

ヴィンスに「メデジン」出演のチャンスが再びめぐってくる。キャストの変更があったのだ。条件は日没までにヴィンスの出演承諾を得ること。アリと「メデジン」のプロデューサー、ニック・ルーベンスタインは、アマンダと日の入りまでに契約を結ばなければならないが、その日はまさにヨム・キプール(ユダヤの祭日)の当日。日が沈むまで仕事の話は無し、最も重要なビジネスツールの携帯電話を使ってはならないのだ。

第18話 執念と情熱の麻薬王

ヴィンスとエリックはなんとしても「メデジン」製作を実現しようと決意する。プロデューサーたちの思惑から逃れ、自分たちの手で製作するために脚本の権利を買い取ろうとする。ジョニーの出演するTVドラマ「ファイヴタウンズ」が第1回放送日を迎える。緊張のあまりじっとしていられないジョニーは、癒しを求めてマッサージパーラーに行く。タートルは自動車修理店の娘を好きになるが、彼女の父親はジョニーと娘のつきあいを許さない。

第19話 スポンサーは東欧一の美女 

TVドラマがヒットして、ジョニーは波に乗ってきた。メジャーな映画監督から出演オファーがやってくる。「メデジン」の製作費を工面するために、アリがスポンサーを見つける。しかしこのスポンサーはどことなく怪しい人物で、何が財源なのかイマイチよく分からない。おまけにスポンサーの妻はとびきり美人で、ヴィンスを誘ってくる。タートルはケリーとデートするが、彼女の父親は2人を監視するのだった。

第20話 プロデューサーはツラいお仕事 

ヴィンスたち4人は豪邸生活におさらばする。「メデジン」製作の費用にするために、豪邸を手放したのだ。エリックは仲間の辛らつなアドバイスをよそに、スローンとの同居生活を始める。ヴィンスに貧乏くさいイメージを与えないよう、ジョニーは自分の予算をはるかに超える住居を購入する。ヴィンスたちはビリー・ウォルシュに「メデジン」の監督を依頼する。仲間たちは映画製作の道を一歩一歩進むのだった。

Season4 エピソード

第1話 恋に落ちた監督

シーズン4第1話。「メデジン」のボゴタ(コロンビア)での撮影の様子をまとめた舞台裏ドキュメンタリー。現場では、エリックとビリーが撮影スケジュールについて意見を戦わせ、ビリーは共演の美人女優にのぼせ上がる。

第2話 ファーストカットはディーペスト

ジョニーは自分の新しいコンドミニアムでヴィンスの帰国パーティを開くが、部屋を汚されまいとするあまり行き過ぎた行動に走り、お祭り気分に水を差す結果に。アリ夫妻は娘が通う一流私立学校に息子が入学できないかもしれないと知らされる。

第3話 マリブーティ

エリックは「メデジン」にまだ大幅な編集を加える必要があると感じるが、ビリーはすでに作品をカンヌ映画祭に出品してしまっていた。ヴィンスはマリブのビーチハウスに招かれ、のっぴきならない状況に巻き込まれる。ジョニーは90年代に付き合ったことのあるパーティ好きの子とロマンスを再燃させ、タートルを伴ってダブルデートに出かける。

第4話 ソーリー、ハービー

エリックはハリウッドの大物に悪いニュースを伝えなければならなくなる。自分のコンドミニアムの郵便番号を90210に変えたいジョニーは、ビバリーヒルズ市長を夜の街に連れ出して接待する。一方アリはトップシークレットの台本をあやうく紛失しそうになる。

第5話 ドリーム・チーム

「メデジン」の予告編がYouTubeに流出してしまい、激怒したビリーはエリックを責める。若作りを図るジョニーは、街で見かけたスタイリッシュな帽子を手に入れるため、特定の人しか入れない施設に入ろうとするが、そこに入るには処方箋が必要だった…。そのころ、アリとロイドは敵対する人物との取引をモノにしようとする。

第6話 ウィーホー・ホー

ビリーはエリックに詫びを入れるが、エリックは彼と再び仕事をするのをためらう。一方ボーイフレンドに捨てられ傷心のロイドはアリに休職願いを出す。慌てたアリはボーイフレンドに話をしに行く。タートルはジョニーと組んで、いとこのロニーが立てた新たないかがわしい投資計画に乗る。

第7話 デイ・ファッカーズ

ヴィンスとジョニーは、エリックとタートルのどっちが先に一夜限りのお相手をゲットできるかで賭ける。アリは息子をなんとしても公立学校には入れまいと、ある策略を立てるが…。

第8話 ゲイリーの机

エリックはハリウッド通り沿いでも低級な地域にオフィスを構える。そんな彼へのプレゼントとして、ヴィンス、ジョニー、タートルの3人はハリウッドゆかりの歴史を持つアンティークの机に目をつけるが、すでに予約済みと知らされ…。一方アリはR&Bのスーパースターとの年次ミーティングに備える。

第9話 若者とラリッた者

エリックはある女優と軽い接触事故に巻き込まれる。タートルは即興アフタヌーンパーティのために食糧(と女の子たち)を調達するが、思わぬ障害に遭う。アリ夫人は昼メロ「ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス」のスペシャル版で昔の役をもう一度演じてほしいと頼まれるが、アリはこれに難色を示す。

第10話 スノージョブ

アリはヴィンスの新しいプロジェクトの脚本をビリーから受け取るが、ビリーの解釈はオリジナル小説とはだいぶかけ離れていた。アリがスタジオの興味をつなぎとめるよう奔走する中、エリックは新しいクライアントの世話をする。それには、彼女のボーイフレンドの管理も含まれていた…

第11話 カンヌ行き危うし

ロサンゼルス空港がテロ襲撃の警戒態勢に入り、ヴィンスと仲間たちが「メデジン」上映までにカンヌに到着する可能性が薄くなる。ビリーはエリックの新しいクライアントのために役を書き足すと申し出るが、エリックの矛盾した態度がクライアントとの関係、ひいてはヴィンスとの関係を悪化させることになるのか…?

第12話 カンヌ・キッド

シーズン4フィナーレ。カンヌで男たちはパーティを満喫しながら、「メデジン」の投資元探しに精を出すが、まだ上映されていないために難航する。一方、ジョニーは主演映画「バイキング・クエスト」の海外での成功の恩恵に授かる。

Season5 エピソード

第1話 ファンタジー・アイランド

シーズン5第1話。「メデジン」の失敗後、ヴィンスはタートルとメキシコのパラダイスに身を隠す。そんな中、プロデューサーのカール・エルツがヒット間違いなしの作品への出演の話を持ってくる。エリックとアリはLAへ戻るようヴィンスを説得する。

第2話 アンライク・ヴァージン

ヴィンスは以前デートしたジャスティン・チャップマンにパーティに誘われるが、彼女の友人に押し付けられたと知ると、キャリアだけでなく色々な面ですっかり自信を失ってしまう。エリックはインディー映画の脚本家2人に彼らのエージェントになりたいと提案するが、彼らの映画にヴィンスを出演させることもできず、アリからも何の手助けも得られない。

第3話 アリVSデイビス

破産寸前のヴィンスは、ショーナと会計士のアドバイスを受け、ある16歳の少女の誕生日パーティに顔を出すことに同意する。新しいフェラーリを贈ってもらってご機嫌のアリは、「ワイルド・スピード」顔負けのストリートレースの後、アダム・デイビスに挑戦状をたたきつける。

第4話 終わらない駆け引き

アリは、エリックが持ってきた脚本を読み、ヴィンスを主役にした大作にできる可能性があると見て、興味を持つ。ところが、入札合戦になりそうだと見た脚本家たちは値段を釣り上げる。一方、ジョニーは「ザ・ビュー」出演に張り切るが、恥をかく結果となる。

第5話 アリ、絶体絶命

ヴィンスが頭の整理をし、キャリアに関わる一大決断をするのを助けるため、ジョニーは一行にジョシュアツリー国立公園への心の目を開く旅を提案する。無理やり連れて行かされたアリの頼みで、ロイドは仕方なくアリの留守宅の世話をし、アリが旅行を無事終えるのを助ける。

第6話 賭けゴルフの運命

アリは、ヴィンスに役を与えるために、アラン・グレイと賭けゴルフをする。一方、ヴィンスの昔の友人ドムがテレビでも流れたカーチェイスのあげく逮捕され、ヴィンスに保釈を頼むが、保釈金を払う余裕があるのはエリックだけだった。仕事が欲しくてたまらないタートルは、ジョニーのパーソナルアシスタントになることにするが…

第7話 モデル、モデル、モデル

ヴィンスはある美人スーパーモデルと一緒にドルチェ&ガッバーナの写真撮影の仕事を得、ファッション業界を垣間見ることになる。グレイの葬式で、アリは哀悼の意を表するとともに、ヴィンスの映画出演を何とか取り付けようとする。

第8話 ファーストクラスの恋

ハワイからLAに戻る飛行機で、ファーストクラスでしかもジェイミー・リン・シグラーの隣というラッキーな席を獲得したタートル。いかに彼女といちゃついたかを話すが、誰も信じない。一方ジョッシュ・ワインスタインはアリが他のことに気を取られているスキにヴィンスを獲得しようとする。

第9話 強烈な男

「スモーク・ジャンパー」の撮影現場で、ヴィンスは初日の緊張と共演者ジェイソン・パトリックの威嚇的な態度と格闘する。アリは旧友で先輩でもあるアンドリュー・クラインとランチを取る。アンドリューはアリに経済的な助けを求め…

第10話 セス・グリーン、再び

エリックの新しいクライアント、チャーリーはパイロット番組の脚本を選ぶが、スタジオはエリックの大敵セス・グリーンに役を渡すつもりらしい。ヴィンスはだんだん減っていくセリフに苛立ち、「スモーク・ジャンパー」の監督ヴァーナーに詰め寄るが、監督はヴィンスに悪い癖を直せと言う。一方、アリとロイドはアンドリューにイメチェンを施す。

第11話 「スモーク・ジャンパー」の行方

「スモーク・ジャンパー」の大事なシーンの撮影中、ヴァーナーにダメ出しをされ続けたヴィンスはついに爆発する。アリは2人をなだめるためデイナ・ゴードンに助けを求める。一方タートルは予期せぬ電話をもらい、密会に出かける。

第12話 クイーンズからの再出発

シーズン5フィナーレ。凱旋とは言い難い形の帰郷ではあるが、男たちはそれでもニューヨークでパーティに興じる。ヴィンスのママからヒントをもらったエリックは、ガス・ヴァン・サントと接触し、ヴィンスを映画に起用してくれるよう説得を試みる。一方、ヴィンスは高校時代の彼女と再会する。

Season6 エピソード

第1話 免許が無い!?

シーズン6第1話。ヴィンスは出世街道に戻り、運転免許試験に臨むとともに、スコセッシ監督の新作を宣伝するためジェイ・レノの番組に出演する。一方、エリックは自分の家に移り住む事を考え、ロイドはアリに最後通告を突きつける。

第2話 プレミアの夜

エリックは「ギャッツビー」のプレミアに「ただの友達」としてスローンを招待する。アリは、自分の妻とアンドリューの妻マーロを仲良くさせるため、マーロをマニキュア・ペディキュアデートに誘うようアリ夫人に促す。一方ロイドはアリの命令でクラッシュ・ダイエットに挑み、タートルはジェイミー・リンと腕を組んでレッドカーペット・デビューを果たす。

第3話 タートルの誕生日

ヴィンスとジェイミー・リンから豪華な誕生日プレゼントをもらったタートルは、自分の将来について考え始め、アリにアドバイスを求める。そのころ、エリックの新しいガールフレンドがチャーリーについて余計なフィードバックを与えたおかげで、エリックはチャーリーのパイロット番組に不安を抱くようになる。

第4話 波乱を生むオフィスラブ

ヴィンスの次の撮影が先延ばしになったため、ヴィンスはどうやって余暇を独りで楽しむか考える。アンドリューは同僚との浮気はもう終わったとアリに告げるが…。一方ジョニーは「ファイブ・タウン」での自分の新しい恋人役のオーディションをする。そして自分のクライアントが成功せず不満を抱えるエリックは次の手を考える。

第5話 フォア

男たちはチャリティーのためのゴルフトーナメントに参加する。ヴィンスとジョニーはチームメイトのマーク・ウォルバーグとトム・ブレイディ相手に賭けをし、エリックは意外な仕事のオファーをもらう。一方アリは「男のルール」を破ることを拒否したため、妻だけでなく、チャリティーゴルフのチームメイトのジェフリー・タンバーも怒らせる。

第6話 破滅への道

エリックはアシュリーと仲直りしようとしながら、仕事のオファーについて思案する。アリは家ではついに夫人に許してもらうが、クライン夫人が夫を探してオフィスに現れると、職場でのアリの問題解決能力が試される…。そのころ、ジョニーは評判の悪いネットワーク幹部からジェイミー・リンを守ろうとする。

第7話 ドラマの行方

ヴィンスの家が盗難に遭う。ヴィンスとタートルはセキュリティを雇わず、自分たちで武器を調達することに決めるが…。ジョニーはジェイミー・リンの件で怒らせたネットワーク幹部に許しを請うため非常手段に出る。一方、新しい職場で働き始めたエリック。初日から、ボブ・サゲットとのクライアント契約をめぐり、マネージャーの一人と角を突き合わせる。

第8話 ボディガード

エリックはスローンと会うことにするが、デートの最中にアシュリーから電話をもらうと、エリックはスローンとの関係を考え直す。アリのオフィスでは、アンドリューが家を追い出されて再起不能に陥ったため、一大取引が危険にさらされる。一方、自分たちの身の安全を案じたヴィンスと仲間たちはプロのセキュリティを雇うことにする。

第9話 パンツ事件の真犯人

盗難事件の後、男たちはセキュリティを強化する。アリはアダム・デイビスからザック・エフロンを引き抜き、怒ったデイビスはロイドをアリから引き抜こうとする。そのころ、ジョニーはヴィンスのストーカー容疑者に関する情報を得て追跡。アシュリーは謎の多いエリックにますます疑いを持つ。

第10話 ドラマ争奪戦

「メルローズ・プレイス2009」のオファーを受けたジョニー。「ファイブ・タウン」の契約を解除できるかどうか尋ねるためロイドに連絡を取るが…。ロイドが仕事のオファーを受けたことに激怒するアリは、ロイドに宣戦布告する。一方、エリックの忠誠を疑うアシュリーは彼のEメールを読んでもいいかエリックに尋ねる。そしてタートルは三角関係に悩む。

第11話 改善の一日

ジョニーから、彼が最近寝た女性に関するよからぬニュースを受け取ったエリック。彼もその女性と寝たことがあるため、医者へ行って性病の検査を受ける。アリはテレンスから彼のエージェンシーを買わないかという意外なオファーをもらい、テレンスの身上調査に乗り出す。そのころ、タートルは撮影のためニュージーランドへ旅立つジェイミー・リンとの遠距離恋愛に備えるが…

第12話 いざイタリアへ

シーズン6フィナーレ。エリックは特別ランチでスローンを驚かせる。タートルはジェイミー・リンに意思表示するため思い切った行動に出る。ジョニーは「メルローズ・プレイス2009」の再オーディションのチャンスを断る。そしてマット・デイモンはヴィンスにデイモンが支持するチャリティーへの寄付を強要する。

Season7 エピソード

第1話 スタント!

シーズン7第1話。ヴィンスが出演する映画の監督はヴィンスにカースタントを自分でやるよう説得し、エリックとアリを慌てさせる。タートルはLAでカーサービスのビジネスを始めるが、ドライバーの一人に熱を上げたため、ビジネスは危機に陥る。一方アリはNFLと取引をしようとし、ジョニーは自分のためにプロジェクトを見つけるようロイドにプレッシャーをかける。

第2話 金は天下の回りもの

ヴィンスは新作について口を滑らせ、PR危機を招く。その真っただ中、アリはダラス・カウボーイズのオーナー、ジェリー・ジョーンズおよびNFLのお偉いさんたちとのミーティングを手配する。一方、エリックはジョニーにぴったりの脚本を見つけようとし、ヴィンスは自分の前途にマッチするようルックスを変える。

第3話 ドラマのコメディ

エリックとフィルは、ジョニーにコメディードラマの才能があると説得しようとする。TMAでは、バーバラはアリにリジーを昇進させろと促すが、アリは拒否する。ビジネスがうまくいっていないタートルは、新しいビジネスの話に興味を持つ。一方スコット・ラヴィンはヴィンスのご機嫌を取り続け、エリックをいら立たせる。

第4話 テキーラ・サンライズ

タートルはメキシコへ行き、アレックスからビジネスの売り文句を聞く。ジョニーはジョン・ステイモスを怒らせてしまい、ボブ・サゲットの力を借りてなだめようとする。アリはTMAを辞めたリジーが自分の貴重なクライアントを引き抜いているかもと疑う。エリックとスコットは仲直りをし、一緒にヴィンスのキャリアのために働くことで合意する。

第5話 魔性の女

ヴィンスはポルノ女優のサーシャ・グレイに惹かれる。アリはリジーが彼のクライアントを引き抜いていると疑い、クライアントの維持に走る。タートルはヴィンスを自分の新しいビジネスの顔にしたいとエリックに申し出る。一方、ジョニーはジョン・ステイモスと新しい番組とに不安を抱く。

第6話 目には目を

アリはリジーと彼女の新しいボスとのバトルに備える。サーシャとのビデオのせいで、ヴィンスは莫大な予算がかかった新作の仕事を危機にさらす。タートルはアレックスをベッドに誘うが、思い描いていたように事は運ばず…。一方、ひげを剃ってスッキリしたビリー・ウォルシュがエリックの元に現れ、監督の仕事に復帰したいと申し出る。

第7話 モンキー・ビジネス

ヴィンスが自己管理をきちんとしていることを確かめるため、ランドール・ウォルシュはヴィンスとのミーティングを要求する。だが、ヴィンスは前の晩のパーティでちょっと羽目を外し過ぎ…。そのころ、アリはリジーと取引をし、タートルは自分のビジネスのダメージコントロールに奔走する。ビリー・ウォルシュはジョニーとエリックに新しい番組のアイデアを売り込み、エリックは興味を持つ。

第8話 疑惑の白い粉

フィル・ヤゴダはネットワークがジョニーの番組に興味を示しているとエリックに告げるが、ジョニーは内容が気に入らない模様。アリはイメージ向上を図る。タートルのテキーラは需要が増え、生産が追い付かない状況になる。ヴィンスはサーシャに、高い出演料のポルノ映画を断るよう頼む。

第9話 不協和音

サーシャをこれ以上ポルノ映画に出演させたくないヴィンスは、自分の新作に彼女を起用しようと働きかける。アリは、自分が喉から手が出るほど欲しがった取引をアマンダ・ダニエルズが獲得したと聞かされる。エリックはジョニーを説得して、ビリー・ウォルシュの新番組に出させようとする。そんな中、タートルはボスに無断で動いたためにボスを怒らせてしまう。

第10話 傷だらけの男たち

シーズン7フィナーレ。アリはアリ夫人のためのサプライズパーティをなんとしてでも成功させようとする。ヴィンスの友人たちは、コカインに走るヴィンスに治療介入を試みる。タートルはテキーラのビジネスを救うため、投資者探しに奔走する。そんな中、エリックはスコットの提案を検討する。

Season8 エピソード

第1話 愛しの我が家

シーズン8第1話。ヴィンスは新しい映画のアイデアを胸に、薬物中毒のリハビリから戻る。アリはアリ夫人との復縁を望む。ジョニーはヴィンスのためにアルコール抜きのパーティを開く。

第2話 女の本音

ヴィンスの映画のアイデアは、テレビ映画として再検討される。アリはロイドに偵察を命じる。タートルはアレックスに電話するがつながらないので不安になる。エリックはスローンからの電話にびっくりする。そして「ジョニー・バナナ」でのジョニーの共演者アンドリュー・ダイス・クレイはエージェントを探す。

第3話 ラストショット

あるプロデューサーがヴィンスの映画のアイデアに興味を持つ。「ジョニー・バナナ」はまだ放映開始されていないが、アンドリュー・ダイス・クレイは自分たちの契約を再交渉すべきだとジョニーにけしかける。一方ロイドは落ち込むアリにデートのお膳立てをする。タートルはボスからアヴィオン・テキーラとアレックスについての知らせを受け取る。

第4話 奥の手

事件現場に居合わせたことで、薬物検査を受ける羽目になるヴィンス。仲間たちは彼が検査をパスするよう全力を尽くす。夫婦セラピーが悲惨な結果に終わった後、アリ夫人への仕返しとして、アリは昔の恋人をボビー・フレイのレストランへ連れて行く。

第5話 新たな関係

ジョニーはアンドリュー・ダイス・クレイをアニメ番組のキャストに復帰させることを画策する。エリックはスローンの元継母と会うが、お互いの破局の傷をなめ合ううち…。一方、イメージ回復を図るヴィンスは「ヴァニティフェア」誌のインタビューに応じる。そんな中、アリが家族といるところへデイナ・ゴードンが現れ、気まずい雰囲気になる。

第6話 分かれ道

ヴィンスは「ヴァニティフェア」の記者ソフィアとの関係を回復させようとする。アリは離婚手続きで2人の関係の現実を思い知らされる。エリックはメリンダからとんでもないギフトをもらい、またジョニー・ガレッキから聞いたニュースに動揺する。タートルは新しいベンチャービジネスに乗り出し、東海岸のパートナーと会う。ジョニーは決意の固さを見せ、ついに自分の思い通りに事を動かす。

第7話 熱い想い

ヴィンスはソフィアにラブコールを送り続ける。デルーカス夫妻は高価なレストランスペースを気に入り、タートルに投資家からもっと金を絞るよう強要する。一方、スローンの件で落ち込むエリックは(また)メリンダに助けを求める。アリはヴィンスとジョニーの映画の脚本に感動する。

第8話 さらば愛しき男たち

(シリーズ最終回)ソフィアと初デートを果たしたヴィンスは、彼女にすべてを捧げる決心をする。アリとアリ夫人はセラピーで一進一退を繰り返す。ジョニー、タートル、ヴィンスは、エリックにもう一度チャンスを与えるようスローンを説得する。


U-NEXT
アントラージュ★オレたちのハリウッド

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

 
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus