THE WIRE/ザ・ワイヤー

THE WIRE/ザ・ワイヤー

シーズン数5
IMDbスコア9.3/10
ジャンル 犯罪, サスペンス
主要出演者ドミニク・ウェスト マイケル・ケネス・ウィリアムズ
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

物語の舞台はメリーランド州西ボルティモア。麻薬の売買が絡んだ殺人事件をきっかけに生まれた、特別捜査班と麻薬組織の追跡劇を縦糸に、ボルティモア市警察内部の政治的駆け引きや麻薬取引の世界での権力闘争を横糸にして、硬派で型破りなドラマが展開する。

THE WIRE/ザ・ワイヤーの感想

THE WIRE/ザ・ワイヤーを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

Season1 エピソード

第1話 標的

連続ドラマのシーズン1の第1話では、ボルティモア市警察殺人課のジミー・マクノルティ刑事が、自分の無思慮から窮地に陥り、厄介者の麻薬捜査官ばかりから構成される特別捜査班に転属されることになる。この特別捜査班は、麻薬売人組織のボス、エイヴォン・バークスデールと彼が率いる強力な麻薬組織の捜査が使命である。

第2話 麻薬課

ディアンジェロに対し不利な証言をした目撃者が殺害され、マクノルティは悪い予感がする。一方で、グレッグスはエイヴォン・バークスデール一味の内部事情を学び、ハーク、カーバーとプレッツは組織が取り仕切っている悪名高き高層住宅「フランクリン・テラス・タワーズ」で厄介な暴動に巻き込まれてしまう。

第3話 ディーラー

フランクリン・テラス・タワーズでのハーク、カーバーとプレッツの早朝の「捜査活動」は、銃撃戦へと発展し、少年が片目を失明する羽目に。そのおかげで捜査班に悪評が立つ結果となる。一方、麻薬組織のグループの若頭、ディアンジェロは、ウォレスとボディーにチェスになぞらえ自分達の麻薬組織の仕組みや立場について教育する。その後、彼のちょっとした功績にベルは感心させられる。

第4話 オールドケース

強制捜査で検挙した売人たちの罪状認否手続きが進むにつれ、グレッグスとマクノルティは、彼らと取引し、エイヴォンの情報を入手しようとする。また、バークスデールは、ライバルのギャング・リーダーであるオマールの首に賞金を懸ける。一方、マクノルティは、バブルスを送る途中、妻と別居中のためにたまにしか会えない息子のサッカーの試合の見学に立ち寄る。

第5話 ポケベル

マクノルティの捜査班は、ようやくバークスデールとその一味を追跡するために、彼らが仲間内で利用しているポケベルの「複製」の許可をもらう。しかし、届くメッセージはコード化されているため、警察内では誰も判読できない。その間、組織内に裏切り者がいると睨んだベルは、ディアンジェロに対し、手下の給料の支払いを止めるように指示し、裏切り者あぶり出し作戦に出る。

第6話 ワイヤー・盗聴

殺人課のロールズ警視が、ディアンジェロとエイヴォン・バークスデールに繋がる三つの殺人事件を捜査不十分のまま逮捕に踏み切る。マクノルティとグレッグスは盗聴装置などの仕掛けでせっかく進めてきた捜査が台無しにされそうなので、何とか逮捕を遅らせるようにとダニエルズに進言する、が・・・。

第7話 逮捕

ようやく暗号の解読に成功したグレッグス、ハーク、カーバーとフリーマンは、盗聴で得た情報でドラッグの押収と運び屋の逮捕に踏み切る。エイヴォンとストリンガーは、この出来事で疑念を抱き始め、ピット(低層住宅)での活動を停止する。一方、バンク、マクノルティはガント殺害事件の他の目撃者を探し始める。

第8話 直感

マクノルティはストリンガー・ベルが運転していた車のナンバー・プレートを意外な方法で入手する。一方、グレッグスとカーバーは汚い金を運ぶ議員秘書を逮捕するが、彼の釈放を余儀なくされる。その後、オマールは“危ない奴”という評判どおりの行動ぶりを発揮する。

第9話 決戦の日

バークスデールはイーストサイドのライバルであるプロップ・ジョーと東西団地対抗バスケットボールの試合で、勝ち負けの賭けをするが、“プロップ”の画策で負けてしまう。一方、ハークとカーバーはウィーベイの手から現金を没収し、オマールの再登場で再び闘争が発生。

第10話 代償

ウォレスが留置され、マクノルティとダニエルズは、証言台に立つ前の数ヶ月間この男の身をいかに守るか頭をひねる。シドナーとカーバーはバークスデールの隠れ家の一つを探し出し、プレッツはある情報の発信源を突き止め、才能を披露する。

第11話 一斉捜査

警察は、サビーノ、ウィーベイとリトルマンの追跡活動を強化。バレルはダニエルズに新聞社の目につくように麻薬密売組織への強制捜査を強行するよう命じる。バークスデールはオーランドの事件以来、自分の地位が下降路線を辿っていることを感じる。

第12話 身辺整理

低層住宅の電話が故障中のため、マクノルティとダニエルズはバークスデールの事務所を盗聴することに。ボディーはストリンガーから新しい仕事を仰せつかり、フリーマンはダンサーのシャーディーンを情報提供者として勧誘し、ディアンジェロは叔父の使いで、ニューヨークへと向かう。

第13話 判決

全ての登場人物はエイヴォン・バークスデールも含めて、弱みを持っている。捜査を終わらすべくボルティモア市警のバレル副警察長から圧力がかかってきたため、ダニエルズとマクノルティはこの事件を暴くために更なる権力者の協力を仰ぐ。

Season2 エピソード

第1話 引き潮

港湾警備に左遷の身になったジミー・マクノルティ刑事は、ボルティモア港に浮かぶ女性の死体を発見。一方、ボディーはバークスデール組織の用事でフィラデルフィアまで車で向かう。

第2話 巻き添え

港湾労働組合長のフランク・ソボトカは、組合を代表して教会にステンドグラスを寄付する。その見返りとして、神父に上院議員を紹介してもらい、ボルティモア港復興に一役かってもらおうという魂胆。

第3話 ホット・ショット

バンクとフリーマンは彼らの犯罪現場であるコンテナ船をフィラデルフィアまで追跡するが、そこでは英語が通じない。証拠保管課への左遷扱いとなったセドリック・ダニエルズは自らの境遇にうんざりし、周囲に自分は署を飛び出すつもりであると言って回る。

第4話 難問

ソボトカは甥のニックに対しカメラを盗んだことを叱り付け、手遅れにならないうちに元に戻せと命令する。マクノルティは自分で決めたルールに基づいて、浮いていた死体の身元調査中だが、古い仲間のバンクはもっと急ぐ事件があることを指摘する。

第5話 伏流

ジギーは支払いができない理由を信じてもらえず、麻薬密売人に珍重する愛車のカマロを巻き上げられてしまう。他の警察署に港湾での殺人事件を依頼できないロールズ警部は、殺人課のバンクに依頼することを決意する。

第6話 プロローグ

警察の仕事にのめり込み過ぎるのを控えるために、また結婚を元の鞘に納めるために、マクノルティはジェーン・ドーの身元を洗う仕事を中断してしまう。ソボトカの調査中、刑事たちはコンピューター上にパターンを見つけて、ダニエルズにそのことを説明する。しかし、ダニエルズは未だに殺人事件との関連性を認めたがらない。

第7話 余波

ソボトカは港湾規則の現状についての問題を政界のロビイストに説明する。ラッセルはソボトカに特捜班の捜査は終了したと話すが、実は港湾のコンピューターをエミュレートでコピーしているので、コンテナが紛失すると、その行方を刑事は追跡することができる。

第8話 ダック・アンド・カバー

マクノルティは落ち込んで、以前のように大酒を飲み始める。マウイと喧嘩してみろと、仲間の港湾労働者にそそのかされ、ジギーはまたもや侮辱されるのであったが、後日酒場で元気を取り戻す。マクノルティが捜査に戻りたがっていることをバンクがダニエルズに話すと、マクノルティを捜査に戻すことをもう一度ロールズに頼んでもいいとダニエルズは承諾する。

第9話 流れ弾

組織の売り上げを改善しようとするボディーの努力は悲惨な結果に終わり、ベルは戦略を再考する事に。お気に入りのアヒルを引き連れたジギーは、ギリシャ人たちを利用した新しい犯罪にジョニー・フィフティーを引き込もうとする。マクノルティは、隠密行動で、多勢に無勢の状態の中、仲間の助けを待つばかり。

第10話 前触れ

特別捜査班は衛星通信技術を活用し始める。ボディーはプロポジション・ジョーの手下が自分の縄張りに入って来るので面白くない。しかし、商売は好調だった・・・ニューヨークから新顔が現れるまでは。ストリンガー・ベルは問題対策として、それらしくない解決手段に入れ込んでいた。

第11話 悪夢

時計が時間を刻んでいくうちに、特別捜査班は絶望的な行動を犯してしまい、ダニエルズはランズマンの指揮官としての行動を厳しく非難する。ソボトカには悪い情報が大量に入り込み、ニックのペテンぶりが明らかになる。

第12話 嵐

シーズン2のフィナーレでは、特別捜査班が挫折を経験し、新しい協力者が必要であることが明らかになってくる。一方、ラッセルとバンクは証拠を求めてフィラデルフィアを再訪する。ブラザー・ムーゾンは協定書のことでストリンガー・ベルと会合し、ベルをエイヴォン・バークスデールと取り引きさせるよう仕向ける。

Season3 エピソード

第1話 繰り返し

市街を改善する動きにより、悪名高いタワー(高層住宅)、フランクリン・テラスが取り壊される。そのため、バークスデールの麻薬密売人たちは新しい縄張りを西ボルティモア内に探さざるを得なくなる。

第2話 思い違い

オマールがバークスデールの隠れ家を探索する一方、バークスデールの組織の売人で、忠実な兵士であるボディーはマルロの縄張りを狙うよう指示を受ける。いつも冷静に“提案(プロポジション)”を持ちかける東地区の売人、プロポジション(プロップ)・ジョーに仕掛けた盗聴装置が余り効果を発揮しないので、落ちつかないマクノルティは、ディアンジェロ・バークスデールの自殺について独自の再調査を始める。

第3話 デッド・ソルジャーズ

コルヴィンは彼の担当する西ボルティモア地区の重犯罪者数に関する犯罪戦略(ComStat)アセスメントの期間中、バレルとロールズの刺すような視線を感じる。茶色の盗聴装置のおかげで、ダニエルの密売人チームはターゲットを新しく設定せざるを得なくなる。プロップ・ジョーはストリンガー・ベルに警察が電話を盗聴していると警告する。

第4話 ハムステルダム

西ボルティモアの住民は、地区の集会で、コルヴィンから率直な意見を聞かされる。バブルスは良い仕事が見つかり、ストリンガーは山の手で昼食を取り、一方バンクは不良少年たちに、協力と引き換えに、逮捕しないという約束をちらつかせている。

第5話 表と裏

草の根での地道な努力に失望して、コルヴィンはダニエルズのチームから得た情報を地区のワンランク上の責任者に流す。マクノルティはストリンガー・ベルが合法的な商売を手がけているのを目撃し、彼が麻薬のターゲットとしては手の届かない存在になってしまった事に気づく。

第6話 逆戻り

ストリンガー・ベルは、建設事業の経営の難しさを実践を通して知る。バンクは最新技術などに頼らない古き良き捜査方法でオマールを追跡し、力強いメッセージを伝える。コルヴィンは、新しい上層からの命令を無視し、通称“ハムステルダム”という麻薬解放区を設置することによって、麻薬絡みの犯罪を減らそうという一掃作戦に出る。エイヴォンはカティとスリム・チャールズをマルロに差し向ける。

第7話 使い捨て

ハークは古くから見覚えのある顔に遭遇し驚く。ダニエルズは特別班が西地区に配置転換された真相について暴露する。ストリンガー・ベルは、ドネッタがマクノルティの訪問についてブリアナに話したことを、ドネッタから知らされる。

第8話 不道徳

ハムステルダム計画で街が浄化された反面、泥棒が売人たちの売り上げを盗んだりと、ハムステルダム内の治安が悪化し始める。カーバーとトラックは売人たちから怒りをぶつけられる。プレッツはボディーの携帯電話から発見した情報で特別班から感心される。その情報入手により、マクノルティとグレッグスは長い旅に出る結果に。マクノルティはストリンガー・ベルが運転していた車のナンバー・プレートを意外な方法で入手する。一方、グレッグスとカーバーは汚い金を運ぶ議員秘書を逮捕するが、彼の釈放を余儀なくされる。

第9話 スラップスティック

マクノルティとプレッツは銃撃戦の緊急応援を要請されて出かけて行くが、そこで大変な事態を引き起こしてしまう。エイヴォンの手下は、争わないはずの日曜であるにも関わらずオマールに攻撃を仕掛け、オマールはバークスデールに対する怒りを増大させる。

第10話 改善

ブラザー・ムーゾンが、復讐の為にボルティモアに戻ってきて、オマールを探す為に広く網を張る。オマールはオマールで、広く復讐の念に燃えている。コルヴィンはハムステルダムに関して探索したがるレポーターの気をそらすことに成功。一方、バレルは市役所に新しい事実を報告する。

第11話 落としどころ

盗聴活動によりバークスデールに関する情報が集まり始めたが、トップへの繋がりを証明するものは依然見つかりにくい。ストリンガーとエイヴォンは、お互いに将来の計画をうちに秘めながら、ここまでの互いの道のりを回想する。

第12話 任務完了

シーズン3のフィナーレでは、押し黙ったエイヴォンがマルロとの終わりのなき戦いに備える事となる。一方、特別捜査班はバークスデール組織のトップレベルに対し働き掛け、マクノルティはストリンガー・ベルの追跡活動を見直す。

Season4 エピソード

第1話 夏休み

ボルティモアの西地区出身の4人の少年が夏休みを街で過ごす。一方、マルロは、どうすれば警察の注意を引かずに規律を守る(つまり、人を殺す)ことができるのか、ストリンガー・ベルを挫折させた問題を解決した。

第2話 優しい目

「楽」なはずのハーク巡査の市長警護任務は、予想外に「しんどい」結果となった。パールマンは、キャリアに傷が付く可能性さえ顧みず、市議会の深部調査の攻撃材料である捜査令状を与える。

第3話 新学期

選挙戦で差が縮まっていることに気付いたロイスは、カルケティの勢いを止めるための最終手段に出る。ボディーのところでは、マイケルが優れた売人であることが分かり、ボディーと組織のボス、マルロが目を付ける。再開された雑貨店は、一匹狼のオマールとグレッグスの監視下に置かれる。

第4話 避難民

フリーマンとグレッグスは殺人課に異動となり、ハークとドーゼルマンは規模が小さくなった凶悪事件班でマリモーと合流する。カティはティルマン校で、不登校撲滅のための「補導後見人」の仕事を得るが、マイケルを諭す作業はうまく進まない。

第5話 同盟

バルチェックは、ブラドック事件の詳細をカルケティ候補へリークし、カルケティはプレスへの最も効果的なリーク方法について案を練る。続けてマイナスの報道が行われたことでロイスは、責任をとったバレルに敵対するが、ロールズが助けに入る。

第6話 接戦

投票日が近づき3人の市長候補は「最後のお願い」に必死だ。カルケティ候補は、破壊的な影響を持つかもしれない中傷に応えて、投票について口論している。ノリスとグレッグスはブラドック事件でリードしていたが、結局、遠回りさせられた。

第7話 黄金律

その身に賞金が懸けられたオマールは、バンクに頼みごとをする。選挙が終わり、ロイスとカルケティは和解してそれぞれの将来を考える。学校ではプレッツがトリックを使って生徒に数学を学ばせていた。グレッグスはとうとう「心眼」を犯罪現場で使う。

第8話 街角の少年たち<コーナー・ボーイズ>

ストリートの動向を監視するために、カルケティはチームメンバーと一緒にパトロールする。マリモーがカンカンに怒り、ハークは奪われたカメラを取り返そうと強引な手段にでるが、マルロは動じない。

第9話 この街で

売人のプートは、服役を終え街に戻ってきた。歓迎をうける。カルケティは市議会議長のキャンベルと予算をめぐって口論し、ダニエルズを昇格するが、バレルの職を解こうとする計画には思わぬ邪魔が入る。

第10話 憂慮

クレイ・デイビス議員の助言に従って、バレル警察長はストリートの逮捕者を倍増させるよう部署に命令することにより、なんとか評判をあげようとする。この命令はマクノルティにしっくりこない様子。彼は教会泥棒の手がかり解明に邁進する。

第11話 新時代

街中に自分の力を見せつけた後、カルケティは初の難題に直面する。あるグループが、ハーク巡査が彼らの仲間を虐待した、と抗議してきたのだ。その後、市長はバレルの大量逮捕命令を撤回する。しかし、バレルは他にも打つ手を用意していた。

第12話 己の恵みを持つ者

消えた死体を探すフリーマンは、上司のランズマンに叱責された後、さらに上の立場の人に会いに行く。カルケティは繁栄を誓った自分の公約が、学校の赤字により台無しになることに気付き、アナポリスの知事に土下座して助けを乞うしかないと考える。

第13話 最終成績

シーズン4のフィナーレでは、空き地に死体が積み上がり、バレルはダニエルズに手伝おうかと声をかけ、邪魔するロールズを叱る。取り乱したバブルスは、彼の復讐計画が裏目に出て、途方に暮れる。

Season5 エピソード

第1話 削減と効率

シーズン5第1話 マクノルティと特別捜査班の仲間はマルロの手下の張り込みを続け、最近昇進したカーバー巡査部長はサービス残業を強いられる部下の不満の渦に飛び込む形になる。

第2話 未確認情報

フリーマンは同僚のシドナーに、デイビスの捜査は「大一番」になるかもしれないぞ、と言ったものの、マルロの監視もけして怠らなかった。マルロは元の麻薬組織のボス、バークスデールと協定を結び、取引の一部を引き継いでいた。

第3話 匿名

カルケティの警察庁に関する基本計画がマスコミに漏れ、お偉方はパニックとなる。マルロは、羨ましい問題の解決をプロポジション・ジョーに依頼する。ホワイティング編集長とその部下クレバナウが、ボルティモア・サン紙のスタッフに爆弾を落とす。

第4話 移行

キャンベルは、警察庁の人事異動を円滑に行おうと努力する。ボルティモア・サン紙は、市議会からの思わぬニュースを慌てて確認しようとするが、注目の大陪審の登場をスクープしたテレビ撮影でかすんでしまう。

第5話 取材

新しいコミュニケーションの技を教えてくれるドラッグ関係者と手を組むマルロ。マクノルティの担当事件が、テンプルトンが報道チームに加わったため新聞でさらに注目される。

第6話 ディケンズ的視点

オマールの失踪で煙に巻かれたマルロとクリスは奴を探し出すため取り組みを強化する。出席者が少なかったウォーターフロントのセレモニー。その後、カルケティは大きな記者発表イベントをぶちあげ、ホームレスの救世主として位置づけることに成功する。

第7話 騙し

予想外の電話でテンプルトンは再び脚光を浴び、マクノルティも予想していた以上に注意を集めることになる。バンクは、捜査班の最新の大事件をサポートしろと命じるランズマンに抵抗する。

第8話 解明

ボルティモアの警察組織の強化という公約のおかげで、ダニエルズとマクノルティは新規採用を許され、まずはカーバーから配属する。新たな政治課題に直面し、カルケティは危険な政治取引を強いられる。

第9話 最新版

シュタイントルフは犯罪率の上昇に「クリエイティブな」対策をとるようロールズに命じる。有望な手掛かりに際して、フリーマンの用心深さが実る。シドナーと捜査班は一時過熱状態となる。

第10話 (了)

シリーズの最終話。カルケティは、パールマンとダニエルズから驚くべき新発見を受け、警察のお偉方に対して被害を最小限にとどめるシナリオを綿密に計画する。選択肢は….真実を隠すか、真相を明らかにするか。


THE WIRE/ザワイヤー

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus