超能力ドラマ

超能力

子どもの頃、自分に超能力があったら…、と空想したことはないでしょうか。人知を超える力を持っているという設定は、とてもワクワクするものですね。その空想を実現して楽しめるのもドラマや映画ならではの醍醐味です。超能力を持つ主人公が活躍するストーリーは昔からよく制作されていますが、映像技術の発展とともに迫力のある超能力の映像を楽しめるようになりました。また、超能力を使って悪者を懲らしめるという単純なストーリーだけでなく、超能力を持つゆえの苦しみに焦点を当てる作品も出てきています。そんな、超能力をテーマにしたドラマをまとめました。

ストレンジャー・シングス 未知の世界

ストレンジャー・シングス


オススメ度 姿を消した少年、人目を忍び行われる数々の実験、破壊的な超常現象、突然現れた少女。すべての不可解な謎をつなぐのは、小さな町に隠された恐ろしい秘密だった….小さな町で次々に起こる失踪、死亡事故..これらを解決するのは消えた少年の3人の親友と新しい友人。

レギオン

レギオン


オススメ度 アメコミの最大手マーベルの作品として誕生し、映画も大ヒットを飛ばしたSFアクション超大作「X-MEN」が史上初めてTVドラマシリーズとなったことで話題の本作。「X-MEN」では、生まれながらにして強力な特殊能力を持つ“ミュータント”たちが地上最強のテレパスであるプロフェッサーXの下でチームを組み、悪のミュータントから地球を救うというストーリーが繰り広げられる。そして本作では、プロフェッサーXの息子、デヴィッド・ハラー(=レギオン)に焦点を当て、その真実が闇に包まれる中、彼に秘められた強大なパワーを取り巻く不可思議な運命が描かれていく。虚構と現実の狭間で翻弄されるデヴィッドと周囲の人間たちとの心理錯綜、さらに謎の組織が生み出す陰謀劇が交差して展開する、先の見えないストーリー。溢れんばかりのパワーに苦悩するデヴィッドの運命は…!? デヴィッドに近づく謎の組織の正体とは…!?

HEROES/ヒーローズ

HEROES/ヒーローズ


オススメ度 ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、テキサス、そしてインド、東京。何千何万kmも隔てたそれぞれの土地で、ある奇妙な現象が同時に発生する。それは平凡な人々に突如、スーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。ある者は空を飛び、ある者は不死身の肉体となり、ある者は未来を予知し、ある者は時空を曲げるなどの能力を手に入れ、使命を感じる者もいれば、不安におちいる者もいる。いったい誰が、何のために、彼らにそんな能力を授けたのか。人類を救うためか、それとも只のいたずらか。そして、彼ら HEROESや人類を待ち受ける、巨大な運命とは……!?

HEROES REBORN/ヒーローズ・リボーン

heroes_reborn


オススメ度 チアリーダーの衝撃の告白から5年。能力者たちの存在が世間に知れ渡り、普通の人々と共存するようになった新たな世界。テキサス州オデッサでは、普通の人々と能力者を結ぶ平和サミットが開かれようとしたいた。しかし、何万人もが集まったその会場は突如、大規模な爆破事故に見舞われる。そして、このテロ事件の犯行を疑われた能力者たちは一夜にして世間から追われる身となり、世界中からその姿を消したのだった。そんな時代に新たな能力に目覚め困惑する者たちが現れる。相手を異次元へと飛ばす能力をもつ者、ゲームと現実の世界を行き来する者、強大なパワーを抑える力をもつ者…..やがて彼らは『超能力者狩り』の黒幕の存在を知り彼らの陰謀に直面することとなる。果たして能力者たちを犯人に仕立て上げたテロ事件真犯人の本当の目的とは……..

カーニバル

カーニバル


オススメ度 『善と悪』の間で熾烈な戦いが繰り広げられる。主人公の一人は若き逃亡者のベン。彼は通りすがりの巡業見世物小屋一座に身を寄せる。そしてもう一人はブラザー・ジャスティン。両者には、人類の運命を左右するような超能力が備わっている。2人は自らの宿命に翻弄されていく。

ダーク・エンジェル

ダーク・エンジェル


オススメ度 2009年。米国ワイオミングのDNA研究所。遺伝子操作から誕生した12人の超少年少女が脱走を図った。時は流れ、2020年。19歳になったMAXはその身を隠しながら荒廃したシアトルの町で生き延びていた。遺伝子操作人間(ジェネティック)の証である首の後ろの“バーコード”の秘密を知る男、ローガンと出会うまでは……。

BELIEVE/ビリーブ

ビリーブ


オススメ度 冤罪にもかかわらず死刑囚となってしまった主人公のテート。死刑執行のまさに当日、立ち会いの神父から、脱獄を持ちかけられたのだ。ある少女を守る約束をするなら脱獄できる…少女の名前はボー。彼女は、感情によって起こる特殊な能力(念動力)を持っていた。「戦争」か「平和」か、ボーの能力をめぐる攻防。そして、その能力の由縁や各登場人物の過去など、徐々に明かされていく事実。さらに、自分たちの運命に翻弄されながらも、固く結ばれていくテートと少女の絆。

Misfits/ミスフィッツ 俺たちエスパー!




オススメ度 軽犯罪を犯し、6週間の奉仕活動を命じられた5人の不良少年少女。作業中、突然発生した雷に打たれたことにより不思議なサイキック・パワーに目覚めてしまう。突如サイキックとなった5人を待ち受ける運命とは…

4400 未知からの生還者




オススメ度 ある日突然何者かに連れ去られ、ある日突然光る球体と共に返された4400人の失踪者。「4400」と呼ばれるようになった彼らは、不思議な能力を備えており、社会に何らかの影響を少なからず与えていく。事件の謎を「4400」の1人が身内であるトムと相棒のダイアナの2人の捜査官を中心に描く。「4400」のそれぞれは、この60年の間様々な時代から連れ去られていったが、彼らは当時の年齢から一切の年を重ねておらず、また失踪中の記憶も一切保持していないのだった。

パワー・オブ・フォー 普通じゃない家族

パワー・オブ・フォー


オススメ度 優秀な研究者の妻ステファニー、恋愛一直線ダフネ、ゲームばかりのJJ、そして妻に気後れする夫ジム。バラバラになりかけた家族を再生するため、ジムは家族旅行を計画する。しかし道中の事故により、家族には超人的なパワーが身についてしまった!はじめは戸惑う4人だが、ジムはパワーを生かし、悪を倒そうと親友と息巻く。しかし家族以外に、不思議なパワーを持った人々がその力を犯罪に利用していることを知り、ジムたちは危険を顧みず動き出す。

トゥモロー・ピープル




オススメ度 スティーヴン・ジェームソンは、1年前から幻聴や夢遊病の症状に悩まされ精神科に通院している。しかし、症状は悪化するばかり。学校でもアストリッドを除く友人たちとは疎遠になっていた。ある晩スティーヴンは、いつも頭の中に語りかけてくる女性の声で目を覚ます。不審に思いながらも、女性に指示されたとおり地下鉄の駅へ向かい電車に乗る。すると、一瞬のうちに見知らぬ場所へ移動していた。そこでスティーヴンは、カーラやジョン、ラッセルと出会う。テレパシー、瞬間移動(テレポート)、念力(テレキネシス)。この3つの能力を持つ彼らは、“トゥモロー・ピープル”と呼ばれる超人類だった。スティーヴンは自分がトゥモロー・ピープルとして覚醒したことを告げられ、これまでの症状は能力の現れだったことを知る。

マーベル ランナウェイズ

runaways


オススメ度 同じ⾼校に通う⽣徒のアレックス、ニコ、カロリーナ、ガート、チェイス、モリーの6人は、親同⼠が同じチャリティー団体「プライド」のメンバーということもあり、幼い頃からの友人だった。しかし、ニコのお姉さんの事件をきっかけに疎遠になってしまう。疎遠のままでは良くないと思い、アレックスは皆を自宅の部屋に誘った。偶然にもちょうどその日は彼ら・彼女らの両親もアレックス宅に集まる会合があった。お酒を飲んで気分を変えようと書斎にあるお酒を探していると、アレックスは偶然に秘密の通路を⾒つける。その先では、赤いローブを着た彼らの両親がなにやら怪しげな儀式のようなことをしていた。その儀式には若い女性が裸にされて…


U-NEXT

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus