スーパーナチュラル

スーパーナチュラル

シーズン数14
IMDbスコア8.5/10
ジャンル アクション, ミステリー, スリラー
主要出演者ジェンセン・アクレス ジャレッド・パダレッキ
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

主人公はディーンとサムのウィンチェスター兄弟。二人は普通の兄弟と異なり、幼い頃から父親から悪霊ハンターとしての特訓を受け魔物や妖怪の「狩り」を得意としていた。大きくなるにつれ、兄のディーンは父親の家業を継いで暮らしていたが、弟のサムは悪霊や超常現象とは距離を置いていた。そんなある日、父親が突如姿を消したことにより、二人の歯車は大きく回ることとなる…

スーパーナチュラルの感想

ディーン役のジェンセン・アクレスを最初に見たのは「ダークエンジェル」だった。エピソードの後半にイケメン役で出てきて物語にフィットしていた。その後、ヤング・スーパーマンでヒロインの新恋人役として好演していたが主役ではなかった。このスーパーナチュラルはジェンセン・アクレスにとっての代表作であり、一体化した作品であろう。スーパーナチュラルのシーズン1を放映開始時から見ていた人間としては、まさかこの作品が10シーズン以上続くとは思えなかった。もちろん話は面白いのだが、悪霊や悪魔ネタはいつかは途切れてマンネリになるだろうと思ったからだ。ところが実際は兄弟の友情、別れ、地獄、悪魔など… 話が途切れること無く続いている。作品のテイストはどうしても暗めなシーンが多いがそれほど怖いドラマでもないので、見ていない人はぜひ!

スーパーナチュラルを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編(英語)


Supernatural Season 1 Trailer – YouTube

Watch Supernatural Comic-Con 2018 Trailer – YouTube

スーパーナチュラルのTwitterでの口コミ

Season1 エピソード

第1話 悪夢のはじまり

サムの母メアリーは彼が赤ん坊の頃、全身から火を噴き出すという超常現象で死んでしまったが、幼かった彼はその時の記憶がなかった。大学生になったサムの前に突然兄ディーンが現れた。「父ジョンが行方不明になったから一緒に捜してくれ」と言うのだ。ジョンはメアリーの死後、メアリーを殺した悪魔を追い悪霊ハンターとなっており、兄ディーンはそれに従っていたが、超常現象が信じられないサムは、彼らと距離を置いていたのだった。渋々ディーンに同行するサムだったが…。

第2話 闇と戦う旅出

ブラックウォーター・リッジに悪霊の存在を感じたディーンとサムは調べるうちに不思議な出来事を発見する。グリズリーの犠牲者と報道された者の遺体が一人として発見されていない。ただ一人生き延びたショーはグリズリーではない恐ろしい怪物を見たと言う。森へ捜索に向かうディーンとサム。するとどこからともなく助けを求める男の声が聞こえてきた。しかし声のするほうに行っても誰もおらず、テントに戻ってみると全員の所持品が消えていた。人の声を真似するという特徴からサムはショーが見た怪物が、ジョンの手帳にあるウェンディゴ(人食い鬼)だと確信する。

第3話 水辺の恐怖

ウィスコンシン州マニトック湖のほとりで泳いでいた少女ソフィーは、何者かに水中に引きずりこまれた。湖を捜索してもソフィーの遺体はあがらず、この事件に興味を抱いたディーンとサムはさっそくマトニック湖へ向かいソフィーの兄ウィルに話を聞く。ウィルは「泳ぎの達者だったソフィーが溺死するはずがない。誰かに沈められた」と言う。犠牲者はソフィーだけではない。しかも全員の遺体が見つかっていなかったのだ。湖に得体の知れない何かが潜んでいると睨んだディーンとサムは身分を偽り事件の調査に乗り出した。

第4話 悪魔からの伝言

ユナイテッド・ブリタニア航空で原因不明の墜落事故が起きた。警備責任者のジェリーは事故原因の解明のために、以前助けてもらったディーンに連絡を取る。ジェリーは事故機のボイスレコーダーをディーンとサムに聞かせ悪霊の仕業ではないかと示唆する。ボイスレコーダーのノイズを解析すると「みんな死ぬ」という声が聞こえてきた。しかし生存者は7人もいる。事故後、精神病院に自主入院した生存者、マックスに聞き込みすると、黒目が異様に大きな男が非常口のドアを開けたという。

第5話 鏡の中の真実

オハイオ州トレドに住む12歳の少女リリーは、友達を家に呼びガールズトークに花を咲かせていると「血まみれ・メアリー」ゲームをする破目に。「血まみれ・メアリー」は古くからの言い伝えにちなんだ子供たちの肝だめし。友達に言われるままトイレの鏡の前で「血まみれ・メアリー」の名前を3回唱えるリリー。するとその直後にリリーの父シューメーカーがトイレで目から大量に血を流し死んでしまう。この事件に興味を持ったサムとディーンはさっそくトレドに向かった。

第6話 もう一人の自分

ミズーリ州セントルイスにある豪邸にSWATが突入した。家の中では女性が縛られ血まみれになっていた。逃走しようとする犯人に銃を向ける隊員たち。返り血を浴びた犯人の顔がライトに照らし出される。なんとそれはディーンだった!

第7話 偽りの十字架

アイオワ州アンケニーのナインマイル・ロードで大学生リッチが目に見えない何かに惨殺されたという記事に興味を持ったサムとディーンは、リッチが住んでいた男子寮に入り聞き込みを開始する。事件当夜、リッチといたのは大学の女子寮に住む牧師の娘ローリだった。さっそくローリと接触するサム。リッチは目に見えないものに殺され逆さ吊りにされたらしい。逆さ吊りという手口からフックマンの仕業と推理したサムは、大学の図書館で過去の犯罪記録を調べる。

第8話 蟲

オクラホマ州アトカ・ヴァレーの一画、オアシス・プレインズでは高級住宅地の開発が行われていた。インフラ整備をしていたガス会社の作業員ダスティンは不思議な音を耳にする。音は地中から聞こえてきた。すると突然足元が崩れ穴に落ちるダスティン。同僚のトラヴィスが助けにかけつけると、ダスティンは目や鼻から出血し、すでに死亡していた。この死因に疑問を持ったサムとディーンは、オアシス・プレインズに向かい聞き込みを始める。

第9話 帰宅

サムとディーンの実家に、新しい住人ジェニーが幼い娘サリー、息子リッチーと共に引っ越してきた。サムはジェニーが家の中から助けを求める悪夢を見る。現在の住人が殺されてしまうとサムに説得され、サムとローレンスへ向かうディーン。彼らは父ジョンの友人マイクからジョンが母メアリーの死後、占い師のもとに通っていたという話を聞き出す。その占い師はミズーリという女性で、サムとディーンのことを知っていた。そしてメアリーが悪霊に殺されたことをジョンに教えたのもミズーリだった。

第10話 137号室

町の心霊スポットとして有名なルーズベルト病院に忍び込んだ若者を追い出したガンダーソン巡査と相棒のケリー。家に帰ったケリーは、妻を射殺し自殺した。サムとディーンは父ジョンから座標を記したメールを受け取りルーズベルト病院に向かう。サムは悪霊退治より父を捜すのが先だとディーンに訴えるが、ディーンは親父の命令に従えとサムをつっぱねる。そんなディーンに不満を抱きながら調査を進めるサムは、ガンダーソンから話を聞き出し、ケリーが患者の霊に取りつかれたのではないかと推理する。

第11話 出会い

ディーンの携帯が鳴り、代わりに出たサム。相手は父ジョンだった。インディアナ州で起こった疾走事件を伝えてきたのだ。公衆電話のエリアコードから、ジョンがカリフォルニア州サクラメントにいるのが分かり、サムはディーンに狩りをやめて父を捜しに行こうと言い出すが、ディーンは親父に従えの一点張り。サムはディーンと大ゲンカし、車を降りて単身カリフォルニアに向かう。しかしヒッチハイクもうまくいかず、長距離バスに乗ろうとバス案内所に行くとヒッチハイクの途中で出会ったメグという女性と再会する。メグもサクラメントに向かうと言い、サムはメグに共感する。

第12話 死神との取引

悪霊を退治中に10万ボルトの電流に感電したディーンは心臓発作を起こし、あと2週間の命と宣告される。ネブラスカの教会にいる、現代医学に見放された患者を完治するという噂の牧師ロイのもとへディーンを連れて行くサム。ロイの手がディーンの額に触るとディーンは気絶してしまう。翌日、病院に行き検査をしてもらうとディーンは完治していた。しかしディーンは同年齢のマーシャルという男がディーンが気絶したのとまったく同じ時間に心臓の発作で急死したという話に興味を持つ。マーシャルはディーンの身代わりに死んでしまったのではないのか…?

第13話 ルート666

昔の彼女キャシーからSOSを受けたディーンはサムに冷やかされながらミズーリ州に向かう。キャシーの町では不可解な交通事故が起きていて、キャシーの父マーティンと親友クレイトンが犠牲になった。そして事故車には確かにトラックに追突されたような跡があったにも関わらず、不思議なことにタイヤの跡はマーティンの車の分しか残っていなかった。キャシーから事件のあらましを聞き調査に入るサムとディーン。マーティンの親友ジミーの友人に聞き込みをすると、40年前に黒いトラックが黒人ばかりをさらうというウワサがあったことが判明。サムとディーンはトラックに何者かの霊が乗り移って40年前の事件を再現しているのではと推理する。

第14話 悪夢ふたたび

ガレージで男が車に閉じ込められ、死ぬ様を夢に見たサムは胸騒ぎを覚え、夢に出てきた車のナンバープレートから住所を調べ出し、男の家に向かった。男の名前はジム・ミラー。サムはジムの死を止められなかったことに憤りを覚えるが、なぜ見も知らぬジムの夢を見たのか分からなかった。ジムの家を調べている最中、サムが突然激しい頭痛に襲われ、ジムの兄弟ロジャーが殺される予知夢を見る。ロジャーを救おうとアパートへ行くサムとディーン。しかしロジャーはサムたちの言うことを取り合おうとしない。そしてロジャーはサムの予知どおり何者かに殺されてしまう。

第15話 血塗られた家

ミネソタ州のとある町でジェンキンスという男性が車の下に引き込まれて失踪した。超常現象が絡む事件ではなさそうだったが、父ジョンの手帳に失踪の多発地域という印がついていた。ひとまずモーテルにチェックインしようとバーを出たサムは駐車場で忽然といなくなる。サムが消えた時刻に撮影された交通カメラの写真を見ると不審なトラックが写っていた。サムをさらったのは霊ではなく人間だったのだ。

第16話 闇との対決

イリノイ州シカゴで連続バラバラ殺人が起きた。手がかりを探そうと被害者メレディスが働いていたバーで聞き込みをしている時、サムは客の中にメグを見つける。ディーンはサムがメグに好意を抱いていることを察してサムを茶化すが、メグへの疑いを拭いきれないサムはメグのアパート前に張り込み、外出したメグを尾行した。彼女を追って倉庫に入ったサムは驚くべきものを目にした。呪文のようなものを唱え、古い杯になにやら話しかけるメグ。メグは呪文を唱えて古代宗教の悪魔ダエバを呼び出し、殺人を繰り返していたのだ。しかも犠牲者はすべてカンザス州ローレンスの出身者だった。メグが呼び出した悪魔が母メアリーを殺した犯人かもしれない。

第17話 死を招く屋敷

テキサス州の小さな町に「ヘルハウス」と呼ばれる農家があった。高校生のクレイグは同級生を連れてその家に入るが、幽霊が出ると言われている貯蔵庫で女性の首吊り死体を発見する。テキサスを通りかかったサムとディーンは心霊現象のウェブサイトで事件を知り、さっそく高校生たちに聞き込みをするが、彼らの証言はバラバラで真偽のほどは分からない。高校生の狂言と疑いながらも農家を調べていると、心霊研究家を名乗るエドとハリーに出会う。事件を掲載したウェブサイトは彼らが運営していたものだった。

第18話 魔女

ウィスコンシン州フィッチバーグで子供だけが次々と原因不明の肺炎にかかるという事態が発生していた。父ジョンが送ってきた座標に従ってフィッチバーグに着いたサムとディーン。娘が2人とも入院してしまったマイルスは寝室の窓を開けっぱなしにしていたのが原因ではないかと言った。マイルスの家に忍び込んで手がかりを探すと、窓枠に奇妙な手形が残っていた。手形の部分だけ木が腐っている。明らかに妖怪の仕業だ。手形を見たディーンはサムにシュトリーガという魔物が子供を襲ったのだと言う。

第19話 呪われた肖像画

チャリティー・オークションで絵を買ったテレスカ夫婦が喉をかき切られて殺されるという残忍な事件が起きた。サムは父ジョンの手帳に同様の手口の殺人事件が三件記されているのを発見する。サムとディーンは故人の所持品に霊が取りついているのではと考え、オークションハウスに向かい、経営者ダニエルの娘サラに出会う。サラにもらった来歴書を見ると、肖像画の所有者と手帳にあった名前が一致した。肖像画を買った者は全員殺されていたのだ。

第20話 父との再会

コロラド州の山中に住む老人ダニエル・エルキンスが殺害された。エルキンスの名前をジョンの手帳に見つけたサムとディーンはコロラドへ向かい、エルキンスの山小屋を捜索する。床に私書箱の番号を表すダイイング・メッセージを見つけたサムとディーンが郵便局へ向かうと、突然ジョンが現れる。エルキンスの死を知ってコロラドに駆けつけたと言う。手紙を読んだジョンは、エルキンスが持っていたコルトという銃を探すため、吸血鬼のアジトを見つけると言い出した。

第21話 駆け引き

コロラド州で吸血鬼を倒し、息子と共に戦うことを決めたジョンは、サムとディーンに行方不明になった理由と今までの経緯を話し始めた。悪魔が襲撃する一週間前には決まった兆候が起きる。その兆候が今アイオワで起きていると言う。さっそくアイオワに向かった3人は、途中でジム牧師の死を知らされる。親友を犠牲にしてしまったジョンはアイオワで悪魔を仕留めることを決意する。

第22話 悪魔の罠

メグとの取り引きに出かけたきり連絡が取れなくなったジョン。ディーンはジョンの携帯に電話するが、出たのはメグだった。「ジョンとは二度と会えない」と言うメグ。ジョンを救い出すためにディーンとサムはジョンの友人ボビーの協力を請う。ジョンを救うためと快く2人を迎え入れたボビーは、悪魔が不穏な活動を始めたと言う。悪魔に取りつかれた犠牲者が例年より多い。何か大きなことが起きる前触れだと言うのだ。

Season2 エピソード

第1話 別れ

トレーラーに激突し、サム、ディーン、ジョンの3人は病院へ。悪霊は去ったが、ディーンは重傷で植物状態になってしまう。魂が体から離れ、病院内をさまようディーンは、死神と出会う。死神はディーンに、死か永遠にゴーストとして生きるかの選択を迫る。

第2話 新たなる旅立ち

サムとディーンは、ジョンの友人エレンを訪ねてやってきた町で、カーニバルのピエロが殺人を犯しているという噂を耳にする。そのピエロは古代ヒンドゥの食人鬼で子供にしか見えず、子供と仲良くなったふりをして、両親を殺すというのだが…。小さな町のカーニバルに戦慄が走る。

第3話 吸血鬼

ある田舎町で、ヴァンパイアが犯人と思われる連続猟奇殺人事件が発生する。サムとディーンはヴァンパイア・ハンターと協力し、ヴァンパイア退治に乗り出す。しかし、ヴァンパイアのリーダーは、人間は襲わないと主張。サムとディーンは、ヴァンパイアとヴァンパイア・ハンターの間で揺れ動く。

第4話 蘇った恋人

サムとディーンは、母親の墓参りにやってくる。墓参りに乗り気でなかったディーンは無理に事件を探すかのように振る舞い、母の墓碑の近くにある不審な墓碑を発見し、サムを説得。調査の結果、そこに埋葬されていた少女が蘇り、恋人を殺害したらしいことが判明する。

第5話 悪魔のささやき

サムは久々に予知夢を見る。善良な中年男がある電話をきっかけに殺人マシンと化し、市民を虐殺するという内容で、兄弟は手がかりを追って調査に入る。早速、犯人と思しき人物を見つけるが、どうしても犯人とは思えない。一方、サムは自分のサイキック能力に苦悩する。

第6話 壁の中の殺人鬼

フィラデルフィアに、全米で最初のシリアルキラーと呼ばれた男の悪霊が出現する。残虐の限りを尽くした連続殺人犯の悪霊に挑む、サムとディーン。しかし、兄弟にはもうひとつ問題が。ジョーが悪霊退治に参加したいと言うのだ。そして、エレン一家と父ジョンの秘密も明かされる。

第7話 容疑者

死の直前、女の霊を見たという弁護士夫婦の殺害事件を捜査していたサムとディーン。しかし、地元警察によってディーンが殺人容疑で逮捕されてしまった。2人は無事に無実を証明できるのだろうか!?

第8話 地獄の猟犬

天才建築家が自宅の屋根から墜落して死亡する。ディーンとサムの調査の結果、天才たちが次々と謎の死を遂げており、彼らは10年前に悪霊と契約していたことがわかってくる。これ以上犠牲者を増やさないために悪霊を呼び出すディーンだったが、弱みにつけ込まれ、逆に契約させられそうになる。

第9話 感染

サムが見た予知夢を頼りに、オレゴンの田舎町に向かうサムとディーン。その町は、かつてイギリス人入植者が忽然と姿を消した伝説の町と判明。兄弟の不安は的中し、町の人々が次々と豹変していく。そして、人間を凶暴に変えてしまうウイルスにサムも感染してしまうのだった…。

第10話 悪魔の計画

父ジョンがディーンに言い残した最期の言葉が遂に判明する。その言葉を聞いたサムはショックを受け、ディーンと別れて単独行動を始める。サムのサイキックパワーは果たして神の恵みか悪霊の呪いか?そして、悪霊狩りに異常な執念を持つヴァンパイア・ハンターのゴードンが再び現れる。

第11話 禁じられた遊び

呪いのホテルの話を聞いたサムとディーンは、宿泊客としてホテルに潜り込む。オーナーがホテルを手放そうとするたび、買い手や引っ越し業者が変死しているという。調査していくうちに、オーナーの娘の大事にしているドールハウスが、事件の鍵を握っていることを突き止めるが…。

第12話 再戦

ウィスコンシン州ミルウォーキーで奇妙な強盗事件が発生。サムとディーンはシェイプシフターの仕業ではないかと疑い、次の標的になりそうな銀行を調べ始める。しかし、事態は一転。兄弟と超常現象マニアで銀行警備員のロナルドは、銀行強盗と間違われSWATに包囲されてしまう。

第13話 復讐の天使

不可解な殺人事件が発生し、サムとディーンは調査を開始。容疑者は「天使の指示により罪人を罰した」と主張しており、被害者が確かに罪人であったことからサムはそれを信じるが、ディーンは懐疑的な態度をとる。やがて、サムは自分も天使を見たと言い始める…。

第14話 覚醒

サムは目覚めると1週間の記憶がなく、服には血が付いていた。サムの暗黒面がついに目覚めてしまったのかと焦るサムとディーン。兄弟は早速調査を開始。しかし、調べれば調べるほど、二人の懸念が真実味を帯びてくる。失われた1週間に果たして何があったのか!?

第15話 呪われたキャンパス

大学教授がオフィスから飛び降り自殺する事件が発生。教授がいた大学には女子学生の幽霊が出るという噂もあり、サムとディーンは調査を始める。しかし、調査を進めても事件に超常現象が関与した証拠が出てこない。捜査に行き詰まった兄弟はボビーに助けを求めるが…。

第16話 死へのドライブ

男女の乗った車が、山道で事故に遭う。すでに調査を始めていたサムとディーンに助けられた女性は、運転中に幽霊に遭遇して事故に遭い、夫がいなくなったと告げる。過去にこの道路で死んだ農夫の地縛霊を鎮めに来た兄弟は、事故直後の女性を助けたわけだが…。

第17話 狼男

満月の夜に心臓を抜き取られた死体が発見される。サムとディーンは調査の結果、狼男の仕業であると断定するが、普段は一般市民にまぎれて暮らしている狼男を退治することは難しい。最初の手がかりとして死体の第一発見者である女性に目をつけた兄弟だったが…。

第18話 ハリウッドの亡霊

インターネットを賑わしている「呪われたセット」を調査するため、ハリウッドの映画スタジオにやってきたサムとディーン。気乗りしないサムとは裏腹に、ハリウッドに来てはしゃぐディーン。やがて、撮影現場で死人が出たと聞き、二人は現場に向かう。

第19話 脱獄

FBI捜査官ヘンリクセンは、長年追い続けてきたサムとディーンをついに逮捕する。兄弟は刑務所に入れられるが、実は刑務所に出没する悪霊を退治するためにわざと捕まったのだった。早速調査を開始する二人。しかし、刑務所内で次々と人が殺されていく…。

第20話 もう1つの世界

敵の攻撃を受けたディーンは、異世界に紛れ込んでしまう。その世界では、死んだはずの母親が生きており、サムには婚約者がいて大学に通っている。ディーン自身も恋人のいるごく普通の生活を送っている。自分がいた世界とはあまりに異なる状況に、ディーンは戸惑う。

第21話 選ばれし者たち(前編)

サムが目を覚ますと、そこは見知らぬ町だった。やがて、自分は黄色い目を持つデーモンに誘拐され、特殊な能力を持った者たちとともに、ゴーストタウンにいることを知る。人類とデーモンの全面戦争は近い。ディーンは行方不明のサムを探し、東奔西走するが…。

第22話 選ばれし者たち(後編)

かつてない悲しみに暮れるディーンは、苦悩の末に自らを犠牲にすることを決意する。そして、人類との全面戦争をもくろむ黄色い目を持つデーモンは、この機会を逃さず打って出るのだった…。

Season3 エピソード

第1話 七つの大罪

デビルズ・ゲートが開き、無数の悪魔や悪霊が黒雲となって飛び去っていった。その1週間後、サムとディーンはボビーからの連絡によりネブラスカ州リンカーン郊外の農家に向かうと、そこへアイザックとタマラという夫婦のハンターも同じ悪魔の予兆にひかれて現れる。サムはアイザックとタマラに「共同で調査しよう」と申し出るが、アイザックはデビルズ・ゲートを開け戦争を引き起こしたサムたちを非難し、出て行ってしまった。

第2話 恐るべき子供たち

インディアナ州シセロで男性が電動ノコギリの上に倒れ死亡した。この事故を調査したいと言い出すディーン。シセロにはディーンが昔付き合ったリサが住んでいた。突然の訪問にとまどうリサを押し切って、ちゃっかりあがりこむディーンだったが、リサはシングルマザーになっており、8歳になった息子ベンの誕生日パーティの最中だった。ディーンは自分によく似たベンを見て動揺する。ディーンとリサが付き合っていたのは9年前だ。ディーンは「自分の子ではないか」とリサに聞くが…。

第3話 ウサギの足

服役中のゴードンがハンター仲間のクーブリックを呼び出し、サムの捜索を依頼した。ゴードンはサムが悪魔の手先であるとクーブリックに吹き込む。一方ジョンの倉庫に泥棒が入り、「呪いの箱」が一つ盗まれてしまった。サムとディーンが犯人の行方を突き止めると、泥棒ウェインとグロスマンはすでに箱を開けてしまっていた。ボビーによれば、箱に入っていたのは恐ろしい呪いのアイテムだという。

第4話 穢れた街

オハイオ州エリザベスビルの教会で、敬虔な信者アンディが「神はいない」と言い残し拳銃自殺を図った。事件を知ったサムは悪魔の予兆と考えディーンとエリザベスビルに向かう。自殺現場に居合わせたギル神父に聞き込みすると「2ヶ月前から住民の様子が急変し、酒やギャンブルに溺れるようになった」と言う。2ヶ月前といえばデビルズ・ゲートが開いた時期だ。悪魔が住民に取りついたのではと推理するサムとディーン。そこに偶然、リッチーというハンター仲間が現れる。リッチーもまた悪魔の予兆を追って、この町に来ていたのだ。

第5話 グリム童話殺人事件

工事現場で殺人事件が発生。被害者2人は体をズタズタに切り裂かれていた。手口から狼男の仕業と推理したサムとディーンは事件が起きた町に向かい、事件の目撃者カイルに聞き込みをする。カイルは被害者たちの弟で犯人はなぜかカイルだけを殺さず逃げ去っていた。しかもカイルの話によると、犯人は狼ではなく普通の男で被害者たちの心臓もなくなっていなかった。ならば狼男の犯行ではない。そのうち第2の事件が起きた…。

第6話 幽霊船

女性がシャワー中に溺死するという不可解な事故が起きた。被害者の叔母ガートによると被害者は死ぬ前に「不思議な船を見た」と怯えていたらしい。死の前兆とされる幽霊船ではないかと言うガート。街では37年ごとに幽霊船が目撃され、そのたびに水のない場所で人が溺死するという不可解な事故が連発していた。幽霊船が特定できれば悪霊の正体を突き止められるはずだ。すると2人の前に突然ベラが現れた。ベラもこの事件を追ってガートと接触していたのだ。

第7話 吸血鬼ふたたび

ディクソンという男が若い女性をバンパイアに変えているという事実を突き止めたサムとディーンはディクソンを見つけ捕まえようとするが、ハンターのゴードンとクーブリックが現れる。なんとか2人をまいて逃げるがゴードンはディクソンに捕まってしまう。ディクソンは数少ないバンパイアの生き残りで、自分たちを絶滅に追い込んだゴードンに、あろうことか自分の血を付けバンパイアにしてしまう。皮肉にも今まで退治してきたバンパイアに変わったゴードンは…。

第8話 呪いのクリスマス

時は12月、巷はクリスマスでにぎわっている。しかし一家団欒とは無縁のサムとディーンは不可解な失踪事件を調べてミシガン州にいた。クリスマスの準備をしていた一家の主人が忽然と消えてしまったのだ。家の煙突からは人間の歯が見つかった。主人が煙突に引きずり込まれたと推測するサムとディーン。そしてサムはサンタクロースを嫌う妖怪の仕業ではないかと考える。

第9話 黒魔術

不審な死を遂げたジャネット。その夫ポールに聞き込みに行ったサムとディーン。現場で呪い袋を見つけた2人はジャネットが魔女に呪い殺されたことを確信する。ポールの浮気相手アマンダの家に向かうと彼女は死んでいた。呪術の道具が散乱していることからアマンダがジャネットを殺したことは間違いない。しかしアマンダの部屋からも呪い袋が見つかった。アマンダは自殺ではなく魔女に殺されたのだ。この町で魔女たちが集会をやっていると推理した2人は、アマンダの友人に聞き込みを始める。

第10話 悪夢

ボビーが昏睡状態に陥って入院したと連絡が入った。医師から原因が分からないと言われ、ボビーが泊まっていたモーテルを調べに行くサムとディーン。そこには「アフリカン・ドリームルーツ」という植物と死亡した大学教授の写真が残されていた。教授は睡眠時に夢を見られなくなる病気の治療法を研究するため、大学に内緒でドリームルーツという幻覚剤を用いて人体実験を行っていた。ボビーが夢の中で何かに捕まったと推理したサムとディーンはベラに頼んでドリームルーツを調達、ボビーの夢の中に入る。

第11話 火曜日のデ・ジャヴ

サムとディーンは、ベラの手がかりを求めて閉館後のミステリースポットに忍び込む。しかし館長に見つかりディーンが銃で撃たれ死んでしまう。次の瞬間、モーテルのベッドで目覚めるサム。傍らには死んだはずのディーンが元気に身支度をしていた。すべては夢だったのか?しかし日付は昨日と同じ火曜日になっている。何もかもが昨日あったことの繰り返しだった。そして今度はディーンが車にひかれ死んでしまう。またもモーテルのベッドで目覚めたサム。ディーンを助けようと、あらゆることを試すがディーンは必ず死んで、同じ火曜日が始まるのだ。タイムループから抜け出せないサムはあることに気づく。

第12話 新たなる先導者

コルトを取り返すべくベラを追うサムとディーンは、ベラの通報により警察に捕まってしまう。逮捕されたサムとディーンの前に現れたのはFBI捜査官ヘンリクセンだった。しかしサムとディーンを狙って悪魔に憑依された刺客が送り込まれ、ついにはヘンリクセンまで悪魔に憑依される。サムに悪魔祓いされ正気に戻ったヘンリクセンは彼らに協力を申し出るが、保安官事務所は悪魔に取り付かれた住民たちに包囲されている。明らかに今までより残忍で強力な悪魔が攻撃を仕掛けて来ていた。するとそこにルビーが現れ、悪魔の正体を明かす。

第13話 恐怖の館

自称「超常現象研究家」のエドとハリーが「ゴースト・フェイサーズ」というチームを結成した。大手テレビ局に売り込むために幽霊退治のドキュメンタリーを撮影することになり、「モートンハウス」と呼ばれる恐怖の館に潜入、幽霊探しを始めたのだが、同じく調査に来たサムとディーンに出くわすメンバーたち。すると銃殺された幽霊が現れた。しかしサムとディーンはもっと恐ろしい霊が屋敷に取り付いていることを知っていた。

第14話 地獄からの電話

拳銃で自殺を図った銀行員ベンの妻に聞き込みに行く2人。ベンは自殺する前に電話線を引きちぎっており、電話機のディスプレイには「SHA33」という着信記録が残っていた。ベンが死の直前に電話していたのは高校時代に付き合っていたリンダだった。しかしリンダは事故死している。幽霊からの電話ということになるがリンダは火葬されており、化けて出たとは考えにくい。着信記録が百年前の電話番号であることを突き止めたサムとディーンは電話会社に聞き込みに行く。

第15話 永遠の命

ディーンの取引の期限まであと3週間。サムとディーンは悪魔を拷問してディーンの契約を握っている悪魔の名前を聞き出そうとするが、口を割らない。悪魔たちが恐れる悪魔とはどんな奴なのか。ディーンはのしかかる恐怖と闘っていた。するとサムが肝臓を取られて死んだ男の事件を調べようと言い出す。ディーンを救おうと奔走していたサムがなぜこんな切羽詰まった時期に狩りに乗り出すのか。不審に思いながらも聞き込みに向かったディーン。サムはこれがベントンという医者の犯行であることを突き止める。

第16話 決戦の時

最後の日が目前に迫ったディーンは悪夢と幻覚に悩まされていた。ディーンを励ますサムの顔が悪魔のように醜く歪む。悪魔と取引した者たちが必ず経験する現象だった。ボビーがダウジングを行い、全ての契約を握っている悪魔リリスの居場所を突き止めるが、ディーンは乗り込もうとするサムを制止する。サムはルビーを呼び出し、悪魔を倒すナイフを手に入れるつもりだった。

Season4 エピソード

第1話 天使の復活

壮絶な最期を遂げ、地獄に落ちたディーン。しかしその数ヵ月後、ディーンは棺の中で覚醒した。自力で墓から抜け出すが、墓の周りは爆弾が落ちたように無数の木が倒れ荒廃していた。そして肩には何者かの手形がついている。さっそくサムに電話するが、サムは携帯の番号を変えていた。こうなれば頼るのはボビーしかいない。だが訪ねてきたディーンを見たボビーは、血相を変えてディーンに襲いかかった。

第2話 66の封印

ディーンの前に現れたカスティエルは本当に天使なのか?言い伝えによると天使は地獄に落ちた魂を救い出せるそうだ。天使という確証はないが否定できる材料もない。そんな時ボビーのハンター仲間、オリビアが悪霊に惨殺される。調べてみるとほかのハンターたちも極めて残酷な手口で殺されていた。なぜハンターばかりが狙われるのであろうか?

第3話 すべての始まり

悪夢にうなされていたディーンの前にまたカスティエルが現れる。カスティエルはディーンの額に手を当て、気が付くとディーンはカンザス州ローレンスにいた。サムとディーンの故郷、あの忌まわしい事件が起きた町だ。しかし店内はかなりレトロな雰囲気、新聞を見ると日付は1973年だった。おまけに隣の青年はジョン・ウィンチェスターと呼ばれていた。カスティエルはディーンをタイムスリップさせ、若き日の父に会わせたのだ。

第4話 怪物の血

リリスの行方をつかむため、ルビーと共に悪魔を尋問していたサム。その様子を外で伺っていたディーンは、サムが超能力で悪魔払いをしたことにショックを受ける。激怒するディーンに「人を救って何が悪い」と反論するサム。ディーンは、カスティエルがサムを危険視していることを告げる。神が「サムを止めろ」と言っているのだ。サムはディーンの言葉に激しく動揺する。

第5話 モンスタームービー

バンパイアの事件を追ってペンシルベニア州キャノンズバーグに向かったサムとディーン。目撃者エドに事情聴取するが、エドの証言によると犯人は昔の映画に出てくるドラキュラ伯爵そのものだった。バンパイアにあこがれる変質者の仕業だろうと考え捜査を取りやめにするが、今度は若いカップルが狼男に襲われるという事件が起きた。頭を抱えるサムとディーン。さらに博物館のミイラが動き出し警備員を殺すという事件が…。

第6話 幽霊病

コロラド州ロックリッジ、健康な男性が立て続けに3人も心臓マヒで急死した。最初の死亡者フランクは死の直前、人が変わったように部屋に閉じこもり怯えていたと言う。フランクを検視した後EMFが鳴り出しディーンに反応した。サムはボビーに電話して、ディーンが「幽霊病」という呪いにかかったことを探り出す。その呪いはインフルエンザと同じで人から人に感染する。発症すると何に対しても恐怖を覚え、最後は恐ろしい幻覚に悩まされる。そして発症から48時間後、心臓マヒを起こすほどの幻覚を見て死んでしまうのだ。

第7話 ハロウィンの惨劇

ハロウィンの2日前、ルークという男性がカミソリ刃を吐いて死ぬという怪事件が起きた。カミソリはハロウィン用のキャンディに仕込まれていた。FBI捜査官を装って調査するサムとディーンはルークの家で呪い袋を見つける。すると第2の殺人が起き、現場にはまた呪い袋が。魔女の仕業であることは間違いないが、被害者の2人は恨みを買うような人物ではない。サムは呪い袋の中身から、魔女の目的が復讐ではなくサウィンという悪魔を呼び出すことだと推理する。

第8話 願いの井戸

「ディーンには地獄の記憶がある」とウリエルに言われて、ディーンに問いただすサム。ディーンは否定し、納得しないサムの関心を狩りに向けようとする。女性専用フィットネス・クラブのシャワールームで幽霊が出たという事件を調べにワシントン州へ向かう兄弟。しかし幽霊の目撃者はあやふやな証言をしておりシャワールームに霊が出た形跡もない。見切りをつけて町を去ろうとするとビッグフットの目撃者が現れた。ビッグフットらしき足跡をたどって行くと正体は巨大なテディベアのぬいぐるみで…。

第9話 命の恩人

悪魔たちが血眼になって捜している女性アンナ・ミルトンの家に向かったディーン兄弟。そこにアンナの姿はなく両親の遺体と硫黄が見つかった。悪魔の目的は何か。アンナのスケッチから手がかりを得て教会に行くと、怯えた様子のアンナが出てきて「サムとディーンのことを天使たちが話している」と言った。彼女は天使の会話が聞こえる超能力者だった。

第10話 天国と地獄

「アンナを殺さねばならない」と言うカスティエルに驚くサムとディーン。アンナを「罪深い」とだけ言ってウリエルが武力行使に出た。すると光線が発射されウリエルとカスティエルはどこかに消えてしまう。アンナが無意識のうちにまじないで天使たちを追い払ったのだ。アンナは一体何者なのか。

第11話 家族の絆

ネブラスカ州のとある農家で独り暮らしの男性ビルが惨殺された。しかも密室殺人。幽霊の仕業と考えたサムとディーンは農家に向かう。この1か月、ディーンはまるでみそぎのように狩りを続けていた。ろくに寝ていないディーンを心配するサム。しかしディーンは地獄のことに触れないようにしているサムの気遣いにイライラしていた。

第12話 伝説のマジシャン

マジック・フェスティバルで賑わう街中でマジシャンのバンスが変死した。胸に10本の剣が突き刺さったような傷跡があるのにバンスのシャツは破れていなかった。この事件を追って聞き込みをするサムとディーン。バンスが持っていたタロットカードの線を追い、3人の老マジシャン、ジェイとチャーリー、バーノンのショーを見た2人はジェイの神業とも言えるテクニックに舌を巻く。

第13話 アフター・スクール・スペシャル

学校の女子トイレで同級生を殺した高校生エイプリル。彼女の証言からサムは悪魔の憑依を疑うが、エイプリルは硫黄や黒煙を見ていなかった。サムは事件が起きた高校を調べようと言い出す。そこは奇しくもサムとディーンが幼い頃1か月だけ通った学校だった。サムは清掃員、ディーンは体育の臨時教師として潜入する。

第14話 セイレーンの呪い

男を惑わせ愛する者を殺させた後、忽然と姿を消す謎のストリッパー。同様の事件が立て続けに4件も起き、サムとディーンがボビーにアドバイスを求めると「セイレーン」の仕業だと言う。それはギリシア神話に登場する妖怪で、船乗りたちを美しい歌声で惑わし船を沈没させるのだ。しかし現代のセイレーンは歌声ではなく毒物を使って男たちを惑わせているらしい。

第15話 奇跡の町

ある町で、いつ死んでもおかしくない人たちが奇跡的に命を取りとめていた。聞き込みの結果、悪魔と取引をした人は皆無。サムは死神が何らかの事情でこの町から消えてしまったと推理する。すると再びボビーから連絡が入り、封印を破るために悪魔が死神を拉致していることが明らかになった。

第16話 第一の封印

ディーンはパメラの死に責任を感じ、つくづくこの戦争に嫌気が差していた。そんなディーンの態度を弱気と受け取るサム。モーテルに着いた2人を待っていたのはカスティエルとウリエルだった。カスティエルの部隊の天使が7人殺され、悪魔の仕業と考えたウリエルは、捕虜にしたアラステアから犯人の名前を聞き出すためディーンを尋問官に選ぶ。

第17話 ハンター・ライフ

バリっとしたスーツ姿で高層ビルのオフィスに入るディーン。オフィスのプレートには「営業部長ディーン・スミス」と書かれてあった。一方サムは「サム・ウェッソン」という名前で技術サポート部のオペレーターとして働いていた。会社のエレベーターに乗り合わせたサムとディーン。しかしなぜか2人はまったく面識がないようだ。兄弟であることもハンターであることも忘れて別の人生を送っている。一体何が起こっているのか…?

第18話 神の預言者

調査のために立ち寄った書店でサムとディーンは自分たちを主人公にした「スーパーナチュラル」というシリーズ本の存在を知る。しかもその本に書かれていることは細部に至るまで事実だった。出版社が倒産したため、物語はディーンが地獄に堕ちたところで終っていた。サムとディーンは発行者のセラから「スーパーナチュラル」の作家チャックの住所を聞き出し訪ねに行く。

第19話 もうひとつの家族

サムとディーンの父、ジョンの携帯にジョンの息子と名乗る青年が連絡してきた。青年の名前はアダム・ミリガン。身元を調べると母ケイトと2人暮らし、出生証明書に父親の記載はなく、ウィスコンシン大学に通う医学生だった。ディーンは悪魔の罠だと考え、待ち合わせ場所の食堂で水を聖水に入れ替え、ナイフとフォークを銀製に取り換えて万全の準備でアダムを待つ。

第20話 憑依された男

カスティエルがディーンの夢に現れ「大事な話がある」と言った。カスティエルが指定した工場に行くと、まるで戦いがあったように破壊されており、壁には血で書かれた図形があった。サムとディーンは瓦礫の下で気絶しているカスティエルを発見するが、彼の魂はすでに抜けており、男はジミーと名乗った。ジミーは妻アメリアと娘クレアが待つ家に帰りたいと言い出す。

第21話 境界線を越える時

悪魔の血を抜くためにサムをパニックルーム(緊急避難室)に閉じ込めたディーンとボビー。禁断症状によりサムは幻覚に襲われる。サムが見たいもの、見たくないもの、心の葛藤が様々な幻覚となって現れた。そんなサムを見てボビーは「サムに悪魔の血を与えリリスを殺させるべきではないか」と言う。しかしディーンは頑として拒否、カスティエルに助けを求める。

第22話 堕天使の復活

ディーンと決別したサムはクリスティと共にリリスの側近を尋問しリリスが今夜、聖母マリア修道院で最後の封印を破ることを聞きだす。サムは側近の血を飲み、リリスを倒そうと考えていたが…。一方ディーンはサムに殺されかけたショックから立ち直れずにいた。

Season5 エピソード

第1話 ミカエルの剣

イルチェスターの修道院に取り残されたサムとディーン。今にもルシファーが復活するというとき、なぜか彼らはイルチェスター上空を通過する旅客機に瞬間移動していた。ルシファーの復活を機内で見届けるサムとディーン。二人はカスティエルを捜すためチャックの家に向かう。

第2話 呪われた町

サムとディーンの前に現れたカスティエルは、ルシファーを倒すために神を捜し出すという。するとルーファスからSOSが入り、リバーパスという町が悪魔に占領されたことを知る。さっそくリバーパスに向かった二人は、そこでエレンに遭遇する。

第3話 それぞれの道

別々の生活を始めたサムとディーン。サムは偽名を使いバーの給仕として働き始めるが、その町でルシファー復活後の前兆を見つける。狩りから手を引いたサムはボビーに電話し、ハンターを寄こして前兆を調べるように要請する。一方、ディーンはカスティエルと共に大天使ラファエルを捜していた。

第4話 5年後の世界

悪魔たちが伝説のコルトを持っているという話を聞きつけディーンに電話するカスティエル。コルトはベラに盗まれた後、行方知れずになっていた。コルトが手に入ればルシファーを殺せるかもしれない。だが狩りで疲れ果てていたディーンは、逸るカスティエルを制して眠りにつく。数時間後、ディーンが目覚めると町は暴動でも起きたように荒廃していた……。

第5話 蝋人形の館

再びサムと組んで狩りを始めたディーンは、サムに対するわただかまりを払拭するために小さな狩りから始めようと考えていた。しかしディーンの予想に反してかなりの難事件に頭を抱える兄弟。犯人はなんとジェームズ・ディーンの幽霊、その上リンカーンの幽霊まで現れて彼の研究をしていた大学教授を殺害する。この2大スーパースターが縁もゆかりもない町にとりつく理由は何か?

第6話 正しき選択

自分で頭から脳を掻き出した女性の変死体を調べにネブラスカ州にやって来たサムとディーン。原因は「かいかいパウダー」。その粉をつけると痒くてたまらなくなるというイタズラグッズだ。すると今度は「ぶるぶるブザー」というオモチャで感電死という事件が起きた。電池を使わないので感電死などするはずがない。他にもあり得ない現象が立て続けに起きた。誰もが子供のころに親から言い聞かせられたウソ、それが実際に起きているのだ。

第7話 危険なゲーム

25歳の男性が一夜にして老人に変わり、老衰で死亡するという怪事件が起きた。事件を調査するサムとディーンは、ボビーの指示を受けクリフという失踪者を捜し出す。初老であるはずのクリフはなんと20歳代に若返っていた。クリフの話によると謎の賭博師とポーカーをして勝ったら若返ったのだと言う。金の代わりに年齢を賭ける魔法使いの仕業だとボビーは推理する。

第8話 異次元へのチャンネル

おバカなホームコメディで芝居をするサムとディーン。いったいなぜ?発端は2日前にさかのぼる。超人ハルクに頭をもぎ取られた男性の事件を調査していたサムとディーンは、トリックスターの仕業であることに気付くが、罠をかけられテレビの世界に放り込まれてしまったのだ。

第9話 リアル・ゴーストバスターズ

チャックのSOSメールを受けて大急ぎで田舎のホテルに向かったサムとディーン。しかしメールはベッキーの成りすましで、2人は「スーパーナチュラルコンベンション」というファンの集いに参加する羽目に。会場ではファンの1人アレックスが「本物の幽霊が出た」と言って立ち去り、調べてみるとホテルで実際に殺人事件が起きていたことが判明する。

第10話 死の天使

コルトを入手するため、クラウリーという悪魔捜しに向かったサムとディーン。サムとディーンの予想を裏切ってクラウリーはあっさりコルトを差し出し、ルシファーが現れる日と場所まで教えて姿を消す。魔王との決戦前夜、ボビーの家に集まったウィンチェスター兄弟、エレン、ジョー、カスティエルは杯をあげる。これが最後の晩になるかもしれないことを全員が覚悟していた。

第11話 病院に棲む怨霊

サムとディーンの父ジョンのハンター仲間だったマーティンは、狩りのトラウマからハンターをやめて精神病院に自主入院していた。その病院では次々と患者が自殺しており、マーティンは怪物の仕業と考えサムとディーンに調査を依頼する。

第12話 魂の交換

バーで熟女にナンパされたサム。しかしサムの言動はまるで高校生、それもそのはずゲイリーという高校生がサムの体を拝借していたのだ。なぜそんなことが起きたのか?発端は36時間前に遡る……。

第13話 両親との再会

ルシファーの器であるサムを消し去れば最終戦争を終わらせることができると考えたアンナがサムを殺しに現れた。サムを守るためにカスティエルはアンナを殺そうとするが、アンナは1978年にタイムトラベルする。カスティエルの力が及ばないところでサムとディーンの両親を殺し、サムが産まれないようにするつもりに違いない。両親の危機を知ったサムとディーンはカスティエルに同行し1978年へと向かう。

第14話 ブラッディ・バレンタイン

バレンタインの翌朝、アパートでカップルの残骸が見つかる。検死の結果、お互いを食べ合って死亡したらしい。他にもカップルの不可解な自殺が起きていた。調査に乗り出したサムとディーンは、カップルの心臓に印された天使のマークを発見。カスティエルを呼び出すとキューピッドが付けたマークだと言う。キューピッドが暴走して、結び付けたカップルを殺していると推理した3人はキューピッドを捕まえて尋問するが……。

第15話 蘇る死者たち

小さな町で、死人が蘇り殺人を犯すという奇怪な事件が起きた。サムとディーンはボビーに会って事件の概要を聞くが、ボビーは「ただの殺人事件」としか言わない。そんなボビーに違和感を持ったディーンは、蘇ったとされるクレイの家に忍び込み、彼を撃ち殺そうとする。しかし保安官ミルズがやって来て2人は逮捕されてしまう。ミルズもボビーも何かを隠しているようだ。いぶかしがるサムとディーンを自宅に連れて行くボビー。そこには……。

第16話 神からの伝言

サムとディーンが2人組のハンターに寝込みを襲われ、モーテルで射殺される。最終戦争を始めたサムへの報復だった。銃声が鳴り響き、次の瞬間ディーンはインパラの中で目が覚めた。すると幼いころのサムが現れて花火を打ち上げる。花火の音が銃声に変わり自分が射殺されたことを思い出すディーン。ディーンは死んで天国に送られたのだ。

第17話 バビロンの淫婦

悪魔に取り囲まれたウィンチェスター兄弟の前に一台のトラックが現れ、男たちが聖水で悪魔を足止めし、悪魔払いの呪文を唱える。鮮やかな手際でサムとディーンを救った男たちは「教会の民兵」と名乗り、もちろん最終戦争のことを知っていた。サムとディーンはハンターであることを明かし、民兵たちの拠点である教会に同行する。教会では住民たちが悪魔退治の武器を作っており、牧師のギデオンまで武装していた。明らかに普通の町ではない。その理由はギデオンの娘、リアだった。

第18話 最後の砦

ミカエルの器になることを決めたディーンは、独りモーテルで遺書を書いていた。ディーンを知り尽くしているサムはモーテルを突き止め、カスティエルの力を借りてディーンをボビーの家に連れ戻す。すっかりミカエル側に傾いているディーンを叱咤するボビー。するとカスティエルが異変を察知してどこかへ消えてしまう。戻って来たカスティエルは泥まみれのアダムを連れていた。

第19話 神々の集い

突然の嵐に見舞われてホテルに飛び込むサムとディーン。いつものモーテルと違ってゴージャスな雰囲気。しばしの休息を求めて宿泊を決めるが、隣室のカップルが突然消えてしまう。フロントのマーキュリーに尋ねるとカップルはチェックアウトしたと言う。不審に思って調査を始めるサムとディーン。するとホテルの客たちは食料庫に監禁されていた。助け出そうとするが、兄弟は2人の巨漢に襲われてバンケットルームに連れて行かれる。そこには名だたる神々が集まっていた。

第20話 4つの指輪

「疫病の騎士」を追うサムとディーンは新型インフルエンザが蔓延する町に来て調査を始めた。しかし疫病の行方は杳としてつかめない。すると突然悪魔クラウリーが現れ「指輪探し」を手伝うと言い出す。

第21話 騎士との約束

ブレイディから得た情報で「疫病の騎士」がいる病院に忍び込んだサムとディーン。疫病を見つけて指輪を奪い取るが、疫病は不敵な笑みを浮かべて「手遅れだ」と言い残し消えてしまう。残るは「死の騎士」の指輪だが、ボビーが、死の騎士がシカゴに現れると言い出す。情報源を隠そうとするボビーを不審に思うサムとディーンだったが……。

第22話 世界の終末

ついに審判の日が来た。デトロイトで予兆が起きたというボビーの情報を聞いてディーンはルシファーが現れたことを確信する。サムが器になることを了解したディーンだったが、サムは「地獄の檻から連れ戻そうとするな」と言い、ディーンに狩りをやめてリサと共に家庭を持つことを約束させる。

Season6 エピソード

第1話 サムの帰還

サムが地獄の檻に閉じ込められてから1年の月日が流れた。ディーンは、リサと彼女の息子ベンと共に、ハンターとは無縁の平穏な生活を過ごしていた。そんなディーンの前になぜかサムが現れ、再び一緒に戦わないかと誘いかけてきた。

第2話 赤ちゃん泥棒

両親を殺された乳児たちの調査をしていたサムは現場で赤ん坊を発見。ディーンとサムは、赤ん坊を自分たちの祖父サミュエルに預けるが……。そんな中、シェイプシフターが赤ん坊の誘拐を計画していた。

第3話 モーゼの杖

警察官が殺害される事件が発生、ディーンとサムはカスティエルに助けを求める。事件がモーゼの杖によるものだと確認したカスティエルは、二人に衝撃の事実を明かした……。

第4話 危険な週末

悪魔クラウリーに魂を貸しただけだったはずのボビーは、クラウリーが魂を返す気がないことを悟り、解決のために動き出す。一方、ディーンとサムは、ボビーの日常生活を垣間見ることに……。

第5話 リビング・ハード

若い女性が行方不明になる事件が発生。ディーンとサムは、ヴァンパイアたちが小さな町に住みついたことを突き止めたものの、彼らとの戦いでディーンが負傷してしまう。

第6話 真実の女神

不可解な自殺が頻発する町で捜査を始めるサムとディーン。しかしバンパイアの事件以来、ディーンはサムがルシファーではないかと考えていた。サムの正体を突き止めようとボビーに協力を求めるが答えは得られず……。

第7話 祖父の秘密

ディーンに殴られ気を失ったサム。ディーンはモーテルにカスティエルを呼び出してサムの検査を依頼した。すると意外な問題が判明する。それに関して何かを知っているとすればサムと同時に生き返ったサミュエルだけだ。一行はサミュエルの基地に向かう。

第8話 悲しき殺人者

サムとディーンの前に突然クラウリーが現れ「アルファを生け捕りにしろ」と新聞記事を投げ出した。不動産業の男性が心臓を抜き取られ死亡した事件だ。死因から狼男の仕業と考えられる。クラウリーは様々な怪物のアルファを集めて煉獄の場所を聞き出す魂胆らしい。

第9話 スーパーX-ファイル

住民が次々とUFOに拉致されるという事件を調査するサムとディーン。町にはUFOウォッチャーが押し寄せ大変な騒ぎだ。最初の失踪者の父、ブレナンに聞き込みに行くが、時計店を営むブレナンはサムとディーンを迷惑そうに追い払う。ブレナンが何かを隠しているのは明らかだった。

第10話 クラウリーとの対決

クラウリーは廃墟となった刑務所に怪物たちを監禁して煉獄の場所を突き止めようとしていた。クラウリーの手下になって怪物を生け捕りにするサムとディーン。なんの作戦も立てられないまま時間が過ぎていくことにディーンは苛立ちを感じていた。そんな時、兄弟の前にメグが現れる。

第11話 騎士との賭け

精肉店の2階に間借りする闇医者ロバートを訪れたディーン。死の騎士ならサムの魂を取り戻せると考えたディーンは死亡して死神テッサを呼び出し、死の騎士と接触しようという無謀な作戦に出た。

第12話 ドラゴンの古書

死の騎士によって魂を戻されたサムは意識不明に陥る。カスティエルにサムの意識は戻らないと断言されてもディーンは一縷の望みを持っていた。そんな時、若い女性ばかりが3人も失踪するという事件が起きた。ディーンとボビーが調査を始めようとした時、サムの意識が戻り……。

第13話 許されぬ過去

サムの携帯に発信者が不明のメールが送られてきた。メールには座標だけが記されている。座標を調べてみるとロードアイランド州のブリストル。3人の女性が失踪するという事件が起きていた。罠かもしれないと怪しむディーンを無理やり連れてブリストルへ向かったサムに1年前の記憶の断片が蘇る。

第14話 恐怖のマネキン

魂の壁に傷がつき、倒れたサムだったがディーンの必死の呼びかけで意識を取り戻す。ディーンは「二度と過去を思い出すな」と釘を刺すがサムはすでに過去と向き合う覚悟でいた。サムがこれ以上、地獄の記憶を思い出さないようにディーンは密室殺人の記事を見せて狩りに連れ出す。

第15話 もう1つのスーパーナチュラル

嵐の晩、サムとディーンの前に突然バルサザールが現れた。ラファエルが送りこんだ刺客バージルに追われるバルサザールはサムに用途不明のカギを渡し、兄弟を異次元の世界にワープさせる。サムとディーンがワープした先はテレビの撮影現場。サムとディーンの人生を描いた「スーパーナチュラル」というドラマで、この世界ではサムはジャレッド・パダレッキ、ディーンはジェンセン・アクレスという俳優として認識されていた。

第16話 ハンターの宿命

深夜のガソリンスタンド、ついに煉獄のマザーが始動した。トラックに乗り込み、運転手リックの耳に噛みつくとリックは取りつかれたようになり、自分の妻子を殺してしまった。そのころボビーはサムとディーンに様々な怪物たちが出没していることを説明。怪物の群れはある地点に向かっていた。そこはリックが働いている缶詰工場がある町。FBIを装ってリックに聞き込みする一行。するとリックの同僚が突然おかしくなり工場で銃を乱射という事件が勃発する。

第17話 沈まぬタイタニック号

不審な連続事故を調査するサムとディーンは「タイタニック号」という船とバルサザールに突き当たる。さっそくバルサザールを呼び出すと、彼が過去にワープして沈没したタイタニック号を救ったことが判明。歴史を変えたせいで死ぬ運命にあった船の乗客が助かり、彼らの子孫たちが今になって何者かにより殺されているというのが連続事故の真相だった。

第18話 バック・トゥ・ウエスタン

マザーの情報を集めようと古い文献を読みあさっているとボビーがマザーの記述がある本を見つけた。そこには「フェニックスの灰でマザーを燃やせる」と書かれてあった。意味が分からず頭を抱えていると今度はディーンがサミュエル・コルトの日記を見つけた。「1861年3月5日、ワイオミング州サンライズで銃がフェニックスを撃ち殺し灰が残った」という記述がある。フェニックスが何かは分からないが、灰を入手するためにカスティエルを呼び出したサムとディーンはタイムワープする。

第19話 マザーの計画

オレゴン州のグランツ・パスというのどかな町に惨劇が起きた。万物の母、イブがスポーツバーに乗り込み、そこにいた全員を怪物に変えて殺し合いをさせたのだ。そのころディーンはフェニックスの灰を込めた銃弾を作っていた。しかし灰の効果のほどは分からない上に、カスティエルさえイブの居場所をつかめない状況だった。

第20話 天使の告白

カスティエルが故意にクラウリーを逃がしたと疑うサムとボビーは、悪魔を尋問してクラウリーの居場所を聞き出そうとしていた。カスティエルの潔白を証明するためにも事実を明らかにしなければならない。親友を信じ続けたいディーンは苦々しい思いで尋問に立ち会っていた。そんな3人のやりとりを盗聴するカスティエルは、ディーンを見て良心の呵責にかられていた……。

第21話 最後の願い

カスティエルとクラウリーの煉獄制覇を阻止する手がかりをキャンベル一族の日記から引き出したボビー。しかしその日記はすでにカスティエルに盗まれていた。用意周到なボビーは日記のコピーを取っていて1937年に死亡したホラー作家、H・P・ラブクラフトが煉獄と何らかの関わりがあることを突きとめた。

第22話 煉獄の扉

警察から必死で逃げるサムは身を隠すため、目についたバーに飛び込んだ。困惑するバーの従業員ロビンに向かって、サムは「記憶がない」と言った。サムがウソをついているようには見えない。フラッシュバックに襲われたサムの脳裏に安ホテルの看板が浮かぶ。調べてみるとホテルは実在していた。とりあえずホテルに向かおうとするサムに同行したいと言い出すロビン。一方、ディーンはボビーのパニックルームで昏睡状態のサムを心配そうに見つめていた……。

Season7 エピソード

第1話 カスティエルの暴走

神の名をかたる偽善者たちを片っ端から殺していくカスティエル。ウィンチェスター兄弟とボビーは、ニュースで流れるカスティエルの暴走をなすすべもなく見ていた。早く暴走を止めないと犠牲者があとをたたない。そこでディーンが一計を案ずる。

第2話 未知の侵入者たち

もはや破裂寸前となったカスティエルの器。どす黒い体液を滴らせながら煉獄の怪物リバイアサンたちは貯水池に侵入、水道管に入りこみ人間に乗り移って活動を始めた。

第3話 小さな恋の物語

リバイアサンが侵入しているスーフォールズ総合病院に搬送されたサムとディーン。しかしボビーによって救出され難を逃れた。家を焼き払われた一行はボビーの亡き親友、ルーファスが所有していた山小屋に身を寄せる。サムとディーンの怪我も回復してきたころ、サムはコンビニで新聞記事に目を止める。「アイスピック殺人」という見出しを凝視するサムは、書き置きを残して狩りに出た。

第4話 弁護人サム

変死した男性の事件を追ってミシガン州に来たサムとディーン。犯人は幽霊の可能性が高いが、断定できない点もある。サムは床にあった赤土に目を留めた。すると第2の事件が起きる。レストランのトイレで犬に噛み殺された男性。しかし犬の痕跡はどこにもなかった。2つの事件の共通点は赤土。リンゴ農園の土と推測したサムはディーンと共に農園に向かった。

第5話 嫉妬は怖い

町の名士が次々と変死した事件を追うサムとディーンは、現場に落ちていた古いコインから事件は強力な魔女の仕業と推理する。魔女の次の標的がデベロッパーのドン・スタークと目星をつけた2人はさっそく聞き込みに行く。ドンもまた、町に銅像が建つほどの名士だった。

第6話 指名手配犯サム&ディーン

リバイアサンたちはサムとディーンのDNAを採取して2人に成りすまし銀行を襲い大虐殺を行った。全米を震撼させる凶悪犯に仕立てられたサムとディーン。ボビーは生け捕りにしたリバイアサンのチェットを尋問するが、どんな道具を使ってもチェットはダメージを受けなかった。

第7話 サイキック・タウン

サムと別れて狩りを続けるディーンは霊能者の怪死情報を聞きつけリリー・デイルという町に向かった。迫害に遭った霊能者たちを古くから受け入れてきた町で、今では占いや交霊術を受ける人々が全米から集まる観光スポットになっていた。しかし今年は恒例の占いフェスティバルでメインを務める霊能者3人が立て続けに変死したのだ。

第8話 驚きの結婚式

毎年恒例のバケーションでラスベガスに向かったサムとディーン。しかし途中でサムがいなくなってしまう。もうディーンの支えは必要ないのではないかという寂しさに襲われていた時、サムからメールが入りディーンは教会に呼び出された。4日ぶりに会ったサムは高揚した顔でいきなり結婚宣言。その花嫁とは……!?

第9話 最強の敵

ニュージャージーの森林公園でキャンプ中の男性が寝袋のまま木に吊り下げられ、食われてしまうという奇怪な事件が起きた。リバイアサンの追跡から逃れるためにニュージャージーのあばら家に身を潜めていたウィンチェスター兄弟とボビーは早速この事件に目を留める。

第10話 死の扉

ボビーは昏睡状態になり生と死の境をさまよっていた。しかしボビーにはまだやるべきことが残っている。リバイアサンの計画をなんとしてもサムとディーンに伝えなければならない。そのカギは6桁の数字だった。ボビーは迎えに来た死神を振り切って逃げ出すが、臨死体験の世界から抜け出し生き返る方法が分からない。

第11話 ハンターの覚悟

ボビーの携帯に電話がかかってきた。相手は少女でかなり怯えた様子。用心深い対応からしてハンターの子供ではないかと推測したサムは少女のもとに向かい、ディーンはボビーが残した5桁の数字の解読を託したフランクのもとに向かった。

第12話 時を超える殺人者

中折れ帽をかぶり時代がかった風体の男を追うサムとディーン。男は路地裏で人を襲いエネルギーを吸い取っていた。現場に出くわしたディーンが男に飛びかかると赤い閃光が走り2人はかき消えてしまう。

第13話 危険な情事

連続猟奇殺人を追うサムとディーン。被害者は30代前半の金持ち男性ばかり、殺し方や遺体の胸に彫られた紋章も同じという共通点が多い事件だ。狩りに乗り気ではないディーンは情報収集という名目で地元のバーに向かい、そこで出会ったリディアとちゃっかり、ひと晩限りのアバンチュールを楽しむが……。

第14話 ようこそピエロランドへ

サムとディーンはカンザス州で起きた変死事件の調査に向かった。検視官によると被害者の男性は巨大タコに襲われて死亡。聞き込みに行った兄弟は男性が娘ケリーの誕生日パーティをすっぽかしたことを突きとめた。ケリーに聞き込みしたサムはケリーが描いた巨大タコの絵に目を留める。

第15話 呼び出された悪魔

時は4年前のアイダホ州、サムとディーンが悪魔のリーダー、リリスを追跡していた頃に遡る。兄弟は地元の魔術研究家、ハブロックの協力を得て悪魔を捕えリリスの側近の名前を聞き出した。悪魔払いをしたあとに憑依された郵便局員ジェフリーを病院に送り届けたディーン。そして現在、同じ場所で4年前と同一の連続殺人事件が起きた。悪魔が舞い戻ったと推理した兄弟はハブロックを訪ねる。

第16話 恐怖の古道具

変死したバレリーナの事件を調査するサムとディーン。現場写真を見てトゥシューズに呪いがかかっていると判断した2人はトゥシューズを売った古道具店を訪ねる。すると店の女主人はすでに亡くなっていて息子のスコットが在庫処分のため売り払った品だったことが判明。兄弟はスコットから3名の購買者の住所をもらい呪いの品の回収に向かう。

第17話 癒しの力を持つ男

ルシファーによって極度の不眠症に陥ったサムは夜の町を徘徊する。しかしルシファーの幻覚から逃れるすべはない。疲れ切ったサムは車にひかれて緊急入院。死を覚悟しているサムを見てディーンはなんとかサムを助ける方法を見つけようとボビーのアドレス帳を開く。

第18話 日本から来た呪いの酒

以前、ボビーの紹介で助っ人をしてくれたハンター、ガースから応援要請を受けたサムとディーン。ガースは「悪霊と思しき遺体を焼いたにも関わらず殺人事件が続いている」と言う。殺されたのは地ビール会社の社長ジムの息子たちだった。サムは、ジムの共同経営者で2週間前に自殺したデールの妻に聞き込みをし、現在の共同経営者ランディがデールを裏切り、会社の売却を進めていた事実が発覚。デールは日本酒をジムに贈った直後、自殺していた。

第19話 幽霊屋敷

ハンター仲間のアニーから連絡を受けたサムとディーン。しかし待ち合わせの場所にアニーは来なかった。兄弟は彼女が泊まっていたモーテルに赴き、「ヴァン・ネスの館」と呼ばれる幽霊屋敷を調査していたことを知る。

第20話 ハッカーの女

ディック・ローマンの発掘事業を調査するサムとディーン。しかしローマンの目的は依然として見えてこない。するとボビーが現れて死の直前に知ったローマンの計画を話しだした。

第21話 神の言葉

ローマンから奪った土の塊の中に何か重大なものが隠されていると考えたサムとディーン。ハンマーで土を割ろうとするとにわかに稲妻が走った。中から出てきたのは表面に文字らしきものが書かれた黒い石板だった。

第22話 アルファの血

ケビンから「神の言葉」を翻訳してもらい、カスティエルの協力で堕天使の血を得たサムとディーンだったが、「神の言葉」の表現は曖昧でリバイアサンを退治する具体的な方法が分からない。すると古文書解読のスペシャリストであるボビーが現れて「残り2つはクラウリーとアルファの血だ」と言う。

第23話 適者生存

ローマンはクラウリーを呼び出し、サムとディーンに偽の血を渡せば悪魔にカナダの支配権を渡すという取引を持ちかけた。一方、サムとディーンは神の言葉にあった「正しい人間の骨」を聖職者の骨と解釈し、尼僧の霊廟に忍び込む。

Season8 エピソード

第1話 煉獄からの脱出

煉獄に飛ばされたディーンはカスティエルとはぐれ、独りで怪物退治を続けていたがバンパイア、ベニーの協力を得て元の世界に戻って来た。一方、ディーンを失って天涯孤独になったサムは犬をひいたことが縁で獣医アメリアと出会い、狩りをやめて彼女と一緒に暮らしていた。1年の月日が流れたある日……。

第2話 悪魔の石板

石板を取りに行くためにケビンと共にワイオミングに向かうサムとディーン。しかし途中でケビンが母リンダの無事を確かめたいと言い出した。息子に再会して安堵したリンダだったが石板探しに同行すると言い出す。

第3話 永遠の命

ケビンと石板の追跡中に怪事件を見つけたディーン。ミネアポリスでジョギング中の男性が心臓をえぐり取られるという猟奇的な犯行だった。乗り気でないサムを引っ張ってミネアポリスの警察に向かうディーン。

第4話 青春の果て

田舎町の一軒家に押し入るサムとディーン。壁に血しぶきが飛び散り、身元不明の死体が転がっていた。見るとパソコンに「再生して」というポストイットが貼ってある。明らかに素人が撮った映画が始まり、サムとディーンは調査中の事件の一部始終を知ることになる。

第5話 べニーの復讐

ディーンの携帯にベニーからSOSの電話が入った。ディーンは怪我を負ったベニーを助け出すが、そのまま帰ることができずベニーの目的を聞き出そうとする。ベニーは重い口を開いて、彼をバンパイアにしたボスとその一味を一網打尽にする計画を話し始めた。

第6話 ミズーリの亡霊

狩りの情報をつかみ、ミズーリ州の現場に向かった兄弟はそこでガースと出くわした。亡きボビーの跡を継いでハンターたちに狩りのアドバイスをするガースを見てディーンは苛立ちを覚える。また、ガースの方もサムとディーンがうまくいっていないことをすぐに察知する。

第7話 預言者のリスト

幼稚園で突然、竜巻が起こり園児のアーロンが悪魔に拉致された。他にも世界各地で様々な異常気象が起き、その都度失踪者が出るという現象が続いていた。サムとディーンはこの事件に着目し、悪魔の仕業と当たりをつけるが動機が分からない。

第8話 マンガチック・ヒーロー

ケビン親子と割れた石板をガースに預けて狩りに出たサムとディーン。カスティエルが「ハンターになりたい」と志願したため、にわかハンタートリオはウィスコンシン州で起きた変死事件に取りかかった。

第9話 悲しきバンパイア

ルイジアナの田舎町にひっそりと佇む郷土料理が売りのカフェ。そこには地道に働くベニーの姿があった。しかしベニーを追うハンターの影。サムからベニーの追跡を頼まれたマーティンだった。

第10話 天使の記憶

クラウリーに拉致されたアルフィーはすきを見て天界のナオミにSOSを発信した。ナオミはカスティエルを呼び出しアルフィーの救出を命じる。しかしクラウリーのアジトには天使除けの図形が張り巡らされていて潜入することができないため、カスティエルはディーンに協力を頼む。

第11話 女王 チャーリー

30代の男性、エドが自宅で手足を縛られ引きちぎられたが、人が押し入った形跡はなかった。エドが死亡する直前に電話で話していたランスが容疑者として連行されるが、そのランスも取り調べの途中で死亡。腕にはエドと同じ不気味な木の印が付いていた。2人の共通点は地元のLARP(ライブ・アクション・ロールプレイゲーム)に参加していたことだった。

第12話 タイムトラベルしてきた男

1958年、イリノイ州ノーマルでヘンリーは幼い息子を寝かしつけ、秘密結社の会合に出かけた。会合は悪魔アバドンの襲撃により惨劇と化す。瀕死の会員、ラリーから小箱を手渡されたヘンリーはまじないを使ってタイムトラベル。次の瞬間、彼がワープしたのはサムとディーンがいるモーテルの部屋のクローゼットだった。

第13話 ユダヤの旗手

サムとディーンは賢人たちの基地を突きとめた。膨大な資料と居心地のいい部屋。そこは最高の隠れ家だった。さっそく賢人たちが接触していたハンターグループを調べるサム。浮かび上がったのは「ユダヤの狩人」というラビ(ユダヤ教の師)のグループで、最後の生き残りであるバスというラビが2週間前に変死していた。

第14話 最初の試練

賢人の基地に腰を据えたサムとディーン。サムは賢人たちが集めた資料を読み漁り、ディーンは自分の部屋を飾りつけ料理まで作り始めた。そんな時にケビンからSOSが入る。ガースのボートに行くと、やつれはてたケビンが「地獄の扉を閉める方法を見つけた」と言う。

第15話 操られる記憶

サムとディーンに優秀な刑事ジェームズからメールが届く。彼はかつてウィンチェスター兄弟と共同捜査をして兄弟の命を救ったことがあった。ジェームズは毎晩、自分が殺人を犯す悪夢に苛まれていた。目が覚めると自宅のゴミ箱に血が付いたシャツが捨ててあったのだ。

第16話 ゼウスの呪い

山道でひき逃げされ、死亡した男性が翌日生き返り失踪したという事件が発生。調査に乗り出したサムとディーンは、その男性が森の中で熊に襲われ死亡したという報告を受ける。さっそくモルグに行って死体を調べていると男は生き返り「毎日死んで蘇る」と言った。

第17話 天使の石板

サムとディーンは中西部で立て続けに起きた変死事件に着目する。最後に殺されたのは女性教師。さっそく聞き込みに行くと、女性教師の夫ジェイコブは「妻の目が黒く変わった」と証言した。

第18話 ハンター養成所

バンパイアの疑いがある殺人事件を調査するためにカンザス州に向かったサムとディーン。警察が押収した防犯カメラの映像には男の首を切り落とした若者3人組が映っていた。3人のうちの1人は以前ベターラを狩った時に兄弟の命を助けたクリシーだった。

第19話 地獄の裏口

ケビンが第二の試練を翻訳したと言い出した。それは「地獄から無実の魂を救い出し、天国に届けること」だった。具体的な方法を探るためにウィンチェスター兄弟は悪魔をつかまえて尋問する。

第20話 ゲームオーバー

チャーリーから狩り情報のメールが入った。チャーリーと落ち合い、基地に案内するサムとディーン。チャーリーが見つけた事件は内臓が液状化した変死体。独自の怪物リストを作り条件に当てはまる怪物を絞り込んでいくチャーリーは、チャックが書いたウィンチェスター兄弟の本も読破し、いっぱしのハンターになりつつあった。

第21話 偉大なる脱走者

「天使の石板」を持ち去ったカスティエルは、ついにナオミに捕まってしまう。石板のありかを頑として言わないカスティエル。するとそこにクラウリーが現れる。

第22話 悪魔を浄化する方法

カスティエルを保護し、最後の試練を突きとめるべく賢人の資料を漁るサムとディーン。すると悪魔ばらいの古いフィルムが出てきた。フィルムには人間に憑依した悪魔に、清めた血を注射して悪魔の人間性を回復しようとするトンプソン神父の姿が記録されていた。

第23話 最後の試練

カスティエルはメタトロンと共に天界を閉鎖する第二の試練に取りかかっていた。それはキューピッドの恋の矢を手に入れること。キューピッドの出現を待っていると、ナオミが現れてメタトロンを連れ去ってしまう。

Season9 エピソード

第1話 堕ちた天使の居場所

「神の試練」という未知の荒行をやったサムは、天使が落ちた直後に倒れてしまった。病院に搬送され昏睡状態に陥り、文字どおり生死の狭間をさまよっていた。ディーンはサムを救おうとするが、頼みの綱のカスティエルは応答しない。やぶれかぶれでディーンは地上の天使全員に向けてSOSを発信した…。

第2話 復活の悪魔

カスティエルとは連絡が取れないまま、クラウリーをインパラのトランクに入れて賢人の基地に向かうサムとディーン。兄弟との再会を喜ぶ間もなく、ケビンは天敵クラウリーの姿を見て凍りつく。一方、悪魔のまじないによって復活したアバドンは、クラウリーを蹴落として地獄の支配者になろうと目論んでいた……。

第3話 天使の罠

天使の恩寵を奪われ、人間同様になったカスティエルは、ホームレスの支援施設に身を寄せていた。一方、サムに憑依したエゼキエルから、地上に堕ちた天使たちが新たな派閥を作り、リーダーがカスティエルを追っていると聞かされたディーンは、サムとともにカスティエルを救うために動き出す……。

第4話 チャーリーとオズの悪い魔女

天使たちの落下地点を正確に記録していたレーダーとコンピュータの存在に気づき始めたサムとディーン。これを利用すれば、カスティエルが天使の追跡をかわせるのではないかと考えた2人は、最強の助っ人としてITに強いチャーリーを呼び出すことに……。

第5話 犬になったディーン

オクラホマで、剥製職人と動物シェルターの従業員が相次いで殺され、サムとディーンは調査を開始することに。現場で剥製職人が飼っていたシェパード犬カーネルと出会った兄弟は、カーネルが何かを教えようとしていると感じ、「犬と話すまじない」を試すことに……。

第6話 天国から来た殺し屋

カスティエルが狩りの情報を知らせてきた。遺体が消えた殺人が4件も立て続けに起きているという。現場に到着したディーンは、被害者の血液や内臓が粉々になって部屋中に付着し、ピンク色に染まった山小屋に愕然とした。狩りと確信したものの、それはディーンが初めて遭遇する手口だった……。

第7話 バッドボーイズ

ある日、ディーンの携帯にかかってきた電話を受けたサム。慌てて携帯を取り上げたディーンは狩りに出ると言い出した。電話をかけてきたのは青少年の更生施設を運営するソニーという男性で、ディーンは16歳の時、その施設に入れられていたと言う。初耳だったサムは、なぜ自分に隠していたのか聞こうとするがディーンは多くを語らない。

第8話 純潔の誓い

ミルズ保安官の管轄区で奇妙な失踪事件が起きた。ミルズは早速サムとディーンに連絡する。久しぶりに再会したミルズは兄弟の心配をよそに以前よりタフになっている様子で、狩りに参加して自分を守る術を身につけたいと言い放つ。

第9話 エゼキエルの正体

ある町のバーでバイカーの集団が惨殺されるという事件が起こる。サムとディーンが現場に駆けつけるとそこにはカスティエルがいた。カスティエルは、天使たちが互いに殺しあっていることを察知して駆けつけたのだ。しかし、調査を進めているとカスティエルが何者かに拉致されてしまう。

第10話 失意のディーン

ガドリエルに殺されたケビンの遺体を火葬するディーン。復讐を決意したディーンの元にカスティエルが駆けつける。打ちひしがれた親友を助けたいカスティエルは一計を案じる。以前、クラウリーが天使アルフィーを捕まえて秘密を引き出した方法を使えば、サムを見つけ出しガドリエルを追い出すことができると考えたのだ。

第11話 元始の剣

復讐のため、ガドリエルの器、ジョーが働くバーを突きとめたディーン。しかしジョーの姿はなく、クラウリーが現れてアバドンを倒す計画を持ちかける。地獄の騎士を殺す唯一の武器、「最初の剣」の在りかを知っているのはディーンの父ジョンだと言うのだ。

第12話 ガースとの再会

とある田舎町の牧場で牛を殺し、逃げ出したガースは逃げる途中で車にひかれ、病院に搬送される。警察無線を傍受してガースだと分かったサムとディーンは病室で鉢合わせ、気まずい雰囲気で近況を報告しあう兄弟を残してガースは再び逃亡。ガースの住処を割り出すとそこには……。

第13話 過激なダイエット

「ホットドッグ早食い大会」のチャンピオン、ウェインが変死した事件を調査するサムとディーン。140キロの体重が40キロに激減して死んだウェインだったが、彼のライバルと目されるジムに聞き込みして、ジムの妻マーラがまじないを使ったと推理する。

第14話 ケビンの頼み

賢人の基地に心霊現象が起きる。サムはケビンの霊が取りついていると考える。やがてディーンがケビンの霊に語りかけると、再び心霊現象が起きてケビンが姿を現す。天使の落下以降、天国は機能しなくなり大勢の霊が冥界で足止めを食らっているというのだ。

第15話 #シンマン

独りで狩りに出かけようとするディーンを引きとめて同行するサム。密室殺人の現場で、EMFが反応。被害者ケイシーの母ベティに聞き込みすると、超常現象のプロを名乗る男二人組に調査を依頼したと言う。兄弟のイヤな予感は的中、その二人組は「ゴーストフェイサーズ」のエドとハリーだった。

第16話 剣を追う者たち

何週間も音沙汰なしのクラウリーに電話をかけ続けるディーン。「元始の剣」よりクラウリーの身を案じているようなディーンに、「剣を奪ったら、即座にクラウリーを殺す」と釘を刺すサム。そのころクラウリーは、ホテルの一室に閉じこもって遊びほうけていた……。

第17話 ジョシーの過去

アバドンの居場所をつかめずに業を煮やしたサムは、妻が夫を些細な理由で撲殺した事件を調査しようとするが、ディーンは同行を断り、残ってアバドン捜索を続けると言う。「元始の剣」を握ったために、ディーンはサムに対して抱いた殺意に悩まされ、怖気づいていたのだ。一方、事件現場のミルトンという町に赴いたサムは、保安官から似たような不可解な事件がいくつも起きていたことを聞かされる。

第18話 メタフィクション

強い信号音に引き寄せられ、倉庫へ向かったカスティエルは、そこで多数の天使の死体を目撃する。1人だけ生き残ったハンナによれば、メタトロンに従わない天使はガドリエルに抹殺されたという。ガドリエルの天使殺害を食い止めるため、サムとディーンは行き詰っていたアバドン捜索をやめ、ガドリエルを捜すことにするが……。

第19話 アニー、あるいはアレックス、アン

ある晩、スーフォールズ警察が家出人と見られる少女を保護した。だが少女は身分証明書を持っておらず、名前も明かさない。何か事情があると直感したミルズは、サムとディーンに応援を求めた。少女のDNAを照合した結果、8年前に行方不明になったアニー・ジョーンズと判明するが、アニーは自分の名前が「アレックス」だと言う。

第20話 モンスターの街

犯罪がひしめく大都会シカゴは、怪物の五大ファミリーに支配されていて警察もファミリーの支配下にあった。そのシカゴの高級レストランで恋人を殺された青年エニスは、警察で「犯人は怪物だ」と証言するも、もみ消されようとする。そこへ、サムとディーンはFBIを装って乗り込むのだった。

第21話 悪魔が仕掛ける罠

天国と地獄、それぞれの覇権争いが本格的に動き出す。アバドンはクラウリーの息子ギャビンを人質にして一気に勝負をつけようと目論む。一方、天使たちはカスティエルをリーダーにして司令部を設置。メタトロンの部下エズラを捕らえたカスティエルは、その尋問をディーンとサムに依頼する。

第22話 天国への扉

天使が罪もない一般市民を巻き込んで爆死した事件が発生。カスティエルの連絡を受けてサムとディーンが現場へ向かうと、実行犯の天使オーレンはカスティエルの部下だった。オーレンはカスティエルの名のもとに、メタトロンの部下を標的に自爆テロを決行したのだった。

第23話 奇跡を信じる者たち

ガドリエルを前に、殺しの欲求を押さえられず血反吐をはいてしまうディーン。刻印の影響であることは明らかだ。一刻も早くメタトロンを倒したいディーンは、クラウリーを呼び出す。一方メタトロンは地上で様々な奇跡を起こしはじめる。人間が彼を神としてあがめれば、計画は完了してしまう……。

Season10 エピソード

第1話 黒い眼

サムは忽然と消えた兄を捜すために悪魔を尋問するが手がかりを得られずにいた。「俺を捜すな」という書置きを残して消えたディーン。それ以来、悪魔はなりを潜め、ハンターのレーダーにも引っかからない状態だった。そんな時、悪魔の憑依と思われる殺人事件を発見する。

第2話 ディーンを追う影

サムはカスティエルにディーン捜索の協力要請をする。カスティエルは了解するが、恩寵が切れて捜索を手伝える状態ではなかった。見かねたハンナは彼の恩寵を取り戻すべく天界へ戻り、メタトロンに交渉するが……。一方、ディーンは刻印の影響で殺しの欲求を押さえられない状態になっていた。

第3話 浄化と恩寵

「清めた血」を入手したサムはディーンを人間に戻す治療を始める。サムの元に向かうカスティエルは運転するのがやっとの状態だった。一方、ハンナはカスティエルに好意を寄せるようになっていて、察知したカスティエルはハンナに釘を刺す。そんな2人をアディーナが待ち受けており、そこへさらにクラウリーが現れて……。

第4話 まやかしの月

同じ町で1か月の間に3件の殺しが起きていた。久々に休暇をとったディーンだったが、狩りをしたいとサムに頼む。「後遺症」を心配するサムはディーンに釘を刺し調査に向かうことに。殺人の手口から狼男と当たりをつけたが、出くわしたのは、以前「人間を襲わない」と誓い、それを信じて見逃した大学生のケイトだった。

第5話 女子高生の課外活動

女子校で「スーパーナチュラル」のミュージカルが上演されることになった。すると上演に反対した者が次々と失踪するという事件が起きる。調査に乗り出したサムとディーンは、自分たちの物語が上演されることを知り複雑な心境。しかし、失踪事件は本物の狩りだった……。

第6話 執事は知っている

ボビーの携帯に亡くなったバニー・ラクロワの弁護士から「遺産を相続した」という留守電が入っていた。サムとディーンは遺言書の読みあげに立ち会うため、ラクロワ家に向かう。ボビーが相続したのは邸内のどこかのカギだった。すると遺族が幽霊に殺されるという事件が起きる。

第7話 魔女ロウィーナ

ディーンが出会い系サイトで知り合ったヒモ付きの娼婦が、新手の魂契約ビジネスに関わっていることがわかり、サムとディーンがアジトに乗り込むとすでに首謀者の悪魔は殺されていた。手口からして魔女の仕業。調べてみると、殺しに使った魔法を使えるのはロウィーナという300年前の魔女だけだということがわかる。

第8話 ドナの怪物退治

保安官の親睦会に渋々参加したミルズは、そこで怪物の仕業らしき事件に遭遇する。報告を受けたサムとディーンがミルズの加勢に行くと、ピシュタコの狩りで出会ったドナ・ハンスカム保安官と再会。するとドナがヴァンパイアに変身したキューズ保安官を目撃してしまい……。

第9話 残された者の使命

カスティエルは自分の器であるジミーの忘れ形見、クレアに会いに行くが札付きの不良になっていた。そして、カスティエルの財布を盗み行方をくらましてしまう。クレアの無事を確かめたいカスティエルは、サムとディーンにクレア捜しの手伝いを要請する。一方クラウリーはある人物の出現に動揺しており……。

第10話 心に闇を抱えて

ディーンを救うべくメタトロンを連れてきたカスティエル。「刻印を消すには元始の剣が必要だ」と言うメタトロン。サムとディーンはクラウリーを呼び出して剣を手に入れようとするが……。一方、クレアはカスティエルの庇護から飛び出し流浪の旅に出ていた。

第11話 2人のチャーリー

チャーリーがオズの国から戻っていた。暴行事件の証拠ビデオに映っていたチャーリーを見つけて調査に乗り出すサムとディーン。だがサムとディーンが見つけたチャーリーは別人のように凶悪だった。すると良い子のチャーリーが現れる。話を聞けば、オズの魔法使いによって善と悪に分離されたと言う。

第12話 少年に戻って

刻印を消す方法を見つけるため、資料の山に埋没するディーン。そんな兄を見かねてサムは狩りに連れ出すことに。今度の敵は魔女で、被害者は挫折を繰り返す社会的弱者ばかり。失踪しても誰も気にかけないワケありの人々を、まじないで子供に変えて食糧にしていた。

第13話 呪われたデバイス

大学生の不可解な事故死を調査するためにアイオワ州の大学へ向かったサムとディーン。次々と学生が殺された現場ではEMFが激しく反応した。幽霊の仕業に間違いないが、取りついている物がバラバラだったため調査は難航する。一方、ディーンの壮絶な覚悟にサムは言葉を失うのだった……。

第14話 死刑執行人の呪歌

厳重な警備で知られる刑務所から死刑囚トリバーが煙のように消えるという事件が発生し、調査に乗り出したサムとディーン。ディーンは独房棟の防犯カメラに映っていた男に釘づけになる。あのカインだった。時を同じくしてカスティエルはカインの行方を突き止める。彼は殺人鬼を一掃すべく家族もろとも殺して回っていた。

第15話 兵士に巣食った魔物

カインの刻印を調べ続けるサム。見かねたディーンは弟を狩りに連れ出した。女性兵士が殺害された事件で、犯人とされる特殊部隊の将校リックは犯行後ガソリンを飲んで焼身自殺。リックの妻に聞き込みに行くと、彼は大量に水を飲むという異常行動を取っていたという。同じような症状がリックの同僚キットにも出ていて……。

第16話 尼僧の悲恋

立て続けに信者が亡くなっている教会に調査に行くサムとディーン。そこで出会ったシスター・マサイアスにディーンはどこか自分と似たところを感じていた。彼女もまた、苦しみから逃れるために奉仕活動を続けていたのだ。一方、クラウリーはコヴェンの指導者オリベットを捜し当て、ロウィーナに引き渡すのだが……。

第17話 天国の協力者

刻印の影響で悪夢にうなされるディーン。サムはすぐさまカスティエルを呼び出し、最後の手段に乗りだした。メタトロンから刻印を消す方法を聞き出すため、天界に居るボビーの協力を得て、メタトロンを脱獄させるが「刻印のことはデマカセで何も知らない」と言う。そのころディーンはロウィーナと対決していた。

第18話  呪われし者の本

チャーリーが「呪われし者」という本を持ち帰った。「刻印を消せる」と言われて大いに活気づくディーン。しかし本の文字は暗号化されていて判読不能。呪いの本は刻印に呼応してディーンを悪魔に戻そうとしているようだった。危険を察知したディーンは本を破棄することをサムに命じるが……。

第19話 ウェルテルの箱

サムはロウィーナに「呪いの本」の解読を依頼するが、「コーデックス」という呪文の解読書が必要だと言われる。その解読書は賢人がコヴェンの魔女から奪って保管していたが、問題は保管場所で「ウェルテルの箱」と呼ばれる、間違った方法で開けると自殺に追い込むまじない付きの金庫だった。

第20話 天使の御心

入院中のクレアを見つけたカスティエルはサムとディーンに応援を頼んで病室へ向かう。クレアは母アメリアの手がかりを追っている時に、ロニーという客引きに突き飛ばされたと言う。その後、ロニーが死体で発見された。凶器は天使の剣のようだったが、傷口には火傷のような跡が残っていた。

第21話 闇の一族

サムは「呪いの本」の解読作業を早めるために、再びチャーリーとカスティエルに協力を頼む。ディーンに秘密裏に解読を進めることを知って、戸惑う2人だったが選択の余地はなかった。そのころディーンは狩りらしき殺人事件を見つける。犯人はジェイコブの弟、エルドン・スタインだった。エルドンを尋問すると……。

第22話 ディーンの復讐

サムは「呪いの本」の解読方法を受け取りロウィーナに提示する。しかしロウィーナは解読と引き換えにクラウリー殺しを迫った。サムはクラウリーを呼び出すが……。ディーンを救うべく後を追ってきたカスティエルは、ディーンの残忍さに愕然とし、親友を全力で説得しようとする。

第23話 呪いが解かれる時

刻印に飲みこまれそうなディーンは狩りをして抑えこもうとするが、ハンター仲間のルディを死に追いやってしまう。もはやこれまでと覚悟を決めて「死の騎士」を呼び出すディーン。一方、サムとカスティエルは刻印の呪いをとく作業にかかっていたが問題に突き当たる。まじないの実行者、ロウィーナが愛するものを生贄にするという指示があったのだ。

Season11 エピソード

第1話 新たなる脅威

衝撃的な決断を下したディーンと、彼を救うためなら命の危険をも冒す決意をしたサム。テン・シーズン最終話で、そんなウィンチェスター兄弟の前に現れたのは、地上に解き放たれた巨大な「ダークネス」だった。襲いかかる「ダークネス」で幕を開けるイレブン・シーズン第1話。サムとディーンは、人生最大の脅威と闘うことになる。そんな中、ロウィーナの恐ろしい呪いと格闘するカスティエルは、クラウリーとの激しい闘いを思い出していた。

第2話 魂を食らう者

「ダークネス」が倒れた後に出会った看護師ジェナを無事に家まで送り届けたディーンは、サムを助けるためにある町へ向かう。サムはその頃、町を襲う得体の知れない致死性ガスと闘っていた。だがそんな中、危険な人物の手に落ちたジェナがディーンに助けを求めてくる。サムはディーンに、すぐジェナのもとへ戻るべきだと言う。だが、町の住民が怪物になっていく事態にサムが一人で対処するのは、予想以上に困難なことだった。

第3話 悪い種子(たね)

ロウィーナは、ウィンチェスター兄弟から身を守るため、自分の権力をより強固なものにしようとしている。一方サムとディーンは、行方不明になった赤ん坊を捜している。それは「ダークネス」との間に何らかのつながりを持っている赤ん坊だった。そんな中、ひどい怪我を負ったカスティエルは、傷を癒そうと苦しみ、クラウリーは自分の利益を得るために「ダークネス」を利用しようとする。

第4話 愛しのインパラ

ベイビー、主役は君だ!1967年型の黒いインパラに乗って広大な土地を駆け回り、悪魔や怪物を次々に退治していくという本来の家業に戻ったサムとディーン。墓場の心臓がエサだという怪物を捕らえるため、お馴染みのロード・トリップが再び繰り広げられる。だが、今回のエピソードはいつもと全く違う手法で描かれる。ストーリーのすべてがウィンチェスター兄弟の愛するベイビー、インパラの視点で語られるのだ。

第5話 仕組まれた幽霊屋敷

サムとディーンは、メーン州の小さな町にあるB&Bで起きた連続殺人事件を調査する。兄弟は、事件のあった家に、謎の殺人事件に絡むリジー・ボーデンがかつて住んでいたことを知る。そんな中、近所に住むレンという男が二人の前に現れる。男は、ちょうど殺人事件が起きた頃に、B&Bの周辺をうろつく小さな女の子を見掛けたと訴える。それを聞いた二人は、この殺人事件で重要な鍵を握るのがアマラだということに気づく。

第6話 完璧な世界

カスティエルは「ダークネス」の悪行をやめさせるために、メタトロンの助けを求めようとする。だが、新しい道を歩み始めていたメタトロンは、カスティエルやウィンチェスター兄弟と関わりを持ったり、彼らを助けたりする気になれなかった。メタトロンは、ローカルニュース番組の撮影を行うフリーランスのカメラマンとして幸せに暮らし、自分の人生に満足していたのだ。一方クラウリーは、とらえ所のないアマラに手を焼き始めていた。

第7話 呪いのマスク

サムとディーンは、ミネソタ州の保安官ドナ・ハンスカムから、突然の呼び出しを受ける。ドナの管轄する町で、身の毛もよだつほど恐ろしい殺人事件が起きたのだ。彼女は、事件と同時にスーパーナチュラルな現象が発生していたことを知り、ウィンチェスター兄弟の協力を切望していた。兄弟は現場に駆けつける。だが、いまだに幻影を見ているサムは神に助けを求め、そんな彼を見ているディーンをひどく苛立たせていた。

第8話 妖精サリー

サムは、小さい頃しばしば“会って”いた想像上の友達サリーが突然目の前に現れ、ショックを受ける。サムには、自分がなぜサリーを見ているのかがわからない。だがそれ以上に驚くのは、ディーンにもサリーが見えているということだ。子供時代のサムとサリーの友情、そして、サムがサリーを必要としていた理由がフラッシュバックで明らかになる。

第9話 地獄の檻

アマラが自分自身の力を解き放ち、世界に向けて衝撃的な挑戦を仕掛けようとしている。それはまた、町の人々に対する彼女の影響力を増大させることを意味していた。一方ディーンは、アマラが自分に対してどのような影響力を持っているのか、もっとよく知ろうと探り始める。そんな中、サムとクラウリーは、ある問題を解決するための計画を思いつく。だが、その計画には、悲惨な結果をもたらす可能性が秘められていた。

第10話 ルシファーの計画

サムが捕らえられ、ルシファーとともに檻に入れられている。ルシファーは檻の中で、サムに脱出する方法を教えてやろうか?と申し出るが、それと引き替えに彼が要求するのは、著しく度を越した“高い代償”だった。一方、ディーンとカスティエルは、暴れ回る天使について調査する。その天使がアマラに襲い掛かり、彼女は命さえ奪われかねないという窮地に陥る。

第11話 弱者を狙う怪物

サムとディーンは、事件を調査するためにある町を訪れる。そこでは、不思議な歌を聞いた人たちが次から次へと不可解な死を遂げていた。それは一体誰の歌なのだろう? サムとディーンが死の連鎖を止めることは、果たしてできるのだろうか?

第12話 ジョディと2人の娘

サムとディーンに、気が動転してパニック状態のクレアから電話が掛かってくる。二人は、保安官のジョディ・ミルズが、クレアやアレックスと一緒に住んでいる家を訪れる。クレアは、最近この町で起きている殺人事件にはスーパーナチュラルな存在が関与しているから、二人の協力が必要なのだと言う。だがやがて、普通の人たちを“モンスター”と呼んで攻撃し、問題を起こしているのはクレア自身だということが明らかになる。

第13話 愛が招いた魔物

サムとディーンは、バレンタインデーに起きた一連の殺人事件について調査を開始する。調査を進めるうちに、二人は、自分たちが扱っているのは古代からの“呪い”であることを発見する。一度呪いを掛けられると、その人物は“死”を宣告されたも同然だった…。だが、次の犠牲者が出る前に“呪い”を阻止しようと懸命な彼らは、血も涙もない冷酷な現状を目の当たりにして心を突き刺される。

第14話 神の手

アマラを倒す強力な武器が見つかることを期待して、ディーンは“ハンド・オブ・ゴッド”が最後に目撃された時代へ自分を送るよう、カスティエル(ルシファー)に頼み込む。武器を手に入れる可能性が自分にもあることを知ったルシファーは、第二次世界大戦中の1944年、不運にも沈没する潜水艦へとディーンを送り込む。だが、サムと一緒にディーンの帰りを待つルシファーは、カスティエルになりすましたまま次の策略を練っていた。

第15話 栄光の陰で

ディーンは、子供の頃サムと見ていたレスラーの死亡記事を見つける。「ダークネス”の追跡をひと休みしようとしていたサムとディーンは、レスラーの葬儀に参列する。葬儀には、気性の激しい有望な新人やベテランの大物まで、大勢のレスラーがいた。そんな彼らを見たサムとディーンは、子供の頃の興奮を味わおうとレスリングの試合へ足を運ぶ。だが、そこでレスラーが遺体で発見されると“遊び時間”は即座に終了するのだった。

第16話 時空を超えた再会

危険な生き物が、誤ってある古い民家に放たれ、その家に住む母と子供に襲い掛かり、二人を昏睡状態に陥れてしまう。サムとディーンは、かつてボビーとルーファスが、それと同じ生き物を追跡していたことを突き止める。ウィンチェスター兄弟は、怪物を捕まえるために有効な計画を探ろうと、過去について調査し始める。新たな被害者が出る前に、怪物を捕まえなければならないからだ。

第17話 覚悟の死

サムとディーンは、ペアの人狼と闘う。彼らは、二人の人間を捕らえ、えじきにしようとした人狼だ。ウィンチェスター兄弟は実力を出し尽くしてよく闘ったが、兄弟がまさに勝利を収めようとしたその時、サムが人狼の一人に撃たれてしまう。弟と二人の犠牲者を家から連れ出そうとするディーン。だがそこには、人狼が群れを成してディーンたち全員を殺そうと待ち構えているのだった。

第18話 地獄の天使

ルシファーが天国に戻ってくる。そして彼が、天国における自分の権利を主張しようとした時、権力争いの口火が切られ、壮大な闘いが繰り広げられる。そんな中、クラウリーは、自分がアマラを打ち倒す方法を知っているのだとサムとディーンに話していた。

第19話 恐怖のさえずり

コロラド州の小さな町で、きっちり27年ごとに不可解ないくつかの失踪事件が起きている。サムとディーンは、その事件を調査し失踪にまつわる謎を解き明かすために町を訪れる。兄弟は、そこで、これまでに会ったことのない二人組のハンターに出会い、やがて、そのハンターたちが、一世代に一度現れるという怪物たちに対して強い復讐心を抱いていることが明らかになる。

第20話 チャック 再び

アマラが小さな町に黒い霧を放ち、そのせいで町に住むすべての人たちが体に異常をきたす。サムとディーンは、その原因が、以前アマラが放ったことのある黒い静脈ウイルスよりも、もっと強力で恐ろしいウイルスだということに気づく。兄弟は、地元の保安官と協力して町を守ろうとするが、昔の治療法は、もはや全く通用しなくなっていた。そんな中、チャック・シューレイが興味深い提案を携えて彼らの前に現れる。

第21話 神の思惑

アマラが、どのようにしてルシファーに拷問をかけているかをディーンに知らしめる。そして、カスティエル(ルシファー)の身を心から案じるサムとディーンは、恐ろしい拷問を受けている彼をアマラのもとから救い出すために、ある計画を思いつく。

第22話 ダークネスに対抗する軍団

シーズン・フィナーレへ向けた最後のカウントダウン。ロウィーナがついに動きだし、サムとディーンは、目の前に立ちはだかる最大の難問に立ち向かっていく。

第23話 光と闇

神が、「ダークネス」であるアマラについての重大な決断を下す。そして、その決断はサムとディーンに直接大きな影響を与えるものだった・・・。ついに神と「ダークネス」の決着がつくのか?

Season12 エピソード

第1話 母の復活

ディーンは母親であるメアリー・ウィンチェスターに向き合うことになり、大きく心を揺さぶられる。一方、サムは賢人のトニに撃たれて以来、自分の命を守るため懸命に闘っていた。

第2話 マンマ・ミーヤ

ディーンとカスティエルとメアリーは、サムを救うための手掛かりをつかみ、救出へと向かう。ディーンは、メアリーを危険な目に遭わせたくないと思うが、彼女はどうしても一緒に行くと言い張る。一方クラウリーは、ルシファーが、ヴィンス・ヴィンセントというロック・スターの体を乗っ取っていることを知る。

第3話 憑依の代償

泣いている赤ちゃんが、謎めいた廃屋での死亡事件を引き起こし、メアリー、サムとディーンは事件の調査に乗り出す。一方、カスティエルはルシファーを追跡するため、しぶしぶクラウリーと組むことになる。

第4話 呪われた家族

ある事件を捜査していたサムとディーンは、電気も使わずに暮らしている信心深い家族に行き着く。兄弟は、その家の両親が、家族のすべてを崩壊させてしまうほどの大きな秘密を抱えているということに気づく。ディーンは、最近メアリーが下した決断を受け入れようともがき苦しむ。

第5話 トゥーレ再び

サムとディーンは、アドルフ・ヒットラーの魂が、1930年代の金の懐中時計の中に閉じ込められていることを知る。二人は、ナチスの降霊術師の集団がヒットラー総督を蘇らせようとするのを急いで阻止しなければならない。

第6話 エイサのお葬式

仲間の死を悼むためにハンターたちが集まる。だがそこで、一人ずつ悪魔に倒され始め、サムとディーンとメアリーは・・・。

第7話 ルシファー ザ・ロックスター

ロックスターのヴィンス・ヴィンセントとなったルシファーは、自分が望めばファンは何でもしてくれるということに気づく。ルシファーは、自分がそんな力を持っていることに興奮し、極秘のVIPコンサートを開いて観客全員を殺すことを企む。サムとディーン、カスティエルは、ルシファーの計画を阻止するために、音楽業界の暗部へと入っていく。

第8話 大統領ルシファー

ルシファーの追跡が続く中、彼は自分が入る器の力と影響力を探求するあまり、とうとうホワイトハウスにたどり着く。アメリカ合衆国の大統領は、何も知らずにこの悪魔と取引を行い、サムとディーン、カスティエル、クラウリー、そしてロウィーナは、一丸となってダークロードと闘う。

第9話 脱獄の代償

アメリカ合衆国大統領の暗殺未遂事件で逮捕されたサムとディーンは、政府が運営する人里離れた地下の抑留施設から何とかして抜け出す方法を見いださなければならなかった。一方、息子たちを捜し出すと決意したメアリーとカスティエルは、そのために意外な情報源からの協力を得ようとする。

第10話 古き日の遺恨

リリー・サンダーは黒魔術に没頭し、1世紀以上の間その能力に磨きをかけながら自分の家族を殺した天使たちに復讐する時を待っている。カスティエルがそんなリリーの次の犠牲者になるのを阻止するため、サムとディーンは速やかに行動しなければならない。

第11話 忘却の呪い

ディーンが魔法をかけられ、すごい速さで記憶を消されていく。サムは、権力を持つ昔の魔女の一族の居場所を突き止めるため、ロウィーナの助けを求める。

第12話 レザボア・ハンターズ

メアリーは、自分が取り組んでいる事件についてサムとディーン、カスティエルに協力を求めるが、イギリスの賢人が事件に関与していることを彼らに伝えていなかった。だが、メアリーがイギリスの賢人に裏切られたとき、すべてが明らかになる。

第13話 さまよえる息子たち

サムとディーンは博物館で起きた殺人事件を調べているが、事件にまつわる謎の核心は、1723年に沈没した商船にあるのではないかということが判明する。“ザ・スター”という船は、クラウリーの息子ギャビン・マクラウドが乗っていた船と同じに違いないと気づいた二人は、ギャビンの足取りをたどって彼を見つけ出すため、ロウィーナに助けを求める。一方、いまだルシファーの子を身ごもっているケリー・クラインは、天使に殺されそうになり、自分の身を守るために悪魔の所へ逃げ込む。

第14話 バンパイアの反撃

ヴァンパイアの巣窟を襲撃する機会が訪れるが、そこにヴァンパイアのアルファが現れる。彼の登場でサムとディーンを仲間に勧誘しようとしているメアリーとイギリスの賢人の形勢がひっくり返り、襲撃計画が裏目に出てしまう。

第15話 天使と悪魔の計画

目に見えない“地獄の猟犬”がキャンプ場で人々を襲い、サムとディーンは、その不可解な状況について調査することになる。一方、カスティエルはケリー・クラインについての手掛かりをつかみ、クラウリーの悪魔たち二人は彼が何を隠しているのかを暴く。

第16話 奇跡の少女

サムとディーンは、ある事件で人狼を捜すためにミック・デイヴィスを同行する。3人は捜査中に、彼らと同様、人狼を捜していたクレア・ノヴァクにばったり会う。だが、クレアは人狼に噛まれ、彼女との再会は、つかの間に終わってしまう。ウィンチェスター兄弟は、クレアが人狼に変身してしまう前に助ける方法を見つけようと奔走する。

第17話 ミックのトラウマ

サムとディーンは、ケリー・クラインの居場所について手掛かりをつかむ。ミックは、彼らがいる所に突然立ち寄り、ケリー捜しに加わる。

第18話 それぞれの遺産

小さな町である人物が行方不明になっている事件を調査しているサムとディーンは、目撃者の証言から“襲撃したのはヤギの頭をした男”という手がかりをつかむ。二人は何を信じてよいのか確信を持てずにいたが、やがてその目撃者も行方不明になり、町には暗い秘密が潜んでいることに気づく。

第19話 ケリーの選択

サムはルシファーの子どもを止める方法を思いつくが、カスティエルはケリーのために何か他の考えを持っていた。ディーンはコルトが盗まれたことを知り激怒する。一方ケリーは、自分の子どもの未来について大胆な選択をする。

第20話 人形の館

アリシア・バネスの母ターシャが行方不明になり、アリシアはメアリーに助けを求めて電話する。その電話を受けたサムは、ディーンとともにアリシアと双子の弟マックスに協力し、強力な魔女を捕まえようとしているターシャを捜す。一方メアリーは、イギリスの賢人に対してある疑いを持ち始めていた。

第21話 メアリーの暴走

サムとディーンは、ハンターたちが国中で不審な“事故”により死んでいることを知って驚き、二人は、メアリーをすぐに見つけて彼女の無事を確認すべきだと考える。そんな中、トニ・べベルがアメリカに戻ってきており、メアリーは、非常に危険なトニ・べベルと対決することになる。

第22話 ハンターたちの逆襲

サムとディーンは危険な状況に巻き込まれ、もはや自分たち兄弟以外に信頼できる者はいなくなる。一方、アメリカのハンターとイギリスの賢人が繰り広げる戦いは激しさを極める。

第23話 捧げられた命

ルシファーは、サム、ディーン、そしてカスティエルと戦い、やがて生まれてくる子供を支配しようとする。

Season13 エピソード

第1話 魔王の息子

母を失い、クラウリーが消滅し、カスティエルの死に深く傷ついたサムとディーンは、何とか立ち直ろうとしていた。ルシファーの息子、ジャックが誕生した後、ウィンチェスター兄弟はこのネフィリムをどう扱うかで意見が分かれてしまう。一方メアリーは、ルシファーがいる“終末的な世界”をどのように生き抜いていくか考えなければならなかった。

第2話 地獄の扉

サムとディーンはジャックがどんな能力を持ち、何ができるのかを詳しく調査し始める。だが、思いがけないドナテロの出現により、ウィンチェスター兄弟はジャックの身を守るために、自分たちが持つ力よりもっと強力な力が必要だということを思い知らされる。一方、町には新たな地獄の王子、アスモデウスが現れ、ルシファーの存在が消えた今、ジャックに狙いを定めるのだった。

第3話 ミズーリの遺言

霊能者であるミズーリ・モズリーの友人が悪霊に殺される。ミズーリは、悪霊の手から孫娘のペイシェンスを守るため、ディーンとジョディ・ミルズに助けを求める。ペイシェンスは、自分が祖母のミズーリと同じ素質を持っていることなどまったく知らずにいるが、悪霊が次に殺害しようと狙っているのは彼女かもしれないのだ。一方サムは、ジャックがどのように自分の能力を制御しているのかを探ろうとする。

第4話 虚無の果て

喪失の悲しみを体験した人に、精神的な援助を行うカウンセラーのミア・バレンズ。彼女の患者が遺体で発見されるという事件が何件も続き、サムとディーンとジャックは、その殺人事件にまつわる謎について調査する。そして調査を進める彼らは、気づかぬうちに、それぞれ決着のついていない自分自身の悲しみと向き合うことになる。

第5話 死を司る者

精神に異常を来した医師の幽霊にまつわる事件を調査していたサムとディーンは、思いがけない人物からの援助を受けることになる。それは、リーパー(死神)のビリーだった。

第6話 カスティエルの復活

カスティエルはジャックと再会し、ある殺人事件を捜査するためにジャック、サム、ディーンの3人と共に、廃墟のような寂れた古い西部の町に向かう。その町でならず者のガンマンと出くわすことになったディーンは、まるで少年時代に憧れていたことを現実に体験しているようだった。

第7話 復活した者たち

アスモデウスに執拗に追われながらも、サムとディーンがジャックの捜索を続けていると、偶然に見覚えのある敵と出くわす。一方ルシファーは、ミカエルの支配から何とか逃れ、思いもよらない人物と渋々ながら手を組むことになる。

第8話 サソリとカエル

もはや打つ手がないと感じたサムとディーンは、バーサマスという名の悪魔が持っている謎めいたトランクを盗むことにする。それと引き換えにウィンチェスター兄弟は、ジャックの居場所を突き止めるための呪文を手に入れる。

第9話 ドリームウォーカー

ジャックは、自分は善良な人物で、自分の力を自らコントロールできるということをサムとディーンに証明しようと必死になる。そのためにメアリー・ウィンチェスターを捜し、パラレル・ワールドから救い出そうとするジャックは、カイアという名のドリームキャッチャーに助けを求める。だが物事は計画どおりに進まず、救いを必要とするのはウィンチェスター兄弟という状況に陥ってしまう。

第10話 ウェイワード・シスターズ

サムとディーンが行方不明になる。ジョディ・ミルズは彼らを捜すため、手に負えない危険なハンター、クレアに戻ってきてほしいと頼む。戻ったクレアはアレックスに再会する。アレックスは、パートタイムハンターをしながら“普通の”生活とのバランスを取っていた。ジョディはクレアが家に戻ってきたことを喜ぶ一方で、娘にまとわりつくペイシェンスの幻影に悩まされる。クレアとアレックスは、サムとディーンの居場所について鍵を握っているドリームキャッチャーのカイアを捜す。

第11話 ブレーキ・ダウン

姪のウェンディが行方不明になり、ドナはサムとディーンに助けを求める。サム、ディーン、ドナの3人は何とかして彼女を捜し出そうとするが、やがて、ウェンディは恐ろしい男に誘拐されたことが判明する。男は不気味なネットオークションで、人間の臓器を怪物たちに売りさばいていたのだ。3人のハンターは事態が手遅れになる前に、ウェンディを助けようと懸命になる。

第12話 魔導書を狙う者たち

ジェイミー・プラムとジェニー・プラムという魔女の姉妹がディーンに襲い掛かり、強力な呪文の本をウィンチェスター兄弟から奪い取ってしまう。だが本を取り戻そうと奔走するサムとディーンの前に、驚くべき力強い味方が現れ、彼らを助けてくれる。それは、死から蘇ったロウィーナだった。

第13話 癒しの天使

サムとディーンとカスティエルはルシファーを捜していたが、その頃ルシファーは、現地の信仰療法士であるシスター・ジョーと信じられないような取引をしていた。一方、ジャックを見つけ出そうとしているアスモデウスの捜査は、わずかずつだが進展していた。

第14話 最終戦争の扉

ジャックとメアリーはマイケルの手中から何とか逃れ、“終末的な世界”で朋友のボビー・シンガーを発見することになる。一方サムとディーンとカスティエルは、いまだ突破口を開く方法を模索し続けていた。だが彼らは、自分たちの中の一人が 足を引っ張り、貴重な時間が失われていることに気づいていない。

第15話 最も聖なる人

サムとディーンは終末的な世界へ入っていく突破口を開くために、必要な物をほとんどすべて集めていた。突破口が開けば、母メアリーとジャックを助けられるかもしれない。だが一つ足りない物を探し求めて、ウィンチェスター兄弟は宗教的遺物のブラックマーケットにたどり着く。しかし実際に、そこで見えている物は、現実とは限らなかった。

第16話 スクービーナチュラル

ワーオ! サムとディーンとカスティエルは、ある日、アニメ「スクービー・ドゥー」の世界にワープしてしまう。そこで三人がスクービーの仲間たちと力を合わせて、幽霊のミステリーを解いていくという“スクービー・ナチュラル”。

第17話 ソロモンの封印

サムとディーンは、向こうの世界への突破口を開き家族を救うために、引き続き必要な物を集めていた。探求を続けるうちに二人は、1920年代のUKの賢人たちの秘密基地にたどり着き、さらに異次元からやって来た飢えたる神にも出会う。一方、アスモデウスとやっかいな遭遇をしてしまったケッチは、ガブリエルについて衝撃的な決断を下す。

第18話 予期せぬ再会

ルシファーは、シスター・ジョーと共に天国を支配しようとするが、事は計画どおりに進まない。彼はシスター・ジョーを激怒させてしまったのだ。一方、サムとカスティエルはガブリエルの復活に困惑する。ディーンはメアリーとジャックを捜し続け、手掛かりに一歩近づく。

第19話 バタフライ・エフェクト

サムとディーンは、命懸けで使命を果たそうとしているロウィーナを阻止しなければならない。一方カスティエルは、差し迫った侵略の危機に対処するために天使を招集しようとするが、天国では目にしたものばかりか、そこにいた人物にも衝撃を受ける。

第20話 ガブリエルの覚悟

ガブリエルが戻ってくる。彼は自分をアスモデウスに売り渡した半神半人に復讐しようとし、その企てにサムとディーンを引きずり込んでしまう。一方ジャックは、思い上がって無謀な決断を下してしまう。しかしそれは、それはほかの人々を危険に陥れかねない決断だった。

第21話 7度目の死

サムとディーンとカスティエル、そしてガブリエルは、メアリーとジャックを家へ連れ戻せる望みが少しでもある限り、協力し合わなければならなかった。一方、ロウィーナが思いがけなくルシファーに出会ったために、彼らのうちの誰か一人の旅の結末は決定的に変わってしまうかもしれない。

第22話 異次元からの脱出

サムとディーンは、罪のない人々の命を救う計画を練る。一方ジャックは、自身の決断がもたらした結果と格闘し続けていた。

第23話 究極の選択

サムとディーンは今もなお、善と悪の闘いの中で試され続けている。だがある衝動的な決断で、ウィンチェスター兄弟のどちらか一人の人生が永遠に変わることになるかもしれない。すべてはここに行き着く。壮大なるシーズン・フィナーレ。

Season14 エピソード

第1話 ミカエルの計画

サムは、どの世界にいるのか分からないディーンの居場所を突き止めるために、ありとあらゆる人々に助けを求める。一方、カスティエルは手に負えない状況に陥ってしまう。ジャックは、人間として生活していけるよう新たなスキルを学びつつ、どうすればハンターの世界に溶け込むことができるのかを探る。

第2話 ゴッド・アンド・モンスター

ディーンの居場の手掛かりを見つけたサムは、メアリー、ボビーと共にさっそく調べにいく。一方、相変わらず自分のいるべき場所と家族を捜し求めているジャックに対し、カスティエルはいくつかの賢明な助言をする。

第3話 憑依の傷跡

ディーンの身に何が起こったのか、その謎を解こうとするサム。彼は、いつの間にか捜査に関わっていたミルズ保安官に援助を求めることにする。一方、自分の命が危機にさらされたことに驚くジャック。カスティエルはそんなジャックの父親代わりをし続ける。

第4話 ハロウィンの復讐

ディーンの苦しみが続く中、突然アクション・フィギュアが動き出す。サムとディーンは、気が付くとハロウィーンのホラー映画の世界に入り込んでいた。

第5話 悪夢を操る者

マギーの行方がつかめないまま、サム、ディーン、メアリー、ボビーは必死で彼女を捜しだそうとする。だが彼らを待っていたのは、とてつもなく恐ろしい悪夢だった。

第6話 ホラーな初恋

サムはチャーリーと組んで、一連の失踪事件の真相を探る。一方、ジャックはある事件が発生したことを確信し、ディーンを説得して一緒に狩りに出ようとする。

第7話 半分天使の命

サムとカスティエルは友人を救うために、あるシャーマンの居場所を見つけ出す。一方、妻と息子の死を取り巻く謎を解く鍵を探し求めるニックは、闇へと落ちていく。ジャックは人間としての経験を楽しむために、ディーンに協力を求める。 

第8話 ジャックの魂

サムとディーンは予想外の協力者と手を組むが、そのことが二人の人生を変えてしまう。一方、天国が闇の勢力から攻撃を受け、カスティエルは事態を打開するために大きな犠牲を払わざるを得なくなる。

第9話 ミカエルの弱点

サムとディーンは仲間のガースに協力を求め、大天使ミカエルの計画に関する内部情報を手に入れようとする。大天使ミカエルとの戦いに威力を発揮できる武器を互いに探し求め、離れ離れになる兄弟。果たして、二人にこの戦いの勝ち目はあるのだろうか。

第10話 ディーンの奪還

大天使ミカエルは、自ら率いるモンスター軍団がウィンチェスター兄弟に迫り距離を縮めると、再びディーンの体を操り始める。サムは誰かが命を落とす前に、なんとかしてディーンに接触しミカエルの計画を阻止しようと考えをめぐらせる。

第11話 壊れた器

ディーンがメアリーやドナと絆を深める一方で、サムは想像もできない選択を迫られることになる。ニックはついに、ずっと探し求めていた謎の真相を突き止める。

第12話 預言者の復活

ドナテロはうかつにも未来の預言者の命令を取り違えてしまい、サムとディーンは流血の惨事を食い止める方法を探さなくてはならない。一方、ニックは自分の過去と向き合うことになる。

第13話 レバノン

直面している問題の解決策をオカルト伝説に求めようとしているサムとディーン。だがそれは解決策になるどころか、二人とも予想さえしなかった事実を知ることになる。ジェフリー・ディーン・モーガンが、兄弟の父ジョン・ウィンチェスター役で帰ってくる。記念すべきシリーズ第300話。 

第14話 ゴルゴンの蛇

サムとディーンは、人間の肉を大好物とする半神半人を追跡するために、ロウィーナに協力を求める。そして二人は、ミカエルの強力な力を阻止することは、想像以上に困難だと知る。

第15話 安住の地

ある事件を追って、サムとカスティエルはアーカンソー州ののどかで絵に描いたような田舎町にたどり着く。見た目の様子とは全く異なり、その町にはある秘密が隠されていた。一方ディーンとジャックは車で遠出し、古い友人に会いに行く。

第16話 恐怖の口笛

サムとディーンは、見たことも聞いたこともないモンスターに遭遇し途方にくれてしまう。一方、ジャックは新たな友人たちに良い印象を与えようとベストを尽くす。

第17話 ゲームナイト

サムとディーンは、競い合うように困っている友人を助けようとする。メアリーはジャックの幸せについて考え、心配する。カスティエルはジョー(アナエル)に協力を求めて、奇跡を起こそうとする。

第18話 消えた魂

サムとディーンは、ジャックの魂の状態についてずっと心配し続けている。

第19話 ジャック・イン・ボックス

サム、ディーン、カスティエルは、聖書の言葉をカギとした一連の不審死について調査する。

第20話 神の御心

あまりにも驚愕的なフォーティーン・シーズンのフィナーレ。大混乱が巻き起こり、サム、ディーン、カスティエルは壮絶な戦いに身を投じることになる。一方、ジャックは何もかもが偽りだったことに幻滅する。そして闇の世界からは、一人の懐かしい友が現れる。


U-NEXT
スーパーナチュラル supernatural

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus