スポンサーリンク

ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生-

ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生 ドラマ
シーズン数2
IMDbスコア8.4/10
ジャンル ドラマ, 歴史
主要出演者ジョン・C・ライリー
クインシー・アイザイア
エイドリアン・ブロディ
ジェイソン・シーゲル
ジュリアン・ニコルソン
サリー・フィールド
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

メディア王~華麗なる一族~』アダム・マッケイ製作総指揮。スポーツ史上最も成功したチームと言われるロサンゼルス・レイカーズは、いかに一時代を築いたのか?NBA人気チーム勃興の裏側に迫るスポーツドラマ。

ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生-の感想

当時の世相や雰囲気を細部まで再現しているのはもちろん、フィルムでの撮影や、登場人物が第四の壁を超えて語りかけてくる手法なども大いに楽しめる。音楽や雰囲気は軽やかだが底抜けに楽しめるドラマというよりは、各チームメンバーの背景を丁寧に描いて、単なるレイカーズ逆転ドラマとはなっていない。生育環境などの描写もわりと赤裸々で、父親との不安定な関係による心理的課題(ダディ・イシューと呼ばれる)を持つ人物も多く、これも世代的な傾向を表しているかもしれない。それぞれの背景を描いた上でチームが奮起していく様子が綴られるので、感情移入しやすくエピソードをどんどん見続けてしまう。明るい未来を感じさせるマジック・ジョンソンはもちろん、最初はジョンソン加入に不満を持っていたノーム・ニクソン(何と実の息子のデヴォーン・ニクソンが演じている)や神のように尊敬を集めるジャバーなど配役もピッタリ。中でもジェリー・バス役のジョン・C・ライリーの演技は安定感バツグンで、映画『シカゴ』で「俺はセロファン~」と歌っていたのと同じ人物に思えないほど前向きで明るく、女性には弱いけれど力強く圧倒的な存在感がある。HBO制作ドラマなのでベッドシーンも多めだが、苦手でなければ、レイカーズやNBAが好きな人にはぜひ観てほしいドラマだ。なお、冒頭シーンにもあるようにマジック・ジョンソンは1991年にHIV感染を宣告され、その後の引退会見も話題になったが、2022年8月現在も元気に実業家として活躍しているらしい。このように登場人物のその後を調べたくなるような気分になるドラマでもある。

ウイニング・タイム -レイカーズ帝国の誕生-を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編(英語)

Season1 エピソード

第1話

1991年、ロサンゼルス・レイカーズのスター選手、マジック・ジョンソンは、医師からエイズを宣告される。その12年前、不動産業で財を成したジェリー・バスは、NBAのレイカーズを買収しようとしていた。

第2話

1972年。それまで何度もファイナルに進出しながら負け続けてきたレイカーズは、ついに念願の優勝を果たす。しかし、レイカーズのスター、ジェリー・ウエストは勝利の実感が湧かず、なぜか空虚な気持ちでいた。

第3話

ウエストがヘッドコーチを辞任したため、バスは後任のコーチを探し始める。バスはUNLV(ネバダ大学ラスベガス校)の名コーチだが、何かと問題の多いターカニアンをロサンゼルスに呼ぼうと決意する。

第4話

ターカニアンは、友人でレイカーズとの連絡役だったウィースが謎の死を遂げた後、ラスベガスに戻ってしまう。トレーニングキャンプが迫るなか、バスは仕方なく予備の候補だったジャック・マッキニーを雇う。

第5話

名門・UCLAでカレッジ・バスケットボール界を制覇し、NBA入り後も優勝、MVP5回受賞とリーグ最高の選手として活躍したジャバー。彼は本名をルー(ルイス)アルシンダーといい、ニューヨークの警官の息子だった。

第6話

マッキニーが事故で入院し、ウエストヘッドは病院に駆けつける。だが、その頃バスはローンの返済を迫られていた。バスはレイカーズの権利を妻に譲渡し、自分の資産をほぼゼロにした上で返済期限の延期を求めるが…。

第7話

マッキニーの代理でウエストヘッドがコーチになってから、レイカーズは不振に陥る。ウエストはバスに、ほかのコーチを探すよう進言。バスは強豪、ボストン・セルティックスとの試合を見て判断すると決める。

第8話

マジックはルーキーながら、オールスター・ゲームのファン投票でトップに。オールスター戦に出場するマジックとジャバー以外の選手は数日間休みになるが、そんななか、退院したマッキニーが戻ってくる。

第9話

ジェシーは末期がんで最期の時が近づいていたが、バスは最新療法を行って回復させるつもりでいる。そんななか、マッキニーがチームに復帰する条件として、ウエストヘッドを切るよう要求してくる。

第10話

NBAファイナルに進出したレイカーズは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに3勝2敗とリードする。優勝まであと1勝と迫るなか、第5戦でジャバーが負傷してしまい、第6戦に出場できなくなる。

このドラマはU-NEXTで配信しています。


U-NEXT
原題ほか:Winning Time: The Rise of the Lakers Dynasty, ウイニングタイム, レイカーズの軌跡
タイトルとURLをコピーしました