スポンサーリンク

ホワイト・ロータス / 諸事情だらけのリゾートホテル

The White Lotus コメディ
シーズン数2
IMDbスコア7.7/10
ジャンル コメディ, ドラマ
主要出演者コニー・ブリットン
マレー・バートレット
スティーヴ・ザーン
アレクサンドラ・ダダリオ
シドニー・スウィーニー
ブリタニー・オグラディ
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

ハワイの高級リゾートホテル「ホワイト・ロータス」にやってきた、ハネムーン中の若いカップル、成功したビジネスウーマンとその家族、母親の遺灰を持ってきた傷心の女性一人客。3組の裕福な白人たちを満面の笑みで迎えるホテルの従業員たち。一見華やかないで立ちの宿泊客たちと陽気な従業員たちだが、その実情は諸事情だらけだった。次第に彼らの中の闇がうごめき始め、一体の死体が運び出されるー。青い空、青い海が広がる南国の楽園で、一体何が起きたのか?

ホワイト・ロータス / 諸事情だらけのリゾートホテルの感想

エンライテンド」などを手がけたクリエイターのマイク・ホワイト製作総指揮のブラックコメディ。ドラマ冒頭で出てきた棺の遺体も誰なのか最後までわからないのでサスペンスの要素もある。当初はシーズン1のみだったのが、シーズン2への更新が決まったほど米国では好評だったドラマだ。米国ドラマの主役、準主役クラスがいたり、勢いのある若手もいてキャストが豪華。わかりやすいコメディと言うよりも、淡々と進むストーリー上の彼らの行動や言動から面白さを感じるタイプのコメディなので、最初はあまり面白くないと思う人もいるかもしれない(下ネタもちょっと多い)。ただ2話目から物語が徐々に動き始めるし、全6話と短く、キャラクターを把握すると彼らに愛着も湧いてくるので是非あきらめずに見てほしい。シドニー・スウィーニー(「ユーフォリア」)とブリタニー・オグラディ(「STAR 夢の代償」)の女子2人組のひそひそ話はとにかく感じが悪い。コニー・ブリットン演じるお母さんを始めとして、どこか寒々とした家族関係がうかがえる。登場人物の中で比較的まともに見えるのが新妻のレイチェル。演じているのは「トゥルー・ディテクティブ」シーズン1にも出演していたアレクサンドラ・ダダリオで、スタイルも抜群だし、大きな青い瞳が非常に美しい。オープニングやストーリー展開にうまく使われ、全編を彩るポリネシアン音楽も印象的なドラマだ。

ホワイト・ロータス / 諸事情だらけのリゾートホテルを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編

Season1 エピソード

第1話 ホワイト・ロータスへようこそ

ホワイト・ロータスに新たな宿泊客がやってくる。リゾートの支配人・アーモンドは、理不尽なシェーンと温和な新妻・レイチェルの要求に応える。スパの責任者・ベリンダは母親を亡くしたタニアの悲しみを和らげる。

第2話 新たな一日

アーモンドは、希望のスウィートが諦め切れないシェーンからの要求に応えるため、試行錯誤を繰り返す。そして、タニアからすっかり気に入られたベリンダは、夕食に誘われた末に起業を勧められる。

第3話 悩める猿たち

スマホやゲーム機を失ったクインは、マークと一緒にスキューバのレッスンを受けることに。マークは亡くなった父親について苦悩していた。一方、レイチェルと熱々になりたいシェーンは、アーモンドに協力を求め…。

第4話 それぞれの進展

レイチェルは新たな将来設計をシェーンに話すが、軽くあしらわれてしまう。さらに思いも寄らぬ人物が2人のもとを訪れる。一方、起業に前向きになったベリンダは、提案書の作成に取りかかるが…。

第5話 波乱の予感

アーモンドが失態を何とか取り繕うとするなか、ベリンダはタニアの関心をもう一度提案書に向けさせようとする。一方のタニアはグレッグとどう付き合えばいいのか悩んだ末、ある大胆な行動に出る。

第6話 最後の夜

レイチェルは心の内をシェーンに打ち明けるが理解してもらえず、スパで心配して名刺をくれたベリンダに話を聞いてもらう。だが、ベリンダ自身もタニアから起業の話を白紙にされてしまっていて…。


U-NEXT
原題ほか:The White Lotus, ホワイトロータス, ホワイト・ロータス
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.