マダム・セクレタリー

マダム・セクレタリー

シーズン数5
IMDbスコア7.5/10
ジャンル ドラマ, 政治
主要出演者ティア・レオーニ ティモシー・デイリー キース・キャラダイン
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

元CIAのエリート分析官で、現在はバージニア大学の教授として働くエリザベス・マッコード(通称べス)。同じく大学教授の夫とともに、3人の子供たちを育てる母親でもある。しかし、ある日突然、CIA時代の元上司でもあるダルトン大統領から米国国務長官(セクレタリー・オブ・ステート)に指名され、“マダム・セクレタリー”として働くことに。省内スタッフの政治的な駆け引きや、任務上の慣習などに悩まされながらも、持ち前の正義感と強い信念で、様々な外交問題を解決していく。政治家として、母として、妻として活躍する女性国務長官“マダム・セクレタリー”の奮闘を描く本格的ヒューマン・ドラマ。

マダム・セクレタリーの感想

2019年3月現在、アメリカでシーズン5を放送中の人気ドラマが、日本でもFOXチャンネルにて2019年4月3日から初めて放送されることになった。主演は1998年の『ディープ・インパクト』、2001年の『ジュラシック・パークIII』などの映画に出演したティア・レオーニで、戸惑いながらも職務を全うしようとするベスを軽やかに演じている。実際に国務長官を務めたヒラリー・クリントンもこのドラマのファンを公言している。

マダム・セクレタリーを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編

Season1 エピソード

第1話 マッコード長官、誕生

郊外で家族と暮らすエリザベス・マッコードは、大統領じきじきの要請で図らずも国務長官になることに。就任早々から複雑な政治課題が彼女にのしかかる。賓客を迎えての晩餐会の準備に追われる中、シリアで米国人が拘禁されるという事件が発生。エリザベスは解決の手段をめぐって大統領首席補佐官のラッセルと対立する。一方、マッコード家の子供たちは新しい学校になじめずにいた。自分の選択が正しかったのかとエリザベスは悩む。

第2話 第二のベンガジ

イエメンにある米国大使館に武装集団が侵入する事件が発生。大使の安全を図るためエリザベスが特殊部隊の派遣を提案するも、大統領とラッセルに却下される。対処を一任された彼女が取った最終手段は、倫理的な葛藤を伴うものだった。一方、エリザベスの長女ステファニーが大学でデモに参加し、拘束されたことが大々的に報じられる。マスコミへの露出を避けていた彼女が突如として表舞台に登場したことでスタッフは対応に追われる。

第3話 駆け引き

国務省関係者がリークした機密情報を握っていると豪語する記者が現れる。実際に数々の流出文書が公開され、スタッフの1人が辞職を迫られる状況に。各所への対応に奔走するエリザベスだったが、次はさらに破壊力のある情報を暴露すると記者は予告する。パキスタンとの間に深刻なトラブルが発生し解決の交渉が難航。エリザベスは夫ヘンリーの立場を利用したある取引を考えつくが、その内容を巡って夫婦の倫理観が激しく対立する。

第4話 平凡な一日

中国と日本の領土問題を解決すべく仲介役となったエリザベス。尽力の末に平和条約交渉までこぎ着けるが、政治亡命を求める中国人高校生が現れたことで条約締結が危ぶまれる。母親の不在が続くマッコード家ではアリソンのお泊まり会で激しい姉妹ゲンカが勃発する。マーシュ前長官の肖像画除幕式に際し、国務省スタッフはそれぞれの思いを抱えていた。彼の人となりについて相反する評価を聞かされ、エリザベスは混乱するが…。

第5話 カナダのせい

核開発活動をエスカレートさせるイランを相手に、開発停止を求めて困難な交渉に臨むエリザベス。平和的解決を決意する彼女に反し、大統領は軍事行動も辞さない構えを見せる。石油パイプライン建設への賛同を期待するカナダ大使からプレッシャーをかけられるエリザベスだったが、前長官が作らせた環境評価レポートには問題があり…。宿題で親にインタビューすることになったジェイソンは、これまで知らなかった父親の過去に触れる。

第6話 アフリカからの電話

国際問題委員会での初スピーチを控え張り切るエリザベス。ヘンリーの師アディサ神父がマッコード家を訪れ、西アフリカの小国で民族虐殺の動きがあるという情報をもたらす。軍事介入を大統領に却下されたエリザベスは、国際社会に協力を訴えるべく大胆な行動に出る。ひそかにナディーンの行動を探っていたブレイクは、怪しい通話履歴を発見し調査を進める。アディサ神父の秘密が発覚し、ヘンリーは師の裏切りにショックを受ける。

第7話 航路

エリザベスは初の公式外遊先となるインドを訪れるが、滞在中に大地震が起きる。米国企業の工場で有害物質が漏出し、炎上事故が発生する事態に。被害を食い止めるために精鋭の消防隊を派遣しようとするも、米国に反発するインドの首相が支援を固辞し…。本の執筆に集中するという理由でインド行きを断ったはずのヘンリーが女性と会っているところを目撃してスティーヴィは悩む。マットは仕事も恋愛も中途半端な自分自身と向き合う。

第8話 知る必要

分離独立派による暴動が続くモルドバ。首相に支援を求められたエリザベスは元CIAの職員を専門家として派遣するが、彼と首相を乗せた飛行機が行方不明になる。NSAの協力員として再起用されたヘンリーは実際の任務に就く。短期間で解放されるはずだったがスパイ活動は徐々にリスクを増していき、妻に詳細を話せないストレスも募る。マットとデイジーは職場で小競り合いを続け、ジェイソンは恋愛問題で両親を心配させる。

第9話 最期の言葉

エリザベス、ヘンリー、イザベルの3人はヴィンセント・マーシュ前国務長官が死亡した飛行機墜落について独自の調査を始める。運輸安全委員会による報告書を検証すると、全く同じ原因による墜落事故が過去にも起きていたことが判明。しかもそれは情報機関の工作が疑われる事件だった。ラッセルにある任務を命じられていたマットは葛藤の末、自分だけが知る事実をエリザベスに打ち明ける。一方、ナディーンには新たな出会いがある。

第10話 巻き添え

国務省の外に銃を持った男が現れ、ビルが封鎖される。エリザベスはイラク新政府の代表団と一緒に部屋に閉じ込められることに。元々互いへの不満を抱えていた代表団がにわかにモメだす中、エリザベスの過去を知る男が秘密をバラすと脅迫する。ナディーンは赴任先に不満を抱く外交官と、マットはデイジーの婚約者と共に気まずい時間を過ごすはめになる。たまたま国務省を訪れていたスティーヴィは、母の過去を知らされて混乱する。

第11話 試合開始

マーシュ前国務長官の隠し口座を調査したイザベルは、管理者の中に国務省スタッフがいることを突き止める。口座にアクセスしたいエリザベスはベネズエラ訪問を計画するが、反米的なスアレス大統領は断固拒否。あるセレブに協力を仰ぐも、彼が予想外の騒動を引き起こし…。両親が留守のマッコード家ではアリソンとスティーヴィがある計画を実行する。エリザベスが秘密調査を進めていることを確信したラッセルは彼女を問い詰める。

第12話 対立

メキシコの麻薬密売人がテキサスの警官を殺害。身柄引き渡しを巡る二国間交渉が進む中、犯人が誘拐されて事態は紛糾し、連邦政府・テキサス州・メキシコの三すくみ状態に発展する。エリザベスとヘンリーは結婚25周年記念の旅行へ。思い出のニューヨークを訪れるが、ロマンチックなはずの週末は計画どおりに進まない。口論を続ける2人の前に予想外の人物が現れ、ヘンリーは動揺する。両親の留守中にジェイソンがケガをする。

第13話 倫理と規律

バーレーンの外交官夫妻が自宅にメイドを監禁していたことが発覚するが、外交特権による免責を主張し大使館に逃げ込んでしまう。何としても彼らに裁きを受けさせたいエリザベスは、免責要求を放棄させるためバーレーンの王族と交渉することに。鉄鋼労組の役員をしているヘンリーの父パットがマッコード家を訪ねてくる。急な来訪の目的をヘンリーはいぶかしむが、パットはスティーヴィの就職相談に乗るなどいい祖父ぶりを発揮する。

第14話 リストラの危機

予算承認のための公聴会に初めて臨んだエリザベスは、国務省が主導する少額融資制度の不正を暴かれて全国に恥をさらすはめに。彼女を疎ましく思うバーク議員の策略だったが、調査不足を責められたスタッフ一同はリストラの恐怖におびえる。今後の人生計画を両親に問われたスティーヴィは少額融資の事務局でボランティアをすることに。マーシュの死を巡る調査は続いていたが、CIAが計画した隠密作戦に思わぬトラブルが起きる。

第15話 裏切り者の地獄

イスタンブールでの隠密作戦が失敗し、サミラ・マダヴィと特殊部隊員のボリスが死亡。CIAの関与を疑うトルコ政府は監視カメラの映像を公開し、ボリスの遺体返還を拒む。世界的な騒動になりつつある事態を収拾するためトルコに向かったエリザベスは意外な人物に出くわす。真相を知らされぬまま報道陣の質問攻勢にさらされたデイジーはエリザベスの秘密主義に疑問を抱く。ジェイソンは問題児の同級生を殴って退学処分の危機に。

第16話 クーデター

CIAのマンジー長官は陰謀の企てを認めるも、クーデター計画の詳細については口を割ろうとしない。エリザベスはイランの国家破綻を阻止すべく、信頼関係のあるジャヴァニ大臣に秘密裏に接触を図る。ナディーンらスタッフ一同は、エリザベスからマーシュに関する思いもよらぬ真実を知らされてショックを受ける。アリソンの16歳のバースデーを控えて盛り上がるマッコード家だが、イランの情勢悪化がお祝いムードに水を差す。

第17話 フェイス・ザ・ネイション

エクアドルの石油を巡って米国企業と中国が争う中、資源開発によるアマゾンの森林破壊問題が持ち上がりエリザベスは板挟みの立場に陥る。イラン騒動を収束させたいホワイトハウスの意向によってテレビ番組「フェイス・ザ・ネイション」への出演が決まるも、精神的ダメージを隠せないエリザベスにスタッフは不安を募らせる。公立中学校への転校が決まったジェイソンに護衛をつけるかどうかでエリザベスとヘンリーは言い争いになる。


U-NEXT
Madam Secretary マダムセクレタリー

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus