スポンサーリンク

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド ミュージカル

あらすじ

売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていくが…

ラ・ラ・ランドの感想

音楽にこだわりのある監督が作り上げただけあり、オリジナルで製作された楽曲が素晴らしく、いつまでも耳に残る親しみやすいメロディーです。主演二人の演技やダンスも洗練されています。エマ・ストーンが独唱する場面があるのですが、その歌唱力よりも、演技として歌で感情を表しているようで胸を打たれました。彼女は顔の各パーツが大きい派手な顔立ちなので、美女というわけではありませんが、求められている役柄を演じる表現力がありますね。彼女の新作ドラマ「マニアック」が非常に楽しみです。数多くの映画やドラマに出演している大ベテランのJ・K・シモンズも数シーンですが登場します。彼の声はとても深みがあって心地よいですね。一例ですが「クローザー」や「OZ/オズ」に出演しています。

ラ・ラ・ランドを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編


U-NEXT
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました