クローザー

クローザー

シーズン数7
IMDbスコア7.3/10
ジャンル 犯罪, サスペンス
主要出演者キーラ・セジウィック アンソニー・ジョン・デニソン
配信中サービス  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

アトランタ市警からLAPD(ロサンゼルス市警)の殺人特捜班にチーフとして引き抜かれたブレンダ・ジョンソンは、CIAで訓練を受けた”尋問のプロ”。叩き上げの刑事たちは突然やってきた女性上司に反発し、全員が異動願いを提出する。しかし、解明の糸口すら見えなかった難事件を、容疑者の自白を引き出すことによって解決に導く”クローザー”としての手腕を目の当たりにしたチームのメンバーは、次第にブレンダに一目置くようになる。

クローザーの感想

クローザーを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
 

予告編


DVD『クローザー <ファイナル・シーズン>』トレーラー – YouTube

Season1 エピソード

第1話 偽りの素顔

コンピューター科学者のコリアー博士の邸宅で、女性の死体が見つかる。アトランタからロス市警に引き抜かれた殺人特捜班チーフ、ブレンダ・ジョンソンは現場で指示を出し、刑事に煙たがられる。

第2話 裏切りの代償

映画スター、ディーン・キングズレーの妻で元モデルのヘザーが自宅の浴室で死体となって発見される。彼女は誰かとランチの約束をしており、そのために2週間全身を磨きあげていたことがわかる。

第3話 正義の行方

刺殺された18歳のロシア人娼婦、ゾーイのPCから政府高官が名を連ねる顧客リストが見つかり、殺人特捜班の担当となる。被害者宅の捜索で、パトロンと思われる人物ニックの存在が浮かび上がる。

第4話 姿なき復讐者

マッカーサー・パークで3人のギャングが射殺される。縄張り争いが原因と見られたが、ブレンダが現場で遭遇した元海兵隊大佐ウォルターは、犯人はプロの狙撃兵であり、自分の息子だと告げる。

第5話 守りたい情報

医学界の大物精神科医、レイニー博士がオフィスで殺された。博士はドラック中毒の若者のための抗うつ剤の開発中であった。治験中に息子が死亡し、博士を訴えていた夫婦らに容疑がかかるが…!?

第6話 ネットに流された殺意

シモンズ下院議員の娘カーラが強姦殺害された。重要参考人として恋人のブリットを聴取するが、彼にはアリバイがあった。現場で捜査していたブレンダは、背後から襲われ、レイプされそうになる。

第7話 奪われた人生

深夜のグリフィス・パークで裁判官マイケル・トンプソンの死体が発見される。一緒にいた息子キースが消え、ブレンダは捜索を命じる。やがて車のトランクに閉じ込められたキースが発見される。

第8話 愛情の形

ゲイバーにバットで殴打された男性が運び込まれる。救急車を待つ間に、彼はパートナーのバリーの腕の中で息絶えた。付近ではゲイばかりを狙う強盗が多発しており、殺人特捜班が捜査に乗り出す。

第9話 刑罰の境界線

13歳のメキシコ人少女の死体が発見される。殺人特捜班は彼女の母親が家政婦として働くフィリップス家で聞き込みをし、息子のオースティンから性犯罪の前科者のウェインを見たという証言を得る。

第10話 尽しすぎた男

大富豪ローランド・ダットンの未亡人アンジェリーナを毒殺した疑いで公判中だった、執事アルバートが首吊り自殺した。ブレンダは、ダットン家の3人の子供たちを取り調べる。

第11話 自由を求めて

イラン人会社経営者モクタリと運転手が殺害される。殺人特捜班が捜査をすると、突然FBIが現れた。モクタリの名前がテロリストの要監視リストにあったため、どちらの管轄になるかでモメる。

第12話 二度死んだ女

麻薬常習者の女性遺体が発見される。名前はリサ・バーンズ。3年前にビル・クローリックに殺されたことになっていた。担当刑事フリンは、被害者が誰であれ、犯人はクローリックだと主張する。

第13話 最終楽章

ハリウッドの有名プロデューサーが溺死体で発見され、現場に残された痕跡から殺人事件と断定される。一方、ブレンダは捜査中に不適切な行いをしたという匿名の苦情により、内務調査の対象に。

Season2 エピソード

第1話 真実とDNA

ロス市警中央署のマーティン刑事と彼の担当していた事件の容疑者である麻薬ディーラーが死体で見つかった。双方の銃の撃ち合いに思えたが、現場にはもうひとり別の人物がいたことが判明する。

第2話 親子のきずな

放火殺人事件の公判中に陪審員の女性が心臓発作で死亡。体内からは強心剤が検出され、一審で証人を射殺し、二審でも裁判所を脅迫していた被告人の息子に容疑がかかる。

第3話 絡みすぎた糸

フィゲロア通りでUSCの学生が乗った高級車が銃撃を受け、2人が死亡し1人が重傷。現場はギャング団の抗争の舞台だったが、被害者の1人はギャングとは無関係の優秀な学生だという。

第4話 男たちの思惑

高級レストラン「シェ・ポール」の経営者であるカレンが店のキッチンで殺された。数人の容疑者が浮かび上がり、凶器のナイフはこの店のシェフで被害者の夫であるポールのものと思われたが…!?

第5話 特別観覧席

非番のプロベンザとフリンが車で野球観戦に行こうとすると、ガレージには見知らぬ女性の死体が。2人は届け出を後回しにして球場に向かうが、家に戻るとそこにあった死体が消えていた。

第6話 執着の果て

ホテルの窓からパパラッチのアンソニー・ラーソンが転落死した。彼のカメラが消えており、何かまずいものを撮ったのではないかと宿泊客を調べると、大物俳優ウィット・コールマンが浮上する。

第7話 死に至るウソ

ガブリエルに呼び出されたブレンダが一緒に朝食をとっていたダイナーのゴミ箱から、人の頭部と足が発見される。被害者はポルノ男優のクリス・マンディ。検死の結果、HIV陽性と判明するが…!?

第8話 永遠を誓った場所

ロサンゼルス港で、お互いをロープで縛った親娘と思われる死体があがった。遺留品の航空券やリュックに書かれた名前からロス在住の日本人と判明。当初は日本特有の無理心中と考えられたが…!?

第9話 神の選択

病院のERで8歳の少年が手術中に死亡する。医大生でもある少年の母親、メリッサは「息子は病院に殺された」と訴えるが、メリッサにはミュンヒハウゼン症候群の傾向があることがわかり…!?

第10話 守るべき家族

LA市内の一軒家で、女性の射殺死体を発見。現場には覚せい剤の匂いがあり、麻薬常習者同士の金銭トラブルが疑われる。そこへ被害者名義のクレジットカードが使用されたという通報がある。

第11話 背徳の正義

3人分の血痕が発見され、そのうち2人は間違いなく死亡と思われるが、死体がどこにもなく、特捜班が捜査に乗り出す。そこへ東地区の診療所から、足を撃たれた男が来院したという連絡が入る。

第12話 善行の果て

16歳の少年、カール・ネルソンが射殺される。カールはコンビニ強盗事件について犯人の犯行を覆す内容の証言をしており、不利な立場になる者が口封じのために殺害したのではないかと思われた。

第13話 信頼が崩れる時

マフィアのボス、デラモンテの裁判の証人としてFBIの保護下にあったデルーカが襲撃され、一緒にいた妻とFBI捜査官が殺害された。生き残ったデルーカはデラモンテの一味の男だと証言するが…!?

第14話 灰色の任務(前編)

殺人特捜班は、事実上解体していた。殺人課に残ったフリンとガブリエルが捜査にあたっているアラブ系の少年・マリクの殺害事件に関し、ブレンダはCIAから極秘の捜査依頼を受ける。

第15話 灰色の任務(後編)

マリク殺害犯・ヴォイツキーを突き止めた見返りに殺人特捜班が復活した。しかし、特捜班が尾行していたヴォイツキーを何者かが先回りして殺害し、ブレンダは自分が監視されていることに気づく。

Season3 エピソード

第1話 壊れた家族

一家3人が惨殺。長男のエリックが唯一生き残るが、彼はドラッグを使用していた上、嘘の供述をする。ようやく真実を語り始めたエリックは、父親の職場は2ヵ所の連邦刑務所だと主張し…!?

第2話 殺人の埋め合わせ

掘削現場でミイラ化した死体が発見される。ポケットにはダレル・リチャーズという名の免許証と、プロベンザの名刺が残されていた。胸に残っていた弾丸から至近距離から撃たれたとわかるが…!?

第3話 それぞれの素顔

プロベンザはフリンの元同僚・レイの葬儀で棺を運んでいたが、あまりの重さに手を離してしまう。階段を転げ落ちた棺には、レイの他に全裸の女性の死体が入っていた。特捜班は捜査を始めるが…!?

第4話 身勝手な欲望

8歳の黒人少女が行方不明になった。警察犬が少女の上着を発見し誘拐が決定的となる中、容疑者が浮上。現場付近で頻繁に青いバンに乗る白人男性が目撃されていたのだ。

第5話 忘れられた人々

車イスの老人男性が散歩中に急死し、付き添っていたバクスターという高齢の男性が計7人を毒殺したと自供する。特捜班は老人の妄想だと決めつけるが、やがてバクスターの主張が真実と判明する。

第6話 ツイてない人々

市内の駐車場で殺人事件が発生。被害者はフィットネス・トレーナーのグレン・クーパー。通報した駐車係は何も見ていないと言い張るが、ブレンダの誘導により証言を引き出すことに成功する。

第7話 行き違った思い

ヒスパニック系ギャング「ESカトルセ」のメンバーであるジェシーとエンジェルが殺害された。ジェシーのいとこ・ミゲルを拘束すると、事件は敵対するギャング「ワンファイブ」の仕業と主張する。

第8話 海岸線の殺人者

拷問を受けた女性の絞殺死体が海岸で発見される。8年前も同じ手口で6人の女性が殺害されていた。彼女たちは離婚歴があり、パートナー以外にも複数の男性と関係があるという共通点があった。

第9話 告発の余波

ブレンダが一時捜査を禁じられてしまう。自宅待機の代わりに、ポープは彼女にテレビ局の密着取材を受けることを命じ、ブレンダはガブリエルの運転で地元ギャングのたまり場に向かうが…!?

第10話 アメリカン・ドリーム

チャイナタウンで観光バス会社を経営するピンメイが殺害された。通報者の夫は、不審な長身の男を目撃したという。一方、ブレンダを悩ませていた病気が判明し、手術をすすめられるが…!?

第11話 監査人の秘密

国土安全保障省の監査人、マルグリット・スコットが車ごと崖から転落して死亡。マルグリットが所有していた機密情報を保存したパソコンや携帯電話が消えており、FBIも捜査に加わることに。

第12話 重ねられたウソ(前編)

敏腕離婚弁護士オリバー・ヘンリーが自宅のプールで溺死体となって発見された。ヘンリーの依頼人の夫である眼科医シェイファーを逮捕するが自供を得られないまま裁判に持ち込まれることに。

第13話 重ねられたウソ(後編)

シェイファーのアリバイ証人が現れるが、証言は捏造されたものとしか思われなかった。一方、自動車保険をフリッツとの連名にしようとしていたブレンダは、フリッツの隠していた過去を知り怒る。

第14話 愛する家族(前編)

現金輸送車が襲われ、警備員2人が射殺される。ブレンダはまず事件の目撃者であり被害者でもある警備員ウェスリーの聴取をしようとするが、彼は病院から姿を消してしまう。

第15話 愛する家族(後編)

現金輸送車が襲われ、警備員2人が射殺される。ブレンダはまず事件の目撃者であり被害者でもある警備員ウェスリーの聴取をしようとするが、彼は病院から姿を消してしまう。

Season4 エピソード

第1話 消えない炎

グリフィスパークで山火事が発生し灼熱地獄と化する。消防隊の必死の消火活動にもかかわらず4人が焼死体となって発見された。現場でブレンダたちは放火容疑で逮捕したことのある男の姿を見かける。

第2話 取り戻せない日々

仮出所した殺人犯が死体となって発見される。更生施設のそばの裏路地でひき逃げに遭ったようだ。彼は以前、ある事件で有罪判決を受け、ロスのマスコミをにぎわせた人物だった。

第3話 許されざるゲーム

女子高生が自宅で首をつって自殺する。彼女はクラスメートの男子から性的暴行を受けたとして警察に相談していた。ブレンダは他殺の可能性を疑い捜査を開始する。

第4話 取引不成立

ロサンゼルスのダウンタウンの路地裏で、ある男が至近距離から撃たれて殺害される。男はシャツの下に隠しカメラをつけていた。遺体の第一発見者はタイムズ紙のリカルド記者だった。

第5話 崖っぷちのプロベンザ

おとり捜査で殺し屋に扮したプロベンザ。証拠が出たところで、ターゲットを殺人未遂容疑で逮捕し一件落着。だがプロベンザとフリンが容疑者をロスに移送する際、証拠品を載せた車を盗まれてしまう。

第6話 本物の怪物

13歳の少年が消息不明になる。養子として育てられていた彼には問題も多かった。ブレンダは、これが単なる家出か、それとも重大な事件にかかわる失踪か見極めなくてはならなかった。

第7話 東ロサンゼルスの悲劇

サンチェスの弟オスカーが何者かに銃撃され、死亡した。殺人特捜班は直ちに捜査を開始するが、ブレンダはサンチェスに自宅待機を命じる。だが、サンチェスは独自に強引な捜査を開始してしまう。

第8話 守りたいプライバシー

ハリウッドの映画撮影所でヘア・スタイリストが殺害される。ブレンダと殺人特捜班は、事件の背景にあった日常的な家庭内暴力の実態から、ある事実を知り、犯人を突き止める。

第9話 ティファナから来た罪人

ティファナ警察の警官2人が、盗まれた小型トラックの荷台で遺体となって発見される。捜査が進むにつれ、汚職にまみれたティファナ警官の実態が明らかになり…!?

第10話 シンボルの意味

アパートで19歳の青年の死体が発見される。パイプ爆弾を作っていて爆死したようだ。殺人特捜班、改め重大犯罪課の一員になったブレンダたちは、青年が爆弾を製造し、大量殺人を計画していたと知る。

第11話 血痕のシルエット

結婚式の準備のため、ブレンダの家に両親がやってくる。だが、ブレンダはひとたび事件が起こると両親をそっちのけで捜査に行ってしまったり、両親を捜査につきあわせたり。

第12話 トランクの中の殺意

巨漢の男が車のトランクの中で死体となって発見される。彼は数日前、勤めていた宝石店に忍び込み300万ドル相当のダイヤモンドを盗んだとして強盗殺人課が行方を追っていた人物だった。

第13話 弁護士の力量

ある女性が自宅で残忍に暴行され殺害される。駆けつけた警官が被害者の家から逃走した男を逮捕。彼には過去に性犯罪歴があった。容疑者はなぜか逮捕の前からやり手の弁護士ストローを呼んでいた。

第14話 クレアの千里眼

結婚式を間近に控え準備に追われるブレンダ。だが事件は起こってしまう。ある日、1台の携帯電話が重大犯罪課に届けられる。そこには殺人を画策するメッセージのやりとりが保存されていた。

第15話 二人の形

結婚式を明日に控えたブレンダとフリッツ。だが2人とも仕事のことが頭から離れない。フリッツは麻薬取引の捜査の件で、一方、ブレンダはデートクラブで起きた強盗殺傷事件の捜査で忙殺されていた。

Season5 エピソード

第1話 密やかな殺しの依頼

静かな住宅街で子供2人を含む一家4人が銃殺され、ブレンダと重大犯罪課のメンバーは現場へ。捜査を進めるうち、ブレンダは本当のターゲットがこの一家ではなく別の人物だったことを突き止める。

第2話 血塗られた身代金

元不動産会社社長が姿を消した。ブレンダと重大犯罪課のメンバーは誘拐事件として捜査を開始するが、偽装誘拐の可能性を否めずにいた。やがて、ガブリエルが身代金の金額に隠された真実を暴く。

第3話 赤い規制線

バーで飲んでいたガブリエルが強盗殺人事件に遭遇。容疑者と思われる男が発砲してきたため、応射すると弾は命中。だが、その場に倒れたエリックという少年に銃を携帯していた形跡はなかった。

第4話 キティの贈り物

ある青年がゲイのダンスパーティ後に失踪し、やがて麻薬密売にからむ殺人事件へと発展した。ブレンダと重大犯罪課のメンバーは、ある事情から48時間だけFBIの代理捜査官になる。

第5話 死の意味

クレンショウのコミュニティ・センターで男が射殺体で発見された。現場がジャック神父の教区だったことから、ブレンダは再び神父のもとへ。そんな中、被害者が誤って殺害されたことを突き止める。

第6話 偽りの名刑事

中央署の管轄で射殺事件が発生。被害者はネットで口説き屋として名の知れた男で、ケーブルTV用に悪質なナンパ番組を制作しようとしていた。一方、ポープは思わぬ事態に巻き込まれてしまい…!?

第7話 翻る半旗

激しい銃撃戦があり、ロス市警の巡査2名とネオナチのメンバーである18歳の青年の射殺体が発見された。現場に駆けつけたブレンダたちだったが、多くの謎が残るばかりで捜査は困難を極める。

第8話 残された時間

エリシアン・パークで死体が発見された。何度も車にひきずられた後、頭を2発打ち抜かれている。被害者の男は10年以上前に女性2人を殺害した容疑で逮捕されたが立件できず、不起訴になっていた。

第9話 消えた凶器

ブレンダとフリッツの新婚旅行中に、ある殺人事件が起こった。容疑者がすぐ自白したため、あとは有罪を確定するだけのように見えた。だが、ブレンダは自白内容に不審を抱き、事件を洗い直す。

第10話 殺人のにおい

男の死体が入ったクーラーボックスが重大犯罪課に送られてきた。殺人事件として捜査するが、交友関係を洗ううち、義父や元彼女、金を無心する友人や家主など、容疑者が次々と浮かびあがる。

第11話 ウソが招いた結果

ブレンダと姪のチャーリーが銃撃事件に遭遇する。青年1人が死亡、もう1人は重傷を負い、車からはマリファナが発見。当初、敵対するギャングとの抗争が疑われたが、意外な真相が明らかになる。

第12話 殺しの記念品

若い女性が刺殺された。目撃情報から犯人は全身黒ずくめでニンジャのような服装をしていたことが判明する。さらに同様の殺人事件がテキサス州エルパソでも起きていることがわかり…!?

第13話 人生の落とし穴

ギャングのたまり場で12歳の少年が射殺された。父親と兄がギャングだったため、重大犯罪課は敵対する一味の犯行を疑う。さらに、別の場所で事件と関係のある男2人が遺体となって発見される。

第14話 本当の姿

薬物鑑定を委託している機関で不正が発覚し、多くの裁判で再審が決定する。その中には、7年前プロベンザが当時の相棒であり、今は引退したアンドリュース刑事と共に担当した事件もあった。

第15話 死者は語る

ブレンダと重大犯罪課のメンバーは、レイダーからある調査の依頼を受ける。彼女の女性部下アリーが夫から家庭内暴力を受けている恐れがあると言う。やがて事件は殺人事件へと発展し…!?

Season6 エピソード

第1話

バルコニーで星の写真を撮っていた男が殺された。重大犯罪課チームは男が交際していた女が事件に絡んでいるとにらむが、凶器がどこにも見つからず、新庁舎移転にも時間を取られ、捜査は難航する。

第2話

市長の友人宅で働くベビーシッターが失踪。FID(ロス市警武力犯罪調査課)のレイダー警部(「バトルシップ・ギャラクティカ」のメアリー・マクドネル)は、事件の捜査にブレンダを同行させる。

第3話

重大犯罪課チームは、自殺かどうか疑わしい事件を捜査しているうちに、死が目前に控えている男と覚醒剤漬けの元妻との間で持ち上がっている厄介な親権争いに巻き込まれる。

第4話

プロベンザは、囚人護送中の飛行機でフライト・アテンダントをナンパして、マンションにしけこむ。が、そこで死体を発見し、警官という立場上、首が飛びかねない難局にまたまた追い込まれる。

第5話

ミッキー・メンドーザ刑事の要請で現場に駆けつけた重大犯罪課のチームは、メキシコの麻薬組織がロサンゼルスにも進出した気配を示す一連の残忍な殺人事件の捜査にてんてこ舞いとなる。

第6話

仮保釈委員会のひとりが、パニック状態でガブリエル巡査部長に電話をかけてきたその最中に惨殺される。その直後、ポープは警察署のイメージアップを狙い、行き過ぎたプランを発表する。

第7話

名うてのギャング団の犯行と思われる銀行強盗が起き、現場で警備員の死体が発見される。が、首謀者は誰なのか謎が残る。この事件は同ギャング団の犯行パターンに合致していなかったからだ。

第8話

出会い系サイトで知り合った男とデートした新進女優が惨殺されるという事件がハリウッドで起きる。ブレンダのチームが事件を捜査するが、ある仕事の準備に追われ、捜査がおろそかになってしまう。

第9話

3人の兵士がアフガニスタンでの兵役を終えて2日後にロサンゼルスのクラブで撃ち殺された。ブレンダが事件の捜査に当たるが、軍の連絡将校であるエドワード・ドーセット少佐と衝突してしまう。

第10話

救急救命士2名の殺害事件がきっかけでテロ攻撃が控えていると判明。ロサンゼルス市警とFBIが独自の捜査を展開。ブレンダは対テロ特殊班の一歩前を行こうと対抗意識を燃やす。

第11話

ブレンダの部下の刑事が街中で待ち伏せされるが、その奇襲攻撃の動機を探る手がかりらしきものは現金が入ったごみ袋だけだった。捜査チームは証人をでっち上げた刑事の名前の割り出しに奔走する。

第12話

武装した何者かが、病院の薬局から医療用のマリファナを強奪する一見ささいな事件が起きる。本部長のトミー・デルクは、重大犯罪課チームにこの事件の捜査を任せるが…!?

第13話

2部構成によるPART1では、ある一家の長年にわたる家庭内の恨みつらみが、クリスマス・イブのショッピング・モールで起きた刃傷沙汰へと発展し、家長が巻き添えを食って死んでしまう。

第14話

2部構成のPART2では、コソボ難民の家庭内にくすぶる血で血を洗う抗争が新たな犠牲者を生み、ブレンダ率いる重大犯罪課チームはレイダー警部とともにクリスマスに起きたこの事件の捜査を進める。

第15話

ありふれたコカイン中毒者の逮捕がきっかけで、怪しいリハビリ施設の存在が明らかになり、ブレンダ率いる重大犯罪課チームは行方不明になったひとりの若い女性を見つけ出そうと懸命になる。

Season7 エピソード

第1話

ラップ・ミュージック界期待の新人スターがその弟を含む6人と共に射殺されるという事件が起こる。ブレンダと重大犯罪課は、そのスターが所属するレコード会社の社長の犯行を疑い、捜査を開始する。

第2話

ロス市警内で大規模な組織編成が行われるなか、ブレンダと重大犯罪課は、ある邸宅で起こった強盗殺人事件を追っていた。一方、レイダーはブレンダとロス市警を相手取った民事訴訟を受け…!?

第3話

ある人物から金もうけの話を持ちかけられたプロベンザ。謝礼金と引き換えに、ある民事訴訟の被告である男の居場所を捜し出し、召喚状を渡してほしいというのだ。

第4話

9歳の男の子がサマーキャンプへ行く途中に行方がわからなくなるという事件が起こる。そのサマーキャンプで、カウンセラーをボランティアで務めていたタオの息子ケビンはタオに事情を話し…!?

第5話

重大犯罪課は、葬儀場に送られた牧師の遺体に死亡証明書がなく、家族も検死を拒否しているという連絡を受ける。強制的に検死を行った結果、死因に不審な点があったことから捜査を開始する。

第6話

ハリウッドに建つ住宅の壁から元性犯罪者だった男性の遺体が発見される。家主の夫婦が疑われるなか、ある事実に気づいたブレンダは近隣に住む別の夫婦に狙いを定めて調査を開始する。

第7話

フェニックス市警のオルテガ刑事がロス市警を訪れ、自分の娘の不審な死について再捜査を依頼する。彼は、死因が麻薬の過剰摂取によるものだとする調査結果にまったく納得できず…!?

第8話

郡刑務所に収監されている男が、ブレンダに取引を持ちかける。ある条件をのめば、巨大麻薬カルテルと密接につながる“雇われ殺人”の情報を流すというのだが…!?

第9話

新人歌手ミッシーのシングルが、ちょうどヒットチャートに上がろうとしていたとき、ステージパパでもある彼女の父が謎めいた死を遂げ、ブレンダは重大犯罪課のメンバーと共に捜査に駆けつける。

第10話

保安官代理が車の窃盗犯2人を追跡中に射殺され、ブレンダは重大犯罪課のメンバーと共に調査を開始する。保安官代理を射殺した犯人は逃走し、残った1人にブレンダが訊問するが…!?

第11話

生徒たちの生活が乱れ、スキャンダルが渦巻く高校に赴任してきたばかりの校長が射殺される。彼は、その高校を懸命に立て直そうとしているところだったが…!?

第12話

クリスマス前の休日、バズと妹のケーシーは“サンタの北極村”に遊びに来ていた。サンタクロースが大好きなバズは嬉々としてカメラを回している。

第13話

FBIの監視任務中に事件が発生する。監視対象者がある男性を殴り、その場を走り去ったのだが、通報を受けたロス市警が駆けつけると男性が頭部に銃弾を受け死亡していたのだ。

第14話

フリンが家に帰る途中、赤信号で停止した彼の車の隣に1台のバイクが止まる。運転手はピンクのヘルメットをかぶった愛らしい女子大生グレイシー。

第15話

タレル・ベイラーの兄タイ・ベイラーの殺害で極刑の判決を受けたレジー・モーゼスをゴールドマンが面会に訪れる。そこでゴールドマンはタレルを殺害した110クリップスのメンバーを知ると告げ…!?

第16話

レイプ殺人事件の公判。証言台に立つブレンダは、被告ジョージ・ハリスの隣に座る弁護人を苦々しい思いで睨んでいた。その男の名はフィリップ・ストロー。

第17話

突然、プロベンザの元妻リズが愛犬のフランクを連れ重犯課を訪ねてきた。ぜんそくを患うフランクの薬代を捻出するために結婚指輪を売ったと言う。

第18話

ガン専門医のブレイディが診察室で殺された。点滴用のチューブで首を絞められたのだ。キャビネットの薬品がすべて消えていたことから、薬物依存症患者による強盗目的の犯行かと思われた。

第19話

聖アンジェロ教会のアダム神父は臨終の儀式の依頼を受けて、とあるアパートの一室に向かう。死の床にいる信者に聖油を塗ろうとしたその瞬間、危篤であるはずの男がナイフで襲いかかってきた。

第20話

路上で警官が倒れていると通報を受け、ロス市警のヘリやパトカーが現場に駆けつける。しかし倒れていたのは警官でなく民間の警備員チャイデス。至近距離からショットガンで顔を吹き飛ばされていた。

第21話

グリフィスパークの丘の上で、5人の女性の死体が掘り出される。一番古い死体は2年以上前のもので、全員がレイプされた上に絞殺されていた。


クローザー closer

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

 
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus