ロイヤル・ペインズ 救命医ハンク

royal-pains

シーズン数8
IMDbスコア7.1/10
ジャンル コメディ, 医療
主要出演者マーク・フォイアスタイン パウロ・コスタンゾ
配信中サービス  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

“ハンプトンズのセレブお抱えドクター、ハンク・ローソンをご紹介。病院理事の死の責任を負わされ出世街道から失脚した若いドクター、ハンク。ふとしたことから、ハンプトンズに住むエリート住人たちを診療する個人医療サービスの世界に足を踏み入れる。弟のエヴァンと、自ら買って出てハンクの医療助手になった若い女性の応援を受け、その気のないハンクも、ひと夏だけコンシェルジュ・ドクターになることに同意する。高飛車のクライアントを相手に、ハンクは自分を見失わずにいられるか?”

ロイヤル・ペインズ 救命医ハンクの感想

ロイヤル・ペインズ 救命医ハンクを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
 

予告編(英語)

Season1 エピソード

第1話 「運命のパーティー」 Pilot

ニューヨークの病院のER医師ハンクは、病院を解雇された上に婚約が破談となり、すっかり落ち込む。だが弟のエヴァンに誘われ、気晴らしでセレブの豪邸や別荘が立ち並ぶ高級住宅地、ハンプトンズに出かける。エヴァンの思いつきで2人は大富豪ボリスが主催する豪勢なパーティーに潜り込むが、そこで倒れた女性をER仕込みの医療テクニックで救ったハンクは、ボリスから“コンシェルジュ・ドクター”にならないかと誘われる。

第2話 「ハンプトンズのロビン・フッド」 There Will Be Food

ハンクたちは自分たちの医療チームを売り込もうと、引退公演を控えるバレリーナ、テスの引退パーティーに出席。テスにひとめぼれしたエヴァンは、彼女をファーストフード店に誘うが、そこでホットドッグを口にしたテスは気を失って倒れてしまい、原因もまったくわからない。同じ頃、ハンプトンズ記念病院の病院長ジルは、保険などの医療システムの欠陥や病院の混雑を理由に治療を拒む患者たちに頭を悩ませ、ハンクに応援を求める。

第3話 「見えない敵」 Strategic Planning

ハンクは、犬の散歩を仕事にしている青年ベニーが連れていた犬に噛まれる場面に遭遇。応急処置をしたハンクはベニーに病院で消毒するよう指示するが、ベニーは病院に行かなかった。一方、豪邸に住む上院議員の息子ケンドリックは有名な大学アメフト部への入部が近く、ハンクに健康診断を依頼する。当初は異常が無かったケンドリックだが、直後に原因不明のめまいと共に倒れてしまう。ハンクとディヴィヤは移動式CTを急いで探す。

第4話 「リストランテの週末」 TB or Not TB

ハンクはイタリアン・レストランの店員たちの結核検査へ。多忙な毎日を送る女性オーナー、アリソンの不安は的中し、彼女はある重病を抱えていた。同じレストランで働くヴァレンティーナはイタリアからアメリカに来たばかりで、英語が通じないため、検査のための注射を受けさせてくれない。ディヴィヤが困りはてた時、エヴァンが意外な才能を見せる。また、エヴァンはボリスの豪邸に搬入されてきた巨大なタンクが気になるが…?

第5話 「SOSの届かない島」 No Man is an Island

ハンクはハイテク産業で巨財をなしたグラント家の旅行へ同行する仕事に。一族が所有する島にヘリコプターで行けるとあって、ハンクのお供をするエヴァンは大はしゃぎだが、ハンクが呼ばれた理由は妊婦のクレアに出産が近づいているからだった。ところが島では管理人がトラックで事故を起こし、重傷を負ってしまう。ハイテクに強いはずの一族だが島に携帯電話の電波は届かず、外部との唯一の交通手段である衛星電話も破損してしまう。

第6話 「招かれざる客」 If I Were A Sick Man

ついにジルと一夜を共にしたハンク。ニューバーグ夫人に呼ばれて邸宅に行き、体調不良のメイド、エスペランザを肺炎と診断する。やがて邸宅でパーティーが開かれるが、エスペランザに続いてフランスからの客アントワンなど客たちが次々と体調不良を訴え、ついにニューバーグ夫人も倒れてしまう。そこに居合わせたハンクはウィルスによるアウトブレイク(爆発的感染)の危険性を考え、邸宅や敷地を外部に対して遮断するが…!?

第7話 「愛されすぎて」 Crazy Love

ディヴィヤは車を運転中、スペイン人富豪ハビエルの妻ソフィアが乗ったスクーターとぶつかりそうになる事故を起こす。ソフィアの夫に対する愛情は異常に強く、ディヴィヤは違和感をおぼえるほど。やがてソフィアは高級車を運転中、今度はディヴィヤの車に衝突してしまう。一方、ジルの旧友であるサメの専門家ケイティがハンプトンズへ。急にボリスから呼び出されたハンクは、ケガを負って血を流したケイティを治すよう頼まれる。

第8話 「問題だらけのハネムーン」 The Honeymoon’s Over

ハンクはジルに呼ばれてハンプトンズ記念病院へ。絵本画家ザックには心臓疾患があったが、病院も投薬も嫌いな彼は退院しようとしていた。ハンクは退院を思いとどまらせようと彼を説得するが、ザックはハンクを主治医として雇うと強引に帰宅する。同じ頃、ディヴィヤは人気水着モデルの妻レイチェルと新婚生活を始めたばかりのIT企業家アランを診察。ディヴィヤはレイチェルが性交渉を通じてアランに何か病気を感染させたと疑う。

第9話 「娘たちの馬術大会」 It’s Like Jamais Vu All Over Again

ハンクは医療ボランティアで行った馬術大会で、少女の選手ベスと出会う。ベスはめまいや嘔吐を繰り返していたが、そのことを厩舎の管理人であり自分を指導する父親ダンに言えずにいた。大会にはディヴィヤも出場し、彼女の両親が応援にやって来るが、ディヴィヤは自分が医療助手をしていることを親に内緒にしていた。ハンクとジルは自分たちがどう距離を取るべきか悩んでいたが、そこにジルと密接な人物チャーリーが突然現れて…!?

第10話 「青ざめる秘密」 Am I Blue?

ハンクはタッカーの17歳の誕生日、彼の邸宅へ。そこへタッカーの父親マーシャルもやって来る。マーシャルは新しい女性秘書ブリジットを同伴していたが、ブリジットの様子が突然おかしくなる。彼女のバッグから大量の薬物が見つかるが、それらはすべてマーシャルの物だった。タッカーはハンクに父親の依存症を治してくれと真剣に頼む。ジルは、チャーリーがハンプトンズ記念病院で自分の同僚になったことに激しく心が揺れ動き…!?

第11話 「豪華ヨットへの誘い」 Nobody’s Perfect

ハンクはボリスに呼び出され、久しぶりにニューヨークへ帰る。そこでガードナー家がハンクの医師免許をはく奪しようと動いていることを知らされると同時に、ハンクはボリスの体調がよくないのではないかと疑う。一方、エヴァンとディヴィヤは新規の依頼で豪華ヨットに乗り込むが、依頼主の正体は明かされない。2人はヨットに乗っていた依頼主の愛人カイリーや部下ブライアンから、依頼主が巨大な投資詐欺を働いた人物だと明かされる。

第12話 「ハンク・イン・ワンダーランド」Wonderland

歴史がある古い屋敷、ヒル荘園で不可解な事件が起きた。屋敷を代々継いできた家系の子孫である若い女性ゾーイは数週間前から夜ごと幻覚や咳に悩まされ、ある夜、彼女は謎の火の玉を追いかけ、窓ガラスに頭から突っ込んでしまった。ハンクはゾーイを治療するが、ゾーイの姉エイミーは自分が霊能者だといい、屋敷のしわざだという。同じ頃、エヴァンはある報せを受けて血相が変わる。事の重大さはハンクに相談できないほどで…!?


Season2 エピソード

第1話 「パニックルームの遺産」SPASTICITY

ハンクは消えたエヴァンを探して、ふたりの父親エディとの思い出がつまったあるホテルの一室を訪れる。エヴァンは見つかったものの、彼は頑なにその場を動こうとせず…。その頃、ディヴィヤはTV通販で有名なスペンサーという男性の治療を行っていた。スペンサーは発明王だった父親を先日失い、亡き父が遺した屋敷にあるパニックルームの解体を行っていたのだが、その最中に体調不良に陥ってしまったらしく…。

第2話 「恋の病」LOVESICK

ハンクとエヴァンの父親エディが20年ぶりに姿を見せ、ハンクは戸惑うがエヴァンは素直に喜ぶ。そんな中、ジルは元夫チャーリーの品物を売るためにガレージセールを開き、ニューバーグ邸には夫の連れ子ブレークが戻ってくる。ブレークはもともと、フランスの料理学校を卒業して菓子職人となるはずだったが、ある男性と恋に落ちたために学校を辞めて帰国したのだ。ニューバーグは娘の帰国を祝ってパーティーを開くが…。

第3話 「アクションスターの休日」KEEPING THE FAITH

ハンクとエヴァンは通りで倒れていたアクション映画スターのドナルドを救助する。ドナルドは最近、足がもつれたり息が苦しくなったりする症状に悩まされていた。また、彼には事務所社長兼マネージャーの妹フェイスがいた。彼女はエヴァンのことを気に入って食事に誘うが、エヴァンは彼女の物忘れが激しいことに気づく。そんな中、ハンクはあるトラブルから、父エディにハンプトンズを出ていくよう要求する。

第4話 「キューバへの招待」MEDUSA

ハンクはボリスの急な呼び出しで、エヴァンとともにプライベート・ジェットに乗る。そのままニューヨークへ向かうと思っていた2人だが、ジェット機はアメリカと国交が断絶しているキューバに着陸する。実はボリスは、キューバの医師、マリサ・カサラスの臨床試験を受けるため、下準備のオブザーバーとしてハンクを招いたのだった。有効な治療法がない難病を患うボリスは時間を急ぐが、ハンクは準備が必要だと説得する。

第5話 「カリブ海の対決」MANO A MANO

キューバの街を観光していたエヴァンが誘拐される。連れて来られたのは人里離れた農場で、そこでキューバ政府を批判して逃亡中の記者マルコスに出会う。彼は工作機械に指を挟まれるという事故に遭っていた。一方ハンクは、ボリスが臨床試験を強行しようとすることに不安を抑えることができない。その頃ハンプトンズではハンクの代理の医師エミリーが診療を続けていたが、ディヴィヤと彼女の関係はさらに悪化する。

第6話 「ワイナリーの真実」IN VINO VERITAS

ハンクたちは、有機農法でぶどうを育てているアンブローズ家のワイナリーを訪れる。そこにはタッカーと、彼の親友のオリヴァーがいた。これから新作ワインを発表するパーティーを行い、オリヴァーがスピーチをするのだという。だが、オリヴァーは朝から突飛な行動を取り、ワインを飲んで酔っ払い、異常な疲労感を覚えたりする症状を訴えていた。ハンクとタッカーは、オリヴァーが薬物依存症ではないかと疑う。

第7話 「甘い生活」COMFORT’S OVERRATED

ハンクはクイーンズから来たマックとドナの夫妻に出会う。2人は新婚カップルだったがハンプトンズに来てからマックの言動がおかしくなり、夫婦には別離の危機が訪れていた。また親子ほど歳の離れた、グラハムとペイジのカップルもそれぞれ悩みを抱えていた。グラハムは原因不明の目眩に見舞われ、ペイジは親に「恋人を紹介しろ」としつこく迫られていた。一方ハンプトンズではエミリーが予告通りコンシェルジュ医療を始め、ディヴィヤは結婚式の準備に追われる。

第8話 「パーティーは危険な匂い」THE HANKOVER

ハンクは鼻の不調を訴える、ケン・ケラーを診療する。ケンは中学時代のいじめっ子だった。過去の思い出が蘇ったハンクは腹を立てるが、ケンはハンクに気づいていないようだった。一方、ジルの無料診療所の患者第1号として、ハンクはミシェルという女性を診察する。またディヴィヤは母親ルビーナが開いた、結婚前のお茶会に出席するためジルと街を離れる。これを見たエヴァンはラージの独身さよならパーティーを開くと言い出す。

第9話 「愛すべき敵」FRENEMIES

ハンクはジェイミー・ジママンという男性宅を訪ねる。ジママン夫妻は半年前に離婚し、一人息子で7歳のジェイクは腹痛や吐き気などの症状に見舞わていた。そのころ新聞には無料診療所に対する批判記事が掲載され、ハンクたちはハンプトンズ記念病院のブレアと対立する。そのころエミリー・ペックは堅実な営業や広告を打ち、医師としての知名度を上げていく。またエヴァンはペイジのウソの交際相手役を続け、彼女の両親とランチをする。

第10話 「宝クジの呪い」WHOLE LOTTO LOVE

ハンクはノースダコタ州出身のロイとジニーの夫妻と出会う。夫妻は宝クジに当選し、ハンプトンズに移り住んだばかりだった。ジニーは首もとに発疹あり、ロイは密かに腕の腫れと激痛に襲われていた。またディヴィヤは、ハンクと一緒に弁護士一家の使用人タリの診察に訪れる。彼女はしばらく前から腹痛に悩まされていた。診察の依頼をしてきたのは一家の息子アダムで、彼によるとタリは過去に腎臓移植をしていた。

第11話 「波乱の足音」BIG WHOOP

ジルの診療所ではゲームマニアの青年スタンリーを診察する。彼は4カ月ほど前から何度も体調を崩していた。彼は風邪に似た症状を患い薬を飲んでいたが、回復したと思ったのも束の間、またすぐに具合が悪くなっていた。一方ハンクメドはスポーツドリンクの会社で成功した、フィリップス家を訪ねる。患者は社長テッドの父親であり、新しい手術法を開発したフィリップス医師だった。ヘビースモーカーの彼はひどい咳に悩まされていた。

第12話「ゴシップマニアの女主人」

OPEN UP YOUR YENTA MOUTH AND SAY AH
ハンクは行きつけの店で、脚をくじいた女性AJを治療する。彼女はあり合わせのモノを使った応急処置に感動して立ち去るが、後日、ハンクに頭痛やめまいがあると連絡を入れてくる。一方ディヴィヤのもとには使用人に腎臓を提供した、アダムから連絡が入る。「このところ体調が優れない」と聞いたディヴィヤは徹底的な検査を約束する。また、エディとニューバーグ夫人はハンクやエヴァンをレストランに呼び、「大切な発表がある」と告げる。

第13話 「チャリティーゴルフの出来事」MULLIGAN

心筋梗塞で倒れたエディは、ハンプトンズ記念病院に緊急搬送される。このころハンプトンズではチャリティーゴルフが開催され、ハンクたちは医療スタッフとして参加する。またジルはプレイヤーとして参加し、酒好きのヌーナン夫妻、プロゴルファーのジャック・オマリーとラウンドする。オマリーは数年前、全英オープンで優勝争いを演じた選手だった。一方エヴァンはエディがどんな罪状に問われていたのか、詳しく調べ始める。

第14話 「セレブの街のリアリティ・ショー」PIT STOP

ハンプトンズに人気のリアリティ・ショー「シェアハウス」の撮影隊がやってくる。撮影はジルの自宅のすぐ裏で行われ、出演者たちは早朝から大騒ぎをする。このときジェットスキーをしていた1人が事故を起こし、その場にいたハンクとジルが救命措置を施す。そして翌日、水上バイクを運転していたクレイグが体調不良を訴える。一方ディヴィヤの結婚式は4週間後に迫り、彼女は正式に退職を申し出る。また妊娠したマリサには新たな問題が判明する。

第15話「将軍と騒がしい隣人」A HISTORY OF VIOLINS

ハンクはバンドのボーカルで10代のナタリー・ウィリアムズを診察する。彼女はしばらく前から喉の痛みを訴えていた。またウィリアムズ家は自宅の敷地内にあるキャンドル小屋を巡り、隣家と対立している。そのころエヴァンはリアリティ・ショーの撮影の一件で傷つけたことを許してもらおうと、あの手この手でペイジに謝罪する。一方ディヴィヤの元にはアダムの腎臓に関する検査結果が届き、数値を見たディヴィヤは動揺する。

第16話 「嵐の夜に」ASTRAPHOBIA

ハンプトンズに嵐が近づいた日、州立公園ではパークレンジャーのピートがボロボロの姿で発見される。彼は前夜の記憶を失っており、人の声や物音が大きく聞こえるという症状に見舞われていた。またこの頃、公園には嵐を追ってストームチェイサーのステイシーがやってくる。彼女は悪天候のなかで作業をするたび、骨折を繰り返していた。この日も腕にギプスをしたまま運転し、器材の用意をする。一方、雷雨が大嫌いなエヴァンは過剰なまでの備えに走る。

第17話 「パイロットの不安」FIGHT OR FLIGHT

ハンクはセスナの訓練学校を経営する、ジェスという女性を診察する。実は彼はER時代、彼女の親友ハリーの突然死に立ち会っていた。ジェスがハンプトンズに引っ越したのは、彼の死がきっかけだったが、新しい人生をスタートさせたのも束の間、ジェスは不安感やめまい、体の異常な感覚に見舞われていた。一方ディヴィヤとラージはロンドンの式に参加できない友人・知人を招き“サンギート”と呼ばれる結婚披露パーティーを開く。そのころエヴァンはペイジに夜を一緒に過ごそうと伝え、マリサは赤ん坊のことをまだボリスに言えずにいた。

第18話「運命の饗宴」LISTEN TO THE MUSIC

ハンクはジルの紹介で、多発性硬化症(MS)のベンという男性を診察する。彼は「病気に負けない」を信念にMS患者のための寄付活動を行っていたが、このところ症状が進んでいた。この日は急に視界が悪くなったためハンクの診察を受ける。一方ディヴィヤはラージとの結婚式に備え、世界的な振付師ニコの指導でタンゴのレッスンを受け始める。ニコはレッスンのあいだ何度も咳をし、微熱もあるようだった。


Season3 エピソード

第1話「新たな季節の始まり」 Trafiic

ハンプトンズに再び夏がやって来た。ハンクとエヴァンはニューバーグ邸で暮らし、ラージとの結婚をやめたディヴィヤはハンクとともに街で医療活動を続けていた。ある日、ツアーバスが衝突事故を起こし、その場に居合わせたハンク、エヴァン、ディヴィヤは適切な処置で人々を救う。この事故でハンクは、バスの前で急ブレーキをかけて衝突を免れたジュディという女性と知り合う。彼女の左足にはある異変が起きていて…。

第2話「2人はライバル」 But There’s A Catch

ハンクは中高時代のいじめっ子、ケン・ケラーの依頼で彼の使用人ジョノの診察をする。だが、ジョノは異常はないと言い張り、彼らを追い返す。後日、再診に訪れたディヴィヤは、ジョノにある症状が出ていることを発見する。一方、互いをライバル視しているハンクとケンは、フットボールのチャリティーイベントで対戦。だが、このときケンはトラブルで腕をゴールポストにぶつけてしまう。ハンクは応急処置を施すが…。

第3話「メイドたちの夢」 Rash Talk

ハンクはジルの連絡を受けて、ハンプトンズでオープン間近の雑貨店に向かう。そこで、足の甲にドリルビットを刺してしまったメイドのケイトを治療するが、今度は別のメイドのステラに異常が起き始める。また、ハンクはマナー本の執筆者であるエヴリン・ウッドワードという女性の診察も行なう。彼女は隣人が放置した犬のフンを始末しようとして転倒したため、エヴリンの夫は隣人に復讐を企てる。

第4話「ショー・ハンクの空に」 The Shaw/Hank Redemption

ハンクとエヴァンは父エディの仮釈放審査会に出席するため、フロリダ州の刑務所を訪ねる。すると、エディは一般社会に戻って仕事をしながら刑期を務める、在宅拘禁という資格を得てパームビーチに向かったことが分かる。どうやらテッド・ロスという大富豪が彼の身元引受人となったようだ。ハンクらは父を追ってパームビーチを訪ねるが、当のエディは仕事をサボり、ハッカーのショー・モーガンの家に出入りしていた。

第5話「家族の肖像」 A Man Called Grandpa

ボリスとマリサの赤ん坊が新生児ICUに入院して間もなく、ハンプトンズ記念病院にジルが搬送される。ジルは意識がなく、ストレッチャーに乗せられディヴィヤの前を通過する。そのころフロリダ州ではショーが行方不明となる。ハンクたちは警察に通報し、夜を徹して彼を捜す。ショーは重度の鉛中毒にかかっており、発見が遅れるほど命が危険な状態にあった。この状況にエディはひどく取り乱す。

第6話「牧場主の親子」 An Apple A Day

ハンクはアルパカの牧場を経営するエリースのケガを治療する。彼女はハンクがハンプトンズに来てからの友人、リビーの母親だった。現在は夫と別れ、アンナという女性と公私を共にしている。この日彼女は柵のワイヤーに腕をひっかけ、ケガをしたのだった。そのころエヴァンは貸金庫から母親の形見の指輪を引き出し、ペイジにプロポーズする。またディヴィヤはようやく引っ越し先が決まり、一人暮らしをスタートさせる。

第7話「イリュージョニストの憂鬱」 Ta Da For

ハンクは富豪のパーティーを訪れ、アンディというイリュージョニストと出会う。アンディは派手なイリュージョンで喝采を浴びるが、しばらく前から体調不良に悩まされていた。そのころエヴァンは“ハンク・メド”の事業拡大を狙い、あの手この手で営業を行なう。またディヴィヤはハンクたちに内緒で、ハンプトンズ記念病院で働き始める。そしてジルは事故で聞いた声のことをボリスに報告しようとするが、肝心のボリスがつかまらない。

第8話「ラン・ハンク・ラン」 Run, Hank, Run

ハンクはマラソン選手のジェーンと出会う。彼女は世界大会を2度征した実力者で、冬のあいだ順調にトレーニングを続けていた。だが夏になりハンプトンズを訪れてからというもの、原因不明の不調に悩まされていた。彼女はトレーニングをして帰宅すると、決まって体温が跳ね上がり、息苦しくなるのだった。そのころシャドー・ポンドではボリスに異変が起き始める。この様子を目の当たりにしたハンクは、ボリスに検査を勧める。

第9話「小さなヒーロー」 Me First

ハンクは俳優夫妻の息子で喘息を患うサイモンの診察に訪れる。彼の両親は北京でアクション映画の撮影を行なっており、今はトビーが子守りをしている。サイモンは新しいことをすぐに怖がる所があり、トビーはヒーローごっこを通して彼に苦手を克服させようとする。その頃コリンズ家では、選挙キャンペーンが本格化し、ペイジがパーティーの準備を仕切っている。彼女は次々と携帯メールが着信するなか、的確に指示を出す。

第10話「アートに魅せられて」 A Little Art, a Little Science

選挙キャンペーンが本格化しコリンズ家は選挙一色に包まれる。そんな中、ペイジは母親を無理させまいと、選挙の応援やスケジュール管理などを一手に引き受ける。その頃、ハンクはアート展で知り合った画商エリック・カサビアンの診察に訪れる。彼は長年の夢だった絵画を手に入れ、自宅の展示室で眺めていたところ、めまいに襲われたのだった。一方ディヴィヤはインド出身の女優レイナを担当するが、思わぬ苦労が待っている。

第11話「パーティープランナーのいちばん長い日」 A Farewell to Barnes

カサビアン家を訪ねたハンクは、瀕死のエリックを発見する。一方、“ハンク・メド”には新たな依頼が舞い込む。相手はパーティープランナーのルーシーだった。彼女は著名なバーンズ夫妻の離婚パーティーを担当しているが、多忙の(な?)日々のなかで体調を悪化させる。その頃ハンプトンズには懐かしい人物が戻ってくる。1年前ハンクが治療した、プロゴルファーのジャック・オマリーだった。彼はツアーの合間に、故郷を訪ねてきたのだった。

第12話「ロックバンドの危機」 Some Pig

ハンク・メドに新しい患者から依頼が来る。それは売り出し中のバンド“サム・ピッグ”からだった。ボーカルのジャレドはしばらく前から体調不良に見舞われていた。一方“ハンク・メド”では先日の医療事故をきっかけに、ディヴィヤのアルバイトが判明して以来、彼女とハンクの間に溝ができる。その頃エヴァンはペイジの家で過ごし、またプロゴルファーのジャックはハンクの勧めで2度目の血液検査を受ける。

第13話「人生のホールインワン」 My Back To The Future

ハンクがぎっくり腰となり、エヴァンは急きょ代役の医師としてヴァンダイクを雇う。間もなく、ニューバーグ夫人から連絡が入り、エヴァンはヴァンダイクを連れて夫人を訪ねる。すると彼女は原因不明の不調に悩まされていると告げる。その頃、ハンクはジャックの治療方針を決めるため、腰をかばいつつハンプトンズ記念病院を訪れる。一方、ディヴィヤは代々伝わる食器がオークションで高値で売れる見込みに喜んでいた。

第14話「ハンプトンズの夜の夢」 Bottoms Up

ハンプトンズで開催される演劇祭で、シェイクスピアの「夏の夜の夢」が上演されようとしていた。この舞台は著名な演出家ジュリーが手がけ、スター俳優のゲイブも参加すると発表されていた。舞台美術を担当するペイジはジュリーに認められたいと願うが、端役として参加するエヴァンは「幸運を」「マクベス」など舞台で不吉とされる言葉を連発してしまう。一方、この頃ゴルファーのジャックの症状は予想外の速度で進行していた。

第15話「青い青い海」 Hank And The Deep Blue Sea

ハンクは漁師のジムに頼み、海までジャックを探しに行くが彼の行方は分からない。その頃ジャックは、ジルと沖にいる。一方、ハンク・メドには診療所経由で新規の依頼が入る。依頼してきたのはジルの甥ルークで、彼のバイト先のボスでサーファーのクインシーが体調不良に悩まされているということだった。さらに同じ時期、ボリスとマリサの息子、カルロスの洗礼式が執り行なわれ、ハンクたちは式に招待される。

第16話「ロング・グッドバイ」 This One’s For Jack

ジャックが世を去り、“ハンク・メド”の人々は悲しみを抱えたまま日常生活へと戻っていく。そんな中、ハンクたちの元に、高齢のセスミ夫人と3人の孫から依頼が入る。3人の孫たちは次から次にトラブルを引き起こしていた。その頃ディヴィヤは元ファッションモデルのグレイスを診察する。彼女は冠動脈疾患を患っており、疲れがたまっている様子だった。一方、ボリスはいとこのクローデットを食事に招いていた。


Season4 エピソード

第1話「それぞれの夏」 AFTER THE FIREWORKS

“ハンク・メド”の経営方針を巡り、口論となったハンクとエヴァンは対立を深める。そのころハンプトンズでは毎年恒例のハーバーフェストが開催され、街はお祭りムード一色となる。フェストでは早食い大会が開催され、街にはプロのフードファイターとして活躍するロージーがやってくる。そんな中、ジルはルークや兄のアーニーたちを手伝い、フェストの準備に取りかかる。一方ディヴィヤは、フェストの会場で両親の姿を見かける。

第2話「ハンク対ハンク・メド2」 IMPERFECT STORM

ハンクとエヴァンは理想の医療を目指し、それぞれの道に進むと決意する。するとその夜、ハーバーフェストの会場で爆発事故が起こり、辺りは激しい炎と煙に包まれる。ハンクはエヴァンを捜しに現場へ急行するが、その途中で狼狽する若い女性と遭遇する。彼女の名前はホリスターといった。そのころディヴィヤは、父親デヴェッシュが出かけたすきに、母親ルビーナのもとを訪ねる。そして「ずっと会えずに寂しかった」と打ち明ける。

第3話「旅立ちのとき」 A GUESTHOUSE DIVIDED

ハンクとエヴァンの溝が深まるなか、彼らのもとには複数の依頼が舞い込む。1人目はハンクの学生時代からのライバル、ケン・ケラー。2人目はジルの知人で配送業者のジェイク。3人目は高級スパの利用客で、ソプラノ歌手のフランチェスカだった。ケンはひどい腹痛を訴えて何度もトイレに駆け込み、ジェイクは体の激しい痛みと熱があった。また、イオンセラピーを利用中のフランチェスカはひどい動悸を訴えていた。

第4話「ドーン・オブ・ザ・メド」 DAWN OF THE MED

ディヴィヤの助けに応じたエディがフロリダからやってくる。彼はハンクとエヴァンに、自分の書いたブログを「読め」と告げる。エディがゲストハウスにやってきた日、ハンクは通りで苦しそうにもがくジェイソンという男性に遭遇する。一方、エヴァンは新規の契約に向かう途中で道に迷ってしまう。携帯電話の電波が届かない中、彼は一軒の屋敷を見つける。その屋敷はただならぬ雰囲気に満ちていた。

第5話「禁じられた愛」 YOU GIVE LOVE A BAD NAME

シャドーポンドに銃声が響いた夜、ハンクは庭で倒れている男性を発見する。彼はボリスの忠告も聞かず、瀕死の男性に救命措置を施す。そのころ新生“ハンク・メド”には新たな依頼が舞い込む。依頼主は婚活プロデュースを手掛けるヴェロニカという女性。彼女は往診に訪れたハンクとディヴィヤに、めまいや動悸などの症状を訴える。そこでハンクが心電図を測ったところ、意外な事実が判明する。実はヴェロニカには、ある秘密があった。

第6話「夢のブラックストーン」 ABOUT FACE

エヴァンはペイジの協力により、ついにブラックストーン・クラブのオーナー、シドニー・バートレットとのアポを実現させる。そのころハンクはボリスの提案に応じるかどうかの判断を迫られる。一方カダイ家では、ルビーナがロンドンへと発っていく。またディヴィヤは婚活プロデューサーのヴェロニカの紹介で、ある男性を紹介される。そしてジェレマイアは、ビーチで倒れている患者の救助に向かう。

第7話「ロシアより愛をこめて」 FOOLS RUSSIAN

ハンクは行き先を知らされないまま、ボリスとヘリコプターに乗る。間もなく彼らが到着したのは、マンハッタンのペントハウスだった。そのころハンプトンズでは、エヴァンたちが大富豪の青年ブレイディの屋敷を訪ねていた。彼は“ハンク・メド”創業当初からの顧客で、契約の満了を迎えていた。エヴァンはどうしても契約を更新させたいと思い、ある秘策を用意していた。一方ディヴィヤは、父親デヴェッシュの看病に専念している。

第8話「ローソン動物記」 MANIMAL

ボリスの友人ディミトリが、商談と治療を兼ねてシャドーポンドを訪れる。だが彼は、相変わらず無節操な暮らしを続けている。これを見たハンクは治療の一環としてある提案を行なう。そのころ“ハンク・メド”は、診療所扱いで新規の患者を診ることになる。それはカダイ家の知人で獣医のトムだった。彼は結婚生活が破綻し、泥沼の訴訟を抱えていた。その影響か、数週間前から体重の減少や下痢など、さまざまな不調に悩まされていた。

第9話「ジェレマイアの心」 BUSINESS AND PLEASURE

ハンプトンズでスポーツカーのモーターショーが開催される。いち早く会場を訪れたエヴァンは、赤のフェラーリに注目する。このときエヴァンの起こした行動から、ハンクはフェラーリの持ち主を診察することに。彼女はサムといい、数週間前から不眠や疲労などに悩まされていた。実はサムには、意外な秘密があった。そのころディヴィヤとジェレマイアは、JJという男性を診察。妻の話によると、彼には産後抑うつ症の症状があった。

第10話「本当の私」 WHO’S YOUR DADDY?

ハンクたちは、ポロの大会で医療スタッフとして働く。このとき、チームのオーナー兼選手のブラドックが落馬する。スター選手のラファは心配そうに様子を見守るが、ハンクはけがの様子からあることに気づく。また、会場ではさらにけが人が出る。そのころハンプトンズには、コリンズ夫妻が遊説先から一時戻ってくる。エヴァンとペイジはこれを機会に、2人とエディを引き合わせると決める。

第11話「ポップスターの秘密」 DANCING WITH THE DEVIL

“ハンク・メド”に超ビッグなセレブから依頼が舞い込む。それは自由奔放で知られるポップシンガー、アヴァだった。彼女は6週間ほど前から体調不良に悩まされていた。そのころシャドーポンドには、マリサがカルロスを連れてやってくる。彼女には今、ある悩みがあり…。一方、エヴァンとペイジはニューヨークに来ており、この日は、ペイジの希望する講座の受講生が発表されることになっていたが…。

第12話「母の願い」 HURTS LIKE A MOTHER

“ハンク・メド”に新たな患者が現われる。それはジャッキーとフィオナの親子で、2人は見た目も性格も趣味も対照的だった。そのころペイジは、コリンズ夫妻に対する不信感がぬぐえず、すっきりしない日々を過ごしていた。一方ディヴィヤは、ラファとの燃えるような恋を継続していたが、ラファにある異変が現われ…。またハンクとハーパーは、互いに多忙ななかでデートを重ねていた。

第13話「遠い海に浮かぶ夢」 SOMETHING FISHY THIS WAY COMES

“ハンク・メド”に新たな顧客が現われる。それは、医薬品のセールスを行なうタリアという女性だった。彼女はしばらく前から目のかすみなど、体調不良を覚えていた。そのころハンクのもとに、ある人物に関する1本の電話が入る。一方エヴァンは“ペイジの母親だ”と主張するルーと話をする。ペイジの出生の秘密が明かされて以来、彼らのもとには似たような問い合わせが殺到していた。だがエヴァンはルーに対し、予感めいたものを感じる。

第14話「現実の前で」 SAND LEGS

“ハンク・メド”は、ビーチバレーの大会で医療スタッフの仕事を請け負う。そこでハンクはプロを目指すキャメロンという選手に出会う。彼女は咳を繰り返し、吐き気があった。そのころディヴィヤは仕事を休み、ラファと行動をともにしている。ラファは先日、下着ブランドのモデルの仕事を受けており、いよいよ撮影が始まろうとしていた。一方ペイジは、街で偶然ルーと再会したのをきっかけに交流を深めていく。

第15話「結婚協奏曲 前編」 OFF-SEASON GREETINGS PART1

ハンプトンズに冬が訪れ、街は華やかな雰囲気に包まれる。そのころゲストハウスでは、エヴァンとペイジの結婚式を間近に控え、着々と準備が進んでいく。また、彼らのもとには遠い親戚のオーウェンや、ローソン兄弟の故郷パセーイクでベーカリーを営むウィニーがやってくる。実はウィニーには、ハンクとの間にある事情があった。間もなく、一行は男女別々に独身さよならパーティーへと出かけるが、事態は思わぬ展開を見せる。

第16話「結婚協奏曲 後編」 OFF-SEASON GREETINGS PART2

ハンプトンズに戻ったハンクは、知人や友人の治療に駆り出される。まずハンプトンズ記念病院からオーウェンが退院し、ゲストハウスに戻ってくる。ところが彼は突然倒れてしまう。原因は意外なモノにあった。一方、ケンの恋人バービーも雪のなかで思わぬ事態に陥っていた。そんな中、ハンプトンズでは降り始めた雪が時間を追うごとに酷くなる。そうしてエヴァンとペイジの大切な結婚式に、少しずつ影響を及ぼし始めるのだった。


Season5 エピソード

第1話「ハンク見守り作戦」 HANKWATCH

エヴァンとペイジの結婚式で倒れたハンクは、開頭手術を受ける。それから約半年、ハンプトンズには再び夏が訪れる。そのころ記念病院では買収話が持ち上がり、その影響でERが閉鎖され、“ハンク・メド”には患者からの依頼が殺到していた。そんな中、新たな依頼が舞い込む。1人は患者用パジャマのデザインを手がけるエリカ。もう1人は、地元の名士バラッド家の女性ブライズだった。

第2話「反撃のハンク・メド」 BLYTHE SPIRITS

ブライズの申し立てにより、“ハンク・メド”にシャドー・ポンド内での業務停止命令が下る。そんな折、ハンクは対向車が横転するのを目撃する。救助しようと駆けつけた彼は、ドライバーが意外な人物だと気づく。一方、ハンプトンズ記念病院は医療系の大企業シンフォニー・ヘルスの下、ERの再開に動き出す。このときハンクは重役のシェルビーからある提案を受ける。その頃、妊娠の判明したディヴィヤは不安定な日々を送っていた。

第3話「再会は突然に」 LAWSON TRANSLATION

“ハンク・メド”はブライズの策略で3日間の営業停止に追い込まれる。ハンクはこれを機会にブダペストを訪ね、ボリスのいとこミロシュと会う。彼はボリスの早すぎる死を嘆き、ハンクにある事実を告白する。その頃、ディヴィヤとジェレマイアはシンフォニー傘下の総合病院を見学するため2人でサヴァナへ。エヴァンとペイジはハンプトンズに残り、2人きりで過ごすと共にブライズ対策に乗り出していた。

第4話「ローソン兄弟のパニック」 PREGNANT PAWS

ディヴィヤとジェレマイアの視察旅行後、“ハンク・メド”に新たな依頼が舞い込む。1人目は犬の預かり施設を運営するマヤという女性だ。彼女は3日前、犬に腕を引っ掻かれており、ハンクとディヴィヤが診たところ腕が腫れ上がっていた。2人目の患者はDJのG(ジー)。彼は大学時代からの友人キキとラジオ番組で司会をしており、喉の痛みに悩まされていた。その頃、ハンプトンズ記念病院には意外な人物がやってくる。

第5話「めまい」 VERTIGO

“ハンク・メド”は新たな患者サンティと出会う。彼は子供たちの楽団を指揮している途中で、舞台から転落したのだった。検査の結果、異状は見つからない。だが間もなくサンティは目眩を起こす…。一方、警察官のドンがハンクの再診を受ける。その頃、エヴァンは町議選に出馬するため、立候補に必要な署名集めに奔走していた。またペイジはインターンとして、ある家の作品を取り扱うこととなったのだが…。

第6話「厄介の虫」 CAN OF WORMS

ハンクとボリスはミロシュ逮捕の作戦を進める。そんな中、“ハンク・メド”は3人の患者を診ることになる。1人目はエヴァンの演説時に異議を唱えた市民、パット。公園で演説を聴いていた彼は、思わぬ事態に見舞われる。2人目はディヴィヤの隣人サンドラの息子マックス。彼はしばらく前から咳や鼻血といった症状を繰り返していた。3人目はダイエットに成功したミニー。彼女は腹の調子が悪いと訴えていた。

第7話「甘い同居生活?」 CHOCK FULL O’NUTS

ハンクはスポーツジムのスタッフ、ベンを診察する。彼は顎の痛みを訴えていたが、異状はとくに見つからない。一方ディヴィヤは、菓子職人のグリアを診察する。彼女は事業の拡大を目指していたが、人を雇って以来、呼吸が苦しくなるなどの体調不良に悩まされていた。同じ頃シンフォニーとの契約を巡り、交渉役のケンとシェルビーが激しく対立する。その頃エヴァンとペイジにも、ある出来事を巡って問題が起きていた。

第8話「オークションの行方」 HAMMERTIME

ミロシュが消息を絶ってから1週間が経過した。エヴァンは不安で眠れない夜を過ごし、ハンクとボリスは対応策を検討する。一方、何も知らないペイジはオークションの開催に向けて忙しい日々を送っていた。その頃ディヴィヤは新規の依頼を受ける。相手は熟年カップルの妻ビーで、依頼主は夫のバートだった。ビーは発疹や関節痛、微熱などの症状に悩まされていて…。

第9話「眠れぬ森の男たち」 PINS AND NEEDLES

エヴァンは対立候補エドウィナ・ボウマンとの討論会の準備に入る。一方、ペイジは屋敷を引き払う準備に追われていた。そんな中、エヴァンは討論会の主催者アリーを見かけ、彼女が頭痛に悩まされているのを知る。同じ頃、ハンクとジェレマイアはハンプトンズ記念病院に出入りする、生花店のフェリックスを治療する。またボリスはハンクを伴い、刑務所内の病院で療養中のミロシュを訪ねる。

第10話「ゲーム・オブ・フォーンズ」 GAME OF PHONES

ハンクは「ドンが不調だ」とモリーから聞き、検査を予約する。ところがドンは予約をすっぽかす。ハンクがボートハウスを訪ねたところ、ある騒動が起こっていた。そのころエヴァンは誕生日を間近に控え、いつも以上に浮かれていた。ペイジはそんなエヴァンに誕生日のサプライズがあることをほのめかし、仕事に出かけていく。そんな中、ディヴィヤが「母親のルビーナと恋人のマルチェロからイタリアに招待された」と告げる。

第11話「ハンクを救え!」 OPEN INVITATION

ハンクは薬物検査で陽性反応が出てしまう。これをきっかけに、“ハンク・メド”の人々はハンクが鎮痛剤を飲み続けていたことを知る。間もなくエディがゲストハウスにやってくる。彼はエヴァンから事情を聞き、ハンクの救出に名乗りを上げたのだった。そして、依存症の自助活動を行うレイシーに声を掛ける。その頃、エヴァンとペイジはぎくしゃくした関係が続いていた。また、ドンは相変わらず昏睡状態が続いていた。

第12話「運命の投票日」 A TRISMUS STORY

いよいよ町議選が始まる。この日、町には新しい選挙システムを取材するためレポーターのジーナがやってくる。彼女にはしばらく前から顎の痛みがあった。一方、エヴァンはジーナに促されブライズと一緒に取材を受けるが、事態は思わぬ展開に…。その頃、ハンクはシェルビーに呼び出され、薬物検査で陽性反応が出た点をシンフォニーの弁護士に追及されていた。

第13話「決断の時」 BONES TO PICK

サットン・アンド・チェスターフィールドが恐竜の化石「エマ」をオークションで扱うことになった。オークションにはラッセルの担当で、匿名の人物が参加することが決まっていた。また恐竜の鑑定作業には化石発掘のプロ、モニークが参加している。彼女は体中に発疹が出ており、大事をとってハンクの診察を受ける。このときラッセルにある出来事が起きる。


Season6 エピソード

第1話「怪しいゲスト」 SMOKE AND MIRRORS

ハンプトンズに初夏がやってくる。この日はディヴィヤの娘、サシの誕生を祝う伝統儀式と盛大なパーティーが開かれる。ハンクはイベントに合わせ、ボリスと一時帰国する。このときハンクは冬場、一時帰国した際に診察したランスと再会する。その頃ディヴィヤの元には元恋人のラファからメールが届いていた。それは彼のストーカーがハンプトンズに向かった可能性があるという一報だった。

第2話「家族集合!」 ALL IN THE FAMILY

突然ハンクたちの前に現れたエマは、自分の正体を明かす。このことはハンクとエヴァンにとって衝撃的な内容だった。その頃ハンクはケンの依頼で、テニス選手のアーロンとトレーシーを診察する。アーロンによるとトレーシーは本調子ではないと言う。またジェレマイアは医療部門のトップとして手腕を振るうが、ディヴィヤやサシとの共同生活に振り回されていた。

第3話「遠すぎない橋」 A BRIDGE NOT QUITE FAR ENOUGH

エマはエディと出会い、自分が実の娘であることを告げる。だがエディはエマの母親の名前を聞いた途端、不信感を募らせる。その頃ハンクは、アニーという女性を診察する。彼女はたびたび吐き気や息苦しさに襲われている。その症状はインフルエンザと似ていた。一方ディヴィヤはベビーシッターのティルダを雇い、フルタイムで仕事に復帰する。またジェレマイアはバーテンダーを治療した店を訪ねる。

第4話「モンテカルロの罠」 STEAKS ON A PLANE

エヴァンとペイジは「ハンガー・ゲーム」をテーマにエマの歓迎会を行う。このときある出来事がきっかけで、消防車が出動する騒ぎとなる。するとディヴィヤとジェレマイアは、署長のケヴィンが咳き込んでおり、呼吸が浅くなっていることに気づく。その頃ハンクはボリスに呼ばれてモンテカルロに向かっていた。そして現地に着いたハンクは、思わぬボリスの姿を目にするのだった。

第5話「顧客争奪戦」 GOODWILL STUNTING

ハンクとエマはジョギングに出かけた際ソチのメダリスト、リッキー・ホワイトと遭遇する。その頃、ペイジとラッセルは、イタリア系のレイから屋敷のコーディネートを依頼される。その時レイが体の痒みを訴えたことから、ペイジはハンク・メドを紹介する。一方ハンクたちはSNSで注目されているナンシー・コンラッドというダンサーの診察を行うことになる。

第6話「危険な男」 EVERYBODY LOVES RAY, MAN

ハンク・メドの人々はレイとの繋がりを深める。ペイジたちは彼の自宅に続いてレストランのコーディネートを任される。一方ハンクは、レイの店のシェフ、フランクリンを診察する。彼はアルコールに溺れた過去があった。またディヴィヤは、レースチームのクルーチーフ、デイヴを診察する。その頃エヴァンとジェレマイアはハンク・メドの新しい拠点「ハンク・ラボ」を作るため、不動産探しに奔走する。

第7話「エレキテルな夜」 ELECTIRIC YOUTH

ハンクとディヴィヤは、37歳のビリーを診察する。彼は「ハッピー主義」を掲げて日々、気ままに暮らしている。そんな彼はDJをしている時に感電し、味覚を失っていた。一方ジェレマイアはヴィヴィアナの友人ホープを診察する。彼女はしばらく前から首に鋭い痛みがあった。同じ頃ペイジとラッセルは順調に仕事をこなし、エマはさまざまなパーティーに出入りしていた。

第8話「モナコの恋」 I DID NOT SEE THAT COMING

ある雨の日、ハンプトンズに一人の美女が現れる。彼女はシャーロットと言う盲目の女性だった。一方ディヴィヤとジェレマイアはナオミという女性を診察する。彼女は不妊治療を受けており、副作用と思われる症状に苦しんでいた。その頃エマは「エマ・フー」というあだ名で、ちょっとした有名人になっていた。またペイジは敷物の一件でラッセルに対する不信感を募らせていた。

第9話「完成! ハンク・ラボ」 OH, M.G.

ハンク・ラボがオープンした。そんな中、ラボ近くで一人の男性が派手に転倒する。彼は香水ショップを開いている、サムという青年だった。その頃エヴァンは、エマやシンコの若い感覚に自分が付いていけないことに気づく。またジェレマイアはヴィヴィアナに、移民裁判を専門とする弁護士を紹介しようとする。一方ハンクはシャーロットとデートを重ねる。

第10話「異国の風に吹かれて」 GOOD AIR BAD AIR

ハンクとエヴァンは「レイが腹痛を訴えている」というペイジからの連絡を受け、ハンプトンズ記念病院に駆けつける。すると記念病院では思わぬ事態が待っていた。一方、調度品の返却を行っていたラッセルは、自分のせいで一人のメイドが窃盗の疑いでクビになったことを知る。その女性はウェンディと言った。同じ頃ハンクは、ボリスの依頼でアルゼンチンへ行くことが決まる。

第11話「エヴァンの決意」 HANKMED ON THE HALF SHELL

ハンクはアルゼンチンでトビアスの治療に当たる。一方ディヴィヤはロレーナにサシを渡して欲しいと訴える。その途中で、ロレーナの腕に大きな発疹があることに気づく。またハンプトンズではレイが銃撃されたことで、エヴァンとペイジが大きな決断を迫られた。同じ頃ジェレマイアは、モデルのスローンを診察する。彼女はCMの撮影で街に来ていたが、いくら食べ物を飲み込もうとしても吐き戻していた。

第12話「オズの正体」 A BIGGER BOAT

ハンクとエヴァンは、エマが処方箋の用紙を盗んだことを突き止める。エヴァンはこのことをペイジに相談する。一方ハンクはエマからシンコの診察を依頼される。彼はしばらく前から手首に違和感があった。同じ頃、ディヴィヤとジェレマイアはボートハウスを経営する青年チェイスを診察する。彼は頭痛や関節痛を訴えるが原因は分からない。ボート作りの際にはマスクを着用しており、毒物を吸い込んだ様子はない。

第13話「無敵の兄弟」 GANGING UP

ハンクたちはエマの行方を必死に捜す。だが馴染みの警察官ドンの所にも目立った情報は上がってこない。この頃、町には懐かしい人物が姿を見せる。ハンク・メドと記念病院で勤務していたポール・ヴァンダイクだ。彼が戻ったのには理由があった。同じ頃ヴィヴィアナの移民裁判が行われる。このときディヴィヤには思わぬ出来事が待っていた。またエヴァンとペイジはボブのセラピーを卒業しようと決意する。


Season7 エピソード

第1話「パーティーは続く」 REBOUND

ハンプトンズに再び夏がやってきた。ハンクとディヴィヤはニューバーグ夫人の依頼で彼女の家を訪れる。彼女の家では「52回のパーティー」というリアリティ・ショーの撮影が行われており、ガーデニングに挑戦していた進行役のオーブリーが誤ってハサミで手を傷つけてしまう。オーブリーは最近、同じようなうっかりミスが増えていると語る。同じ頃、ハンクは恋人シャーロットとの関係を進めるべく、ある決意をしていた。

第2話「ハンクの恋愛レッスン」 FALSE START

ハンクは、トライアスロンの練習に励む青年ジョシュを診察する。彼はこのところ体調が優れず、終盤にくるとバテてしまうとのことだった。そんな中、ハンクはジョシュがデートサイトを通して今の彼女と付き合い始めたことを知り、彼にアドバイスを求める。同じ頃、子供を車に置き去りにしたと警察に誤解され逮捕されてしまったディヴィヤは、ジェレマイアにより釈放されるが、逮捕時の動画がネットに流れてしまう……。

第3話「ドクターはアクター?」 PLAYING DOCTOR

ハンプトンズ記念病院に人気俳優のコール・チャップマン・スミスがやってくる。 この日、彼はパパラッチのティムともみ合いになって腕を負傷するが、治療もそこそこに出ていこうとする。このためエヴァンは、彼のプライバシーを考慮してハンクを紹介する。ハンクの処置を受けたコールは、彼の適切な指摘や豊富な知識に感心し、次回作の参考のためハンクの診察に同行させて欲しいと言い出す。

第4話「ペイジの気持ち」 THE PRINCE OF NUCLEOTIDES

ハンクはダンスのサマーキャンプに来ていたアンナを診察する。彼女は激しい息切れを起こして倒れ、ハンプトンズ記念病院に搬送される。ハンクの予想通り、彼女は肺血栓塞栓症を引き起こしていた。この時ハンクはエストロゲンを含む避妊薬の服用を疑うが、アンナにはある事情があった。同じ頃、不妊治療を続けていたエヴァンとペイジは、予期せぬ出来事に遭遇する。一方ジェレマイアの元には大学時代の同級生ジムが訪ねてくる。

第5話「秘密の部屋」 VOICES CARRY

ハンクはオリンピアと一緒にニューヨークへ行く。彼女は国連で健康をテーマとする会議に出席する予定があった。この時、通訳のミーナが国連ビルの前で肩を脱臼し、ハンクが救助する。一方エヴァンは、ボリスから信頼されていないという気持ちが日増しに強くなり、院内の改善に全力を注いでいた。その過程で彼は、院内に隠されていたある秘密に行き着く。同じ頃、ペイジは自宅の改装工事が遅々として進まず苛立ちを募らせていた。

第6話「エヴァンの極秘任務」 SECRET ASIAN MAN

ハンクは古くからのライバルで友人のケン・ケラーから呼び出される。この時ケンは胃のむかつきを訴える。一方ディヴィヤは、久し振りに漁師のジムを診察する。彼は少し前から体調不良を訴えており、姪のミミが心配して連絡してきたのだった。同じ頃ハンク・メドではジェレマイアの行方が分からなくなり、ハンクとディヴィヤは関係者に連絡を取り、必死に行方を捜す。

第7話「予期せぬ訪問者」 LAMA TRAUMA

秘密の手術室に来たエヴァンは、チベット仏教の高僧と思われる少年と出会う。その場にはハンクもおり、少年のケアに当たっていた。どうやら少年は重大な疾患を抱えているようだった。同じ頃、ハンプトンズ記念病院ではエヴァンの部屋から鳥が入り込む。彼は捕まえようとするが、鳥はわずかなタイミングで逃げたり急に姿が見えなくなったりする。その頃、ディヴィヤは元婚約者のラージから思わぬ話を聞かされる。

第8話「明日への一歩」 LENDING A SHOULDER

ハンクは新規の依頼でブルースという中年男性の診察をする。彼は結婚式を翌日に控え、ヨットで足を捻挫していた。そのときちょうどブルースのフィアンセが現われるが、その人物はなんとハンクとの婚約を破棄したニッキだった。一方、エヴァンとペイジは、出産を控えたエランをハンプトンズに迎える。同じ頃、ディヴィヤは祖母の具合が良くないという知らせを受ける。この祖母は、ラージとディヴィヤの結婚を決めた人物だった。


Season8 エピソード

第1話「エディの結婚式」 STRANGER DANGER

ハンプトンズに夏が訪れハンク・メドは業務を再開する。ハンクはコンシェルジュ・ドクターとして働き、エヴァンはハンプトンズ記念病院の病院長として、ディヴィヤはラージとの子供を妊娠し、医学校に願書を提出している。ジェレマイアは希少遺伝疾患研究室での仕事を続けながら診察に復帰する。そんな中、エディがニューバーグと結婚するという知らせが飛び込んでくる。ハンクはエディに別の意図があるのではないかと不安になる。

第2話「危険な映画撮影」 PALPATING THE ORBITAL RIM

ハンクはハンプトンズの通りで炎に包まれた女性が屋上から落ちるのを目撃するが、それは映画の撮影だった。このスタントを行ったレイチェルは、先日も顔面を強打していた。同じ頃、ハッキング騒ぎのあったハンプトンズ記念病院ではエヴァンがIT部門のルイスやボリスの指導のもと、ハッキングの事実を公表する。するとその直後に入院中のダイアナ・アンダーヒル候補が子宮内膜症だという情報が流出し、各局が一斉に報道する。

第3話「香港大作戦」 FLY ME TO KOWLOON

香港を訪れたハンクとボリスは、現地で開かれている製薬サミットで、ボリスが希少な遺伝疾患であることを発表する。これは二人のある作戦だった。一方ハンプトンズではディヴィヤが債権回収業の青年を治療する。彼は急に倒れたり、咳が治まらず、肺に異常音が認められた。しかし原因は分からない…。同じ頃エヴァンとペイジは、ラージから体外受精で双子を授かったという話を聞く。こうして二人は体外受精に挑戦することを決断する。

第4話「愛と哀しみの再会」 DOUBT OF AFRICA

ジルが慈善活動の寄付集めのためハンプトンズに戻ってくる。ハンプトンズ記念病院のERで偶然に再会したハンクは喜ぶが、ジルの隣にはイケメンの好青年ハンスがおり、親しい二人の姿を見てハンクはショックを受ける。まもなくハンスが先日シエラレオネに出かけ現在微熱があることが判明し、エボラ出血熱の疑いで隔離措置に。ハンクはただの連鎖球菌だと説明するが、しばらくするとハンスの容態が急変。エボラ出血熱の末期に似た症状が現れる。

第5話「恩師の願い」 SAAB STORY

ディヴィヤは第一志望のジョンズ・ホプキンズ大学への入学がまだ決まらず、すでに合格しているストーニーブルック大学に見学へ行く。そこで教鞭をとるハンクの恩師ウィットコム教授に会うため訪問したのだったが、彼はハンクのことをよく思っていない様子。そこでハンクが会いに行くと、彼はハンクがERを辞め、コンシェルジュ・ドクターになったことを批判する。ハンクがコンシェルジュ・ドクターになった経緯を訴えているとき教授が突然倒れてしまい…。

第6話「ホームシック」 HOME SICK

ハンクは探偵を使い、エディの居所を突き止める。エディは大動脈弁狭窄症を治療するためパセーイクの病院に入院していた。ハンクが病院を訪ねるとエディは既に退院してローソン兄弟の育った実家におり、手術後に発症した前立腺炎で動けなくなっていた。ハンクはこれを適切に処置しハンプトンズに連れて帰ると、彼は結婚式をすっぽかした理由をハンクに告げる。彼は、孤独死が嫌だという理由で結婚を決めたことで自分を責めていたのだった。

第7話「音楽に愛を乗せて」 THE GOOD NEWS IS…

キャストたちが歌って踊る、シリーズ初のミュージカル・エピソード! エディとニューバーグの結婚式が改めて行われることになったが、エヴァンはまだエディを許せずにいた。結婚式にはニューバーグの親友でブロードウェイ・スターのアネッタが出席するが、彼女はこのところ不眠や体の衰え、記憶障害といった症状に悩んでおり、アルツハイマー病の可能性があった。間もなくアネッタはけいれん発作を起こして倒れてしまう。

第8話「それぞれの未来へ」 UNINTERRUPTED

エディとニューバーグの結婚式の翌朝、ハンクとエヴァンはボリスがいないことに不安を覚え、シャドー・ポンドに忍び込む。室内からはボリスの私物が消えており、消毒薬の匂いが充満していた。ボリスは一族のある理由から世間から姿を消すと決めたのだった。そしてボリスのカルテを処分していたハンクは、彼がある血筋であることに気づく。一方、ディヴィヤはジョンズ・ホプキンズ大学に合格し、ハンクもとうとう進むべき道を心に決める。


U-NEXT
ロイヤルペインズ 救命医ハンク royal pains

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

 
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus