プリティ・リトル・ライアーズ

プリティ・リトル・ライアーズ

シーズン数7
IMDbスコア7.5/10
ジャンル ミステリー, 青春
主要出演者ルーシー・ヘイル トローヤン・ベリサリオ
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

ペンシルベニア州ローズウッドの高校に通う美少女5人組のうち1人が、ある日の夜に忽然と失踪した。そして事件から一年が経ったある日、残された4人の元へ謎のメールが送られてくる。そのメッセージは、誰も知るはずのない4人の秘密に触れるものだった…。

プリティ・リトル・ライアーズの感想

デスパレートの妻たち」が好きな人ならハマるドラマです。こちらも謎が謎をよぶストーリーになっているので、好きな人が見出したら止まらないかもしれません。

プリティ・リトル・ライアーズを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編


【プリティ・リトル・ライアーズ】トレーラー – YouTube


DVD【予告編】「プリティ・リトル・ライアーズ <ファイナル・シーズン>」 – YouTube

Season1 エピソード

第1話 差出人は”A”

リーダー格のアリソンが失踪して1年。同じグループだったアリア、スペンサー、ハンナ、エミリーは疎遠になっていたが、ある日を境に4人のもとに“A”と名乗る人物からメールが送られてくる。

第2話 ジェンナの帰郷

アリソンの失踪当夜をめぐる数々の疑惑が浮上し、4人の苦悩は続く。さらにジェンナの帰郷をきっかけに忌まわしい過去がよみがえり、4人が結束するきっかけとなった“ある出来事”が蒸し返される。

第3話 罪なき女子高生の死

因果応報の意味を誰よりもかみしめる4人は、“アリソンを偲ぶ会”を企画する一方で、複雑な問題を抱えていた。アリアは父親の愛人メレディスと気まずい鉢合わせ。エミリーはトビーに疑念を抱く。

第4話 私の声が聞こえる?

“A”のいやがらせにうんざりした4人は不審な送り主からの電子メールや携帯メールをすべてブロックする。しかし正体不明の亡霊を遠ざけたからといって、トラブルの種が尽きるわけではない。

第5話 つらい現実

“A”を無視したツケが4人に返ってくる。ひとりは家庭崩壊の危機を迎え、ひとりは身に覚えのない賞賛を受けて親との関係がこじれ、ひとりは恥ずかしい作業服を着て借金を返すために働くことに。

第6話 悪夢の学園祭

学園祭に向けて、ローズウッド高校の実行委員はキャンパスの飾りつけに大忙し。女子生徒は“学園祭のクイーン”の座を狙って盛り上がっていたが、4人はそれを遠巻きに見ているだけだった。

第7話 ゆうべの余韻

悲劇の学園祭から一夜が明け、4人は事態の収拾に乗り出す。もはや親も、兄弟も、友達も、ボーイフレンドも信用できないが、先手を打たなければ、状況は悪くなる一方だった。

第8話 波乱の除幕式

前々から計画してきた“アリソンを偲ぶ会”が開催される運びになった。最後の準備に追われる4人の前に、アリソンの兄ジェイソンが現われる。だがジェイソンの目的は妹の追悼ではなかった。

第9話 パーフェクト・ストーム

全国統一試験(SAT)の当日、ローズウッドの町に暴風が吹き荒れ、SATは急遽延期される。しかし校内に閉じ込められた4人は、テストの中止を喜ぶ間もなくトラブルに見舞われる。

第10話 味方は近くに置け

アリソンの失踪事件に関する新たな物証が見つかり、FBIがローズウッドに乗り込んでくる。4人は誕生会を兼ねたグラムキャンプ(豪華なキャンプ旅行)に誘われるが気がすすまない。

第11話 急展開

何もかもお見通しの“A”は脅迫だけでは飽き足らなくなったのか、巧妙で危険なゲームを仕掛けてくるようになる。4人はそれぞれの秘密を隠しつつも、アリソンが失踪した夜のことを探り始める。

第12話 消えない傷

ハンナが退院の日を迎えたことは喜ばしいが、車椅子に乗せられ“A”の影におびえる姿は悲劇のヒロインを思わせた。ほかの3人はハンナを支えながら、自身のトラブルにも対処しなくてはならず…!?

第13話 仮面の敵意

ローズウッドの不安定な人間模様に4人は翻弄される。ハンナはトラブルメーカーに逆戻りするのか、“A”の指令を毅然とはねのけることができるのか。そんな4人の前に思わぬ救世主が現われ…!?

第14話 いけない願いごと

ローズウッド高校では修学旅行の資金を集める名目でダンス大会が開かれることに。しかし4人は募金活動どころではない。アルバイトがなかなか見つからないハンナに“A”はある仕事を依頼するが…!?

第15話 ウソも方便

元の生活を取り戻したい4人だったが、水泳部のペイジは部活動に復帰したエミリーに脅威を感じ、嫉妬心をむき出しにする。アリアとエズラは秘密にしてきた交際をオープンにすることを考えていた。

第16話 昨日の敵は…

ローズウッド高校水泳部の“ローズウッド・シャークス”が出場する競泳会は4人にとって波乱の舞台に。エミリーとペイジの対立は第2ラウンドに突入し、アンカーの座をめぐって死闘を繰り広げる。

第17話 変わり果てた日常

教師と保護者の面談会で、内緒の恋人と父親が対面する。誰にも相手にされないクラスメートに手を差し伸べる。ライバルの告白に心が揺れる。信じてはいけない相手に深入りする。

第18話 悪魔の素顔

不安と恐怖と疑惑が日増しに募り、4人は“A”の正体を想像せずにはいられない。それは4人を恨む彼女なのか、裏の顔をもつ義理の兄なのか。あるいは見ず知らずの誰かが4人を翻弄しているのか。

第19話 重要参考人

ショッキングな警察発表を受けて4人は嫌疑をかけられ、オオカミ少年扱いされる。すべての状況証拠はイアンが真犯人であることを指しているのに、どこでどう間違えたのか。

第20話 誰かが見ている

ローズウッドでは誰もが隠し事をしているがバレるのは時間の問題。捜査当局はアリソン事件の解明に全力をあげ、スペンサーを“重要参考人”と決めつけるが、4人は身近な人物に疑いの目を向ける。

第21話 モンスターの正体

ローズウッドの市民祭はまるで“秘密の見本市”だ。男女関係であれ、身元であれ、思惑であれ、誰もが何かしらを隠している。アリアとエズラの秘密の関係はいつまで続くのか。

第22話 誰かのために鐘は鳴る

4人はアリソンが残した手がかりを入手し、今度こそ“A”の暴走とアリソンの事件に終止符を打とうと意気込むが、4人の推理を裏づける確証はどこにもない。それでも4人は“A”の正体を暴けるのか。

Season2 エピソード

第1話 まだ生きている

いまやアリア、エミリー、ハンナ、スペンサーの4人は町中の噂になっていた。イアンの遺体は忽然と消え、ローズウッドの住人はゆうべの教会で本当は何があったのかと首をひねる。

第2話 別れのとき

しばらくの間、別々に行動せざるを得ない4人だが、今ほどお互いが必要なときはない。エミリーは一家でテキサスに引っ越すことになり悶々とするが、大学のスカウトからスポーツ特待生の話があり…!?

第3話 トラブルメーカー

親が決めた“冷却期間”が明けるまで、4人には何か気晴らしが必要だ。アリアはホリス大学で陶芸のクラスを受講することにした。しかし、ジェンナも同じクラスを受講していることがわかる。

第4話 ブラインド・デート

ハンナの計らいで、ルーカスは憧れの女の子とデートすることに。ハンナはルーカスの力になろうとするが、ケイレブの介入によってハンナの善意は裏目に出てしまい、ルーカスのデートは悲惨なことに。

第5話 野放しにされた悪魔

イアンに関するショッキングな一報がローズウッドをかけめぐる。4人とその家族はようやく訪れた事件の結末に複雑な思いを抱く。しかしエミリーだけは事件はまだ終わっていないと確信し…!?

第6話 執着

ローズウッド・チャリティ・ファッションショーが開催される日、4人の前にアリソンの母親ジェシカ・ディローレンティスが現れ、娘に代わってファッションショーに出演してほしいと訴える。

第7話 表面張力

今日は引っ越しの日。新しい我が家に移るエミリーは、環境になじむことができず疎外感を覚える。心穏やかでないのはハンナも同じだが、その理由はケイレブにあった。

第8話 招待状

ウソを重ねてきたエミリーにツケが回る。父親の訪問と競泳会前のプレッシャーがストレスになってエミリーは体調を崩し、病院に搬送。父親に入学許可書の件を話すことを考えると気が滅入るが…!?

第9話 心に描くもの

ジェイソンがローズウッドに戻ってくる。多くの謎につつまれた彼を信用せず、帰郷の動機に疑いを抱く者もいれば、違和感を覚える者もいる。4人も例外ではない。

第10話 天使のような“A”

ハンナは、将来義理の姉妹となるケイトにいいところを見せようとして親切に振舞うが、その行動が反対に悪い結果を引き起こしてしまう。その上“A”はエミリーを激しく非難し、彼女を追い詰める。

第11話 告白

“A”の脅迫に振り回されたエミリーは限界に達していた。彼女を救うために、唯一信頼できて自分たちの秘密を守ってくれる人物、アン・サリバンのところに向かう。

第12話 我が屍を越えて

4人は重大なミスを犯してしまう。“A”の支配を振り払うことのできない彼女たちは、その代償を払わねばならなくなる。時間が刻々と迫る中、親友を救うため “A”の命令を遂行することになる。

第13話 初めての秘密

アリソンが失踪する前のハロウィンでのこと。5人の親友たちはパーティを楽しみに待つ。アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーの興味はノエルのハロウィン・パーティに招待されるかどうかだった。

第14話 苦難と誘惑と罠

アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーが逮捕されて1ヵ月が経ち、4人の少女たちにはもはや親友とは言いがたい、険悪なムードが漂っている。いったい何が彼女たちをこれほど分裂させたのか?

第15話 “A”の協力者

“A”と遭遇しそうになった4人は、自分たちが“A”の正体をつかめるほど近づいているのかもしれないと思い始める。そして4人はハッキングを得意とするケイレブに協力を依頼するが…!?

第16話 追いつめられて

ルーカスが行方不明になり、湖で起こったことについて質問攻めにされたハンナ。ケイレブは友達を探し出そうと決心するが、ハンナはその手助けを渋り、かえって事を大きくしてしまう。

第17話 盲人を導くブロンド

4人は“A”のせいで多くの犠牲を払ってきた。特に愛に関しては。トビーはスペンサーが何か隠していることを知りながらも、彼女を追い求めている。スペンサーは必死でトビーの安全を守ろうとする。

第18話 偽りのキス

ハンナはケイレブのことをアリア、エミリー、スペンサーに話したあと、3人の態度がよそよそしく何かをたくらんでいるように感じたが、それが何なのかはわからない。

第19話 紛れもない真実

ローズウッド高校の“真実を語る日”は、学校の生徒たちにとって、不満をぶちまけ、いじめを防止するチャンス。4人にとっては、いくつかの緊急課題に対する答えを得られるチャンスでもある。

第20話 CTRL: “A”

“A”の電話の解読に関わったケイレブを“A”は懲らしめることにする。ワイルデン刑事とギャレット刑事は、偽のハッキング行為をおこなったとしてケイレブを告発し彼のコンピュータを没収するが…!?

第21話 暗号解読

“A”はずっと、アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーをゲームのターゲットにしてきた。そのために4人は家族や友人たちから心を閉ざし、孤立するしかなかったのだ。

第22話 父と娘

罪の意識にさいなまれる父親。自分の娘を信用できない父親。娘に秘密を隠している父親。行動に移すことができない父親。そんな父親たちにとってありがたくない時期がやってきた。

第23話 それぞれの見方

アリソンが死ぬ前に知っていたことを何とか探り出したい4人の前に、生前のアリソンを知る人物が現れ、大きな手がかりを得る可能性が出てくる。ダンカンは答えにつながる鍵を握っているようだが…!?

第24話 この人形が話せたら

新しい手掛かりの意味を探ろうとする4人は、人形を修理する店に導かれる。そこには見覚えのあるいくつかの人形が置かれ、口にする以上のことを知っていそうな少年がいた。

第25話 仮面の正体

ローズウッドで開かれるジュニアリーグの仮面パーティは“A”にとって巧妙なゲームを仕掛ける完ぺきな場所。だが逃げ足の速い少女たち4人とのゲームを、“A”はこれで終わらせるつもりなのか?

Season3 エピソード

第1話 “あの夜”の出来事

モナが“A”だったことについて、そしてエミリーの友達マヤの死について、アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーの4人が真相を知り、ひと夏が過ぎたところから物語が始まる。

第2話 蘇った記憶

“A”からの新しいメッセージが届き、4人は苛立つ。この新しいゲームのプレイヤーは、少女たちに関心があることを見せつける決意のようで、急いで計画を練らねばならない。

第3話 偽りの盲目

母親ヴェロニカ・ヘイスティングスが依頼人としてギャレットを引き受けた裏には、何らかの理由があるとスペンサーは確信する。スペンサーは疑いをもち始めるが…!?

第4話 疑惑の羽飾り

少女たちが抱える秘密の中で、いくつかはほかの誰かと共有できるが、それ以外の秘密は、どんな犠牲を払ってでも隠し通しておくべきである。秘密を明らかにしようと決心したとき…!?

第5話 青い毒薬

ジェンナの贅沢な誕生日パーティは出来過ぎた話に思える。刑務所を出たギャレットが、同じ夜、病気療養中の母親を訪ねたことがわかった時、そのタイミングの良さがただの偶然とは考えにくいからだ。

第6話 “A”の名残り

ギャレットから大きな手掛かりを得たハンナとスペンサーは、それぞれのミッションに取りかかる。一方、エミリーは、“あの夜”の別の出来事を思い出し、意外な容疑者へと導かれていく。

第7話 新たな謎

アリソンの殺人事件に新しい証拠が持ち上がり、ワイルデン刑事の訪問を受けたハンナは、“A”が自分を陥れようとしているのかもしれないと恐れる。被害妄想が広がり…!?

第8話 驚きの告白

エミリーはマヤを失った悲しみに苦しむだけでなく、“あの夜”誰かが自分に薬を飲ませたこと、そしてそれがペイジにどんな影響を与えているかを知って苦しんでいた。

第9話 真実を探るゲーム

アリアとスペンサーは自分たちが探している答えを得るために、自分たちの“真実”を喜んで投げ出すことができるのだろうか? その頃ハンナは、ケイレブに関するメールを“A”から受け取っていた。

第10話 犯人は別の人

ノエル・カーンと彼の家族が所有するキャビンが、“あの夜”とマヤの失踪に何か関わりがあったことを知り、少女たちはそのときの断片をまとめようとする。

第11話 ある少女の過去

アリアは、エズラとの関係を前進させるには、エズラが過去から前に踏み出す手助けをしなくてはならないと感じていたが、アリアは自分が予想していた以上のことを発見してしまう。

第12話 レディキラー

“A”からの和解は本物なのか? それとも罠なのか? その間、アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーは彼女たちにとても近い人間が“A”のチームだったことがわかり、裏切られた気持ちになる。

第13話 ゴーストトレイン

楽しいハロウィーンを過ごすことを、4人は楽しみにしている。だが、一度ローズウッドのゴーストトレインに乗車した彼女たちは、子供っぽいハロウィーンの風物詩以上のことに遭遇する。

第14話 戻ってきた彼女

ラドリー病院はモナに健康証明書を発行し、少女たちの不安に反して、モナがローズウッド高校に戻ってくる。彼女たちをいじめていた人物が、今彼女たちの生活に戻ってきた。

第15話 反撃

学校のマラソンでショックな出来事が起こったのちアリア、エミリー、スペンサーはモナが昔のように罠をたくらんでいると確信するようになる。まだ昔の友人に希望をもっているハンナは半信半疑だ。

第16話 裏切り

アリアが風邪で外れ、ハンナとエミリーは自分たちだけで新しい手掛かりを追いかけることにする。驚いたことに、父親がいない間、メレディスがアリアの世話を申し出てきた。

第17話 衝撃の事実

誰にでも秘密はある。だが、4人の秘密は大き過ぎて、抱える秘密すべてが彼女たちを押しつぶそうとしているかのようだ。アリアはエズラに彼の息子のことを話すべきだとわかっているが…!?

第18話 重大な秘密

アリソンの遺体が家族のもとに戻ってきた今、ディローレンティス家はアリソンをきちんと埋葬する準備に入る。そして4人は再び友人に別れを告げる機会を得るのだった。

第19話 恋に破れて

心の問題に関して、人はそれぞれ異なる反応を示す。今でも別れに押しつぶされそうなスペンサーは、心を沈み込ませたまま、自分の怒りと傷ついた気持ちをモナにぶつける始末。

第20話 窮地

ローズウッドの住人たちの中にも、躍起になるワイルデンに対して、どこまで彼が秘密を守ろうとしているのかを知りたいと考える人間が現れてくる。その間、スペンサーが頼れる人物を見つけ出す。

第21話 去る者は日々に疎し

ハンナは、アシュリーがひき逃げ事故に巻き込まれたあと、母親の手助けに没頭している。今、隠すべき新しい秘密をもったハンナは、“A”がそれにも何か関わっているのではないかと疑い始める。

第22話 永遠の絆

アリア、エミリー、ハンナは姿を消したスペンサーの居所を探り出そうとする。彼女たちには最近スペンサーが彼女らしくないことはわかっていたが、失踪するほどまでに思いつめていたのだろうか。

第23話 操り人形

“A”がゲームを続ける中、リスクはどんどん高まり、4人は難しい立場へと追い込まれていく。エズラの新しい家族の状況に絶え間なく悩まされるアリアは、エズラとの関係を真剣に考え始める。

第24話 危険なゲーム

怒り心頭に発した彼女たちはゲームを終わらせようとする。スペンサーは家に戻るが、1日前に彼女のもろさを見たアリア、ハンナ、エミリーは、この友人が完全に復帰したとは確信できずにいる。

Season4 エピソード

第1話 終わらない“A”

アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーは山荘の火事をきっかけに、“A”の新しい手口を必死になって暴こうとする。だがその答えを知るために、モナに頼るしか方法がなかった。

第2話 泥まみれの靴

ディローレンティス夫人の存在が、ローズウッドの住民を不安にさせる。特にハンナが夫人から譲り受けたオウムは、アリソンの最後の日を再現するかのようなに真似をする。

第3話 次なる標的

ハンナは母親が危険な秘密を抱えていることを心配し、どんなことをしても母親を守ろうと決心する。それが原因で、ホルブルック刑事と会っても居心地が悪い。

第4話 疑惑のマスク

ホルブルック刑事の相棒、タナー警部補が町にきて、4人を厳しく取り調べ、ワイルデンの死との関連性をつかもうとする。“A”に操られ、両親の不当な監視下に置かれたエミリーはパニックを起こす。

第5話 隠し部屋

スペンサーとエミリーは近くの大学を訪れる計画を立てるが、2人のキャンパスでの課題は、大きく異なっている。スペンサーはアリソンとこの学校とのつながりを見つけ出すことに集中し…!?

第6話 暴かれた銃

母親を守ろうとしたことで、警察との関係が悪くなるハンナ。見つけるべきではなかったものを見つけてしまったハンナは、両親と警察に何とか説明しようと試みる。

第7話 猛烈な突進

ケイレブとトビーは“A”について、そして山小屋での火事の夜に何があったのかを調査するためにチームを組む。そして“赤いコート”の新しい正体を示す新しい情報を得る。

第8話 衝撃の自白

ハンナは有罪判決から母親を救う計画を必死で考え出す。そして、モナのもとへ向かう。ケイレブはモナの忠誠心を確かめ、ハンナにモナが信用できないことを納得させようとする。

第9話 深まる疑念

ペイジは誕生日のサプライズパーティでエミリーを驚かすが、もっと驚くようなゲストを招いていた。ジェンナとシャナである。だが、そのパーティに最大の衝撃をもたらしたのは“A”の行動だった。

第10話 新たな局面

今でもモーテル住まいのエミリーは、ディローレンティス夫人からアリソンの部屋を使ってくれと言われて驚くが、ほかの3人にアリソンの母親の提案を受けるようにせがまれ、さらに困惑する。

第11話 贈り物

“A”が思ったよりも近くに隠れていることを示す新しい証拠が見つかったあと、4人は最近浮かび上がってきた容疑者についての調査に力を注ぐことにする。

第12話 マジック

衝撃的な夏の終わり。“A”からの興味深い謎かけによって、4人はレイベンズウッドに向かう。そこで彼女たちは数人の懐かしい人物を見かける。

第13話 レイベンズウッド

“A”の新しい隠れ家にあった、アリソンが生きているかもしれないという手がかりを受けて、アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーはドレスに身を包み、 不気味な墓地でのパーティに参加した。

第14話 柩の中にいるのは?

アリソンは生きていると考えた4人は、以前よりもっと疑問が増えてしまう。ハンナは、今実際にアリソンの墓に埋められている遺体が誰かわかれば、必要な答えに近づけるかもしれないと思いつく。

第15話 密会

アリソンの日記を持っていることを、アリア、エミリー、スペンサーに打ち明けたハンナ。4人はこれで多くの疑問が明らかになると期待する。ところがその日記に書かれたストーリーは暗号化されていた。

第16話 偶然の目撃

シャナが、アリソンからのメッセージがあるとエミリーに伝える。だが、エミリーと残りの3人は、シャナについて知っていることを全部合わせたとしても、彼女を信じることができるのか?

第17話 抑えられない怒り

ハンナは新たに、アリソンの墓に誰の遺体があるのかを解き明かすための手助けとなる犯罪小説に興味を抱く。スペンサーはアリソンの日記に書かれたストーリーの解読に多くの時間を費やし…!?

第18話 怪しい教師

スペンサーが見つけた“ボードショーツ”について、可能性のある新事実が出てくる。彼女はこれまで以上に、ほかの3人に自分の理論を証明しようと決意を固める。

第19話 幻覚

薬の助けを借りて眠らない日々を調査に費やすスペンサーに、異変が起き始める。アリソンを追跡すればするほど、求める答えが増えていくのだ。

第20話 フリーフォール

スペンサーは、エズラについてわかったことをアリアに告げようと決心するが、エミリーとハンナは友人にもたらす影響を心配する。

第21話 破滅

エミリー、ハンナ、スペンサーは、エズラについての衝撃的な情報を聞き、打ちのめされた友人アリアを見て心配する。何が真実で、誰を信頼していいかわからなくなったアリアは…!?

第22話 隠蔽

エミリーは、エズラとモナについての答えを求めて、探偵のように調査を開始する。2人と対峙したあと、エミリーはその悲痛な状況を何とか理解しようとする。

第23話 動き出した謎

4人にとって辛い時期である。スペンサーは“失った夏”の記憶にショックを受け、アリアは壊れた心から立ち直れず、エミリーはペイジの裏切りと格闘し、ハンナは真実を探ろうとするが失敗する。

第24話 秘密の答え

数年間、アリソンの4人の親友たちは、彼女が失踪した夜をめぐる疑問と謎を解き明かそうとしてきた。そしてアリソンと顔を突き合わせ、あの9月の夜に本当に彼女に起こったことを知る時がやってくる。

Season5 エピソード

第1話 ニューヨークからの脱出

フィフス・シーズンは、フォース・シーズンの衝撃的な最終回から始まる。アリア、エミリー、ハンナ、スペンサー、アリソンは、エズラが“A”に撃たれたことに動揺を隠しきれずにいた。

第2話 渦中の少女

ニューヨークでの出来事をあとにローズウッドへ戻ってきたライアーズたちだが、未だ真実は霧の中に隠されたままでいる状況に、いたたまれない気持ちで日常を過ごしていた。

第3話 衝撃を乗り越えて

アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーは、アリソンの新しい嘘に翻弄されながらも、自分たちの秘密を守り通す一方で、ニューヨークで起こったことをつなぎ合わせ、真相を突き止めようとする。

第4話 投げ出されて

ローズウッドに戻ったアリソンは、グループのリーダーに復帰しようとするが、4人の友人たちが昔のように気まぐれな自分に付き合おうとはしないことに気づく。

第5話 戻る日…100回記念

ついにその日がやってきた。アリソンがローズウッド高校に復帰する初日だというのに、ライアーズたちもアリソンも心の準備ができていない。

第6話 ラン・アリソン・ラン

日常を取り戻そうとするローズウッドの町で、ライアーズたちは、最近起こった“出来事”に不安を募らせる。特にアリソンはひどく怯えている。

第7話 羊Eの沈黙

ラドリー精神病院でボランティア活動を始めたアリアは、ライアーズたちに興味を示すある患者について調べ始める。だが、別の攻撃的な患者に出会い、すぐに調査は暗礁に乗り上げてしまう。

第8話 私の叫び

ハンナは現在の状況が不安でたまらない。その上、父親が町にいない間にアリソンがマリン家に引っ越してくる。アリソンと一緒に住みたくないハンナはアルコールに手を出し、抜き差しならない状況に。

第9話 犯罪の経過

ハンナは今もアルコールに依存し続けている。ケイレブは助けようとするが、ハンナの友人たちは自己破壊の道に走るハンナを直視することができない。

第10話 アリソンの暗闇

今、警察が拘留している男こそが自分を誘拐した犯人かどうかを特定しなければならないアリソンはプレッシャーを感じる。もしアリソンが認めてしまえば無実の男を刑務所に送り、“A”の罠にはまる可能性がある。

第11話 誰からも愛され理解されることのない私

メリッサはついに、アリソンが消えた夜のことをスペンサーに話すが、それを知ったスペンサーはどうしたらいいのかわからない。

第12話 守るべき秘密

アリソンに危険な道へと引きずり込まれ、“A”が警察に真実を話したことで逃げ道をふさがれてしまったアリア、エミリー、ハンナ、スペンサーは、この騒動から抜け出す道を必死になって探そうとする。

第13話 クリスマスを盗んだ“A”の策略

クリスマスが近づいてきた。ローズウッド全体が陽気な賑わいを見せるが、アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーは、モナを失った上にスペンサーにかかった殺人容疑が重くのしかかり、ホリデイ気分になれない。

第14話 鏡の中にある如く

3ヵ月が過ぎた今でも、モナの家族や友人は悲しみに暮れ、そしてモナの死にアリソンが何か深く関わりをもっていると確信する。

第15話 新入り

ローズウッド警察でのトビーの新しい仕事は、アリソン/“A”のゲームに終止符を打つため、ライアーズたちを優位に立たせることだった。

第16話 身動きできずに

秘密を守り抜くのは大変なことである。特に愛する人への隠し事は。スペンサーはモナのために、ケイレブの力を借り、紛失したノートパソコンを探すが、次第にふたりは“トビーが許可した一線”を越えそうになる。

第17話 ペナルティボックス

アリソン/“A”がモナ殺害の罪を自分に着せたと疑いながらも、ハンナは為す術も無く、手をこまねいていた。彼女を救うため、ケイレブとハンナの友人たちは計画を立てるが…。

第18話 辛いことばかり押し付けられて

アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーは、ローズウッドにやってきた人たちに騙され続けたことで、はじめて出会う人とはどうしても不信感を抱いてしまう。

第19話 消えろ、忌まわしい染み

1年のうちで、高校生たちが将来の大学進学に向けて集中する時期がやってきた。だが、それに伴うプレッシャーも大きい。アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーも例外ではない。

第20話 可愛いだけじゃダメ

誰の助けも借りずに大学の授業料を工面しようと決心したハンナは、地元の美人コンテストで優勝するため、確実に自分を勝たせてくれるコーチを雇うことにする。

第21話 血まみれの地獄

モナについての新しい情報を携え、ライアーズたちはアリソンと話す必要があると決断する。だが、真実が明らかになってすぐに、アリアはマイクとモナのかかわりに気づき…。

第22話 司法取引か刑務所か

アリア、エミリー、ハンナはマイクを不利な立場に陥れることなく、アリソンの無実を証明する方法を探し続けているが…。

第23話 メロディは鳴り続ける

アリソンの裁判が始まった。かつては自信たっぷりの女王蜂も、自分の嘘ばかりでなく、近しい者たちの嘘さえ暴き出す証言によって、もはや自分の運命さえ確信できない。

第24話 私は無実、、、絶対に

アリソンの裁判も終盤に近づいたが、状況は厳しい。検察側が予期せぬ証人を召喚したことで、アリソンの旗色が悪くなったばかりでなく、ライアーズたちやマイクの悪い面が強調されてしまう。

第25話 人形の館へようこそ

“A”はいつだってアリア、エミリー、ハンナ、スペンサーとのゲームを楽しんできた。そして今、彼らはライアーズたちにこれまでで最も強烈なゲームを仕掛けてくる。

Season6 エピソード

第1話 ゲーム開始

「人形の家」でわなに掛かったアリア、エミリー、ハンナ、スペンサー、そしてモナたちは、チャールズに監禁される。逃げようとする彼女たちに激怒したチャールズはゲームをさらにエスカレートさせていった。

第2話 ソング・オブ・イノセンス

ライアーズたちは「人形の家」から解放されたが、監禁されていた時に起こったことに大きな影響を受けていた。彼女たちを心配する人たちに見守られながら、家に戻った彼女たちは心の傷を癒やそうとする。

第3話 ソング・オブ・エクスペリエンス

監禁された少女たちは、もがいていた。アリアはアンドリューという人間を知ろうとし、エミリーは新しい友人と気持ちを通わせようとする。スペンサーはアリソンとジェイソンからチャールズのことを聞き出そうした。

第4話 Aの影

ケネス・ディローレンティスはチャールズのことでアリソンとジェイソンにうそをついたが、彼とディローレンティス家との繋がりについては打ち明ける。また少女たちは、ラドリー精神病院について情報を得た。

第5話 天使なんかじゃない

モナがローズウッドに帰ってくるが、精神状態は悪かった。そんな中警察に対しては、自分の死を偽装した理由を答えなくてはならなかった。さらに、自分の計画へのレスリーの関与についても問い詰められて…。

第6話 全てを調べ尽くして

フードをかぶって拷問したのはレスリーでほぼ間違いなかった。ライアーズたちはそのことを警察に伝える前に、具体的な証拠を得ようと動き出すが、調査の手を強めると、「A」からの脅迫がエスカレートする。

第7話 オ―・ブラザー!

チャールズが自分の誕生日に帰郷することが分かったことで、ディローレンティス家に複雑な思いが走った。ディローレンティスはアリソンとジェイソンを兄弟から隠すために、急いで町から離れたいのだが…。

第8話 額の中の真実

チャールズとのもめ事のため、ライアーズたちとローズウッドの町の緊張感は高まったままだ。アリアは自分の作品がアートギャラリーに展示される時も、母・エラが家から出さないと決めたため、危機に瀕する。

第9話 ラストダンスはあなたと

アリソンたち5人を除いて、ローズウッド高校はプロム一色になった。参加を禁止されたライアーズたちは、高校生活の最後に屈辱を味わうことに。彼女たちの母親はこの状況を打開しようとして…。

第10話 ゲームオーバー

長年に及んだ苦しみと終わりなき疑問の果てに、アリソン、アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーはとうとう自分たちを苦しめてきた人間と顔を突き合わせた。そして、チャールズが「A」になった理由と方法を知る。

第11話 ローズウッド回顧録

数々のショッキングな新事実に苦しめられた数年間が過ぎ去り、ライアーズたちは「A」の本当の正体を暴いた。それから5年が経過して、新しい顔、新しい秘密、そして新しいうそが現れる時を迎える。

第12話 シャーロットのおくりもの

ライアーズたちがローズウッドに足止めされている間に、新しい謎についての疑問が浮上。早々とボストンに戻るアリアに対しては疑惑の目が注がれる。一方、エミリーはカリフォルニアの生活についてうそをつき続けた。

第13話 覆われた傷

ラドリー精神病院に捜査の目が向けられた。アリア、エミリー、ハンナ、スペンサーはローズウッド警察とのなじみ深い関係に戻ることに。そして彼女たちの行動が、周囲の愛する人たちに影響を及ぼしてしまう。

第14話 新たな人には新たな嘘

ローズウッド警察からラドリー精神病院の防犯映像の件で執拗に問われたハンナは、助けを求めて、近しい人たちに真実を告白しようとする。アリアはエミリーの助けを借り、エズラが本当に罪を犯したのか、答えを探す。

第15話 邪魔しないで

サラ・ハーベイが新しい脅威に関係していると確信したライアーズたちは、警察に行く前に、その証拠を見つけようとする。ケイレブはハンナと、監視カメラの映像を利用して新しいストーカーに応戦しようと考えた。

第16話 きっといるどこかの誰か

シャーロット殺人事件の調査が進展したことで、個人的な生活が浮き彫りになっていくライアーズたち。そんな中、スペンサーは母親の秘密を知りたがり、アリアはリアムにエズラの本に深く関わっていることを告白した。

第17話 抱える重荷

ライアーズたちは殺人事件の新容疑者を調べていた。ローズウッドにエズラが戻り、アリアは彼の本への関与を伝える必要があった。スペンサーとケイレブはキャンペーンに影響するメディアへの情報漏えいに対処する。

第18話 消せない過去

エミリーがストーカーに殺されかけたため、ライアーズたちはさらに真剣に脅威を受け止め、口を固く閉ざそうとする。ケイレブはイボンヌに関する情報漏えいの責任を取ったことによる二次被害への対処を迫られた。

第19話 私がいなくて寂しかった?

アリソンが危険に見舞われ、終わることのない嫌がらせに我慢の限界を超えたライアーズたちは、自分たちで反撃に出ることを決心。ハンナとケイレブは嫌がらせをする人物と直接対決するための計画を立てた。

第20話 内緒にして、ライアーズ

シャーロットを殺した犯人を選挙までに明らかにしなければ全員を殺すと、ストーカーに脅されたライアーズと仲間たち。また、スペンサーとトビーはサラ・ハービーを捕まえるために協力し合うことにした。

Season7 エピソード

第1話

ハンナが誘拐された。彼女を救出する唯一の方法は、シャーロット殺害犯の証拠を手渡すこと。そのためには、ライアーズたちはこれまで越えることのなかった一線を越える決心をしなければならなかった。

第2話

ハンナ誘拐事件のトラウマを引きずるライアーズたちは、アリソンの症状が悪化するにつれてエリオットに対する疑惑を深めていく。一方、一緒に本の仕事をしているリアム、アリア、エズラの間には緊張感が漂っていた。

第3話

ハンナ誘拐事件のトラウマと不吉な運命に心を乱されながらも、ライアーズたちは「A」の脅威からアリソンを守るため、彼女を病院から救出しようと動く。だが、途中で致命的なミスを犯してしまい状況が一変する。

第4話

人生において最大の過ちを犯してしまい、その後始末をしなければならないライアーズたち。また、必死に秘密を隠そうとするあまり、それぞれの恋人たちにも内緒にしていたため、関係がぎくしゃくしていた。

第5話

ジェンナがローズウッドに戻って来た。ライアーズたちは、敵の1人と親しくしている彼女が「A」である可能性が最も高いと思い始める。アリソンは精神病院を退院するため、メアリー・ドレイクの元に身を寄せる。

第6話

ローズウッド警察がライアーズたちの隠し事を突き止めるために動きだし、ライアーズたちはロリンズの死に対して疑問を抱くようになる。そんな中、ハンナは警察に真実を話すべきかどうかで葛藤していた。

第7話

アリソンにメアリーから距離を置かせようと、ジェイソンがローズウッドに戻って来た。ライアーズたちは、メアリーとディローレンティス夫人に関する新たな情報を入手したことで、台風避難用の地下室にたどり着く。

第8話

エミリーはローズウッド高校の水泳コーチになることを目指すが、元恋人のペイジもこの座を狙っていることを知る。そんな中、ライアーズたちが危機にあると判断したハンナに会うため、グランウォルドがやってきた。

第9話

ライアーズのメンバーの1人が、ノエル・カーンが「A」であることを証明しようと必死になる。ほかのメンバーたちは彼女の意見を裏付ける証拠を探しながらも、感情的になっている彼女を心配していた。

第10話

ライアーズたちは昔の敵たちと真正面から対決し、大波乱を呼ぶ。ライアーズたちが繰り広げたこの秩序なき戦いは、悲惨な結末を迎え、メンバーの1人は状況を一変させるような自身の過去についての秘密を知る。

第11話

ノエル・カーンの死後、ライアーズたちは人生を立て直そうとする。スペンサーはメアリー・ドレイクと自身の関係をもっと知ろうとした。アリアとエズラはニコルが戻ってきた今、自分たちの将来の行方を察知する。

第12話

高校時代のアリソンの小型版のようなアディソンがトラブルを起こす。エミリーは高校時代のアリソンのニューバージョンのようなティーンエイジャーで、おなじみの敵と関係があるらしいアディソンと衝突する。

第13話

ハンナは、仕事でつまずいていることをジェンナが非難し、ケイレブを呼び出すだろうと確信。アリアとエミリーはチームを組み、ジェンナおよびジェンナと「A・D」との関係についてさらに情報を得るため始動する。

第14話

ゲームでアリソンは個人的に重大な決断を迫られた。「A・D」はアリソンが忘れていたトラウマを思い出させようとする。スペンサーはようやく父親との対話を実現させ、父が犯した過去の罪と現在の彼の居場所を聞く。

第15話

エミリーはアリソンと赤ちゃんの状況をどうすればいいのか考えあぐねていたが、ペイジは自分の気持ちに決着をつける。一方、フューリー刑事はロリンズ博士の失踪に関する証拠集めを行っていた。

第16話

ロリンズ博士の失踪の件で警察はスペンサーに圧力を掛けた。アリアは「A・D」からの命令通りに、アリソンとエミリーの邪魔をする。一方、エズラは出版社からPRツアーを1人で続けるように言われる。

第17話

「A・D」はアリアを支配し続け、友人たちに対する行動も指示するようになる。フューリー刑事は行き詰まりを感じながらも捜査を続けた。一方、スペンサーは自身と両親の過去に関する気掛かりな情報を得る。

第18話

警察はライアーズ全員に捜査令状を執行。モナはアリアが「A・D」のために動いていることをライアーズたちに暴露し、アリアは必死に説明した。その後、アリアはロリンズ博士の死に関する新たな情報を手に入れる。

第19話

警察はライアーズたちに疑念を持ち続けていた。アリアはみんなを救うための方法を考え出す。彼女は自分が犠牲になろうとするが、エズラが計画に介入したため事態は思いも寄らない展開を見せ…。

第20話

ライアーズたちは「A・D」の事件から気持ちを切り替え、新しい生活を楽しんでいた。エミリーとアリソンは家庭生活を送り、ハンナ、ケイレブ、アリアは仕事で躍進を遂げる。スペンサーは、トビーを歓迎する。

第21話

アリアとエズラの恋愛関係に変化が訪れる。ハンナとケイレブはモナのことで行き詰まってしまう。一方、アリソンはエミリーとの関係をより深めようとする。そして、「A・D」の手口の全容とその正体が明らかとなる。


U-NEXT
プリティリトルライアーズ pretty little liars

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus