スポンサーリンク

ブリジャートン家

ブリジャートン家 ロマンス
シーズン数4
IMDbスコア7.3/10
ジャンル 歴史, ロマンス
主要出演者フィービー・ディネヴァー
レジ=ジーン・ペイジ
ジョナサン・ベイリー
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

ロンドン社交界でその名を知られるブリジャートン家の8人きょうだいが、それぞれの愛と幸せを追い求める姿を描く。原作はジュリア・クインのベストセラー小説。製作総指揮はションダ・ライムズの制作会社ションダランド。

ブリジャートン家の感想

2020年末に配信が開始し、1か月で全世界の6300万世帯以上が視聴したというヒット作で、2021年5月現在、シーズン4までの更新が決定している。ヒットの要因は色々あるが、まずは見た目にも楽しい衣装の数々だろう。「高慢と偏見」にも現れるような女性のドレスをアレンジしてさらに胸元を強調したり、ブリジャートン家とフェザリントン家の服の色調を変えたりと様々な工夫が見られる。屋敷や宮殿の内装、舞踏会の装飾なども豪華で細部まで凝っていて感嘆する。シャーロット王妃やサイモンなどメインのキャラクターがアフリカ系であることも斬新だ。原作者によるとアフリカ系の王妃は史実としてあり得ることらしい。英国製の歴史ドラマとは異なる、新しい風が吹いたヒストリカル・ドラマだ。メインのロマンスの展開もテンポがいい。この時代の女性の窮屈な境遇を思うとダフネたち女性陣を応援したくなるし、ダフネとサイモンの関係には心ときめく女性が多いことだろう。ゴシップ記事の主、レディー・ホイッスルダウンの声を担当しているのは名女優のジュリー・アンドリュース。この設定はどことなく「ゴシップガール」にも似ている。とにかく見どころ満載で、特に女性の方にお薦めのドラマである。

ブリジャートン家を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

このドラマを手がけたションダ・ライムズとは…

ションダ・ライムズ製作の数々のヒットドラマを知るにはこちらをクリック↓

予告編(英語)

ブリジャートン家のTwitterでの口コミ

主な登場人物

【ブリジャートン家】

バイオレット(俳優: ルース・ジェメル)

バイオレット

未亡人で、8人の子供たちの母親。子供たちを心から愛している。

アンソニー(俳優: ジョナサン・ベイリー)

アンソニー

長男。父亡き後に子爵となり、家長でもある。未婚で、オペラ歌手と付き合っている。

ベネディクト(俳優: ルーク・トンプソン)

ベネディクト

次男。絵を描くことが得意。自由な生活に憧れている。

コリン(俳優: ルーク・ニュートン)

コリン

三男。心優しく、親切。ペネロペには幼なじみとして心を許している。マリーナに夢中になる。

ダフネ(俳優: フィービー・ディネヴァー)

ダフネ

長女。社交界へデビューし、王妃から「今季のダイヤモンド」と評される。両親のような結婚と家庭に憧れている。

エロイーズ(俳優: クラウディア・ジェシー)

エロイーズ

次女。頭が良い。社交界や結婚に興味がなく、自立したいと願っている。ペネロペと仲良し。

フランチェスカ

三女。シーズン1では、ほぼ登場しない。親戚宅に滞在しているらしい。

グレゴリー(俳優: ウィル・ティルストン)

グレゴリー

四男。愛らしくて子供らしい。妹のヒヤシンスをよくからかっている。

ヒヤシンス(俳優: フローレンス・ハント)

ヒヤシンス

四女。ダフネの社交界デビューにワクワクしている。

【フェザリントン家】

アーチボルド(俳優: ベン・ミラー)

家長で父親。物静かだが、実はギャンブル好き。

ポーシャ(俳優: ポリー・ウォーカー)

母親。意志が強い。3人の娘とマリーナの結婚に頭を悩ませる。

プルーデンス(俳優: ベシー・カーター)

長女。結婚相手を探している。

フィリッパ(俳優: ハリエット・ケインズ)

次女。結婚相手を探している。

ペネロペ(俳優: ニコラ・コフラン)

ペネロペ

三女。シャイで優しい。エロイーズと仲良し。密かにコリンに恋している。

マリーナ・トンプソン(俳優: ルビー・バーカー)

フェザリントン家の遠縁のいとこ。社交界デビューのために田舎からロンドンに引っ越してくる。実は妊娠中で、その子供の父親はスペインに出兵している。

【それ以外の人物】

サイモン・バセット・ヘイスティングス公爵(俳優: レジ=ジーン・ペイジ)

サイモン

父親のヘイスティング公爵の後を継いで公爵となる。父親との確執から、自分の代でヘイスティング家を終わらせるため結婚はしないと誓っている。

ダンベリー夫人(俳優: アジョア・アンドー)

未亡人。社交界のリーダー。サイモンの亡き母の友人で、父親から見捨てられたサイモンを養育した。

シャーロット王妃(俳優: ゴルダ・ロシューベル)

シャーロット王妃

ジョージ3世の妻で王妃。彼女が主役のスピンオフ・ドラマが製作予定。

Season1 エピソード

第1話 ダイヤモンドの輝き

ロンドンの結婚市場に出るダフネ。結婚市場の動向を報じる”新聞”が上流階級の人々を一喜一憂させる中、ヘイスティングス公爵のサイモンが町に戻る。

第2話 衝撃と喜び

ダフネの結婚の段取りを進めるアンソニーは、サイモンがダフネに近づいていることを知り激怒する。好奇心旺盛なペネロペに秘密を打ち明けるマリーナ。

第3話 失神という技

王子から気に入られたダフネは、夫婦を結ぶきずなについてサイモンのアドバイスを求める。マリーナを結婚させようとするレディ・フェザリントン。

第4話 名誉をかけて

フリードリヒ王子から素晴らしい贈り物を受け取るも、思わぬ醜聞に巻き込まれそうになるダフネ。”新聞”の筆者の正体を突き止めようとするエロイーズ。

第5話 恋のたくらみは公爵と

醜聞を隠し通そうとするサイモンとダフネは、ある計画を実現するため王妃に直接願い出ることに。マリーナの計画を知り不安を覚えるペネロペ。

第6話 スカートの音

サイモンとハネムーンを過ごすダフネは、性生活について自分がいかに無知だったかを知らされる。マリーナへの思いから、大きな決断を下すコリン。

第7話 大海を隔てるがごとく

うそと裏切りが新婚夫婦の心に大きな溝をつくる一方、別の裏切り行為が明らかになったことで、一族の名が辱められる事態に直面するブリジャートン家。

第8話 嵐のあと

公爵家が主催する今季最後の舞踏会で、自分たちの今後について大きな決断をするサイモンとダフネ。そして2人を取り巻く人々にも変化が訪れる。

「ブリジャートン家」 VS 「ダウントン・アビー」

ロンドンの貴族といえば、ダウントン・アビーを思い出す人も多いだろう。エピソードが短いことや主人公達が若者なこともあり、「ブリジャートン家」の方が一気見しやすいかも。面白いドラマのダウントン・アビーですが、一気に観るのは結構タフです。

2021年5月17日に「ブリジャートン家」から若きシャーロット王妃を主人公にしたスピンオフドラマの製作が発表されました。Netflixの勢いが止まりませんね。今から楽しみです!
Queen Charlotte’s origin story


U-NEXT
原題ほか:Bridgerton
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.