ダウントン・アビー

ダウントン・アビー

シーズン数6
IMDbスコア8.7/10
ジャンル ドラマ, 歴史
主要出演者ミシェル・ドッカリー ヒュー・ボネヴィル
配信中サービス  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

第1次世界大戦勃発直前の1912年。イングランド郊外にたたずむ大邸宅 「ダウントン・アビー」で暮らす貴族グランサム伯爵一家は、タイタニック号沈没の報せに騒然となる。家督を相続するはずだった長女の婚約者が帰らぬ人となったからだ。グランサム卿には娘しかない。よそ者に財産を引き渡したくない母親と妻は策謀をめぐらせる。一方、一族に仕える使用人たちにも突然の出来事が起こる。ある日、戦争で負傷し左足が不自由の男ベイツが、伯爵付従者として赴任してきたのだ。この、ひとりの新参者の登場で、ダウントン邸に渦巻くさまざまな秘密が、静かに暴かれ始めていく…。

ダウントン・アビーの感想

数々の賞を受賞し、高い評価を受けている、イギリスの歴史ドラマが好きな人には必見のドラマです。美術では建物、衣装、小物に至るまで全く手抜きをしていませんし、脚本でも多数の使用人がそれぞれの仕事をこなす様子が非常に丁寧に描かれています。そしてその舞台となる邸宅で暮らす貴族とその使用人たちの人生や生活が、その当時の歴史上の出来事や、新たな刺激などによって少しずつ変化していき、様々な人間模様が描かれます。シーズン6で終了しましたが、映画化されるようで、2018年9月から撮影が開始されるそうです。

ダウントン・アビーを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
 

予告編(英語)


Downton Abbey Season 1 – Trailer – YouTube

Season1 エピソード

第1話 嵐の予感

1912年、イギリス。郊外にたたずむ大邸宅“ダウントン・アビー”に住む貴族クローリー一家のもとに、豪華客船タイタニック号沈没の悲報が飛び込む。将来家督を相続するはずだった長女メアリーの婚約者が、船もろとも帰らぬ人となったのだ。そして新たな相続人として意外な人物が迎えられることになるが―。一方、使用人たちの間では、新たに赴任してきた伯爵付従者ベイツへの陰険な嫌がらせが始まっていた…。

第2話 招かれざる客

邸宅の新たな相続人にと、遠縁の弁護士マシュー・クローリーとその母イザベルが招かれる。中流階級の親戚の登場にクローリー家はざわめき、長女メアリーは婚約者になるかもしれないマシューに対する嫌悪感をあらわにしてしまう。マシューは貴族の暮らしに馴染めず、弁護士を続けると主張。一方、階下では執事カーソンの知られざる過去が露呈し、第二下僕ウィリアムには恋の予感が訪れる…。

第3話 欲望の代償

長女メアリーの文通相手ネイピアが狩りをしにダウントンを訪れることになった。2人の仲を取り持とうとする伯爵夫人コーラの勧めで邸宅に滞在することになるが、メアリーはネイピアが連れてきたオスマン帝国外交官パムークに一目ぼれ。階下では、メイドのグエンの部屋からタイプライターがみつかり、内緒で通信教育を受けていたことがばれてしまう。一方、ベイツは脚を治そうと矯正装置を購入するが…。

第4話 移りゆく心

祖母のバイオレットは限嗣相続制を覆してメアリーが相続できるようにならないかと躍起になっている。一方、相続を真剣に考え始めたマシューと、グランサム伯爵ロバートとの距離は近づき、伯爵夫人コーラも“ある夜の出来事”により、メアリーの結婚相手は中流階級のマシューしかいないと考えるように。一方、階下では、ワインの在庫を確認していたカーソンが本数が足りないことに気づく…。

第5話 嫉妬の炎

姉メアリーに強い嫉妬心を抱く次女イーディスは、姉の結婚相手候補の男性を横取りしようとするがいつも空回り。対して、政略結婚に反発していたメアリーはマシューと心を通わせ始めた。侍女オブライエンは、“ある夜の出来事”を知っているかもしれないメイドのデイジーと、イーディスの嫉妬心を利用してひと波乱起こそうと画策する。階下では、ベイツがワインセラーにいるべきでない人物と遭遇する…。

第6話 通い合う想い

女性の社会進出に関心がある三女シビル。ある日彼女は、政治集会を見物するため父に内緒で街に出かけ、暴動に巻き込まれるが、偶然居合わせたマシューに助けられる。メアリーは勇敢なマシューを見直し、2人の距離は急速に縮まる。一方、階下ではベイツに盗人の濡れ衣を着せ邸宅から追い出そうとする下僕のトーマスが、彼に想いを寄せるメイドのデイジーを利用して嘘の証言をさせるが…。

第7話 運命のいたずら

グランサム伯爵夫妻からの予期せぬ喜ばしいニュースが邸宅を包み込む。しかし、それはマシューの将来を左右する大きな鍵となるものだった。そして、なかなかプロポーズへの返事ができないメアリーに対してマシューがとった行動は…。一方、伯爵の計らいで目の治療を受けることになった料理長のパットモアに付き添いロンドンへ向かったメイド長のアンナは、ベイツの母に会い、彼の隠された真実を知る…。

Season2 エピソード

第1話 開戦

1916年11月、邸宅ダウントン・アビーでは負傷兵で溢れ返った村の病院の資金集めの音楽会が開かれていた。そこに前線で戦っていたマシューが驚きの知らせと共に帰還。一方、犠牲者の増加に胸を痛めたシビルは看護師になると決意する。ロンドンで母を看取り、戻ったベイツは遂にアンナにプロポーズする。ところが、彼の遺産相続を嗅ぎつけた妻ヴェラが現れ、再婚したらメアリーの不祥事を世間に公表すると脅迫し…。

第2話 変化のとき

1917年4月、男性スタッフの出兵で人手が不足し多忙を極めるカーソンが体調を崩してしまう。マシューの婚約のショックを表に出さないメアリーは一時帰還中のマシューに、交際相手カーライル卿を紹介する。ついに召集されたウィリアムは、想いを寄せていたデイジーにアタックするが…。一方、イザベルとシビルがダウントン・アビーを病後療養所にして戦争に貢献するべきだと提案する…。

第3話 覇権争い

イザベルとシビルの要望でダウントン・アビーは療養施設に。反対していたコーラとイザベルが一緒に運営することになるが、負傷兵が到着するにつれ2人の衝突は激化。さらに、故意に負傷し前線から戻ったトーマスが伍曹代理としてダウントンに着任、立場を利用し目上の使用人に指図しようとする。一方、メアリーのマシューへの想いを察したバイオレットたちは、ラビニアとカーライル卿の間の秘密を突き止め…。

第4話 不吉な知らせ

療養施設となった屋敷の運営を巡るコーラとイザベルの衝突が激化、ついにイザベルが出て行くことに。メイドのエセルは療養中の少佐に熱をあげ、取り返しのつかない過ちを犯す。一方、ブランソンから駆け落ちしたいと想いを告げられたシビルは思い悩む。村のパブで働いていたベイツはロバートの説得を受けダウントンに戻ることに。そんなある日、前線のマシューとウィリアムが行方不明との知らせが入り…。

第5話 運命とともに

前線で重傷を負ったマシューとウィリアムが帰還。マシューの損傷の深刻さにショックを受けたメアリーだが、婚約者リチャードが嫉妬するほど献身的に看護する。回復が見込めないと悟ったウィリアムは、デイジーに今すぐ結婚しようとプロポーズ。一方、一家のスキャンダルを新聞に売るとベイツを脅迫するヴェラの策略に手を打つため、ついにメアリーがリチャードに全てを打ち明けるが…。

第6話 謎の負傷兵

マシューを献身的に介護するメアリーに苛立ちを隠せないリチャードは、ダウントン近くの豪邸をメアリーとの新居に購入し、カーソンを執事として招こうと提案。リチャードを快く思っていないカーソンだが、メアリーには特別な愛情を注いでいるだけに悩む。そんな矢先、クローリー家の親戚を名乗る負傷兵がカナダから療養にやって来る。しかし、彼はクローリー家の将来を左右する存在だった…。

第7話 奇跡

待ちに待った終戦を迎え、屋敷で療養していた兵士達も去って行った。そんな中、マシューは密かに脚に感覚を取り戻しているのを感じていた。階下では、戦後の食糧不足で食材の調達に苦労しているパットモアを見たトーマスが、闇市の取引に手を染める。一方、戦争中看護師として充実した時間を経験したシビルは、終戦で元の空虚な生活に戻るのに抵抗を覚え、一大決心をする。

第8話 突然の悲劇

マシューとラビニアの結婚式の準備に追われる中、シビルは自分の決断を家族に打ち明ける。ロバートは激怒するが、コーラは覇気をなくしていた。そんな矢先、カーソンが病に倒れ、階上も階下も続々と病人が発生。流行していたスペイン風邪が屋敷内で蔓延したのだ。一方、シビルの決断に触発されたアンナは、ベイツをより近くでサポートするために、ある決意をする。

第9話 聖夜の贈り物

クリスマスを迎えたダウントン・アビー。階上も階下も和やかに過ごす一方で、ヴェラの陰謀によってベイツは刑務所に。ロバートやヒューズは証人として裁判に出廷する。一方、メアリーに対するリチャードの横暴な態度が目に余るようになり、マシューもロバートも彼らの結婚に強い疑念を抱き始める。メアリーが家の名誉を守るために結婚しようとしていると悟ったロバートは…。

Season3 エピソード

第1話 挙式前夜

メアリーとマシューの結婚式の準備に追われる1920年春、ロバートは弁護士から屋敷の存続を左右する衝撃的な知らせを受ける。挙式すら不可能かもしれないと動揺するロバートだったが、時期を同じくしてマシューの元に思いがけない通知が。一方、バイオレットは式に列席するため到着したコーラの母マーサと歯に衣着せぬ舌戦を繰り広げる。階下ではオブライエンが甥を新しい下僕に推薦するが…。

第2話 晩餐会

新婚旅行から帰ってきたメアリーは、ダウントンの窮地を救うためマーサに援助を頼もうとバイオレットと画策。二人はダウントンで盛大な晩餐会を催すことでマーサに屋敷の存在意義を知らしめようと試みる。イーディスはストラランに積極的にアタックするが、ロバートとバイオレットに反対される。階下では、トーマス対オブライエン&アルフレッドの対立が激化する。

第3話 天国と地獄

イーディスとストラランの挙式が迫り、屋敷の中でも着々と祝宴の準備が進むなか、診察結果を待つヒューズは不安を抱えたままでいた。ヨークの支援センターでエセルと再会したイザベルは、エセルに救いの手を差し伸べる。正式にスワイヤー氏の遺産相続人に決まり、財政難のダウントンを救えることが分かったマシューだったが、ラビニアとの最期を気にして相続を拒む。

第4話 憂国の逃亡者

大切な夕食会の最中、アイルランドで起きた騒乱の犯人と疑われイギリスに逃げてきたブランソンが屋敷に突然現れる。程なくして無事にシビルも到着し、2人は出産まで屋敷に住むことに。エセルはブライアント夫妻に息子チャーリーを託すことを決め、涙ながらに息子と別れる。一方、ダウントンでは新たな下僕ジミーが入り、女性陣だけでなくトーマスまでもが心をときめかせる。

第5話 絶望の淵

アンナは、ヴェラの死はベイツを犯人に陥れるための計画的な自殺だったという証言をついに掴む。ジミーは、隙あらば距離を縮めようとしてくるトーマスに不快感を覚え始めていた。息子を手放したエセルのことを心配するイザベルは、自分の使用人にならないかと彼女を誘うが、カーソンらダウントンの使用人からも反感を買う。意見を違わせる2人の医師の立ち会いのもと出産を迎えたシビルだったが…。

第6話 追憶の日々

シビルの葬儀が終わり悲嘆に暮れるコーラを慰めようと、イザベルは昼食会を開く。エセルの料理でもてなされると知ったロバートは家族を連れ帰ろうとするが全員に拒まれ、コーラとの間の溝は一層深まってしまう。二人の仲を案じたバイオレットは、クラークソンに「シビルが助かる見込みはなかった

と話すよう頼む。一方、同房の囚人に釈放を妨害されていたベイツは、証人に真実を証言させることに成功し…。

第7話 目撃

ロバートはダウントンの運営を大改革しようとするマシューに不満を募らせていた。そんな中、シビルとブランソンの娘の洗礼式のため彼の兄キーランがリヴァプールからやって来るが、彼の粗野な態度に一家はとまどいを隠せない。一方、ベイツの無罪釈放に誰もが喜ぶ中、彼に代わって従者を務めていたトーマスだけは不安を覚えていた。ある夜、オブライエンにそそのかされたトーマスはジミーの部屋に侵入し…。

第8話 クリケット大会

毎年恒例のクリケット大会が近づくダウントン。ベイツの職場復帰と同時にトーマスに辞職を命じたカーソンだったが、試合に勝つことが最優先のロバートは、クリケットが得意なトーマスを屋敷に残すよう命じる。一方、バイオレットが預かっていた親戚の娘ローズがロンドンへ行くイーディスに同行する。マシューも加わり、3人でロザムンドの家に泊まることにしたが、彼女は黙って街に消えてしまい…。

第9話 スコットランドの休日

1年後。一家はスコットランドの親戚の屋敷に招かれ10日ほど過ごすことに。久々の家族旅行ということで出産を翌月に控えたメアリーも同行する。イーディスは、近くまで来ていた編集者のグレッグソンを招き、家族に紹介する。一方、ダウントンに残った使用人たちは、息抜きをしようと揃って地元の祭りに出かける。メイドの新人エドナは、ただ一人旅行に招かれなかったブランソンに好意を抱き…。

Season4 エピソード

第1話 動き出す時間

突然の悲報から6か月経ったある朝、伯爵夫妻宛の置手紙がみつかり、大騒ぎに。一方、メアリーは未だ悲嘆に暮れ、幼い息子ジョージの相手もせず周囲にも冷たい態度をとってしまう。心配したブランソンは、メアリーに屋敷の運営に参加させたらどうかと伯爵に持ちかける。編集者との関係を深めているイーディスは頻繁にロンドンに足を運ぶ。そんな折、村で求人を見てコーラ付きの侍女に応募してきたのは…。

第2話 マシューの手紙

マシューの弁護士事務所からメアリー宛にマシューの遺品が届く。ロバートが先に中身を確認すると、生前マシューが書いた手紙が。その内容に喜ぶバイオレットやブランソンだったが、一人浮かない顔をしていたロバートにメアリーは、父が一人でダウントンを掌握したいからだと理解する。一方階下では、仕事でミスをしたエドナがトーマスと手を組み、そのミスを逆手に取りアンナを陥れる。

第3話 宴の陰で

屋敷でコーラ主催の夕食会&音楽会が開かれることになり、招待客が大勢集まった。上流階級に混じったブランソンは自分が場違いだと感じる。一方キッチンでは、パットモアが多忙から発作を起こし、アルフレッドが代わりに料理をすることに。カーソンは使用人間の秩序が乱れてきたと嘆く。最終日の夕食後はオペラ歌手ネリー・メルバが美声を披露。そんな中、頭痛薬を飲みに一人で階下に戻ったアンナに…。

第4話 ロンドンの一夜

心と身体に深い傷を負ったアンナはベイツを極端に避けるようになり、ベイツは自分に非があるのではと戸惑う。ブランソンはパーティーの晩のことで再びエドナの罠にかかりそうになる。すっかりメアリーに夢中のギリンガムは、ロンドンから帰宅するメアリーを追って同じ列車でダウントンへ。一方、同じくロンドンに来ていたイーディスは、間もなくドイツへ発つグレッグソンと会い…。

第5話 ことの真相

ロンドンの料理学校の入学試験を受けることになったアルフレッドは、デイジーから料理の特訓を受ける。一方イーディスは、ロンドンでこっそり医師の元を訪れる。ヒューズは、アンナと別居状態になり真相を探るベイツに、事件のことを話してしまう。ベイツはアンナに真相を知ったことを告げて彼女を慰め、夫婦はより固い絆で結ばれる。ヒューズもひと安心するが、暴行犯がグリーンだと確信したベイツは…。

第6話 誕生日の波乱

ローズはロバートの誕生日に向けて、ある計画を練る。階下では、料理学校の試験に落ちたアルフレッドの元に手紙が届く。一方、バイオレットの屋敷では、またしても高価なものが紛失。庭師のペグを疑ったバイオレットはすぐさま彼を解雇。それを聞いたイザベルが一肌脱ぐ。そんな中、マイケルの消息が分からぬまま不安な日々を過ごすイーディスの元に、さらに追い打ちをかけるような衝撃の知らせが届く。

第7話 ある夜の出来事

ロンドンで手術を受ける決心をしたイーディスは、ロザムンドと共に闇医者の元へ。階下ではアルフレッドが屋敷に立ち寄るという知らせに、三角関係を心配するパットモアらが困惑する。メアリーとブレイクは農場でトラブルに遭ったことがきっかけで、ようやく距離が縮まる。そんな矢先、グリーンが再び屋敷へ。動揺するアンナと、グリーンの不用意な発言に、ベイツは彼が真犯人だと確信する。

第8話 胸騒ぎ

屋敷は毎年恒例のバザーの準備でてんてこ舞い。そんな中、ローズとジャックの密会をブランソンが目撃してしまう。アンナは、ギリンガム卿が従者グリーンを連れてまた屋敷に来ると聞きショックを受ける。イーディスは長期旅行と偽ってロザムンドとスイスへ行くことに。階下では、アイビーの元にアルフレッドから手紙が届き、デイジーはある決断をする。そんな矢先、グリーンに関する驚愕のニュースが舞い込む。

第9話 社交界

ローズの社交界デビューに向けて一家は使用人も総動員でロンドンへ。スイスで極秘出産したイーディスも何事もなかったかのように帰国。アメリカから駆け付けたマーサとハロルドの周りでは、英米の使用人たちが習慣の違いから衝突する。そんな中、ベイツのポケットから謎の切符が。無事に式典を終えたローズだったが、王室を巻き込むスキャンダルになり兼ねない手紙を紛失してしまう…。

第10話 恩返し

王太子のラブレターがサンプソンに渡った責任がクローリー家にあると知ったロバートは、王室の名誉を守るため一家総出の奪還作戦を企てる。一方デイジーに好意を持つハロルドの従者イーサンは、彼女をハロルドの料理人としてアメリカに連れて帰るよう画策する。一連の行事が終わる頃、ブランソンに背中を押されたイーディスは、スイスに残してきた娘に関して、ある決断をする。

Season5 エピソード

第1話 伯爵の憂鬱

1924年、初の労働党出身の首相が誕生し、ロバートは時代の変化を嘆いていた。イーディスは預けた娘のことが心配で、頻繁に会いに行く。バイオレットは、イザベルとマートン卿が結婚するとイザベルが貴族になることに気付き、ある画策をする。トーマスに脅されていたバクスターは、意を決してコーラに過去の秘密を告白する。ローズは村の教師サラがトムの友人だと知り、彼女を晩餐会に招待するが…。

第2話 消えぬ火種

戦没者慰霊碑の建設地をめぐり、ロバートとカーソンの意見が衝突する。メアリーは、相性を確かめるためギリンガムと旅行をすることに決め、アンナにある物を買いに行かせる。ラジオが欲しくて仕方がないローズは、「国王の声がラジオで流れる

という理由でロバートを説得する。コーラは、屋敷にある絵画を見たいというブレイクの知人の美術史家を招く。そんなある日、カーソンの元に警察がやってくる。

第3話 秘めごと

グリーンの事件を捜査する警察が再び屋敷を訪れ、ベイツを事情聴取する。処遇保留となっていたバクスターは、コーラに過ちの背景を話す。娘を預けているドリューの妻に疎まれたイーディスは、しばらく来ないように言われてしまう。一方、コーラはブリッカーの案内でロンドンの美術館を堪能するが…。そんな中、ローズが支援するロシアの難民たちが屋敷に招かれ、バイオレットは思いがけない人物と再会する。

第4話 不協和音

バイオレットはイザベルと共にクラーギン公爵を訪ねる。その様子を見たイザベルは、2人が昔、惹かれ合った仲だと確信するが、そんなイザベルもついにマートン卿からプロポーズされる。娘に会えず落ち込むイーディスの元に、グレッグソンの会社から連絡が入る。一方、メアリーはロンドンのファッションショーに行った翌日、ギリンガムと会うが…。そんな中、再び警察が訪れ、今度はアンナが疑われてしまう。

第5話 夜の訪問者

ドリューに門前払いされ、打ちひしがれたイーディスを案じたロザムンドとバイオレットは、マリゴールドをフランスの学校へ入れるよう提案する。街である青年と知り合ったローズは、彼の祖先がロシア人だと聞き、自身が支援しているロシア難民たちを紹介するが、彼が厳密にはユダヤ人だったためロシア人たちの反発を買ってしまう。そんなある日、美術史家のブリッカーが再びダウントンに泊まりに来るが…。

第6話 母と娘

ついにイーディスの元に悲しい知らせが届く。だが、落胆する彼女を尻目にメアリーは新しい髪型を試したり、馬の障害レースに出場したりして楽しんでいた。トーマスの情報提供を受け、警察が今度はバクスターの元を訪れ、グリーンの件で知っていることを話さないと刑務所に送還すると脅す。やがて、家族の中でも孤立するイーディスは、ある決心をするが…。

第7話 二つの恋模様

イーディスが家を出たと聞いてロザムンドがやって来る。孫の身を案じたバイオレットは、すべての事情をコーラに話す。一方、イザベルは夕食会でマートン卿と結婚することを報告。その翌日、コーラとロザムンドはロンドンへ行き、イーディスが相続した出版社で彼女を見つけ、娘を屋敷で引き取る方法を提案し帰るよう説得する。マートン卿の息子とイザベルの顔合わせのため、再び夕食会が開かれるが…。

第8話 新時代のふたり

ロンドンでアティカスとローズの結婚式が行われることになるが、ユダヤ教と英国国教会という宗教の違いから、登記所で結婚式を行うことに。ローズの両親もインドから帰国するが、2人は既に離婚の手続きを済ませていた。スキャンダルを嫌うアティカスの父シンダビー卿の手前、2人は仲の良い夫婦を演じることに。そんな中、アンナがロンドンの警察に召喚され…。

第9話 ブランカスター城

グランサム一家は、シンダビー卿が借りている城に招待される。だが、卿の執事は、元運転手のトムに無礼な態度を取り、見かねたメアリーはトーマスに彼を懲らしめる策を講じさせる。留置所でアンナと面会したベイツは、彼女が昔、継父に襲われ逆に負傷させた過去があることを知る。ヒューズと共同で家を買う計画を立てたカーソンは、土壇場になりヒューズからある秘密を打ち明けられる。

第10話 涙のクリスマス

胸の痛みの原因が潰瘍だと分かったロバートは、クリスマス・イブまで禁酒する。イザベルはマートン卿の息子から手紙をもらい、ある決意をする。拘留されているアンナを想うベイツは、置き手紙を残し屋敷を去ってしまう。そんな中、米国行きを控えたトムを盛大に見送ろうと、使用人や村の小作人も招待してクリスマス・パーティーが開かれる。皆が談笑する中、カーソンはヒューズを階下に呼び出し…。

Season6 エピソード

第1話 脅迫

1925年、ブランソンとシビー、ローズが渡米した後のダウントンでは、イザベルとバイオレットが村の病院経営を巡り衝突。世の中の近代化を前にロバートは屋敷運営を縮小すべきか悩んでいた。そんな中、メアリーの前に謎の女が現れる。階下では、ある不安から式の準備を進めるのを躊躇していたヒューズが、パットモアに仲介を頼む。一方、子を持つことを諦め悲嘆に暮れていたベイツ夫妻の元を警察が訪れ…。

第2話 親心

メアリーは村で開かれる家畜の品評会にドリューの農場で育てているクローリー家の豚を出品する。いずれ解雇されると感じていたトーマスは、ある屋敷の面接を受ける。メアリーはアンナの不妊問題を解決すべく、彼女をロンドンの医師に診せる。披露宴の会場を決めかねていたカーソンとヒューズは、メアリーから屋敷を使うことを勧められ、余計に頭を悩ませる。品評会の日、家族がマリゴールドから目を離した隙に…。

第3話 晴れの日に

ロンドンでブランカスター城の領地管理人ペラムと再会したイーディスは、その夜一緒にお酒を飲む約束をして別れるが、仕事でトラブルが発生してしまう。病院統合を巡っては、コーラとバイオレットの仲が険悪に。スプラットはある秘密をデンカーに知られ、弱味を握られる。カーソンとヒューズの結婚式当日、ヒューズの希望通りの場所で披露宴が行われていると、宴なかば、ある人物が突然現れ…。

第4話 執事代行

バイオレットは病院統合の件で友人のシャクルトンを味方に付けようと、夕食に招待する。シャクルトンは甥を連れてくるが、それはメアリーがブランカスター城で会ったヘンリー・タルボットだった。アンナは突然の腹部の痛みに襲われ、再び流産の危機に。カーソン夫妻が新婚旅行へ行っている間、執事代理となり屋敷を仕切っていたトーマスは、ロザムンドが夕食に招いたある客人の素性に気付き…。

第5話 激震

メアリーはブランソンと一緒に、ヘンリーのレーシングカーの試乗を見物する。イーディスはロンドンのアパートにバーティーを招く。アンディはユーツリー農場に移ったメイソンの養豚を手伝うと申し出るが、ある問題が発覚する。病院統合の件でクラークソンが賛成派に回りそうだと知ったバイオレットは、保健大臣のチェンバレンを屋敷に招き、統合反対を訴えてもらおうと画策するが…。

第6話 亀裂

病院の資金集めのため、ダウントン・アビーを村人に公開することに。統合問題は理事会で統合が決定しコーラが新院長に推薦され、バイオレットとの間の亀裂が深まってしまう。深夜、トーマスの部屋から出るアンディを目撃したカーソンは、トーマスを問い詰める。屋敷の公開は成功し、多額の資金が集まった。この暮らしがいつまで続けられるか不安になる伯爵家だったが、メアリーだけは屋敷を手放さないと宣言する。

第7話 悲しみの決断

ヘンリーが出場するレースに招待され、一家で観戦に行くことに。一家が留守の間、モールズリーとデイジーは試験を受け、その結果モールズリーは校長から教師になるよう薦められる。ヒューズとカーソンは自宅で夕食をとることに。そこでヒューズはパットモアの考えたある作戦を実行する。一方、レース会場から戻ったロバートたちは、バイオレットが地中海へ旅立ったという知らせを聞く。

第8話 愛の交錯

マリゴールドのことを打ち明けられず悩むイーディスは、バーティーからのプロポーズに返事ができずにいた。そんな折、バーティーの運命を変える知らせが届く。ヘンリーと別れたメアリーは、イーディスの幸せに嫉妬する。ブランソンはヘンリーとのことでメアリーを説得してもらおうとバイオレットを呼び戻し、祖母の助言にメアリーはある決心をする。階下では、転職先が決まらず追い詰められたトーマスが…。

第9話 誠意の告白

マートン卿を訪ねたイザベルは、彼が悪性貧血を患っていることを知る。ロンドンでバーティーと再会したイーディスは再度プロポーズされ、今度は承諾。彼女は婚約発表の前にマリゴールドの件をバーティーの母に打ち明けるが…。一方、トーマスは新しい勤め先が決まり、ダウントンを去る。モールズリーは本格的に教師の道を進むことを決意。そんな中、カーソンは手の震えの症状に密かに悩んでいた…。

第10話 懐かしき友、久しき日々

イーディスとバーティーは、大晦日に結婚式を挙げることに。一方、息子夫婦に屋敷に閉じ込められていたマートン卿は、全てを捨てイザベルと余生を過ごすことを決意する。イーディスの結婚式前日、ヘンリーとブランソンは、メアリーをある場所に連れていく。メアリーは大喜びし、嬉しい秘密をヘンリーに告げる。結婚式当日、パーティーの最中に手がうまく動かずイライラが募ったカーソンは…。


ダウントンアビー downton abbey

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

 
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus