ミスター・メルセデス

ミスター・メルセデス

シーズン数3
IMDbスコア8/10
ジャンル 犯罪, スリラー
主要出演者ブレンダン・グリーソン ハリー・トレッダウェイ ジャハール・ジェローム
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

ベストセラー作家のスティーヴン・キングが、初めて本格ミステリーに挑みエドガー賞を受賞した小説「ミスター・メルセデス」が原作。半年前に警察を辞めたビル・ホッジスは、妻子の去っていった家でひとり平日の昼間からテレビを眺め、アルコールに溺れる生活を送っていた。そんなある日、一通のメールが彼のもとに届く。差出人は「Mr. M」。それは数年前、高級車(メルセデス・ベンツ)で群衆に突っこみ、多くの命を奪ったまま逃走した殺人犯(メルセデス・キラー)だった。これは本当に犯人からの手紙なのか?そしてなぜ今?ホッジスの中で静かに燃えあがる未解決事件への未練、やり残した仕事にケリをつけるため、彼は独自の捜査を開始する。凶悪なサイコキラー VS 引退した元刑事、追いつめられるのは果たしてどちらか?!

ミスター・メルセデスの感想

ドラマを見るまで、てっきり主人公がメルセデスベンツに乗っていて、呼び名が「ミスター・メルセデス」だと思っていた。実際にドラマを見ると犯人のことをミスター・メルセデスと名付けているようだ。犯人名がドラマ名というのは珍しいケースに思える。ドラマの最初のシーンはかなり強烈でドラマと分かっていてもイヤな気分になる。ドラマ自体はなかなか楽しいのだが途中途中で本筋と関係ない脱線があるのだが、これはなくても良かったのでは…と思ってしまう。第1話の挿入歌として使われているのが、ロックバンド、ラモーンズの「ペット・セメタリー」。このドラマと同じくスティーヴン・キング原作で1989年に公開された映画のタイトルで、この曲も映画に使用されていた。ちなみに原題は”Pet Sematary”(ペット・セマタリー)で子供がつづりを間違えたらしい看板が元なのだが、日本で公開されたときは『ペット・セメタリー』だった(設定がややこしいから?)。この映画のリメイク版が2020年1月に日本で公開予定である。
ドラマシリーズの原作は3部構成の小説「ビル・ホッジス元刑事3部作」。シーズン1は第1作「ミスター・メルセデス」、シーズン2は第3作「任務の終わり」がベースとなっており、シーズン3では過去シーズンの流れを汲みつつ、第2作「ファインダーズ・キーパーズ」の事件が描かれる。
2019年12月24日よりスターチャンネルにてシーズン3の放送が開始される予定。スティーヴン・キングが過去シーズンの中でベストと評しているらしいので、非常に楽しみ。

ミスター・メルセデスを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編


「ミスター・メルセデス シーズン1」2018年10月3日(水)DVD発売/同日DVDレンタル開始 – YouTube

海外ドラマ『ミスター・メルセデス2』 – YouTube

Season1 エピソード

第1話 嘲笑う男

2009年、オハイオ州ブリッジトン。市の就職フェア会場前には、赤ん坊を抱いた母親を始め、職を求める大勢の人々が夜明け前から列を成していた。そこに1台の高級車が現れ、猛スピードで人混みに突進する。事件を聞き現場に到着した刑事ビル・ホッジスは、惨状を目の当たりにするのだった。それから2年後、定年退職し張り合いのない日々を送るビルに、“ミスター・M”という差出人からメールが届く。

第2話 ゲーム開始

ビルは親しくしている高校生ジェロームの手を借りミスター・Mを名乗るメールの送信元を追跡しようと試みるが、作業は難航を極める。一方、メールの送り主である青年ブレイディは、勤務先から帰宅しては地下室に籠もり、ビルに送る動画や手紙の作成に没頭していた。そんなある日、ビルは“ミスター・メルセデス”からの手紙を受け取る。手紙には彼に連絡する方法が書かれてあった。

第3話 曇り時々騒乱

メルセデス・キラーが事件に使った盗難車の持ち主であり、最近自殺を図ったオリヴィアの妹ジェイニーからの依頼で、ビルは有償で事件捜査を請け負うことを承諾する。まずは警察にミスター・メルセデスからの手紙を提出するビルだったが、全く取り合おうとしない態度に憤然とするのだった。その晩、ミスター・メルセデスが指定したチャットサイトにアクセスすると、1件のメッセージが届いていた。

第4話 堕ちた神々

盗まれた車のドアをロックし鍵は抜いたというオリヴィアの主張を回想し、ビルは捜査に行き詰まりを感じる。そこへ、ジェロームからある情報がもたらされる。それは、鍵を使わずに車のロックを解除する方法だった。捜査の進捗をジェイニーに報告するビル。そんな2人の間には、いつしか親密な空気が流れるようになっていた。一方、ブレイディは母と連れ立ち、亡くなった父と弟ジェラルドの墓参りに赴き・・・。

第5話 スーサイド・アワー

ビルは療養中のジェイニーの母親に面会し、オリヴィアがジェラルドという人物とチャットサイトで交流していたとの情報を得る。さらに詳細を聞き出そうとするビルだったが、当時のビルに対する嫌悪感を思い出した母親は取り乱し、ジェイニーとも険悪な空気になってしまう。一方、ジェロームの周囲でも不審な出来事が起きていることを知り、ビルはついにミスター・メルセデスとのビデオ通話に臨む。

第6話 悲しみに濡れて

昇進に関わる面接の日、ブレイディは母デボラに車を使われたためにバスを使い、遅刻した上に失態を演じてしまう。一方、ビルはジェイニーの母が脳卒中を発症したとの報を受け、病院に駆けつける。そこでジェイニーの従妹でオリヴィアと親しかったホリーと出会い、オリヴィアが自殺した原因を聞き出そうとする。その後、ジェイニーらと別れたビルは、娘アリーとの別れのシーンを回想するが・・・。

第7話 永遠のウィロー湖

ジェロームとホリーは、ビルからオリヴィアのPCのパスワード解除を依頼される。ホリーはPC操作が得意で、2人は間もなくPCの起動に成功し1つのファイルを発見する。一方、ブレイディは隠し持っていたある私物をデボラに発見され、彼女のしつこい追及をかわすのに四苦八苦する。そしてジェイニーの母の葬儀の日、教会の外には様子をのぞき見するブレイディの姿があった。

第8話 灰の中から

ビルからのビデオ通話を受けブレイディは車爆破事件の真相を話し出すが、邪魔が入り通話は遮断されてしまう。その間、デボラはブレイディが毒を混ぜた肉とは知らずに、その肉を調理してしまう。一方、ホリーは両親の制止を振り切りビルの家に押しかけ、捜査協力の継続を申し出る。ビルがしぶしぶ承諾すると、翌朝、彼女はジェロームと共にオリヴィアのPCに保存されていたファイルを開くことに成功する。

第9話 アイスクリームマン

ビルは、ホリーからの情報提供によってオリヴィアの家に出入りしていた電気店を突き止める。そこで元同僚の刑事ピートらと鉢合わせし、彼らに同行して店長にオリヴィアのPCサービス担当者の身元を照会する。担当者の名はブレイディ・ハーツフィールド。顔写真を見ると、何と近所のアイス売りの男だった。ビルは男の住所に急行するが、応答がない。そこへホリーから電話が入る。

第10話 勝者の囁き

ハーツフィールド邸爆破事件の死者2名は、当初、ブレイディと母親と思われた。しかし警察で遺体の身元確認が進むうち、遺体の1つがブレイディのものではない可能性が浮上してくる。事件直後からブレイディが生きていると主張していたビルは、彼が再び就職フェアの会場を狙い無差別殺人事件を起こすと推測する。一方その頃、ブレイディはオープニングイベントで賑わうアートセンターに潜入していた。

Season2 エピソード

第1話 帰ってきた男

2度目の無差別殺人事件が未遂に終わり、頭部に重傷を負ったブレイディは植物状態に陥り、バビノー医師による最先端治療の元でかろうじて命をつないでいる。一方、執念でブレイディを追い詰めたビルはホリーと共に探偵事務所“ファインダーズ・キーパーズ”を立ち上げ、探偵として現場復帰を果たす。ある日、刑事時代の同僚ピートがビルの家を訪れるが、突然ピートが倒れてしまい…。

第2話 遠隔操作

ファインダーズ・キーパーズでは、ピートから情報を譲り受けた失踪中の男の捜索をはじめいくつかの事案を取り扱うことになる。ホリーはビルのサポートをしながらも、彼のやり方に納得がいかず不満をぶつけることもしばしば。一方、入院中のブレイディの容体は一向に進展がないように見られたが、ある日、看護師のセイディが彼の異変に気づく。やがて、彼女は何かに取り憑かれたような行動をとるようになり…。

第3話 背中を押す声

病院でセイディに襲われかけたビルは、彼女の尾行を開始する。ある晩、彼は恋人の家に泊まるセイディをホリーに見張らせ、自身はセイディの実家を訪ねる。そしてセイディの母親から娘の話を聞き出そうとするが、不審に思われ締め出されてしまうのだった。行き詰りを感じ、ビルは別れた妻ドナの家に車を走らせる。翌日、病院ではセイディから転院希望の申し入れがあり…。

第4話 マザーボード

警察はセイディの死を自殺として処理するが、ビルはブレイディが関与していると推理する。ブレイディの意識が何らかの方法で覚醒しておりセイディと対話していた可能性を実証するため、彼はジェロームの力を借り、セイディの携帯電話に残された記録の追跡を試みる。一方、病院では、職員のアルがセイディに次ぐ遠隔操作の対象として“昏睡状態”のブレイディに目を付けられ…。

第5話 挑発

セイディの死の真相を究明するため、ホリーはチャット仲間でマインドコントロールに詳しいサイラスを呼び出し、人間の遠隔操作の可能性について質問する。ジェロームもビルを助けようと病院のコンピューターのハッキングを試みるが、ブレイディが覚醒している証拠は見つからない。一方、アルの意識を乗っ取ったブレイディは、病床の自身を卑しめたモンテス検事補の家にアルを潜入させ…。

第6話 隣り合せの悪夢

ある日、ブレイディの夢を見たビルは、その内容があまりにも現実味を帯びていたことに不安を募らせる。一方、ブレイディの病室にはかつての職場の同僚ルーが訪れる。植物状態のブレイディに一方的に話しかけるルー。そんな彼女に対し、ブレイディはついに決定的な覚醒反応を見せる。バビノー医師夫妻はブレイディの反応を喜び合うが、その頃、ホリーとジェロームが夫妻の素性調査を進めており…。

第7話 凶日

妻と中国系製薬会社の重役たちが見守る中、バビノー医師はブレイディの覚醒反応の実証を試みるが失敗してしまう。彼はブレイディがルーを気にかけていることを根拠に彼女を訪ね、アシスタントとして彼に協力することを打診する。一方、ブレイディは再びアルの意識を乗っ取り、今度はビルの家への侵入を試みる。その日、ドナとある約束を取り付け気分上々で帰宅したビルだったが…。

第8話 大切な患者

アルとの乱闘で大怪我を負ったビルは、病院に搬送される。事情聴取のため病院を訪れたモンテス検事補は、ビルから衝撃の発言を聞かされる。彼を襲ったアルは本来のアルではなく、ブレイディだったというのだ。モンテスは、ブレイディがアルに次ぐターゲットを探すというビルの推理の元、ブレイディの転院手続きに動き出す。一方、アルの不法侵入に責任を感じたホリーはブレイディの病室に忍び込み…。

第9話 ウォーキング

ブレイディが姿を消し騒然とする病院で、ビル、バビノー医師、モンテス検事補は院内の防犯カメラの映像を確認する。すると、そこには歩いて病院を出ていくブレイディの姿が映っていた。自身の周囲に危険が及ぶことを案じたビルは、ファインダーズ・キーパーズの一時閉鎖を決断。その頃、病院を後にしたブレイディは一般人に紛れて買い物をし、その足である場所へと向かい…。

第10話 決着

覚醒したブレイディと留置場で対峙したビルは、真人間を装う彼の本性を暴こうと詰め寄り、昔と変わらないブレイディであることを確信する。ビルの釈放後間もなくしてブレイディの裁判が開廷。しかし、弁護側が入院中に別人格となったブレイディには責任能力がないと主張したため、裁判は先行きが見えなくなる。ビルはブレイディの責任能力を証明するため、過去の彼を知るルーを証言台に立たせようとするが…。

Season3 エピソード

第1話 ジョン・ロススティーン殺人事件

第2話 第三の男

第3話 過ぎた愛

第4話 法廷闘争

第5話 亡者の助言


U-NEXT
MR. MERCEDES ミスターメルセデス

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus