ジャスティファイド/JUSTIFIED 俺の正義

ジャスティファイ

シーズン数6
IMDbスコア8.6/10
ジャンル アクション, 犯罪, ウエスタン
主要出演者ティモシー・オリファント ウォルトン・ゴギンズ
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

多数の映画化作品を持つ作家エルモア・レナードの短編小説を基に、連邦保安官が町に蔓延る数々の犯罪に立ち向かう姿を描く。マイアミで連邦保安官をしていたレイラン・ギヴンズは殺人犯を正当防衛で射殺したが、故郷のケンタッキー州の田舎町へと左遷されてしまう。レイランはそこでも、今までと同じく独自の正当性を貫き、法の執行人として犯罪者を検挙していく。しかしその一方で、悪に染まってしまった旧友や別れた妻、年老いた父親との問題にも直面していく。

ジャスティファイド/JUSTIFIED 俺の正義の感想

ジャスティファイド/JUSTIFIED 俺の正義を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編(英語)


Justified Trailer New FX Drama Series Coming March 16th 2010 – YouTube

Season1 エピソード

第1話 過去との再会

連邦保安官補レイラン・ギヴンズはマイアミで麻薬カルテルの殺し屋を射殺してしまったために故郷のケンタッキー州へ転任となる。そこでの初仕事はハーランの炭鉱で同僚だった幼なじみのボイド・クラウダーの捜査だった。彼は凶悪な犯行を重ねる白人至上主義グループのリーダーとみなされていたのだ。レイランが捜査を始めた矢先、麻薬売買が行われていた教会が爆破される事件が起きる。主犯はボイドだったが、彼は相棒を政府の内通者と思いこんで殺害してしまった。同じ頃、ボイドの弟ボウマンが妻のエイヴァに射殺されるという事件も起きて、レイランはさらに捜査に引きずり込まれる。エイヴァは高校時代のレイランに憧れていた女性なのだ。

第2話 15年目の決断

ボイド・クラウダーが撃たれた傷から回復するころ、レイランは彼の手下のデューイ・クロウを刑務所へと移送していた。逃走を試みるデューイをかわして移送を終えたレイランに、囚人バンドのメンバー2人がパーティの現場から脱走したとの連絡が入った。捜査に向かう途中で寄ったガソリンスタンドで、レイランは運悪く脱走犯プライスとクーパーにでくわす。彼らは店を乗っ取り潜伏していたのだ。クーパーは相棒のプライスを追い払い、レイランの銃を奪って倉庫に閉じこめると逃走した。

第3話 フィクサー

レイランは父親が飲酒運転で逮捕されたことを知らされる。エイヴァとの関係はレイランが距離感を計っている状態だった。そんなある日アーノルド・ピンターという秘密情報提供者の担当を押しつけられる。ピンターは行きつけのステーキハウスに陣取ってスポーツ賭博の胴元として生計を立てていた。彼は訪ねてきたレイランにタイニーという狂暴な指名手配犯の情報を教える。レイランが帰るとカーティスという男を呼び出し、トラヴィス・トラヴァースから賭博の負債を取り立てるよう依頼する。トラヴィスはかつては裕福だった家庭で育ったプレイボーイである。カーティスが古い屋敷に住むトラヴィスを訪ねると、ピンターがため込んでる金を強奪する計画を持ちかけられる。

第4話 優しい逃亡者

カリフォルニアのビスタハイツにある駐車場で、ピーター・オールドハムという医師が患者を襲った。このニュースを聞いたレイランとアートは、それが数年前にレイランから逃れた逃亡犯のローランド・パイク、通称ローリーであることに気づく。彼は麻薬カルテルの会計士だったが、組織から25万ドルを盗んで逃亡していたのだ。レイチェルをリーダーとして捜査がスタートする。受付のミンディ・スプリンガーに聴取するために彼の診療所に来たレイランとレイチェルを、ローリーはすぐ近くから観察していた。ローリーの恋人でもあるミンディは彼の素性を知って驚くが診療所から数千ドル相当の金板を持ち出して彼の元へと急ぐ。

第5話 父との確執

連邦保安官のチームは逃亡犯ウィルソン・トゥーミーが潜伏しているとみられる自宅前で張り込み捜査をしていた。そのころ、65歳になるレイランの父親アーロは、スタン・パーキンスという男が貸家の家賃を払わないと怒って、バットでその家の室内を破壊していた。そして目撃者を装って通報したものの、その場で意識を失ってハンター・モズリー保安官に発見される。ハンターはアーロにパーキンスに謝罪し損害を負担するよう命じるが、アーロは帰宅したパーキンスに襲いかかり逮捕される。そのころレイランはエイヴァとモーテルにいたが、電話をかけてきたヘレンから父の逮捕の話を聞き、しぶしぶ保釈に向かう。その翌日、パーキンスが2人の甥とともにアーロの家に現れ、アーロが盗んだ物を返せとヘレンを脅す。

第6話 コレクション

レイランはアートと共にハンゼルマンという画廊オーナーを訪ねる。ヒトラーの絵のコレクターでもあるハンゼルマンは、連邦保安局が横領犯、カーンズの資産を凍結するのを手伝うことになったのだ。レイランたちはカーンズに、全資産を凍結すると言い渡す。ヒトラーの絵を鑑定していたハンゼルマンは、絵が贋作であると主張する。カーンズはアート・コンサルタントのデヴィッドを呼び出すよう妻に命じる。しかし、レイランたちが引き上げた後、カーンズの妻はデヴィッドの目の前で馬の調教師、グレッグに夫を殺させ、自殺に見せかける工作を行った。カーンズが死ねば詐欺罪が不起訴となり、カーンズの財産が妻のものになるからである。また、偽物の絵を売ったことをバラすと脅してデヴィッドを口止めした。翌朝、FBIがカーンズを逮捕しにやって来たが、カーンズが死んだことを知るとさっさと引き上げていった。暖炉にはカーンズが自殺する前、偽物だと知って燃やしたと思われる絵の灰が残されていた。死体の状況から他殺を疑ったレイランは、暖炉に残っていた灰はヒトラーの絵の贋作ではないというハンゼルマンの言葉を聞き、ますます疑惑を深めるのだった。

第7話 本当の標的

エイヴァがジョニー・クラウダーに脅された。彼女に息子を殺されたボー・クラウダーが復讐を計画しているというのだ。その矢先、エイヴァが自宅の寝室で銃撃されて、レイランが彼女を救う。彼はハンター・モズリー保安官と銃撃犯の追跡を開始したが、ハンターとクラウダー家の間には長い確執があったことを知る。ジョニーが銃撃犯でないことを確かめたレイランはエイヴァを安全な場所にかくまおうとする。そのころマイアミから来た殺し屋のデュークは、ケガをした相棒のレッドを介抱しながらレイラン殺害の次なる計画を練っていた。

第8話 ブローバック

モズリー保安官が逮捕されたことで彼が捕らえた多くの囚人が釈放されることになり、ボー・クラウダーも町に戻り、さっそくエイヴァを脅してきた。レイランはマイアミで殺し屋のバックリーを射殺した件で連邦検事補ヴァスケスの聴取を受けることになっており、アートと事前打ち合わせをしていた。すると突然、オフィスの中で人質事件が発生した。連邦刑務所に収監されている囚人、ウォレスは、最厳戒刑務所への移送に先がけた審議会のために保安局を訪れていたが、護送官を人質に取って立てこもったのだ。一方、レイランの元妻ウィノナが帰宅すると、家の中にダフィがいた。怯えるウィノナに、ダフィは防犯顧問だと名乗り、ウィノナの夫、ゲイリーに依頼されたのだと語る。

第9話 壊れた夢

銃撃事件の内部調査を避けるために休暇をとったレイランは、さびれたバーで2人の酔っぱらいとケンカしてトレードマークの帽子を奪われる。その後、元妻のウィノナに相談を持ちかけられ、ウィノナの夫ゲイリー・ホーキンスを脅しているウィン・ダフィというマフィアの事務所を訪れるが、ウィノナに近づくなと警告した直後、ダフィは手下にレイランの調査と殺害を命じた。一方ゲイリーは高利貸しのエミット・アーネットへの返済に苦しみ、友人で元フットボール選手のトビー・グリフィンに助けを求める。しかし逆にダフィと手下のビリーがトビーの家に現れて乱暴し、ゲイリーの借金問題に口を出すなと言い、アーネットは交渉には応じないとつっぱねる。そのころレイランは仕事の情報源を使って、アーネットとダフィの素性を調べていた。

第10話 ハンマー

エイヴァの身を案じたレイランは、ボイドが6人の前科者たちと森の中でキャンプを張っていることを突き止め、訪ねていく。レイランは、ボイド逮捕につながる情報を提供すれば、5万ドルの懸賞金を払うと彼らに申し出るが、ボイドを売り、彼の“教会”を去ろうとする者は誰もいない。ボイドの動向を警戒しつつ、レイランはマイケル・リアドンの警護任務に就く。リアドンは厳しい判決を下すことで有名な連邦判事で、ベッドの中に毒ヘビを仕込まれて暗殺されかかったのだ。レイランが警護に就いた直後にも、何者かがリアドンの車の排気システムに細工をし、一酸化炭素中毒による暗殺を謀るが、レイランによって阻止される。

第11話 新たな真実

メタンフェタミン精製所の爆発を受け、目撃者と思われるボイドの信者から証言を得るため、レイランたちはボイドのキャンプへの手入れを行ったが失敗に終わる。依然としてボイドは野放しで、彼の爆破によってボーの犯罪組織の勢力が増すことになっていた。レイランは服役中の郡保安官ハンターに面会し、クラウダー家の撲滅に役立つ情報を得ようとするが、ボーの服役中に組織を動かしていたのが父アーロだと知らされる。ボイドは父にヤクの精製所の爆破は“神の行い”だと主張するが、おかげでハーランを再び支配できたと父に感謝されてしまう。

第12話 父と子

マイアミに飛んだボー・クラウダーは、麻薬の大物売人、ジオ・レイスからメタンフェタミンの原料を大量に仕入れる契約を結ぶが、取引の条件として、レイランをジオに差し出すことを要求される。レキシントンの連邦保安局では、ボイドがメタンフェタミン精製所爆破に関わった証拠を得ようと、アーロ・ギヴンズに協力を求めようとしていた。レイランの反対をよそに、アートと連邦検事補のデヴィッド・ヴァスケスはアーロに2万ドルを渡すことに同意した。レイランはアーロに盗聴器を着けるよう要求するが、アーロは激しく拒絶する。一方、ホーキンス家で目覚めたエイヴァは、しばらく友達の家に世話になると言って出ていく。エイヴァが自宅に戻ると、ボーの子分、ヘスラー・ジョーンズが待ち構えていた。エイヴァはレイランのモーテルに向かう。モーテルに到着すると、ちょうどウィノナがレイランの部屋から出てくるところだった。エイヴァは護身用の銃を調達するため、ヘレンを訪ねるが、自分がハーランに戻ったことをレイランに言わないようにとヘレンに口止めする。

第13話 復讐の炎

ボイドはエイヴァに過去の行為を謝罪するが冷たくあしらわれ、続いて従兄弟のジョニーに麻薬の原料を爆破したことを激しく責められる。一族のリーダーであるボーはドラム缶12個の原料を爆破したのが息子のボイドで、父親のビジネスを故意に邪魔しているのではないかと怪しむ。一方でアートとレイランはアーロから情報を得て、ボイドが父親の違法な麻薬ビジネスを止めようとしていることを知る。そのころ、マイアミの麻薬王ジオの腹心であるエルネストとピラールの姉弟に、ボーはジオの取り分の200万ドルは支払うと請け負う。そしてボイドと親子の縁を切ると、彼の信徒たちを殺し、アーロにはレイランをだますよう持ちかける。

Season2 エピソード

第1話 密造酒の呪い

レキシントンに戻ったレイランは一連の銃撃事件について尋問を受け、事務所に缶詰状態だったが、レイチェルに捜査の協力を頼まれてハーランのラビット谷へ向かう。

第2話 つながれた妊婦

レイランとティムは、収監中のジェイミーという妊婦を病院検査のために護送する任務にあたるが、病院で男二人に彼女を強奪されてしまう。

第3話 火種

通称“オキシ・バス”にデューイが乗っているとバスジャックに遭う。一人が撃たれ、輸送中の錠剤が強奪される。そのバスが乗り捨てられた現場にやってきたレイラン。犯行の手口からボイドの関与を疑う。

第4話 家族の傷跡

ゲイリーは、住宅ローンの返済額が増えたことを理由に、ウィノナに離婚話を持ち掛ける。離婚して家の所有権をすべて譲れば、借金を負わなくて済むとウィノナを説得する。ボイドは炭鉱仲間のカイルにある計画を打診される。

第5話 毒牙

レイランがロレッタを気にかけていたところ、州警察のトムからウォルトの小切手が偽造サインで使用されたことを聞く。一方、ボイドは同じ炭鉱に勤めるカイル、マーカス、プルイットの三人から給与強盗をもちかけられる。

第6話 ラストプラン

裁判記録を補完するため、レイランと一緒に保管室へ向かうウィノナ。鍵付きの保管庫の一つから、大量の現金を見つけたウィノナ。100ドル札一枚を抜き取り、銀行でニセ札かどうか確認しようと考える。

第7話 愛する者を救え

ウィノナは、レイランが持ち帰った100ドル札は自分が盗んだ紙幣ではないことに気づく。

第8話 スポイル

ハーラン郡の炭鉱の山の頂上の土地を有するブラックパイク鉱業は、キャロルを使って周辺土地の買収を始めた。しかし、何かたくらみを持つベネット家が妨害行動をとる。

第9話 転落

“ベネット家のパーティに参加するレイラン、ボイド、キャロル、エイヴァの面々。
マグスに話し合いを持ちかけるキャロル。2人きりで話し合うつもりが、ボイドが同席していた。”

第10話 身辺整理

レイランは、ウィノナが証拠品の保管室から大金を盗んだ件でアートの様子を伺う。アートはレイランの身勝手さを指摘し、2人の信頼関係が崩れたことを告げる。

第11話 惨劇の幕開け

連邦捜査官はレイランとウィノナを襲撃した男たちを探し、レイランの捜査はベネットとの対決へ向かう。

第12話 報い

ボイドのもとへ行くレイラン。そこでボイドから、ブラックパイクとの契約はまだ正式には締結していないと聞かされる。

第13話 憎しみの果て

ロレッタはグレンの家に里子として預けられていたが、ある日行方不明となり、警察に通報が行く。

Season3 エピソード

第1話 ガンマン

当初レイランは、デスクワークの予定だったが、高級時計店の経営者コーツが殺され、資産が盗まれたことで、捜査に借り出される。

第2話 証人たち

証人保護プログラムに携わる保安官補ビル・ニコルズが殺される。レイランのマイアミ時代の元同僚カレン・グッドールがレイランの事務所に現れ、この事件をともに捜査することになる。

第3話 ハーランルーレット

デトロイトから来たクォールズという悪党が、違法ドラッグであるオキシやマリファナに目をつけ、ケンタッキー乗っ取りを企て、ひとまずダフィと手を組む。一方ボイドは、いとこで車椅子生活のジョニーのためにバーを取り戻す。父親亡きあと乱れはじめたハーラン郡をクラウダー家中心に立て直そうと考えているようだ。

第4話 デビルの決断

昔の友人タナーに連れられ、クォールズに会うデビル。ハーラン郡で金儲けができると聞かされ、心惹かれる。ボイドから渡された分け前がたったの360ドルだということに不満を持ったデビルは、クォールズとの仕事にジョニーを誘う。

第5話 仁義なき町

ボイドは、ハーランに侵入しようとしている新興勢力の存在を知り、反撃ののろしをあげた。クォールズは、新事業のパートナー関係を提案するが、ボイドはあっさり断わる。ボイド対クォールズの抗争が始まった。

第6話 オキシ戦争

スターンのオキシ・クリニックへ行ったエレン・メイとトリクシー。色仕掛けでオキシを売ってもらおうとしているところをタナーたちに襲撃される。オードリーの店のオーナーのデルロイは、どうしてもオキシが必要だからと別のクリニックへ無理やりエレン・メイを行かせる。

第7話 黒幕

クォールズは、養父の息子サミーの融資をあてにして、郡保安官ネイピアを買収する。陰謀によってボイドとレイランを逮捕させるのが狙いだ。さっそく、ネイピアは、ボイドのバーに現れ、因縁をつける。

第8話 レイランへの伝言

クォールズは、FBIへレイランとボイドの癒着を示唆する話を漏らす。レイランのもとへレキシントン警察とFBIの特別捜査官が現れ、追求が始まる。

第9話 後始末

売春宿を経営しているデルロイが、娼婦たちを使って銀行強盗を企てるが失敗に終わり、関係した娼婦たちを殺そうとする。一方レイランはネイピア郡保安官暗殺容疑で収監中のボイドを釈放させる。ボイドはその足で、郡保安官候補者の討論会へ乗り込み、自論でネイピアを圧倒し、シェルビー陣営を盛り立てる。

第10話 征服者

夜、シェルビーのトラックに近づく人影。ネイピアの部下ムーニーたちが、シェルビーを陥れるため、麻薬を仕込もうとしていた。反撃に出たボイドは、ネイピアの妹ハンナを利用することを思いつく。

第11話 せめぎ合う欲望

クォールズから宣戦布告を受けたレイランにアートが付き添うことになった。しかし、皮肉なことに、この二人の誤解が事件を解決から遠ざけることになる。

第12話 暴走

クォールズをテオ・トーニンに渡して報酬をもらおうと目論むボイドたち。そこにエロールがディッキーを連れて現れ、マグスの遺産320万ドルが銀行の貸金庫にあると告げる。それを盗むべく計画を立てるボイドたち。同時にクォールズをデトロイトに引き渡し、両方の金を手に入れようという考えだ。

第13話 腐ったリンゴ

クォールズは、キャンプしていた母子を人質にとって、ボスのテオに家へ帰りたいと電話する。テオの出した条件は、50万ドルだった。

Season4 エピソード

第1話 ヘビを持つ牧師

テネシー州ノックスビルの保釈保証人シャロンから、レイランに電話がかかってくる。保釈中に失踪したジョディを捜してほしいと言う。

第2話 ウォルドの行方

アーロが自宅の壁の中に隠していた“ウォルド・トゥルース”の運転免許証とパナマの外交用通信袋が、謎を深めていく。

第3話 30年前の秘密

リンジーからランドールとの過去を聞かされたレイラン。ボクシング・ジムにいるランドールを訪ね、フロリダへ帰るよう言う。

第4話 胸騒ぎ

レイランはランドールからもらったメモ書きで、夕方バーで決闘の待ち合わせをする。しかし、ランドールは結局姿を見せなかった。バーテンから自室でリンジーが休んでいると聞いて行ってみると、部屋は無茶苦茶に荒らされ、タンスにしまっていたお金と一緒にリンジーもいなくなっていた。

第5話 潜伏

イランは、アーロの家に盗みに入ったロズを問い詰める。義理の父ジョサイアの命令でやったと白状するロズ。ジョサイアの家を訪ねると、ジョサイアは足輪をつけられ、遠くに行かれないようになっていた。

第6話 未来に続く道

30年前に消えたパイロット、ドリュー・トンプソンをめぐる悪党たちの競争が続く。

第7話 決闘

ネイピアのパーティーへ行くボイドとエイヴァ。それぞれパーティーを楽しむふりをしながら、ドリュー・トンプソンを捜す。ボイドに声をかけてきたのがリーとジェラルド。どちらもドリューの可能性はあるが確証はない。乱交パーティーが始まっている中、エイヴァも男たちに誘われ、襲われそうになる。

第8話 アウトロー

レイランはドリュー・トンプソンの生存を信じ、正体を突きとめようと捜査を続ける。正体を知っている父親のアーロは取引を条件に出しても決して口を割ろうとしないため、次に元郡保安官補のハンターに取引を持ちかけた。

第9話 ドリューの正体

麻薬の売人デイヴとマークが殺害された。マークは死ぬ間際、ティム宛てに「バグラム」というひと言をメールに打っていた。ティムは退役軍人局で会ったコルトのことを思い出し、コルトの監視を始める。

第10話 終着点

ついに、ドリュー・トンプソンの正体が判明する。

第11話 脱出

連邦保安局にドリュー・トンプソンを連れていかれ、奪還を企てるニック・オーガスティンとボイド。現在はアーロの家にいることが分かっているが、攻め込むには不都合な場所にある。市街地や住宅街を避ける道路を通ると予想したボイドは、コルトを送りこむ。

第12話 守護聖人

ドリュー・トンプソンが、エレン・メイを保護しないと取引に応じないと言い出した。現在、ノーブルズ谷のライムハウスのもとにいるエレン・メイの争奪戦が始まる。

第13話 死者たちの影

停職になったレイランは、ウィノナのもとを訪ねる。だがそこには3人の男がいて、ウィノナを人質に取っていた。

Season5 エピソード

第1話 シャッフル

デューイ・クロウが、レイランに不当な扱いを受けたと訴え、釈放と30万ドルを勝ち取るが、後にこの金をめぐって災いがふりかかる。

第2話 変わらないもの

ロドニーの手先、ジェイとロスコーの兄弟は麻薬取引でヘマをした仲間を射殺する。取引の相手はロレッタとその恋人デリックだ。

第3話 善意

仕入れた麻薬の強奪、エイヴァの釈放、デューイに売った売春宿の乗っ取りと様々な問題がボイドに降りかかる。

第4話 一族の絆

ウェイド・メッサーを殺害すべく、山へ連れ出すデューイ。カネが埋まっていると穴掘りをさせ、メッサーを銃撃するが、カネを掘り出す道具を探す間にメッサーが姿を消す。メッサーが検察局の情報提供者だと聞き、レイランは彼の行方を探る。

第5話 地獄に向かって撃て

ボイドはエイヴァ釈放のため、不都合な人物たちを様々な手で殺害する。、しかしエイヴァは悪徳看守の策略で州刑務所送りになってしまう。一方クロウ一家のハーラン進出を快く思っていないレイランは、連邦検事のヴァスケスにダリル・クロウの保護観察復活を依頼する。

第6話 エイヴァの試練

州刑務所へ移送されたエイヴァを守るため、ボイドはガンナーに依頼し、同じ刑務所にいるグレッチェンにエイヴァの守護をさせる。

第7話 サバイバルゲーム

ダリルの妹ウェンディは、アリソンやレイランがクロウ一族にとって、いずれ邪魔な存在になると気づき、法律や色仕掛けなど様々な手を使い、2人を貶めようと画策する。レイランはアートとの関係がこじれて面白くなくなった職場に異動願いを出す。

第8話 国境へ

アリソンと休暇を楽しもうとしていたレイランに、ウェンディが助けを求めてくる。弟のケンダルが、元夫のジャックが起こした詐欺事件に巻き込まれ、誘拐されたのだ。ケンダルの出生の秘密を知ったレイランは、自分と生い立ちが似ているケンダルの力になろうとする。

第9話 迷走

ボイドとダリルらが仕入れたヘロインは、二手に分かれ国境を越えるはずだったが、デューイとダニーは道に迷っていた。

第10話 デューイの夢

ヘロインを独り占めしたデューイは、足りない頭で知恵を絞り、いとこのダリルを脅してヘロインを金に換えようとする。

第11話 突破口

ダリルからアリソンを保護しようとしたレイランの上司アートは、何者かに撃たれ昏睡状態に陥る。兄ダリルに付き添われて出頭したケンダルは、アート銃撃を自首するが、レイランは不審に思う。一方ヘロインの半分を失ったボイドは、ダフィ、ピッカーから命を狙われる。

第12話 白紙

ボイドはレイランと取引し、自分が隠したヘロインをダリルが奪いに行くという情報を渡すが、現れたのはダリルではなく兄に利用されたウェンディだった。

第13話 目覚め

ダリルがケンダルに罪を着せていると睨むレイランは、彼が少年法の対象外になると芝居を打ち、ウェンディのダリルへの怒りが頂点に。

Season6 エピソード

第1話 運命のいたずら

ジョニーたち殺害当日の状況について警官から話を聞くため、メキシコのバーに向かうレイラン。ボイドはその頃、銀行強盗の下見のため、銀行の貸金庫を探っていた。一方刑務所から釈放されたデューイは、ボイドの元へ向かい昔の楽しかった時代に戻ろうと涙ながらに訴えるが・・・

第2話 キャッシュゲーム

エイヴァは、自宅にボイドが訪ねてきた後ボイドが隠したとある書類を見つける。レイランから、ボイドの有力情報を提供できなければ刑務所に送り返すと告げられ、情報を流し続けるエイヴァ。しかしボイドが一筋縄ではいかない男だと承知しているエイヴァは、意を決しボイドの店を訪ねる。

第3話 黒幕

エイヴァの家にマーカムとウォーカーが現れ、脅しをかける。ホテルでダフィとキャサリンに会ったボイドは、マーカムとの関係をキャサリンに問い詰める。一方エイヴァは、ボイドに新しい人生をやり直そうと提案するが、ボイドは出所してからのエイヴァが別人のようだと怪しんでいた。

第4話 思惑

突然の出所を怪しむキャサリンは、エイヴァに様々な揺さぶりををかけ事実を知ろうと画策する。マーカムは数年後にケンタッキー州が大麻解禁となることを見越して大麻栽培計画を企てていた。ボイドはそんなマーカムから金を奪い、同時に大麻ビジネスのノウハウを盗もうとする。

第5話 約束のキス

キャサリンはエイヴァがスパイだと疑い、ダフィに調査させる。エイヴァはレイランに情報提供の辞退を申し出るが、刑務所に逆戻りになると言われ、逃亡を決断する。レイランに連れられて家に帰ったエイヴァ。二人の間にかつての情熱が再び燃え上がりそうになるが・・・

第6話 生死を分けた日

マーカムは、レイランからカルフーンが殺されたことを聞かされる。マーカムは早速、ウォーカーを問いただし、チューチュー殺しをウォーカーに命ずるが、レイランとティムに阻まれ計画は失敗に終わる。一方ボイドは、ライムハウスからエイヴァの逃亡の話を聞き、ショックを受ける。

第7話 狩猟解禁

娘のウィラを連れて、レキシントンにやってきたウィノナは、レイランにやり直したいと申し出る。

第8話 闇の迷宮

ボイドはウォーカーの首にかけられた懸賞金10万ドルをマーカムから受け取るが、その時マーカムの金庫の中を見て彼の全財産を奪うという野望を抱く。しかしそれがレイランの作戦だと知ったエイヴァはますます疑心暗鬼にかられ、ボイドとレイランの間で気持ちが揺れ動く。

第9話 新たなスパイ

エイヴァが寝返ったのではと疑うレイランは、ダフィを脅して新スパイに仕立て上げ、ボイド逮捕を画策する。遺産で大金持ちになったレイランの義理の娘ロレッタは、ビジネス拡張のためマーカムを出し抜きボイドに近づくが、マーカムの不気味な部下ブーンがしつこく付きまとう。

第10話 綱渡り

マーカムは金を安全な場所へ移そうとするが、今度こそ彼の金を奪いエイヴァと逃避行をもくろむボイド。だがエイヴァやダフィはまだレイランと通じている。一方キャサリンは、夫を殺した犯人が婚約者のマーカムではないかと疑い始める。全員が腹を探り合い、緊張が高まっていく。

第11話 それぞれのルール

刑務所に戻されると知ったエイヴァは、レイランの目の前でボイドを撃ちマーカムの金を奪って逃走するが、負傷したボイドも執念で病院を抜け出し彼女を追う。キャサリンは夫殺しの真犯人ダフィのもとへ復讐に向かうが、ダフィの忠実な部下マイクが立ちはだかる。

第12話 追跡

叔父と山に隠れていたエイヴァはボイドに追われていることを知り、恐怖のあまり一人で山を下りようとするが、マーカムに雇われた汚職警官に捕まってしまう。ボイドを追って山に入ったレイランは、ついに一対一の局面を迎えるが…

第13話 約束

マーカムの所へ送られたエイヴァのもとにボイドが現れるが、彼にはどうしてもエイヴァが殺せない。そこへ現れたレイランはボイドと再び対決する。亡父や故郷ハーランとともに、ボイドに対しても愛憎入り混じった気持ちを抱いていたレイランは、過去のすべてと訣別しようとする。


U-NEXT
ジャスティファイド

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus