殺人を無罪にする方法

殺人を無罪にする方法

シーズン数6
IMDbスコア8.2/10
ジャンル 犯罪, サスペンス
主要出演者ヴィオラ・デイヴィス アルフレッド・イーノック ビリー・ブラウン
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

アナリーズ・キーティングは殺人事件の弁護で負け知らずの凄腕弁護士でありながら、同時にミドルトン大学のロースクールで「殺人を無罪にする方法」という授業の教鞭をとっていた。毎年そのクラスの中から優秀な4名の学生をアナリーズ弁護士事務所のインターンに採用するのが通例だった。選ばれる学生にとっては非常に名誉で、かつキャリアアップの近道だった。今年も優秀な学生が4名+1名選ばれたが、そのことによって大変なことに巻き込まれていき…

殺人を無罪にする方法の感想

主役のヴィオラ・デイヴィスの演技が圧巻です。教壇や法廷に立つ姿は敏腕弁護士としての自信に満ちており、最初は威圧的にさえ感じますが、私生活で見せる不安げな表情や言葉、そしてあくまでも学生たちを守ろうとする強い意志など、様々な演技を見せてくれます。過去のフラッシュバックや未来のフラッシュフォワードと現在が交わるという時間軸が前後する構成なので、最初は???状態かもしれませんが、見続けていくと徐々にその詳細が明らかになっていき、引き込まれていきます。シーズン4の第13話は、ドラマ「スキャンダル」のシーズン7の第12話とのクロスオーバー・エピソードです。意志が強く行動力もある二人の黒人女性、オリヴィアとアナリーズが競演するこのエピソードは両ドラマのファンにとって必見でしょう。
アメリカでは2019年9月からシーズン6が放送され、これがファイナル・シーズンになるそうです。このドロドロのサスペンスはどのような結末を迎えるのでしょうか。

殺人を無罪にする方法を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編(英語)


How to Get Away With Murder – Trailer – YouTube

How To Get Away With Murder – Season 4 Official Teaser – YouTube

Season 5 Official Trailer – How To Get Away With Murder – YouTube

Season1 エピソード

第1話 無敗の弁護士

アナリーズ・キーティングの刑法のクラスで出会った、ミドルトン大学法学部のコナー、ミカエラ、ウェス、ローレル話 自らの弁護士事務所に、実習生として毎年クラスの中から雇っているアナリーズは、彼らに「無罪を立証する抗弁を考える」という課題を与える。学生たちはそれぞれ知恵を絞り、コナーは合法とは言えない手段を使ったり、ウェスは自分の考えをアナリーズに伝えに行く際に運悪く彼女の不倫現場を目撃してしまったりするが、見事実習生として選ばれることになった。

第2話 性格証人

ミカエラ、コナー、ローレルそしてウェスらの森のシーンから始まる今回のエピソード。取り乱したミカエラはしきりに誰かのことを責めている。そして場面は2か月半前、アナリーズはライラ・スタンガードの殺人事件に夫サムが関与しているのではないかと疑っていた。そんな時、彼女は富豪マックス・セイント・ヴィンセントの弁護を請け負うことになる。

第3話 洗脳

アナリーズの法律事務所内。サムの遺体を囲むのはレベッカ、ウェス、ミカエラ、コナーそしてローレルだ。泣きじゃくるミカエラ。その2か月前、彼女は婚約者エイデンとの久々の再会を楽しんでいた。そんな時アナリーズから呼び出しがかかる。今回、アナリーズは法学生たちを引き連れて公然わいせつ罪で逮捕された主婦ポーラ・マーフィーを迎えに行くのだ。

第4話 証言録取

アナリーズの法律事務所でサムの遺体を囲むコナー、ミカエラ、ローレル、ウェスそしてレベッカら5人の若者たち。ローレルが怯えるミカエラをなだめていると突然、ドアを叩く音がする。それはアッシャーだった。そしてシーンは7週間前へ。アナリーズのチームは証券会社CEOマレン・トルードーの元へ向かう。マレンにはインサイダー取引の疑いがかけられ、FBIが社内を家宅捜索していた。どうやらマレンは何者かによって濡れ衣を着せられているらしい。

第5話 陪審選定

祭の夜、篝火を囲んで盛り上がる学生達。コナー、ミカエラ、ウェス、そしてローレルは騒ぎに乗じてサムの遺体を始末しようとしていた。その6週間前、アナリーズ・キーティングの弁護チームは17歳の少年ライアン・レミニの弁護を担当していた。ライアンの母シャロンは警察官の父アンソニーによる家庭内暴力に苦しめられていた。ライアンは見るに見かねて父を背後から撃ち殺したのだ。

第6話 人身保護令状

祭の夜、法律事務所でサムの遺体を囲むコナー、ミカエラ、ウェス、レベッカそしてローレル。その時アッシャーが扉を叩く。一同に緊張が走るがアッシャーはほどなくその場を離れる。その5週間前、アナリーズは学生たちを引き連れ、21年前に死刑判決を受けたデビッド・アレンの冤罪の証明に挑む。アレンの裁判を担当したのは、アッシャーの父ウィリアム・ミルストーン判事だった。

第7話 専門家証人

祭の夜、法律事務所の浴室で血まみれのレベッカの体を洗うウェス。その2週間前、レベッカがオライリーに肉体関係を迫ったあげく彼を唆してライラ・スタンガードを殺害させたというニュースが流れていた。このゴシップをマスコミに流したのはパークス検事であるようだ。これに対してアナリーズは報道禁止命令を申し立て、判事はこれを認める。

第8話 DNA鑑定

二度目の検死解剖の結果、ライラ・スタンガードの妊娠が発覚した。その6か月前、レベッカと語らうライラ。彼女はグリフィンとの交際を続けながらも別の男性と付き合い始めたことを楽しげに告白していた。そして場面は現在のキーティング法律事務所に。妻アナリーズに問い詰められ、ライラの妊娠を知らなかったと言い張るサム。

第9話 死の真相

篝火のパーティーの夜、アナリーズはサムと激しく争ったあげく法律事務所を飛び出す。一人取り残されヤケ酒をあおるサム。そこにミカエラがやってくる。アッシャーから盗んだトロフィーをアナリーズに渡すためだ。サムがミカエラを追い返そうとしているところに今度はレベッカが現れる。彼女の目的はサムがライラ殺害犯であることを裏付けるデータを手に入れること。

第10話 起訴取り下げ

警察の事情聴取を受けるアナリーズ。彼女は夫サムがライラ殺しの真犯人だと断言する。その前日サムの死体の前で、アナリーズは狼狽するウェスをなだめ、死体の処理方法などについて指示していた。その際、彼女が関わっていることはほかの学生たちやレベッカには内緒にしろと釘を刺す。場面は再びその翌日へ。アナリーズに続き、ボニーと5人の学生達も順番に事情聴取を受けることになる。アナリーズはサムが犯人であることを示す証拠を集めて判事に提出。

第11話 司法取引

サムの姉ハンナが出現し、サム殺害に関わった法学生たちは動揺を隠せない。そんな折ジャッキーという女性がアナリーズの法律事務所を訪れ、自分の夫が自宅の地下室に女性二人を監禁していると述べる。うち一人は二人目の子供をみごもっていて臨月だと言う。監禁に手を貸していたジャッキーの弁護に学生たちは戸惑うが、アナリーズはジャッキー自身も虐待の被害者であるとして弁護を引き受け、検察に司法取引を申し出る。そしてジャッキーの家にSWATが突入し、夫を逮捕。

第12話 捜索令状

ゴミ廃棄場でサムの遺体が発見され、激昂したハンナは警察官の前でアナリーズを指し示して彼女が犯人だと叫ぶ。更にハンナは「アナリーズがかねてからサムに対し殺意を抱いていた」と証言する。結果キーティング家に家宅捜索が入るが殺人の証拠となるものは何も出ない。警察を避けマフィアの弁護に没頭するアナリーズ。ボニーはサムを殺害したのは学生達だと気づき、アナリーズに「彼らをかばって犠牲になるな」と告げる。

第13話 母の告白

学生達を守るためにやむなくネイトに罪を着せたアナリーズ。彼が逮捕され、彼女は罪悪感に耐えきれず寝込んでしまう。アナリーズの助けを求める声に答え、母オフィーリアが法律事務所にやってくる。娘を叱咤激励しつつ世話をするが、やがて過去を捨てようとするアナリーズと諍いになってしまう。幼い頃に叔父のクライドから性的暴行を受け心に傷を抱えていたアナリーズ。法律事務所を去る前日、オフィーリアは自宅が全焼した時の真相を打ち明ける。クライドを焼き殺すためにオフィーリアが火を放ったのだ。

第14話 無罪答弁

レベッカがライラ殺しの真犯人ではないかと疑い調査を続けるウェス。ローレルはそんな彼に確証が持てるまで普通に振る舞うよう諭す話 一方、今回アナリーズの依頼人となったのはアンドリュー・クロフォード神父。彼は同じ聖職者であるバーナード神父を殺害したのだ。アナリーズは教会で働くアグネスを説得し、二人が肉体関係にあったかのような証言をさせる。ところが耐えられなくなったアンドリューはその場で罪を認め投獄されてしまう。

第15話 真犯人

元隣人ルディのことでウェスに嘘をついていたレベッカ。この事実を知ったミカエラ、コナー、ローレルはレベッカこそライラ殺しの真犯人であると決めつけ、彼女を縛り付けて一方的に責め立てる。アナリーズは公平を期するために法律事務所で裁判を開き、学生達にレベッカ犯人説を裏付ける主張を述べさせる。

Season2 エピソード

第1話 前に進む時

ライラ殺害事件の鍵を握るレベッカが姿を消した。真相を知らないエリート法学生のウェスたちが不安に脅える中、アナリーズは養父母を拷問の末に殺害したという容疑者ハプストール兄妹の弁護に自ら乗り出していく。だが、それは“新たな事件の始まり”に過ぎなかった。なんと“ある屋敷”で何者かの銃に撃たれたアナリーズが、腹部から大量の血を流し倒れてしまう。いったい彼女に何が起きたのか…。

第2話 消えゆく命

銃声が鳴り響いた直後、屋敷から逃げるように出てきたウェスはミカエラとローレルのもとへ向かうが、コナーは意識朦朧とした血まみれのアナリーズを見つめ…。すべては、2カ月前から始まった。その頃、アナリーズはサム殺害容疑者となったネイトを救うため、法学生時代からの特別な友人イヴ・ロスロに弁護を頼み、予備審問の場で彼に偽証させようと画策。さらに、ハプストール兄妹に“叔母ヘレナ殺害”という新たな容疑がかけられたことを知った彼女は、妹キャサリンの証言を疑い、ウェスに“ある指示”を出していた。

第3話 危険なパーティーの結末

薄れゆく意識の中で、携帯電話の着信音に気づくアナリーズ。それは、ネイトからの連絡だった。しかし、彼が留守番電話に「大丈夫だと返事をくれ」とメッセージを残すと、息絶えたように目を閉じ…。7週間前、アナリーズは新たな依頼人ターニャ・ランドルフの調査に動き始めていた。乱交パーティー施設を経営する彼女は、客のドミニクを心臓発作で死亡させたという。施設の顧客名簿を入手したアナリーズは、“ある人物への脅迫”を思いつく。一方、ハプストール兄妹は2人の“親密な関係”を示す写真が公表されてしまう。

第4話 ガールズクラブの掟

屋敷に警察と救急車が到着。瀕死状態のアナリーズは病院へ搬送されるが、屋敷内の別の場所で倒れていたシンクレア検事補は死亡が確認された。ネイトの車に乗り込んだウェスたちは…。4週間前のある朝、アナリーズは末期癌で闘病中のネイトの妻ニアに呼び出され、「私を殺して」と迫られていた。仲間に強要され友人を殺害したという新たな依頼人、女子高生ゾイの裁判中もニアのことが頭から離れない彼女は、フランクに“ある薬”の調達を頼む。一方、ハプストール兄妹の関係を探るため、ミカエラは兄ケイレブに近づいていく。

第5話 ボニーの秘密

銃弾に倒れたアナリーズとシンクレア検事補の遺体を横目に屋敷の外へと急ぐボニーは、アッシャーが待つ車に飛び乗ると「あと少しよ、頑張って」と彼を励ますが…。3週間前、アッシャーはアナリーズの宿敵シンクレアと密かに司法取引を行おうとしていた。事態を知ったボニーは、彼に取引を止めさせるため“ある嘘”をつき説得。しかしその直後、アッシャーは「知ってるんだ。サムを殺した犯人」とシンクレアに伝え、取引条件の見直しを要求していた。その頃、アナリーズはウェスとネイトが陰で手を組んだことを確信する。

第6話 ミルストーン家の悲劇

アナリーズが搬送された病院へ駆け込んで来たフランク。しかし、突然彼女が心不全を起こしたことから、その場を追い出されてしまう。やむなく病院を後にする彼は車に向かうと、後部座席にうずくまる“ある女性”の様子を確認し…。2週間前、アナリーズはアッシャーから、“トロッター湖事件”に関して「シンクレアに弱みを握られてる」と打ち明けられ、自分が対処することを約束。やがて、彼女はアッシャーの父を売るという手段に出る。一方、ウェスたちは新たな容疑者と睨む“ハプストール兄妹の実親”を捜し始めていた。

第7話 死ぬのはあなた

屋敷の中で、どこかへ向かおうとするコナーを必死に止めるミカエラ。そんな2人の様子を近くの部屋から見ていたローレルが「どうする?」と振り返ると、そこには銃を手にしたウェスがいた! 彼が銃を自宅で発見したのは4日前。その頃、学生たちは殺害されたヘレナの“隠し子フィリップ”が、ハプストール兄妹事件の新たな容疑者と疑い、それぞれが彼の犯行動機を考えていた。一方、忌まわしい過去をアッシャーに暴露したアナリーズを目の前にしたボニーは、怒りに震え「死んでほしい。それが私の望み」と突きつける。

第8話 いとこのフィリップ

屋敷の中でボニーは「やると決まったの。従わないなら、次に死ぬのはあなたよ」とコナーに迫ると、ウェスが持っていた銃を手に“ある場所”へ向かい…。3日前、アナリーズは新たな容疑者フィリップと、意外な形で対面することになった。彼は違法行為をした上に自分を殺人犯と疑ったアナリーズを「警察へ行くか、訴える」と脅迫。翌朝、彼女はハプストール兄妹を訪ね、彼らのいとこであるフィリップの写真を見せるが、2人は会ったこともないという。するとその時、突然シンクレアから司法取引を提案したいと連絡が入る。

第9話 アナリーズの過ち

屋敷内の一室で何者かに「ダメ!」と抵抗したアナリーズだったが、放たれた銃弾に撃たれた彼女はその場に倒れ込み、苦しみもがいていた。腹部からは血があふれ出し、意識は次第に遠のいていき…。14時間前、アナリーズはハプストール兄妹の屋敷で窮地に立たされていた。ケイレブが逃走した妹キャサリンのアトリエで銃を見つけたという。予想外の事態に直面し追い詰められていくアナリーズはネイトに連絡を入れるが、彼もまた思わぬことから失職の危機に見舞われていた。そんな中、アッシャーの父が職場で自殺を図る。

第10話 アナリーズの錯乱

血まみれとなり、意識朦朧としたアナリーズは「クリストフ」と“ある男の子の名前”を呟いていた。そんな彼女を目の前に、銃を構えたウェスは…。2週間後、一命を取り留めたアナリーズは病院から自宅へ戻ってきた。明日に控えたキャサリンの予備審問で証言することを決めるが、心痛に耐えきれない彼女は鎮痛剤を過剰摂取してしまう。ほどなくして家のドアを激しくノックする音で目覚めるアナリーズ。玄関前に立つ見知らぬ女性から、いきなり「私の坊やを預かって」と強引に赤ん坊を手渡された彼女はパニック状態に陥る。

第11話 癒やしの司法

アナリーズ復帰後、初の裁判が始まった。裁判所に集まったウェス以外の学生たちは、事件の夜以降「先生は私たちが嫌いよ」と不安を隠せずにいた。一方、アナリーズから「あなたは私を破滅させた」と言い捨てられたウェスは眠れぬ日々を送り、病院を訪れると精神病棟に強制入院させられてしまう。医師によるカウンセリングが続く中、彼は自殺した母のことを語り始め…。それは10年前の出来事だった。なんとウェスが知る由もないところで、アナリーズは彼の母ローズに「逃げなければ、助けてあげられる」と接触していた。

第12話 脅迫メールの罠

事件の夜、屋敷から逃げるように出てくる学生たちを映した動画ファイルがコナーのメールアドレスに送られてきた。送り主の名前は“アルゴス”となっていたが、誰もがその正体はフィリップと確信していた。動揺する学生たちの前で「これはワナよ」と一蹴するアナリーズ。ところが、再び送られてきたメールを読んだ彼女はケイレブのもとへ向かい…。一方、ウェスはアナリーズが置いていった“マホーニー裁判”の資料を読み込んでいた。ローレルにすべてを打ち明けた彼は、裁判記録を調査するために2人でオハイオへ飛ぶ。

第13話 ローズの真実

母ローズの死とアナリーズが関係していると知ったウェスは殺害されたと疑わず、カウンセリングの担当医師に「出廷を拒否した2日後に死ぬなんて変だ。事実を思い出させてほしい」「あなたしか頼れないんだ」と、過去に遡るセラピーを頼み込む。その頃、裁判記録から警察資料を盗み取ってきたローレルは、アナリーズにローズの死の真相について迫るが「ウェスが来れば話すわ」と突き放されてしまう。10年前のある晩、家を訪ねてきた移民関税執行局の男に連行されたローズ。すると、“ある弁護士”が突然彼女の前に現れ…。

第14話 すべての発端

アナリーズがフィリップに襲われ、ケイレブも行方不明になったと知り動揺する学生たちに、デンバー検事補からコナーに送られてきた動画の件で聴取したいと連絡が入る。聴取対象は学生たち全員。自責の念にかられるアッシャーが「元は俺のせいなのに」とボニーに心情を打ち明けると、彼女はフランクを見つめ「発端はライラよ。彼女を殺した人がすべて悪い」と吐き捨てるように告げる。一方、アナリーズはウェスを呼び出し「何もかも私のせいよ」と、10年前の“マホーニー裁判”にまつわる“衝撃の過去”をすべて明かす。

第15話 ハプストール事件の結末

アナリーズが姿を消し学生たちは不安に駆られるが、オリバーの調査で彼女は実家があるメンフィスにいることがわかる。そんなある日、アナリーズに罪状不明の逮捕状が出たと知ったネイトは彼女を訪ね、状況を報告。学生たちはオリバーにハッキングを頼み、警察へ密告したと思われる人物の正体を突き止めようとしていた。やがて、デンバー検事補を訪ねたアナリーズは罪状を告げられるが、笑みを浮かべると“ある人物”から渡された重要証拠を差し出し、ハプストール兄妹事件の真犯人という“殺人鬼”の名前を突きつける!

Season3 エピソード

第1話 法学生の新年度

法学生ウェスを実の父親ウォレスに引き合わせ、姿を消したフランク。ウェスの前でウォレスを射殺したのは誰なのか?一方、学内にはアナリーズを中傷するビラが貼られる。おまけに5名の実習生の成績は芳しくなく、彼女の教授としての評判は地に落ちてしまう。窮地のアナリーズは学長にある提案をする。その2か月後、炎上するキーティング法律事務所から遺体が運び出され、アナリーズはその顔を見て号泣する。

第2話 獄中の被害者

アナリーズが新たに担当するのは、実習形式で貧しい人たちの弁護にあたるリーガル・クリニック。今回の依頼人アイリーンは自分を虐待した夫を殺し32年間服役している。彼女は仮釈放審査官の前で事実を何一つ語ろうとしない。弁護人に指名されたコナーはアイリーンの重い口を開くべく自分の秘密を打ち明ける。一方、中傷ビラを貼った犯人は未だに不明。騒ぎを重く見た学長側はアナリーズを停職に追い込もうとする。その2か月後、炎上する事務所の前でアナリーズは警察から問いただされ…。

第3話 放置された遺体

フランクの行方をつかむため、父ホルヘの元に送り込まれたローレル。父の要求を呑むことを条件にようやく情報を聞き出したものの、フランク本人からの電話で彼女は驚愕の過去を知る。そしてアナリーズに嘘の報告をする。場面は6週間後。アナリーズの知らせを受け、炎上する法律事務所に向かったボニー。謎の意図を持って現場にデータ消去済みの携帯を落とすオリバー。その時、建物内で新たな重症者が発見される。犠牲者はまだいたのか!そして、運び出されてきたのはいったい…。

第4話 ボニーの決心

炎上する法律事務所から一人の生存者が救出され、病院に収容された。それはまたアナリーズにとって身近な存在だった。その4週間前、あるまじき行為をしたアナリーズは懲戒委員会に掛けられ、免許停止に追い込まれていた。ボニーは彼女の後を引き継ぎ、窃盗罪で訴えられたトリスタン・フラートン少年の弁護を引き受ける。そつなく仕事を進めるボニー。一方、免許を取り戻すべくアナリーズは思い切った行動に出る。それは突拍子もないアイデアから生まれた自作自演の秘策だった。

第5話 フランクの過去

ボニーの仇を討つべく刑務所内である人物を殺害したフランク。彼はボニーと再会し逃亡を持ちかけるが、その直後に姿を消してしまう。やがてフランクの意外な過去が明らかになっていく。一方、大学では中傷ビラを撒いた犯人が判明し、アナリーズは彼女らしいやり方で学長に復職を迫るその3週間後、生存者が収容された病院にボニーとオリバーがいた。ボニーは何者かに電話で状況を伝えている。そしてオリバーは安否確認のためにコナーの携帯に連絡するが…。

第6話 女性兵士の罪

事務所の火災と犠牲者発生で動揺するミカエラ。遺体の身元は未だに分からず、彼女はアッシャーの身を案じていた。その3週間前、ニューヨーク市警がウォレス・マホーニーの件でウェスを捜しに大学にやってきた。アナリーズは法律事務所に彼をかくまう。リーガル・クリニックに復帰した彼女は元陸軍兵ダニの弁護で宿敵アトウッド検事補と対決する。ウェスは彼女の留守中に法律事務所を抜け出す。そんな時、「父親殺害容疑でウォレス・マホーニーの息子が逮捕された」というニュースが流れる

第7話 母の直感

母親イーディスに毒物を飲ませた容疑で起訴された3人の子供たち。弁護を引き受けたアナリーズに重大なヒントを与えたのは、反抗的な教え子たちの態度だった。一方、ニューヨーク市警から事情聴取を受けたウェスは「ウォレス・マホーニーが殺害された現場で息子のチャールズを目撃した」と嘘をついてしまう。チャールズにアリバイがあった場合、彼は窮地に追い込まれることになりそうだが…。その二週間後、入院中のローレルは傍らに付き添う医学生に何かを伝えようとしていた。

第8話 帰って来た男

何者かに密告され、窮地に立たされたアナリーズ。病院ではオリバー、アッシャー、ミカエラが火災現場で発見された遺体の身元を教えろとボニーに迫っていた。オリバーは喧嘩別れした恋人コナーと連絡がつかず焦っていた。その一週間前、逃亡していたフランクがアナリーズの元に戻って来た。彼女はウェスを救うべく、フランクにチャールズ・マホーニーの証人の正体を探らせる。やがて実の息子を失うきっかけを作った因縁の女性リサであることが判明。フランクはリサを尾行し家の中に入り込むが…。

第9話 死者の正体

アナリーズに殺人の嫌疑をかけたのはアトウッド検事補だった。これを知ったネイトはアトウッドとの恋人関係を解消する。アナリーズは5人の教え子たちに法律事務所へ招集をかけ、オリバーには検事局のハッキングを命じる。その頃、ウェスは警察に呼び出され、捜査協力を迫られていた。一方、アナリーズから連絡を受けたローレルは単身法律事務所へ向かい、中に入った直後に建物は爆発炎上!そしてついに謎の死者の正体が判明する。果たしてそれはいったい…?!

第10話 残された仲間

殺人容疑で捕えられたアナリーズは郡拘置所に身柄を送られ辛酸をなめていた。デンバー検事とアトウッド検事補は彼女がほかの未解決事件にも関わっているとし、更なる容疑を固めようと画策する。アナリーズの弁護を任されたボニーは釈放を取り付けようとするが検察側の組織的な攻撃に為す術もなく苦戦してしまう。そんな時ネイトは検視官の所見に疑問を抱く。一方、教え子たちは親友を失い動揺していた。ローレルは見舞いに現れたフランクを激しく責め、その結果彼が取った驚くべき行動とは?

第11話 自白の真相

アナリーズは拘置所内でほかの囚人たちから執拗な苛めを受け、心身共に極限まで追い詰められていた。フランクの供述とローレルの偽証によって事態は好転するかに見えたが、彼がアナリーズの共犯者として逮捕されたため彼女の釈放は叶わなくなってしまう。一方、オリバーのハッキングによって、検察のアナリーズに対する恐るべき陰謀の全容が見えてくる。ボニーは彼女を救うべくアトウッド検事補に情報提供と引き換えに司法取引を申し出るが…。

第12話 涙の葬儀

ウェスの葬儀の後、ローレルは恋人の遺体と対面することすら叶わず涙にくれていた。ネイトの好意で遺体安置所に入ることができるが、そこに安置されていたのはなんと別人だった。ウェスの遺体はどこに消えてしまったのか?上司であるデンバー検事を問い詰めるネイト。ところが後日、彼がデンバーから突き付けられたのはネイト自身が遺体を移動させた張本人であるという証拠だった。一方、獄中のアナリーズは自分に敵意を抱く同房の囚人クローディアを挑発し、顔が腫れあがるほど殴打されてしまうが…。

第13話 仲間たちの疑惑

アトウッド検事補との対決姿勢を鮮明にしたアナリーズ。まずは州司法副長官に訴状を送り大陪審捜査を要求する。更にオリバーに命じて「検察が遺体を紛失した」という記事をリークさせるが副長官の怒りを買って要求を却下されてしまう。次に彼女が投入したのは究極の切り札であるフランク。彼は法廷でアトウッドを追い詰め、結果驚くべき事実が明らかになる。一方、アッシャーとミカエラはコナーに対して不信感を抱いていた。そしてオリバーは恋人が火事の夜の行動について嘘をついていたことに気づく。

第14話 謎の発信者

オリバーにアトウッド検事補の通信記録を調べさせるアナリーズ。アトウッドはウェスが死んだ夜と遺体が移送された夜に同じ電話番号から連絡を受けていた。しかしプリペイド携帯であるためオリバーの技術をもってしても発信者の特定は不可能なようだ。その直後、コナーは仲間たちに詰め寄られ、火事の夜の真相を告白する。現場でウェスの蘇生を試み、肋骨を折ってしまったらしい。しかし検視官は外傷は無かったと証言していた。アナリーズは検察官の偽証を証明すべくローレルを証言台に送り込むが…。

第15話 ウェス

デンバーの執務室で検察の陰謀を裏付ける証拠を発見したコナー。彼はデンバーに不当に監禁されてしまう。司法取引を持ちかけるデンバーに対し黙秘を続けるがウェス殺害容疑で逮捕されそうになり、アナリーズの携帯のデータの在り処をしゃべってしまう。しかし彼女は逆にこのデータを利用してコナーを奪回しようとする。そのためには一連の事件の真犯人としてある人物を提示しなければならなかった。一方、ローレルはチャールズ・マホーニーを恋人ウェスの仇と疑っていた。そして、復讐を企てる彼女に突きつけられたのは、驚愕の事実だった…。

Season4 エピソード

第1話 それぞれの出発

アナリーズは実家を訪れ、認知症を患う母に施設へ入るよう説得する。懲戒審問では委員を前に真摯に反省の弁を述べる。そして4人の学生たちを呼び出し、ある決断を告げる。

第2話 奪われた人生

アナリーズは、自分の恩人である六十歳のコールガールの弁護に挑む。一方、アナリーズに解雇されたボニーたちは、それぞれの道へ。だがローレルには、ある目論みがあった。

第3話 大義のために

全身入れ墨男・ベンの弁護を引き受けることになったアナリーズ。12年前に婚約者殺害容疑で有罪判決を受け、今回は再審だった。ネイトとボニーの妨害で苦戦するなか、アナリーズのもとにあるDVDが届く。

第4話 集団訴訟

集団訴訟の準備をするアナリーズ。資金調達のため何とかミドルトン大学学長・ソラヤに接近し、離婚訴訟中の彼女の弁護団に入ることになった。一方、ボニーはアナリーズが失脚させた人物を探っていた。

第5話 愛と憎しみ

アナリーズは集団訴訟を起こすため、ヴァージニア・クロスの元依頼人らを説得して回るが、そんな彼女をボニーが妨害する。そんな矢先、アイザックを訪ねたボニーはアナリーズとの出会いを話し始める。

第6話 セラピストの真実

集団訴訟の原告団の一員であるクローディアに、事局は原告を降りなければ家を没収すると圧力をかける。一方、事務所でアンタレス社の緊急会議が開かれるなか、心配するミカエラたちだったが…。

第7話 崩壊への引き金

アナリーズはアイザックにセラピストを変えることを告げる。審問で知事側の代理人はアナリーズの人格攻撃に出る。一方、計画がバレたローレルたちは、アッシャーを口止めしようと画策するのだが…。

第8話 緊迫と緊張

アナリーズに心の内の思いを打ち明けることにしたボニー。一方、計画を知ったコナーは反対するが、ローレルたちは計画通り情報を流出させようとうとしていた。しかし、事態は思わぬ方向へ進み…。

第9話 父のたくらみ

病院に搬送されたローレルと赤ん坊は、何とか一命を取り留める。そんななか、アナリーズは福祉局の担当者から、ローレルがドラッグをやっていたかと質問される。そこへ、ローレルの父親が現れる。

第10話 死者からのメッセージ

ローレルの父ホルヘがCEOを務める会社は株式市場に新規参入し、ローレルたちの作戦は徒労に終わる。しかも全員の運命を握るハードドライブは未だ行方不明のままだった。

第11話 父娘の対決

親権審問でローレルは、父ホルヘから子どもの親権を取り戻そうとする。最初の証言者は彼女の母。アナリーズは巧みな誘導尋問で、有利な証言を引き出すことに成功するが…。

第12話 アイザックの過去

娘ステラ殺害容疑で再び捜査対象者となったアイザック。ボニーの命懸けの尽力により捜査を打ち切らせることができたものの、アイザックの薬物依存症は悪化の一途をたどる。

第13話 最強タッグ

アナリーズ率いる集団訴訟が連邦最高裁に受理された。開廷前日、アナリーズはオリヴィア・ポープの協力のもと、準備に余念がない。当日、ジャクリーンから悪い報せが入る。

第14話 母のゆがんだ愛

サイモンが昏睡から目覚め、アナリーズはオリバーを彼の病室に送り込み、懐柔する作戦に出る。一方、ローレルは亡き恋人ウェスが残した音声から母親に対し疑惑の念を抱く。

第15話 招かれざる死(Nobody Else is Dying)

アナリーズたちはある疑いをもたらす死への対処を迫られるが、それはショッキングな逮捕劇へとつながる。メンバーの1人に関わる新たな展開がすべてに変化をもたらす。

Season5 エピソード

第1話 葬送(Your Funeral)

アナリーズはミドルトンの新しいリーガル・クリニックのための学生を選抜する。キーティング4は先学期に起きた騒動から立ち直ろうとする。フラッシュフォワードでは新たなミステリーが幕を開け、全員の人生が揺り動かされる。

第2話 出自(Whose Blood Is That?)

アナリーズは最初の集団訴訟の原告を弁護する準備を始める。フランクはガブリエルについて疑問を持ち、調査する。アナリーズから離れたボニーの新たな人生はアッシャーによって複雑になる。

第3話 疑問(The Baby Was Never Dead)

アナリーズとエメットはビジネス・パートナーの殺人罪に問われている裕福なCEOの弁護をするが、アナリーズは上層部から狙われる。ボニーは新たなロマンスをなかなか受け入れられない。アッシャーは以前のメンターの裏をかこうとする。

第4話 出生(It’s Her Kid)

心神喪失の申し立てをするため、アナリーズとネイトはネイトの父親に精神鑑定を受けさせようとする。ミカエラはティーガンの信頼を取り戻そうとする。

第5話 人生最悪の日(It Was the Worst Day of My Life)

アナリーズはガブリエルを側近として選び、二人はネイト・シニアの殺人の再審に全力を注いで無罪を勝ち取ろうとする。ボニーの過去に関するある事実が明らかになり、ボニーは立ち直れずに苦しむ。

第6話 行方(We Can Find Him)

アナリーズはバークヘッド知事からの連絡を受け、オファーの検討を強制される。ボニーは数年前の出来事に関する答えを求めて姉妹と再会する。コナーとオリバーの母親たちが結婚式の準備を手伝いにやってくる一方、彼らは冷静さを保とうとする。ティーガンはある大きな訴訟でローレルを参加させようとする。

第7話 陰謀(I Got Played)

コナーとオリバーは母親たちを安心させるために結婚式のための教会を探そうとする。アナリーズとネイトはネイト・シニアの死亡事件の真相を追求する。アナリーズは知事の姿勢を疑い始める。

第8話 死が二人を別つまで(I Want to Love You Until the Day I Die)

コナーとオリバーの結婚式の当日。謎めいた殺人の犠牲者の身元がついに明かされる。


U-NEXT
殺人を無罪にする方法 さつじんをむざ

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus