ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン

ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン

シーズン数1
IMDbスコア8.4/10
ジャンル ドラマ, 歴史
主要出演者ジェフリー・ラッシュ エミリー・ワトソン ジョニー・フリン
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

20世紀最大の物理学者アルベルト・アインシュタイン。物理学の革命とされる相対性理論を提唱し、光電効果の理論的解明によってノーベル物理学賞を授与された歴史上の偉人。果たしてアインシュタインとはどのような人物だったのか。幾人もの女性を愛し、美しい音楽を愛し、数々の失敗も重ねた人間アインシュタインの波乱に満ちた人生に迫ることで、ジーニアス=天才とは何かを解き明かしていく。

ジーニアス:世紀の天才 アインシュタインの感想

ジーニアス:世紀の天才 アインシュタインを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編

Season1 エピソード

第1話

誰もが知る科学界の天才、アルベルト・アインシュタインの人生を追うドラマシリーズ第1話。
若き日のアルベルトは、自分の好きな数学と物理だけは、教師をしのぐ知識を持ち、疑問を遠慮なくぶつけるせいで、教師に疎まれている。両親と妹がミラノへと転居するにあたり、ギムナジウム卒業のためミュンヘンに残されたアルベルト。どうしても学校の居心地が悪い彼は、策を巡らして学校をやめ、スイスの工科大学受験を目指すのだった。

第2話

無事、スイスの大学に合格して学生生活を始めたアルベルト。唯一の女子学生ミレヴァ・マリッチと出会う。優秀で洞察力に富み、学術的な議論もできるミレヴァにアルベルトはひかれ、彼女への愛情が深まるにつれマリーへの気持ちが冷めていく。一方、アルベルトに音楽の趣味があることを知り、彼に魅力を感じていくミレヴァ。だが、脚の不自由なミレヴァは過去につらい経験をしていることから彼を避け、大学から姿を消すのだった。

第3話

大学を何とか卒業したアルベルト。だが、最終試験に失敗したうえ妊娠したミレヴァは、故郷のセルビアでアルベルトの就職が決まるのを待つ。だが、アルベルトは大学時代に教授に反抗していたせいで協力を得られない。しかも“科学者”にこだわるせいで、まともな仕事は見つからないままだった。何とか収入を得ようと始めた家庭教師で、2人の青年モーリス・ソロヴィーヌとコンラット・ハビヒトと出会い、知的な思索をするようになる。

第4話

結婚を機にスイスの特許局に就職したアルベルト。忙しい仕事のかたわら、ミレヴァの協力を得て、寝る間を惜しんで次々と論文を書いていく。一方のミレヴァはアルベルトの論文執筆を手助けすることに生きがいを感じていたが、図書館での調べ物に加えて、長男ハンスの育児と家事もしなければならない。同居を始めたアルベルトの母親との関係もぎくしゃくしストレスを募らせていく。そんな中でもアルベルトは執筆にいそしむのだった。

第5話

相対性理論がついに認められたアルベルトは、ついにチューリヒの大学で教鞭を執るようになった。その後、まもなくプラハの大学から、さらに好条件の教授職の話が舞い込む。そんな折、エレベーターに乗った際に、新たな概念のヒントとなる体験をするのだった。仕事面では驚くほど順調だったが、2人目の子供を授かったミレヴァはヒステリー気味。そんな妻の待つ家庭に、アルベルトは居心地の悪さを感じるようになるのだった

第6話

いとこのエルザと恋に落ちたアルベルトは、彼女の手引きでプロイセン科学アカデミーの会員となり、家族と共にベルリンに転居する。さらに相対性理論の一般化にも取り組み、それを証明するには日食の撮影が必要だと発見。天文学者のフロイントリッヒをロシアのクリミア半島へと派遣すべく資金集めに奔走するのだった。私生活ではエルザの家に頻繁に出入りする一方で、当然ながらミレヴァとの関係は悪化の一途をたどっていく。

第7話

一般相対性理論を数式化し、完成を目指すアルベルト。一人暮らしですさんだ生活にエルザに心配されつつも、研究に没頭するのだった。一方で戦争の影が科学者にも忍び寄り、プロイセン科学アカデミーでも戦争への協力を誓う書類への署名を呼びかけられる。しかし平和主義者を自認するアルベルトは、署名を拒否。盟友のハーバーが戦時は国に貢献すべきだと考え、積極的に軍に協力するなかで、アルベルトは自分を貫き通すのだった。

第8話

第一次大戦後、ユダヤ人排斥の空気が濃くなってきたドイツ。以前から危機感を持っていたエルザの気持ちがようやく実感できたアルベルトは、夫婦でアメリカへ移住する準備を始める。ところが米FBI長官から共産主義者の疑いをかけられ、出発直前になって大使館に呼び出されるのだった。総領事ガイストから聞き取りを受け、それに渋々答えるアルベルト。やり取りを通じて“世界一有名な科学者”となった後の日々を回想していく。

第9話

アメリカに移住したアルベルトとエルザ。ドイツでナチスが強大化し、ユダヤ人排斥の気運が高まっていることを耳にしては、家族や友人を脱出させるべく動く。だが、友人のハーバーがパレスチナへ行く途中で急死。またエルザの娘も結核を患ってパリで亡くなるなど親しい人との別れが続く。一方、ドイツ国内では強力な破壊力を持つ原子爆弾の開発が進んでいた。それを知らされたアルベルトは、自分の取るべき行動に関して思い悩む。

第10話

“核兵器を開発した人物”として世間に考えられるようになったアルベルト。行き場のない腹立たしさを解消すべく反核を訴えるが世間には受けいれられない。さらに、どうしても納得できない量子力学と、一般相対性理論を両立させることができそうな統一場理論の完成を目指すがこれも行き詰まる。さらに長男ハンスとの関係も、ミレヴァの死をきっかけに決定的な亀裂が入る。体にも不調が出始めて、家に引きこもる日々が続くのだった。


U-NEXT
Genius

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus