The FLASH/フラッシュ

flash

シーズン数4
IMDbスコア7.1/10
ジャンル アクション, ヒーロー
主要出演者グラント・ガスティン トム・キャバナ ダニエル・パナベイカー
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

主人公のバリーは幼い頃に母親を殺害されてしまう。バリーは母親を殺した犯人は光のように早く動く存在と主張するが、子どもの戯言と信じてもらえず、父親が犯人として逮捕されてしまう。身寄りがなくなったバリーは当時の捜査官、ウエスト刑事に引き取られる。大人になり科学者となった彼は、CSIの科学調査員としてセントラル・シティの警察に勤務。父親の無実を晴らすため、母親の殺人事件の真相を追る。そんなある日、実験室で粒子加速器が爆発し、巻き込まれたバリーはこん睡状態に陥いる。長い眠りから覚めた彼は、自分に超人的な治癒力と、閃光(=フラッシュ)がごとく、超高速で移動できる能力が備わっていること知り、「フラッシュ」として悪と闘っていく…

The FLASH/フラッシュの感想

主役のグラント・ガスティンglee/グリーにも出演していた。なので歌も上手い!ドラマの中でカラオケ(アメリカ人は最後の「ケ」が発音できずに「カラオキ」になるが)のシーンがあるが、とても上手い歌声だった。最初はDCのヒーローを演じるキャラクターに見えなかったが、エピソードを追うごとに慣れてきて、今ではFlash=グラント・ガスティンというイメージになった。なので映画ジャスティス・リーグで別の俳優がFlashを演じたのは少し違和感を感じた。同じDCコミックのアローとのクロスオーバーエピソードがあったり、スーパーガールとのエピソードもあります。ちなみにスーパーガールのメリッサ・ブノワもglee/グリーのメンバーですね。

The FLASH/フラッシュを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編(英語)


The Flash | Extended Trailer | The CW – YouTube

The Flash Season 4 Trailer (HD) – YouTube

Season1 エピソード

第1話 誕生

近頃バリーが興味を持っているのは最先端の粒子加速器。これは、先見性のある物理学者ハリソン・ウェルズ博士と、彼のSTARラボで研究員を務めるケイトリン・スノー、シスコ・ラモンが開発したものである。ウェルズ博士は、粒子加速器が、エネルギーと医学の分野で想像を絶する発展をもたらすと確信していたが、その披露会で加速器に不具合が生じ大爆発したため、異常な嵐が起こり多大な死者を出してしまう。その時、バリーも雷に打たれていた。9カ月後、昏睡状態から目覚めたバリーは、自分の人生が激変したことを知る―。

第2話 地上最速の男

アイリスに付き添い、ある授賞式に参加していたバリーは、銃を持った男6人が会場に乱入したため、フラッシュに変身して彼らを止めようとする。彼はひとりの男性の命を救うものの、男たちを捕まえる前に気絶してしまった。ウェルズ博士は気絶の原因を探り、ウェスト刑事は命の危険を冒してまで悪を裁こうとしたバリーを叱責する。そんな中、バリーは6人の男がメタヒューマン、ダントン・ブラックの分身だったことに気づく。一方、アイリスは「赤い閃光」にますます興味を抱いていた。

第3話 戻れない過去

バリーは、STARラボの研究員たちと協力し、毒ガスを操る新たなメタヒューマン、ザ・ミストことカイル・ニンバスを捕まえようとしていた。しかし、加速器の爆発でケイトリンの婚約者ロニーが死んだ夜のことを何度も思い返していた。ウェストは長い年月を経てやっとヘンリーに面会しに刑務所へ行くが、そこに数年前ウェストに逮捕され恨みを持ち続けているカイルが現れる。一方、アイリスとエディは、自分たちの関係をウェストに隠し続けていた。

第4話 キャプテン・コールド

フラッシュはある強盗を阻止するが、撃たれた警備員を救おうとして、犯人たちに逃げられてしまった。その後バリーは、容疑者リストの中に主犯格レナード・スナートの名を発見。スナートはカーンダック王朝のダイヤを盗む計画を練り直し、フラッシュを倒すため“コールドガン”を入手していた。一方、ウェルズはシスコが内緒でコールドガンを造ったことに激怒するが、ガンそのものは行方不明だった。フラッシュは、ついにキャプテン・コールドことスナートと対峙することになる。

第5話 人間兵器

街の中心部で爆弾事件が発生。しかし警察の捜査がなぜか軍に引き継がれ、ウェストは驚きと不信感を募らせる。やがて、エイリング大将が軍人たちを超人兵士にするために実験をしていたこと、現場にいた彼の部下ベティは、触れた物が爆発物になるメタヒューマンだったことが明らかに。一方で、アイリスが“閃光”について書いていることを知ったウェストは、彼女をやめさせてくれとバリーに依頼。アイリスは自分の言うことなど聞かないと思ったバリーは、彼女をフラッシュと会わせることにした。

第6話 その名はフラッシュ

体を自由自在に鉄に変化させられるトニーという新たなメタヒューマンがフラッシュの前に出現した。ウェルズ博士とケイトリンがバリーの身の安全を心配する中、シスコはトニーを倒す計画を思いつく。一方アイリスがフラッシュについて書いたブログが問題を引き起こしてしまう。エディはトニーの能力を自分の目で直接見てしまい、ウェストが答えを知りたくないような質問を始める。そしてウェストは、ノラ・アレンの殺人事件を解決するため、ウェルズ博士に協力を要請する。

第7話 失われた力

フラッシュが、電気を操るメタヒューマン、ブラックアウトことファルークと対決。ファルークはフラッシュに電気ショックを与え、電流を吸い取って高速移動の能力を奪う。ウェルズ博士たちはフラッシュの能力を取り戻そうとするが、彼に阻止されてしまう。ファルークは、自分がメタヒューマンになったのはウェルズ博士のせいだと思っていた。一方トックマンは、ウェスト刑事とアイリスを含む数名の人質をとって警察署内に立てこもった。アイリスはフラッシュが助けに来ると信じ、エディは彼が持つ切り札を信じていた。

第8話 フラッシュ vs アロー

「フラッシュ」と「アロー」の壮大なクロスオーバー・イベント、パート1。オリバーとフェリシティとディグルが、ある事件の調査でセントラル・シティへやって来た。バリーはオリバーとの再会を喜び、“怒り”を操り銀行強盗を行うメタヒューマン、ロイ・G・ビボロの追跡に協力してほしいと頼む。だが、ふたりのスーパーヒーローの連携は思うようにいかず、ビボロはバリーを怒りで荒れ狂わせ、人類を危機に陥れる。そんなバリーを止められるのは、もはやアローしかいなかった。

第9話 黄色い閃光

クリスマスムード一色のセントラル・シティにリバース・フラッシュと呼ばれる男が現れ、バリーは、彼こそが母を殺した“黄色いスーツの男”であることを知る。バリーとウェルズ博士たちは、リバース・フラッシュを捕まえるためにマーキュリー・ラボのクリスティナ・マギー博士に協力を要請。一方、クリスマスを祝うウェスト家では、アイリスがエディからびっくりするようなプレゼントをもらい、また人生を変えるような質問を受けていた。そんな中、ケイトリンは死んだはずの恋人ロニーの姿を発見し…。

第10話 強敵、再び

スナートが、気の短い相棒ミックと共にセントラル・シティに再び現れた。高価な絵画を盗もうと計画しているふたりはフラッシュを罠に陥れるために、まず彼の身近な人物を誘拐し、火と氷の戦いに応じなければ人質を殺すと脅す。だが対決に向かおうとするバリーに待ったが掛かる。ウェルズ博士たちは、バリーがトレーニングを強化してリバース・フラッシュとの対決に集中すべきだと主張。そんな中、シスコはセントラル・シティ警察署を新たなシェルターにする。

第11話 過去の亡霊

以前STARラボの研究員だったハートリー・ラサウェイが、復讐のためウェルズ博士の前に現れる。ラサウェイは、粒子加速器の爆発により被害を被ったが、音波を操るメタヒューマンとなった現在、ウェルズとフラッシュにとって大きな脅威だ。一方、アイリスはピクチャー・ニュースという新聞社に記者として採用され喜んでいたが、ベテラン記者メイソンと組まされたため、出番があまりなく、がっかりする。そんな中、シスコはSTARラボへの初出勤の日のことを思い出していた。

第12話 父と息子

ケイトリンは、自分とバリーがロニーとアイリスのことを割り切り、新たな恋に生きるべきだと考え、バリーを誘って一緒に地元のカラオケバーへ行く。バリーはそこでスポーツ記者リンダと…

第13話 2人の閃光

ケイトリンの婚約者ロニーが物理学者を襲う。バリーとSTARラボの研究員たちは、危険なメタヒューマンとなったロニーをこれ以上自由にしておけないことを悟り、彼を追跡するため、かつて“ファイヤーストーム”というプロジェクトに携わったシュタイン教授を捜す。一方バリーは、フラッシュとしての責務とリンダとの関係を両立させようと奮闘。ウェストはノラの殺害事件を再捜査するためシスコに協力を求める。そんな中、エイリング大将がセントラル・シティに再び現れた。

第14話 ファイヤーストーム

核爆発により融合が解かれ、分離に成功したロニーとシュタイン教授。ケイトリンは婚約者の無事を喜び、再び一緒に人生を歩もうとする。シュタイン教授もまた妻のもとへ帰っていく。だが…

第15話 告白

天気を操るメタヒューマン、マーク・マードンが、弟のクライドを殺した刑事に復讐するためにセントラル・シティに現れ、その刑事の名がジョー・ウェストだということを突き止める。ウェストは、バリーの制止を振り切り、復讐に燃えるマークを自分ひとりで捕まえようとするが、重大な危機に陥ってしまった。一方シスコは、ウェルズ博士が何かを隠していることに気づき、彼に不信感を抱く。そんな中、バリーとリンダ、そしてエディとアイリスが、ダブルデートをするが気まずい空気になる。

第16話 巻き戻せない時間

キャプテン・コールド、ヒート・ウェーブと呼ばれ、それぞれがコールドガンとヒートガンという真逆の武器を持つスナートとミック。フラッシュは、ふたりが再びセントラル・シティに戻ってきたことを知った。ただし、スナートは今回、街を破壊するための助っ人として、妹のリサを連れてきており…。

第17話 トリックスター

「トリックスター」と呼ばれる模倣殺人犯がセントラル・シティで次々と爆弾事件を起こす。バリーとウェストは、この悪党を止めるため、数々の犯罪の首謀者であり20年間服役中の元祖トリックスターことジェームズ・ジェシーに会いにいくが、新旧トリックスターが団結しヘンリーを人質に取り事態は急激に悪化してしまう。一方アイリスは、ある問題についてエディに助けを求めるが、その時ウェルズ博士がどのように粒子加速器のアイデアを思いついたかがフラッシュバックする。

第18話 アトム参戦

スターリング・シティからフェリシティが恋人のレイと共にやって来てバリーを驚かせる。レイはアトム・スーツで飛んできたのだ。ふたりはレイのスーツの件でSTARラボに助けを求めていたが、STARラボからは人が総動員していた。メタヒューマンのブリー・ラーバンが何百ものハチロボットを放ち、元同僚たちを攻撃し殺そうとしていたためだ。バリー、フェリシティ、レイ、アイリス、エディの5人で出掛けた食事は大変な事態に…。

第19話 ウェルズ博士の正体

ウェストとシスコは、ウェルズ博士の調査を続けるため、スターリング・シティへ出向いた。そこで二人はランス警部に助けを求め、シスコはブラックキャナリーに出会い、ある依頼を受ける。一方セントラル・シティでは、ハンニバル・ベイツが大騒動を起こしていた。彼は、触った人なら誰にでも変身できるメタヒューマン。その人に触りさえすれば、エディやアイリス、ケイトリン、そしてフラッシュにも変身できるのだ。ベイツを捕まえるためバリーは必死に追跡するが…。

第20話 リバース・フラッシュ

バリーとケイトリン、シスコ、ウェストは、ウェルズ博士に罠を仕掛けた。だが、おとりとなったシスコは、ひどく危険な状態に追い込まれてしまう。一方エディは、アイリスについてある決断を下すが、同時に少し不安になっており…。

第21話 グロッド

リバース・フラッシュがチームの一員に新たな脅威をもたらし、バリーはその対応に追われる。その間に、ウェルズ博士はバリーとチームの注意を逸らし混乱させるため、ゴリラのグロッドを街に放つ。ウェストとバリー、シスコは、グロッドを捕獲するため下水道に向かうが、グロッドはウェストを誘拐したため、たちまち優勢に。そんな中、アイリスとバリーは心ゆくまで本音で話し合う。

第22話 ライバルの罠

ウェルズ博士が、再びSTARラボより優位に立つ。大きな方向転換が必要だと感じたバリーは、敵だったはずのキャプテン・コールドに助けを求めるが、彼は信用できない人物だとジョーとケイトリンに忠告される。彼らの懸念どおり、キャプテン・コールドにはSTARラボ内の刑務所に閉じ込められているメタヒューマンを巻き込んだ恐ろしい計画があった。事態がますます悪化するなか、フラッシュのもとに頼もしい援軍がやって来る。

第23話 過去との決別

ウェルズ博士が、バリーに、選択の余地のない申し出を提示する。だがそれを受け入れれば、バリーの人生は激変し、あるものを手に入れるが、何かを確実に失うことになる。バリーが、究極の選択にもだえ苦しむ中、STARラボチームは、悪との最終決戦に挑もうとする。彼らを援護するために、マーティン・シュタイン博士とファイヤーストームことロニー・レイモンドが戻ってくる。バリーが時空と運命の渦に翻弄される。

Season2 エピソード

第1話 新たな脅威

セカンド・シーズンは、セントラル・シティが特異点の脅威にさらされ何カ月か経った頃、幕を開ける。エディの死に対して今も自責の念に駆られているバリーは、友人たちを危険から守るために彼らを突き放し、一人でセントラル・シティを守ろうと決意していた。だが、アトム・スマッシャーというメタヒューマンがセントラル・シティに襲いかかったとき、アイリスは、セントラル・シティの住民を救うためには友人の助けが必要だとバリーに言う。そんな中、シスコはメタヒューマン対策本部でウェストを手伝っていた。

第2話 もう一人のフラッシュ

アース2からやってきた謎の男ジェイ・ギャリックがSTAR (スター) ラボに姿を現す。彼は、ズームという俊足で邪悪な男がフラッシュを破滅させようとしていると警告する。この見知らぬ男を信用するかどうかの決断に迫られる中、バリーたちは、新たな強いメタヒューマンと対峙することになる。そんな中、ウェストは、メタヒューマン特別班に入りたいと強く志願する警官、パティ・スピヴォットの対応に追われていた。

第3話 家族の呪縛

バリーたちは、キャプテン・コールドが誘拐されたことを知り、スナートを助けるために不安ながらも彼の妹リサと手を組むことにする。だが、スナートが父のルイスと共に強盗を働いていることを知ったバリーは、裏切られた気持ちを禁じ得ない。一方、スナート家には隠された秘密があった。そしてリサは、証拠としてあるものをバリーたちに見せる。そんな中、ウェストは苦渋の決断を迫られていた。

第4話 ヒーローの資質

バリーたちは、シュタイン教授がファイヤーストームとして結合するための新たなパートナーを探す。そして、STAR (スター) ラボチームは、有力な候補者としてジェファーソンこと“ジャックス”・ジャクソンに会うが、ケイトリンは、ジャックスとシュタイン教授の相性が合わないのではないかと懸念する。一方、アイリスはあることでウェストを驚かせ、バリーとパティの仲は親密になっていく。

第5話 もう一人の自分

バリーはドクター・ライトがアース2からこの世界へやって来たことを知り、彼女を捕まえようとする。ジェイは、アース2ではドクター・ライトが脅威となる人物ではなかったため“彼女とは話し合えば問題はない”とバリーに伝える。だがフラッシュとの戦いで、彼女はバリーの視覚を奪い、ズームについて驚くべき事実を明かす。そしてバリーがパティとデートに出かけたとき、ある事件が起こる。

第6話 ズーム襲来

バリーは、最近起きた出来事を踏まえ、ズームから真実を問いただす覚悟を決めて、危険な計画を思いつく。だがケイトリンとジェイは、バリーが“スピードの悪魔”と直接対面するのは危険すぎると考えていた。一方アイリスは、バリーの考えに賛同し意外な味方を連れて来る。そんな中、この世界にやって来る前のアース2では、ハリーがウェルズ博士としてどのような生活を送ってきたか、そして彼がなぜアース1へやって来たのかが判明する。

第7話 失った自信

ゴリラのグロッドがセントラル・シティへ再びやって来て、ケイトリンを誘拐する。バリーたちは手遅れになる前にケイトリンを助け出そうと、必死に捜し回る。一方シスコは、ジッターズの店員、ケンドラ・ソーンダーズとの初デートを計画するが、ある日、ケンドラについて衝撃の事実を知ってしまう。そんな中、パティは、バリーが隠し事をしているのではないかと疑い始めていた。

第8話 レジェンド・オブ・トゥデイ

ケンドラ・ソーンダーズを狙うヴァンダル・サベッジが、セントラル・シティにやって来てケンドラとシスコに襲いかかる。2人を助けたバリーは、サベッジの手強さを痛感し、オリバーたちのいるスター・シティへケンドラを連れて行く。だが“翼の生えた男”ことホークマンがケンドラを連れ去ると、事態は急激に変化する。一方、ウェルズ博士はバリーの走りを速める血清を開発しジェイに試そうとしていた。【※】「ARROW/アロー」と「The Flash/フラッシュ」のクロスオーバー。

第9話 クリスマスの悪夢

レナード・スナートことキャプテン・コールドとジェームズ・ジェシーことトリックスターをアイアンハイツ刑務所から脱獄させるため、マーク・マードンことウェザー・ウィザードがセントラル・シティに戻ってきた。クリスマスの時期、彼らにこの街を乗っ取られないよう、バリーは悪党たちを止めなければならない。一方、ウェストとアイリスはウォリー・ウェストと初めて対面する。

第10話 ウェルズの決断

パティとの仲が深まってきたため、バリーは自分がフラッシュであることを彼女に打ち明けようと思い始める。パティは、バリーが隠し事をしているのではないかと疑惑を抱いていた。一方ウェストとアイリスは、ウォリーについてもっと知ろうとする。そしてSTAR (スター) ラボチームはある計画を実行するため、一人のメタヒューマンを捕まえようとする―それは、時の流れを遅くする能力を持っているメタヒューマンだった。

第11話 リバース・フラッシュ、再び

未来が変わったことにより、シスコは、もうこの世に存在しないはずのイオバード・ソーンのバイブを感じるが、バリーたちは彼の言うことを信じない。だがリバース・フラッシュはマーキュリー・ラボを襲撃し、クリスティナ・マギーを連れ去ってしまう。それは、ある物を手に入れるためにマギーの力が必要だったからだ。一方、アイリスとフランシーヌは本音で語り合い、アイリスは弟のウォリーと仲を深めようとして彼に歩み寄っていく。

第12話 葛藤

バリーはウェルズ博士と手を組み裂け目を閉じる方法を探りだそうとするが、タールピットというあだ名のメタヒューマンが登場し、状況は一変する。彼は液体のアスファルトに変身できるのだ。一方、ウォリーの趣味がドラッグレースだと知ったアイリスは、彼の身を案じる。そして、ウォリーが趣味を諦める気はないと言うと、アイリスはある大胆な行動に出る。だが、そのために彼女自身が危険にさらされてしまう。

第13話 アース2

バリー、ウェルズ博士とシスコはアース2へ行き、ウェルズ博士の娘ジェシーをズームから救おうとする。バリーはアース2のアイリスとウェストに遭遇して驚く。またキラーフロストとデスストームに対面するが、戦う準備はまったく出来ていなかった。一方アース1ではジオマンサーというあだ名のメタヒューマンがセントラル・シティを攻撃し、ジェイが代わりにフラッシュの役割を担って街を救うことになる。

第14話 アース2からの帰還

アース2への旅のスリルに満ちた結末を描いたエピソード。ズームはある人物を必死に捜していたが、STAR (スター) ラボチームもズームの隠れ家を早急に見つけようと必死だった。チームはアース2にいる人物の中で、最も意外な人物から手助けしてもらうことになる。一方、アース1ではジェイにジオマンサーを封じさせるため、ケイトリンがヴェロシティ・ナインを完成させようとしていた。

第15話 キング・シャーク

キングシャークがA.R.G.U.S (アーガス) の施設から逃げ出したため、ライラ・マイケルズとジョン・ディグルがセントラル・シティへやって来る。彼らは、キングシャークがバリーを殺そうとしていると警告しに来たのだ。バリーはキングシャークを捜すが、まったく姿が見当たらない。一旦捜すのをやめてウェスト家へ行くバリー。だがそこに、キングシャークが姿を現し、ウェスト、アイリス、ウォリー、そしてバリーに襲いかかるのだった。

第16話 スピードの果てに

バリーたちは、気分転換のために夜出掛けるが、悪事を働く俊足の人物に遭遇する。街の人々はその人物をフラッシュだと間違える。その速さからヴェロシティ・ナインを使っていることに気づいたバリーたちに、あることがひらめく。一方アイリスは、新たな上司から課題を突きつけられる。そして、2人の間に漂っていた険悪なムードが一転、甘いムードになったことに驚く。

第17話 フラッシュバック

ズームの正体が発覚し、アース2へ戻ってズームを倒すというバリーの決意は、今まで以上に強固になる。バリーは、俊敏さをさらに高めるため、過去へ戻って、大敵であるウェルズ博士ことイオバード・ソーンからコツを教えてもらおうとする。バリーは、そこでおなじみの敵、ハートリー・ラサウェイと旧友のエディ・ソーンに会い驚いてしまう。そんな中、アイリスは前進するため、過去と決着をつける。

第18話 交換条件

タキオン装置を手に入れたバリーは、自分がズームより俊敏に動けるという確信を持つ。そして、ズームを捕らえるために裂け目を開けたいと思う。ハリーは、最初、それを実行することに強く反対していたが、バリーに説得され、シスコが裂け目を開く能力を持っていると明かす。一方アース2では、ハンター・ゾロモンのつらい出来事が明らかになる。また、フラッシュはあるものを諦めなければならなくなる。

第19話 奪われた力

とてつもない力を持つメタヒューマン、グリフィン・グレイが、ハリーをアース1のウェルズ博士だと勘違いし、誘拐する。メタヒューマンになったため、体にある変化が起きるグレイは、ウェルズ博士に治してもらいたかったのだ。一方バリーは、もう一人のウェルズもグレイの居場所を突き止められることに気づき、ジェシーに協力を要請する。そんな中、ウォリーは、ウェストに詰め寄りフラッシュについてあることを白状させようとしていた。

第20話 最終手段

セントラル・シティを乗っ取ろうとするズームが、アース1に戻ってくる。バリーとウェルズ博士はズームを倒す策を練るが、バリーは、リスクの高い計画を実行すべきかで悩み、2人の父にアドバイスを求める。一方シスコは、アース2の悪党ラプチャーをバイビングして驚く。ラプチャーはシスコの兄ダンテのドッペルゲンガーで、報復のために地球へやって来た。そしてアイリスは、ついにバリーへの気持ちを伝える決意をする。

第21話 スピードフォース

バリーがいなくなってしまい、STAR (スター) ラボチームは、戻ってきたなじみの敵、ガーターに自分たちだけで対応することになる。ガーターが、前回と同様、アイリスを狙っていることが判明したため、アイリスは、彼をSTAR (スター) ラボへ閉じ込めるためのおとりになることを志願する。一方バリーは、元の世界に戻ろうと奮闘していた。

第22話 繰り返される悲劇

ズームがアース2のメタヒューマンたちの軍をセントラル・シティに放ち、バリーは軍のリーダーを見て戦慄する。なんとそれは、アース2でのブラックキャナリーのドッペルゲンガーこと、ブラック・サイレンだったのだ。一方ウォリーは、メタヒューマンを倒そうとするフラッシュを助けようと街へ出るが、ウェストは彼が心配でたまらない。そして、アイリスとヘンリーは、ズームと対戦するバリーを心から心配していた。

第23話 運命のレース

ついに本当の計画を明かすズーム。そして、彼を阻止するためなら何でもすると誓うバリー。壮大なる対決が繰り広げられる。

Season3 エピソード

第1話 フラッシュ・ポイント

バリーは夢の生活をしている。両親が生きており、アイリス・ウェストをデートに誘った彼は、ついに普通の男としての人生を歩むことができる。キッドフラッシュという新たな俊足の男が、セントラル・シティの平和を守っているからだ。だが、大惨事が起きたとき、バリーは決断を下さなければならなくなる。今の世界でバリー・アレンとして生きていくのか、それとも元の世界に戻ってフラッシュとして生きていくのか。

第2話 代償

バリーは、フラッシュポイントの余波が思った以上に大きいことに気づく。そして、バリーは新たに同僚となったジュリアン・アルバートに会う。ジュリアンは、顔を合わせるなりバリーに対する嫌悪感をあらわにし、バリーを驚かせる。

第3話 新たなスピードスター

バリーたちは、アース2のウェルズ博士とジェシーとの再会を喜ぶ。ウェルズ博士は、ジェシーも速く走る能力を持っており、アース2で人々を救っているとバリーとケイトリンに明かす。だが、娘の身を心配するウェルズ博士は、ジェシーが能力を使わないようバリーたちから説得してほしいと言う。一方、金属を操れるマジェンタという新たなメタヒューマンが、街を恐怖に陥れる。

第4話 過去の亡霊

ジェシーを能力面で指導するバリーは、新たなメタヒューマンのミラーマスターが現れたとき、彼女が自分と同行するのを許可する。ミラーマスターは昔からのパートナー、トップとともに、レナード・スナートに報復するため、彼の居場所を捜していた。ジェシーもバリーとともに活躍するが、バリーのある指示に従わなかったために、悲惨な結果を引き起こしてしまう。

第5話 巨大怪獣現る

自分の体に何が起きているのかを必死に解明しようとするケイトリンは、名高い生物医学研究者の母、タンホイザー博士に会いに行く。メタヒューマンとしての能力が強まる中、母ならその理由が分かるだろうと期待したが、ただの被験者のような対応をされた彼女は、母に冷たい態度を取り、つらい過去の話を持ち出して、母との大げんかに発展する。一方セントラル・シティは、謎めいたメタヒューマンから攻撃を受け、バリーはジュリアンに捜査を手伝わせてほしいと言う。

第6話 忍び寄る影

ウォリーは、キッドフラッシュとして活躍する夢を何度も見るようになる。そんな彼を見たバリーは、ウォリーの安全のためにはアイリス、ウェストそしてウォリーに、フラッシュポイントでのウォリーの運命を告げなければならないと気づく。

第7話 キラーフロスト

ケイトリンは自分の能力を使ってバリーを救出する。だが母の予想したとおり、能力を使ったことによって、隠れていたキラーフロストとしての人格が出てきてしまう。キラーフロストはアルケミー博士を捜そうと暴れ回り、ジュリアンを誘拐してフラッシュとバイブの2人と対峙する。一方、ウェストとウェルズ博士は腹を割って話し合う。

第8話 インベージョン!

ドミネーターと呼ばれる宇宙人がセントラル・シティを襲撃し、バリーはスター・シティにいるアローに助けを求める。ドミネーターを倒すのは想像以上に難しいと気づいた2人は、レジェンドたちとスーパーガールを呼ぶ。スーパーヒーローたちは全員で攻撃の計画を立てていく。一方、ウォリーは宇宙人との戦いに参加を志願するが、アイリスに止められる。

第9話 サビター

アルケミーとサビターの脅威が迫り、バリーはクリスマスやアイリスとの関係に心を集中できない。バリーはサビターを倒すためにアース3へ行き、ジェイ・ギャリックから助言をもらおうとする。一方ウォリーは、バリーとサビターの戦いで援護射撃をしたいと言い出す。だが彼はウェルズ博士から能力面で指導を受けていると明かし、バリーはそれが気に入らない。シスコは初めて兄のダンテがいないクリスマスを迎えることになり、古傷を思い出す。

第10話 未来の悪夢

バリーの見た未来でアイリスがサビターに殺されてしまう。同じく未来に登場していたプランダーという悪党がセントラル・シティに姿を現すが、バリーはプランダーを捕まえたらアイリスの運命がより未来に近づくのではないかと恐れる。ウォリーは、プランダーを捕まえるのを躊躇しているバリーを不審に思い、キッドフラッシュとしてプランダーを捕まえようとする。一方ケイトリンは、ジュリアンにある仕事の話を持ちかける。

第11話 生か死か

バイブの能力を持つジプシーというコレクターがセントラル・シティに姿を現し、ウェルズ博士は過去の清算を迫られる。ジプシーは、ウェルズ博士をアース19で犯した罪の裁判に出席させるため連れ戻しに来たのだ。実はアース19から別のアースへ行くことは禁止されていた。ウェルズ博士は降伏するが、ジプシーとデスマッチを行えばウェルズ博士は釈放されると知ったバリーとシスコが間に入り、ウェルズ博士の代わりにシスコがジプシーと戦うことを申し出る。

第12話 新たな決意

バリーとSTAR (スター) ラボチームは、協力してクライブ・ヨーキンというメタヒューマンの犯罪者を倒そうとする。人の体を急速に分解し、手際よく人々を殺害していくヨーキンの次の標的はウェストだが、そこにアイリスも巻き込まれてしまう。一方、引き続きキッドフラッシュを能力面で指導しているフラッシュは、キッドフラッシュの能力をさらに高めるために新たな方法で彼を指導する。

第13話 ゴリラ・シティ

ジェシーから、ハリーが誘拐されたと聞き、バリー、ケイトリン、シスコとジュリアンは、ゴリラシティからハリーを救うため、アース2へ行く。バリーたちは即座に捕まり、グロッドのもとへ連れて行かれる。グロッドはゴリラシティのトップ、ソロバーがアース1を侵略するのを阻止するためにバリーたちの協力を必要としていたのだ。一方アース1では、重力を操れるメタヒューマンを止めるため、ジェシーとキッドフラッシュとウェルズ博士が出動していた。

第14話 グロッドの復讐

アース1でもグロッドとゴリラ軍団が戦いを展開する。セントラル・シティが破壊される前に彼らを止めようとするフラッシュとSTAR (スター) ラボチーム。そこにジプシーが戻ってきて、フラッシュたちに加勢する。一方ジェシーは、ウォリーとともにアース1に留まろうと考える。

第15話 サビターの復活

ウォリーはバリーに指導してもらっている間、サビターの幻覚を見るようになっていた。だがウォリーは、そのことをバリーたちチームメンバーには隠していた。一方、ある危険な秘密がバリーとアイリスの幸せを脅かす。

第16話 尊い犠牲

サビターを倒して仲間たちを助けようと必死になっているバリーは、答えを得ようとスピードフォースへと突入する。一方ウェルズ博士は、ジェシーにある忠告をする。

第17話 デュエット

モン=エルとハンク・ヘンショウが昏睡状態のスーパーガールを抱えてやって来て、バリーたちを驚かす。モン=エルたちは、ミュージック・マイスターに呪文をかけられたカーラを救ってほしいと頼む。だが、フラッシュも同じような昏睡状態に陥り、カーラとバリーが目を覚ますと、彼らはスーパーヒーローの能力を持たないパラレルワールドにいた。そこから脱出するには歌と踊りが満載の台本を最後まで演じ切らなければならなかった。

第18話 アブラ・カダブラ

フラッシュはアース19からやってきた悪党アブラカダブラと戦う。アブラカダブラは、そこで「逃がしてくれたらサビターの正体を教えてやる」と言い、アイリスを救おうと必死なバリーは提案を受け入れようかと悩むが、アブラカダブラはジプシーがやって来た騒ぎに紛れて逃げてしまう。一方ジュリアンは、ケイトリンに対してまだ少し冷たい態度を取るが、彼女がジプシーとの戦いで重傷を負うと、すぐに駆けつけるのだった。

第19話 8年後

バリーは未来でサビターの正体を突き止め、アイリスを救いたいと考える。2024年にたどり着いたバリーは、そこで年を取った自分自身と仲間たちに遭遇するが、アイリスの死を経験し、サビターとの決戦で大きなダメージを受け、全員が以前とまったくの別人になっていた。彼らに再び希望を持たせられるかは、バリーが未来の仲間たちが待ち望むヒーローになれるかどうかにかかっていた。一方2017年では、キラーフロストの追跡がまだ続いていた。

第20話 サビターの正体

バリーたちSTAR (スター) ラボチームは、サビターを倒す鍵となる人物かもしれない物理学者に会う。彼女の名前はトレイシー・ブランド。だがキラーフロストもトレイシーのあとを追っており、そのためバリーたちは昔からの友人と戦うことになってしまう。またウェストとセシルの関係は大きな局面を迎え、バリーはジュリアンに捜査を手伝わせてほしいと言う。

第21話 失われた記憶

バリーはサビターを止めるため、思い切った行動に出る。一方ウェルズ博士は、サビターを捕まえるため、トレイシー・ブランドに罠の設計を急ぐよう迫る。そして、キラーフロストは興味深い提案を持って戻ってくる。

第22話 悲劇のカウントダウン

アイリスがサビターに殺害されるまで、残された時間は24時間。バリーは、愛する彼女を救いたい一心で、どんな手でも使うと決心する。そして、アイリスの命を救う方法はただ一つしかないことに気づいたフラッシュは、キャプテン・コールドに協力を求める。

第23話 ゴールライン

「もう失うものは何もない」バリーが、ついにサビターとの最後の決戦へ。

Season4 エピソード

第1話 帰還

バリーがスピードフォースに消えた後、アイリス、キッド・フラッシュ、ジョー、バイブが、彼の代わりにセントラル・シティを守っていた。しかし、サムライのヴィランが現れ、フラッシュを連れて来なければ街を破壊すると告げる。シスコはバリーをスピードフォースから連れ戻すという危険な賭けに出る。しかしスピードフォースから戻ったバリーは、以前のバリーではなかった。

第2話 すれ違う想い

最新テクノロジーを操るメタヒューマンに立ち向かうのに忙しいバリーは、私生活でも困難に直面していた。スピードフォースに消え、6か月間アイリスと離れていた間のつけが回ってきたためだ。何でも勝手に決めてしまうバリーに業を煮やし、アイリスは彼を連れてカウンセリングに行く。一方、シスコは暗号の解読に手間取り、ジプシーとのデートをキャンセルしなければならなくなる。

第3話 不運の連続

バリーは銀行強盗の現場に駆け付ける。しかし犯人のベッキーを追いかけようとした瞬間、大量のビー玉に足を滑らせて転倒し、取り逃がしてしまう。ベッキーがツキまくる一方で、彼女の周囲の人間はなぜか不運に見舞われる。バリーたちは、バリーがスピードフォースから出た瞬間、たまたま通りかかったバスにベッキーが乗車しており、ダークマターを浴びていたことを突き止める。

第4話 過去の因縁

バリーたちは、ダークマターを浴びたバスの乗客たちを捜し始める。すると死亡した運転手の持っていたバス代の借用書から、バリーの宿敵であるラルフ・ディブニーが浮上する。ディブニーは元警官で、彼が刑事をやめるきっかけを作ったのがバリーだった。同じ頃、ジプシーの父親ブリーチャーが現れ、シスコは24時間狙われることになる。

第5話 ガールズ・ナイト

結婚式も迫り、バリーとアイリスはそれぞれ同性の友人たちと共に独身の夜を過ごす。バリーはシスコの仕切りで品行方正に過ごすはずが、現れたディブニーにストリップクラブへ連れていかれ大騒動に。一方、フェリシティが合流したアイリスたちも上品に過ごすはずだったが、ケイトリンがキラーフロストに変わってしまう。

第6話 4人のハリー

ディブニーの記憶から、メタヒューマンとなった先住アメリカ人チャイタンの存在を突き止めるバリーたち。彼女は石像や人形に命を吹き込める力を持っていた。ディブニーの協力でバリーが無事にチャイタンを捕らえる一方、ウェルズは別のアースから自分のドッペルゲンガーたちを呼び、デヴォー捜しを手伝わせることにする。

第7話 宿敵との対面

デヴォーの家を訪れたバリーは夫婦が怪しいと感じるが、ケイトリンたちが集めたデータではデヴォーがシロだと裏付けるものばかりだった。チームはデヴォーの潔白を信じ始めるが、バリーは何とか証拠を手に入れようとデヴォーの自宅に不法侵入する。デヴォーとの直接対決を決意したバリーに、デヴォーはフラッシュの正体を知っていること、自分がメタヒューマンであることを認める。

第8話 クライシス・オン・アースX

ダークアロー軍団に結婚式を邪魔されたバリーは、オリバーたちと共にアースXの収容所に送られてしまう。アースXはナチスが牛耳る世界だった。あわや銃殺刑となるところだったバリーたちは、スナートのドッペルゲンガー、レオに救われる。同志であり恋人のレイを救いに来たというレオと共に、バリーも反政府活動をする解放軍の基地へ向かう。

第9話 クリスマスの悲劇

結婚して初めてのクリスマスを迎えるバリーとアイリス。そんな中、ケイトリンがアミュネットに、バリーはデヴォーにさらわれてしまう。しかし、人手やシステムの問題から、チームはどちらか1人を優先的に捜さなければならない。アイリスは、悩みつつもチームのリーダーとして、ケイトリンを先に捜すという決断を下す。バリーはどうにか戦いの末、脱出するが、デヴォーの生死は分からない状態に…。

第10話 判決

デヴォーの罠にはめられたバリーは、デヴォー殺害の容疑者として裁判にかけられることになる。弁護を引き受けたセシルは、不利な状況を打破するためにフラッシュは自分だと公表するようバリーに助言するが、バリーは周囲に危険が及ぶことを懸念して公表しない意志を貫く。同じ頃、街に放射線を放つメタヒューマンが出現したと知ったバリーは、不利になるのを承知で法廷をあとにする。

第11話 ヒーローの条件

バリーがいない街の平和を守ろうと張り切るディブニー。脱獄したアクセルが再び街を襲い始めたため、いつもの調子でアクセルにも挑んでいく。しかし初めてケガを負い、自分が無敵ではないと痛感して、刑務所のバリーのもとを訪れる。一方、バリーは刑務所の中で、かつて父親が救ったビッグ・サーとの友情を深めていた。

第12話 スモール・コンビ

バリーはビッグ・サーが無実の罪で有罪になったと知り、ウェルズたちに真犯人を見つけるように依頼する。ウェルズたちは容疑者としてランディンという男の自宅を訪ねるが、ランディンの放った光線でシスコとディブニーが小型化してしまう。同じ頃、妊娠が引き金になったのか、セシルは突然人の考えが読めるようになってしまう。逆にジョーは元気を失ってく。

第13話 隠れた素顔

アミュネットと手を組み、ウルフがメタヒューマンたちで商売していることを知ったバリーは、同じくウルフに捕らえられたメタヒューマンのベッキー、チャイタン、ディーコン、ランディンと共に脱獄を図る。一方、バリーの面会に行った際にセシルはウルフの心を読んでその魂胆を見抜き、アイリスたちはバリーを救うために奔走する。

第14話 対象9

デヴォーの狙いがバスの乗客だと気づいたバリーは、バスに乗っていた歌手イジーのもとへ向かう。そこへベッキーの姿のデヴォーが現れるが、イジーはそのデヴォーにさえ痛手を与えることのできる力を持っていた。バリーはイジーの猛特訓を始めるが、訓練に嫌気がさしたイジーはラボを出て行ってしまう。そんなイジーに、ディブニーは想いを寄せ始めていた。

第15話 フラッシュタイム

核爆弾の輸送車がテロリスト集団に襲われる。フラッシュになったバリーが現場に駆け付けるが、タッチの差で起動装置を押されてしまう。バリーは超高速で動くことで爆発の瞬間を長引かせ、さらに、ウェルズと話し合うために来ていたジェシーとアース3のジェイの加勢を得て、必死で爆発を食い止めようとする。

第16話 走れ アイリス!

メタヒューマンの力を奪い第三者に移せるバスのメタヒューマンであるマシューが現れる。マシューと戦ったバリーも、彼に触れられたとたんにスピードを失い、その力がアイリスに移されてしまう。力を失ったバリーは複雑な思いを抱えるが、フラッシュに変身して現場に向かうアイリスを、チームリーダーとして支えなければならなかった。

第17話 揺らぐ信頼

残る2人のバスのメタヒューマンの捜索とデヴォー対策に追われるバリーたちだったが、ディブニーはふざけてばかりいる。バスメタの1人、ジャネットを見つけたバリーは、彼女の保護に向かうが、ディブニーと呼吸が合わず取り逃がしてしまう。怒ったバリーはディブニーにラボでの待機を命じる。一方、戻ってきたブリーチャーがシスコに頼みごとをする。

第18話 守るべきもの

バスに乗っていた最後のメタヒューマンであるエドウィンの捜索を開始したバリーたち。消息がつかめなかったのは、エドウィンの力がポケット・ディメンションでの移動であるためだった。さらに彼の力でデヴォーの隠れ家へつながるポケット・ディメンションを作れることがわかった。ディブニーはエドウィンの助けを借りてデヴォーを殺そうとするが、バリーは断固反対する。

第19話 アースXからの刺客

デヴォーが研究室にいるメタヒューマンを狙っていることをつかんだバリーは、そのメタヒューマンの安全な場所への移動を計画する。途中で核爆発が起きないよう、コールドガンを持つアースXのレオに協力を仰ぐが、レオを連れてくる際に、同じ裂け目からサイレンXもアース1に来てしまう。一方、シスコはウェルズに疑いを持ち始める。

第20話 決別

バリーとチーム・フラッシュはジプシーと手を組み、デヴォーの計画を阻止しようとする。一方、シスコとジプシーは2人の関係について率直に話し合う。

第21話 ハリソン評議会

完成が迫っていたデヴォーの光の計画の衛星を阻止するために、チーム・フラッシュはアミュネットに協力を仰ぐことにする。同じ頃、ウェルズは知能が消滅しつつあることで“ウェルズ評議会”から追い出されるが、新たにシスコはウェルズを“ハリソン評議会”に招集するのだった。

第22話 光の計画

デヴォーがエンライトメント装置を完成させるためにA.R.G.U.S (アーガス)の施設を襲う。デヴォーを止めるには、バリーがシスコとケイトリンを連れて施設に入るしか方法はない。しかしディブニーの死をひきずっていて、これ以上仲間の命を危険にさらしたくはないバリーは、1人でデヴォーに立ち向かおうとする。

第23話 新たな家族

フォース・シーズンのフィナーレ。デヴォーとの最終決戦のさなか、チーム・フラッシュの前に驚くべき援軍が現れる。

Season5 エピソード

第1話 Nora

バリーとアイリスは、これ以上タイムラインを歪めることなくノラを未来へ送り返す方法はないものかと悩む。そしてチーム・フラッシュは、バリーとアイリスに協力する一方で、悪意ある別のメタヒューマンと戦わなければならなくなる。

第2話 Blocked

バリーは、娘のノラが優れたスピードスターになるための手助けをする。一方でチーム・フラッシュのメンバーと共に、ハイテク武器を盗もうとするメタヒューマンを追跡していたバリーは、邪悪な目的で同じメタヒューマンを追うシカダという新たな敵に遭遇する。

第3話 The Death of Vibe

フラッシュがシカダに攻撃されて以来、チームは、新たに現れたこの危険な敵を倒すためには、これまでとは全く違った視点で考えることが必要なのだと気づく。ノラは、両親の手助けをするためにある計画を思いつくが、そのせいでチーム・フラッシュのあるメンバーの命を危険にさらしてしまう。一方、ケイトリンは自分の過去と向き合う。

第4話 News Flash

チーム・フラッシュは、メタ技術を備えた危険なメタヒューマン、スピンと戦う。娘ノラの命を脅かすスピンの出現は、バリーとアイリスに親としての究極の試練を与えることになる。一方、自信を失っていたラルフは、ある意外なことをきっかけに自信を取り戻していく。

第5話 All Doll’d Up

ノラが口を滑らせた未来の出来事に、激しく落胆するアイリス。バリーはそんな妻の気をそらそうと、新たなメタヒューマン、ラグ・ドールを止めるために力を合わせようと提案する。一方、ケイトリンは父親に関するあることを知る。

第6話 The Icicle Cometh

アイリスとシャーロックがシカダに関する手がかりを追う。一方、ケイトリン、バリー、シスコの3人は、ケイトリンの父について新たな情報を得る。

第7話 O Come, All Ye Thankful

未来でバリーが失踪してしまう。それに対してどうすることもできないノラは、ぶつけようのない怒りを抱え、葛藤する。一方バリーとチーム・フラッシュは、強力な新メタヒューマン、ウェザー・ウィッチが父親であるウェザー・ウィザードを殺すのを止めなければならない。

第8話 

第9話 

第10話 


The FLASH/フラッシュ

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus