X-ファイル

X-ファイル

シーズン数11
IMDbスコア8.7/10
ジャンル SF
主要出演者デイヴィッド・ドゥカヴニー ジリアン・アンダーソン ミッチ・ピレッジ
配信中サービス   fujitv
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

UFO、UMA、オカルトなど、科学では証明できない超常現象によって起こったとされる事件。「X-ファイル」と呼ばれるそれらを専門にするFBI捜査官、フォックス・モルダーと、新任捜査官のダナ・スカリーは、数々の奇妙な事件に関わっていく。

X-ファイルの感想

説明不要なほど有名なドラマで、主演の二人もこのドラマで大ブレイクしました。シーズン1が放送されたのは1993年で、最新シーズンからは約25年前です。これだけ長く続いている理由には、多くの根強いファンの存在があり、それだけ優れたドラマであると言えるでしょう。もちろん途中で休止、降板などはありましたが、最新シーズンでもモルダーとスカリーを見られるのはうれしいですね。シーズンの移り変わりと共に、登場人物のファッションや使用しているコンピュータなどの技術も変わっていくのも面白いです。超常現象というテーマなので、普通の犯罪ドラマとは異なり、毎回解決したような、していないような…という感じで終わるのも独特な趣があります。

X-ファイルを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

Season1 エピソード

第1話 序章

オレゴン州の森の中で若い女性の死体が発見された。唯一の手掛かりは、腰部に残された二つの赤い斑点のみ。過去にも同じ事件が起きており、被害者は同じ高校の生徒で全員に小さな金属片が埋め込まれていた。

第2話 ディープ・スロート

アイダホ州にある空軍基地で、パイロットの行方不明事件が続発する。その基地ではUFOの技術を使った戦闘機が製造されているという。捜査のため基地に潜入したモルダーは、そこでUFOを目撃してしまい…。

第3話 スクィーズ

メリーランド州で連続殺人事件が発生。犯行現場は密室で、被害者は肝臓をえぐり取られていた。モルダーは過去に同様の事件が起きていることを察知。残された指紋が60年前の事件時に検出されたものと一致した。

第4話 導管

UFO目撃で有名なある湖で、1人の少女が行方不明になった。突然白い光に包まれ、激しい振動と共に姿が消えたという。事件後、一部始終を目撃していた幼い弟が、TV画面のノイズから奇妙な信号を読み取るが…。

第5話 ジャージー・デビル

アトランティック・シティで、男が身体を噛み切られ死亡する事件が起こる。モルダーとスカリーは過去にも観光客が何者かに食い殺される事件が起きていることを知るが、地元警察から協力を拒否されてしまう。

第6話 影

フィラデルフィアの路地で、首の骨を内部から潰された男の死体が発見される。監視カメラには、被害者が女性のカバンをひったくる映像が記録されていた。そしてその女性の側には、数週間前に自殺した男の影が…。

第7話 機械の中のゴースト

ある高層オフィスビルで会社役員が感電死した。そのビルは最新鋭のコンピューターによって管理されており、被害者は洗面所に閉じ込められていたという。モルダーとスカリーは捜査の末、驚くべき事実に行き当たる。

第8話 氷

北極圏にある研究所で地質学者チーム全員が謎の死を遂げた。惨殺死体が散乱する中、ペットの犬だけが生き残っていた。モルダーたちの捜査の結果、犬の体内と学者の死体から同じ寄生虫が摘出される。

第9話 宇宙

スペースシャトルの打ち上げが発射3秒前に中止された。NASAの女性職員から話を聞いたモルダーたちは、打ち上げの指揮を執るベルト中佐と会う。スカリーは彼が何かを知っているような予感を抱くが…。

第10話 堕ちた天使

深夜の山中に巨大なオレンジ色の火の玉が出現。駆け付けた森林警備隊員が何者かに襲われ死亡した。同時刻、軍のレーダーが未確認飛行物体を捉え、山中に着地したことを確認。だが軍はその事実を否定する。

第11話 イヴ

コネチカット州で身体の血液を75%も抜かれた変死体が発見された。死亡推定時刻と同じ時間に、カリフォルニア州でも類似事件が起きていた。共に第一発見者は被害者の娘で、2人は瓜二つの容姿をしていた。

第12話 炎

仕事に出掛けようとした男が、妻の目前で突然火だるまになり焼死するという事件がイギリスで起きる。数週間後、アメリカでも同様の焼死事件が発生。事件を追い訪米した女性にモルダーは捜査協力を求められる。

第13話 海の彼方に

ある若いカップルがデート中に誘拐された。1年前の同じ時期に起きた殺人事件と手口が酷似していたことから、彼らも殺されてしまう可能性が高い。そんな時、ある死刑囚が捜査の協力をスカリーに申し出る。

第14話 性を曲げるもの

あるホテルで男の変死体が発見された。監視カメラには彼が娼婦らしき小柄な女性と部屋に入るところが映っていたが、出てきたのは大柄な男だけ。同じような事件が、この半年の間に4件起こっていることが判明し…。

第15話 ラザロ

スカリーのかつての同僚・ウィリス捜査官が、強盗犯に撃たれた後、奇跡的に蘇生した。数日後、安置されていた犯人の遺体から指が切り取られる事件が発生。切断した器具から、なぜかウィリスの指紋が検出される。

第16話 再生

宝石店で強盗殺人事件が発生。現場にはモルダーに復讐を誓うメッセージが残されていた。捜査の結果、犯人は獄死したはずの連続殺人犯・バーネットだと判明する。モルダーはバーネットの行方を追うが…。

第17話 E.B.E.

あるトラック運転手がライフルを乱射して拘留された。彼は「UFOに遭遇した」と証言し、十分な取り調べも受けず釈放される。モルダーは、トラックが走っていた経路でUFOの目撃報告が続出していることを知る。

第18話 奇跡の人

熱狂的な信者が集う「奇跡の伝道所」で心霊治療を受けた女性が、その20分後に死亡。治療を施した青年・サミュエルは殺人容疑で逮捕される。モルダーは、彼に妹・サマンサのことを言い当てられたことに驚き…。

第19話 変形

牧場でインディアンの青年が撃ち殺された。牧場主は獣と見間違えたと供述し、蛇の抜け殻のような物質も発見されている。同様の怪事件は過去にも起きており、モルダーはX-ファイル第1号の関連事件と推測する。

第20話 闇

森林伐採労働員30名が突然消息を絶った。現地に赴いたモルダーは、森の中で大きな繭を発見。中にはミイラ状態になった死体が包まれていた。さらに、近くにあった大木の切り株から謎の昆虫が無数に発見される。

第21話 続スクィーズ

肝臓を求めて殺人を繰り返すユジーン・トゥームズが証拠不十分で釈放された。数日後、ある工場の地下から30年前の遺体が発見され、残された傷がトゥームズの歯型と一致。モルダーはトゥームズの捜索を始める。

第22話 輪廻

ある刑事が署内の取調室から飛び降り死亡した。取り調べを受けていたのは8歳の少女1人だけ。だが彼女は、そこにもう1人男がいたと言う。調べてみると、その男は9年前に殺害された刑事であることが判明する。

第23話 ローランド

ジェットエンジンの極秘研究に携わる博士の変死体が発見される。現場にあったコンピューターを調べると、データに侵入した者がいると判明。だがその時刻、側には知能障害を持った掃除夫・ローランドしかいなかった。

第24話 三角フラスコ(終章)

警官に撃たれた男が海に飛び込み行方不明になる。男が乗り捨てた車の所有者は、遺伝子実験の研究行う医学博士・ベルービと判明。スカリーは博士の実験室から押収したフラスコの中身を分析する。一方、モルダーは…。

Season2 エピソード

第1話 リトル・グリーン・マン

Xファイル課が閉鎖され、モルダーは内勤に回され、スカリーはFBIアカデミーでの教職に戻った。ある日、モルダーはマティソン上院議員の情報から「宇宙人との接触記録」の存在を知り、プエルトリコへと向かう。

第2話 宿主

下水道で男性の腐乱死体が発見された。上司の命令で現地に赴いたモルダーだが、単なる麻薬関連の殺人事件と判断する。同じ頃、下水処理作業員が水の中に転落し、何者かに噛まれるという事件が起きる。

第3話 血液

平和な町・フランクリンで大量殺人事件が続出する。犯人は7件ともその場で射殺されており、動機は不明。唯一の共通点は、現場付近の電子機器が破壊されていることだった。モルダーとスカリーは捜査を進めるが…。

第4話 不眠

睡眠研究の権威・グリッソム博士が自宅で変死した。発見したのは、火事の通報を受けて駆け付けた消防隊員。だが室内に火や煙が出た形跡はなく、博士の身体にも火傷の跡はなかった。だが検死解剖をした結果…。

第5話 昇天 Part 1

精神病院から脱走した男、デュエイン・ベリーが人質を取って旅行代理店に立てこもる。彼は以前、宇宙人に誘拐されたと主張し、再度連れ去られることを恐れていたとか。彼との交渉役として、モルダーが派遣される。

第6話 昇天 Part 2

負傷したまま病院から抜け出したベリーが、スカリーの前に現れた。ベリーは彼女を縛り上げ、車のトランクに監禁。そしてエイリアンに自分の代わりにスカリーを差し出すため、UFOとの遭遇場所へ向かう。

第7話 トリニティ

ロサンゼルスの高級住宅地で、頸動脈を噛み切られた男の変死体が発見される。その後、血液銀行で不審な男が逮捕され、死体に残された指紋と一致した。だが彼は自分が吸血鬼であるとして無罪を主張し…。

第8話 昇天 Part 3

行方不明だったスカリーが重体で発見された。モルダーはローン・ガンメンの協力を得て彼女を検査する。そして、スカリーの血液に未知の毒性タンパク質が含まれていて、回復が見込めないことが判明する。

第9話 地底

カスケード山脈の活火山観測所からSOSが入り、連絡が途絶えた。モルダーとスカリーは、探査ロボットの映像から火口内に倒れた研究員の死体を確認する。2人は研究所へ飛び、生き残った研究員と会うが…。

第10話 レッド・ミュージアム

精肉業が盛んな小さな町で未成年の失踪事件が続発する。その町では肉食を嫌う新興宗教と酪農家や市民が対立しており、教祖が第一容疑者となるが証拠はなかった。そんな時、謎の人物から恐るべき情報が届き…。

第11話 不老

老人ホームで働く看護士が勤務中に暴行を受け、病院に収容された。だが彼女の証言によると、犯人は「目に見えない存在」だという。捜査に当たったモルダーは、老人たちに極秘で投与されている奇妙な薬を発見する。

第12話 オーブリー

オーブリーという町で、50年前のFBI心理分析官の死体が見つかった。町では若い女性を狙った殺人鬼が出現しており、その手口は死体で発見された分析官が担当していた50年前の猟奇事件と全く同じだった。

第13話 フェチシズム

埋葬されたばかりの女性の髪と爪が奪われる事件が発生する。市民には危害がないと思われていたが数日後、髪と指を切られた売春婦の刺殺死体が発見される。そして、その殺人犯がスカリーの前に現れて…。

第14話 呪文

目と心臓をえぐられた男子高校生の惨殺死体が発見された。モルダーとスカリーは捜査する中で、町には悪魔を崇拝するグループが活動しているという噂を聞く。そんな時、モルダーたちに1人の少女が助けを求めてくる。

第15話 新鮮な死体

ハイチ人難民キャンプで海兵隊員が変死した。軍は自殺だと発表するが、妻は妻はブードゥー教の呪いだと主張する。スカリーは検死を行おうとするが、遺体を収めるモルグには軍人ではなく、犬の死骸が収まっていた。

第16話 入植 Part1

モルダーの下に匿名の電子メールが届く。それは別々の州で起きた産婦人科医の死亡記事3件で、奇妙なことに3人の医師の顔が同じだった。現地で調査を始めるが、彼らの記録が何も残されていないことが分かる。

第17話 入植 Part2

姿を変えられる謎の男・モーフィングマンにスカリーが拉致された。彼の目的はサマンサとの交換。モルダーはスキナーに応援を頼み2人とも救出しようとする。だがスカリーは救出できたが、サマンサは殺されてしまう。

第18話 恐怖の均整

深夜の市街地で道路工事作業員が何かに押し潰され死亡した。現場には象の足ほどの大きな踏み跡が残っていた。また数時間後、動物園で飼育されている像が、70km離れた路上で発見される不可解なことが起こる。

第19話 歪み

ノルウェー海域で米軍の駆逐艦が消息を絶った。救命ボートが発見されたが、乗組員は90歳以上の老人のような姿になっていた。捜査に向かうモルダーとスカリーだったが、2人も同じように老化していく事態に陥る。

第20話 サーカス

爬虫類のような鱗状の肌をした男が何者かに腹部を噛みちぎられ死亡した。事件が起きた町にはサーカスの元団員が多く住んでおり、被害者もその1人だった。モルダーとスカリーが捜査をする間も同様の事件が発生し…。

第21話 カルサリ

遊園地で2歳の男の子がミニ機関車にひかれて死亡した。事故の直前に撮られた写真には、男の子を導くように水平に移動する風船が写っていた。モルダーたちは、彼の祖母が8歳になる兄を恐れているという話を聞き…。

第22話 幼虫

熱帯雨林で昆虫採集をしていた生物学者の変死体が発見された。身体中に腫れ物ができていたが、死因は分からない。3カ月後、ヴァージニア州の刑務所で謎の伝染病が発生。その混乱に乗じて2人の囚人が脱走する。

第23話 影踏み

密室状態のホテルから宿泊客が消える事件が起こる。過去1カ月で3件目の失踪事件。モルダーとスカリーが調査を進めるうち、1人目の失踪者の同僚で、暗黒物質を研究する科学者・バントンが容疑者に浮かび上がる。

第24話 カニバル

ある精肉工場に派遣された食品検査官が行方不明になった。モルダーとスカリーが聞き込み調査をしていると、女性従業員が突如錯乱し人質を取った末に射殺される事態に。司法解剖の結果、ある事実が判明するが…。

第25話 アナサジ

ローンガンメンの協力者で「シンカー」と呼ばれる男が国防総省のコンピューターに侵入。UFOに関する極秘文書を手に入れ、モルダーに託された。その文書は全てナバホ・インディアンの言語で暗号化されていて…。

Season3 エピソード

第1話 祈り

組織の圧力を受けたスモーキング・マンは、奪われたMJファイルを取り戻そうとする。一方、行方不明のモルダーを心配するスカリーは、FBIを停職処分となってしまう。そんな中、彼女は謎の男に警告を受ける。

第2話 ペーパークリップ

モルダーとスカリーは、古い写真にモルダーの父と共に写っていた人物、ビクター・クレンパーを探し出す。彼はかつて極秘計画「ペーパークリップ作戦」に関与した元ナチスの戦犯であり科学者だというのだが…。

第3話 D.P.O.

若者が連続で落雷に遭い死亡する事件が起こる。落雷事故は多発しており、被害者はすでに6名に上るが、その中で1人だけ生存者がいた。モルダーとスカリーは、生存者である少年・オズワルドにある疑惑を抱く。

第4話 休息

占い師の連続猟奇殺人事件が発生した。犯人の手掛かりは一切つかめていない。ある日、女性の死体があるという通報が入る。第一発見者・ブルックマンに話を聞くと、彼は人の死の瞬間が霊視できると告白する。

第5話 名簿

無実を主張する死刑囚が「必ず蘇って復讐する」という言葉を残し、刑を執行された。その後、2人の看守が立て続けに変死する。不穏な噂が流れる中、復讐される残り3人の名前を知っているという囚人が現れる。

第6話 胃液

全身が粘液にまみれた女性の変死体が発見される。被害者はインターネットで知り合った男とデートに出掛け、行方不明になっていた。調査の結果、身体の脂肪分が失われており、粘液からは塩酸と消化酸素が検出された。

第7話 歩兵

陸軍病院に収容されていた中佐が自殺を図った。彼は「何者かに狙われている」と信じ込み自殺未遂を繰り返していたという。スカリーは戦争後遺症と判断するが、ほかにも同じ症状に苦しんでいる兵士がいると分かり…。

第8話 土牢

シアトルの住宅地で15歳の少女が誘拐された。同時刻、30km以上離れたコーヒーショップでウェイトレスが鼻血を出して失神。彼女の血に、今誘拐されている少女の血が混じっていることが判明する。

第9話 二世

「宇宙人の解剖記録」というビデオを売っていた男が自宅で殺害された。モルダーがそのビデオについて調査すると、旧日本軍731部隊のある医師が浮かび上がる。スカリーはその医師に見覚えがあった。

第10話 731

異星人とUFOの疑惑を追うモルダーは、カナダ行きの列車に連結された隔離車両にたどり着く。だが、モルダーが探していた日本人医師・ザマは何者かに殺害された。一方、スカリーはあるハンセン病施設を訪れるが…。

第11話 黙示

ある小学生が授業中に手の平から突然出血する。彼は以前から原因不明の出血をしており、両親の虐待を疑われていた。その日の晩、少年は自宅の庭師に誘拐される。ところが、その庭師は間もなく絞殺死体で発見され…。

第12話 害虫

害虫駆除の業者が作業中に急死した。彼の死体はゴキブリに覆われていたという。この事件以降、謎の突然死が続発し町中がパニックに。モルダーは農務省を訪れ、女性昆虫研究学者・バンビと出会い原因究明を試みる。

第13話 星

田舎町で男子高校生の首吊り死体が発見される。友人だった女子高校生は黒魔術の呪いだと訴えるが、その痕跡はない。数日後、彼女らの前でまたも変死事件が発生。さらに町の住人の行動に不可解な点が目立ち始める。

第14話 グロテスク

7件の殺人事件の容疑者として、芸術家のモストウが逮捕される。彼は悪霊に取り憑かれたと主張し、部屋からはガーゴイルの絵と塑像が発見された。しかし逮捕の5日後、同じ手口の殺傷事件が新たに発生する。

第15話 海底

サルベージ船の船員たちが、何らかの放射線によって体内被曝した状態で発見された。唯一健康体と診断された潜水夫は、いつの間にか病院から姿を消していた。モルダーは彼を追って捜査を進めるが…。

第16話 アポクリファ

盗んだテープの情報を香港で売っていたクライチェック。だが、フランス政府は情報売買に関して一切を否定する。彼を取り逃がしたモルダーだったが、スモーキング・マンとの会見から貴重な情報を得る。

第17話 プッシャー

連続殺人事件の容疑者・プッシャーを護送中のパトカーが衝突事故を起こした。事故の数分前、彼は意味不明な言葉によって警察官を暗示に掛けていたという。プッシャーは逃走し、その後も警察を翻弄し続ける。

第18話 骨董

セコナ族の遺跡を発掘調査していた考古学者が謎の死を遂げた。発掘された出土品が送られた美術館でも怪死事件が発生。セコナ族のテロ行為としてモルダーは捜査を依頼されるが、依頼人も行方不明になってしまう。

第19話 賭博

ある葬儀場で中国人が生きたまま焼かれるという事件が続出する。現場には漢字の「鬼」の字が残されていた。モルダーとスカリーが捜査を進めると、内臓を取り出された死体が不正に埋葬されていることが分かる。

第20話 執筆

ホセ・チャンからインタビューを求められたモルダーたち。スカリーはそれを受け、UFOに誘拐されたカップルについて語る。少女は記憶を失っていて、少年は宇宙人に拉致されたと主張。2人の話は見事に食い違い…。

第21話 化身

ホテルで変死事件が発生、FBI副長官、ウォルター・スキナーに容疑が掛かる。彼はバーで知り合った女性と一夜を共にし、目が覚めたら隣で首を折られ死んでいたという。モルダーたちは手掛かりを求め奔走するが…。

第22話 ビッグ・ブルー

怪物、ビッグ・ブルーが棲息するというヒューベルマンズ湖周辺で失踪事件が続発。そして身体の一部を食いちぎられた死体が湖から発見された。モルダーは安全のため湖畔の閉鎖を求めるが、保安官に断られてしまう。

第23話 電波

の妻を含む5名を殺害した男が逮捕された。彼の家から大量のビデオテープが押収され、中にはテレビのニュース番組が録画されていた。そして彼が殺人を犯した日は、同じ特集が組まれていたことが判明する。

第24話 タリサ・クミ

白昼のカフェで発砲事件が発生。犯人は警官によって心臓を打ち抜かれた。ところが、白髪の紳士が瀕死の犯人に近づき傷口に手をかざすと、瞬く間に傷口がふさがった。さらに負傷者を癒やし、忽然と姿を消してしまう。

Season4 エピソード

第1話 支配者

バウンティ・ハンターに追われるジェレマイア・スミスを助けたモルダーは「アメリカ政府が恐るべき計画を進めている」という話を聞く。その後、見せたい物があるとカナダの秘密農場に案内される。

第2話 ホーム

土に埋められた嬰児の死体が発見される。この嬰児は複数の遺伝病に冒されており、生き埋めにされたことが判明した。すぐ側の民家には、社会との関わりを拒絶し、近親婚を繰り返す風変わりな一家が住んでいて…。

第3話 メラニン

フィラデルフィアで黒人男性の失踪事件が続発。その中の1人が変死体で発見されたが、同一人物とは思えないほど全身の色素が失われていた。病原菌の仕業か分からないまま、またも黒人男性が失踪する。

第4話 アンルーヘ

窃盗の容疑でマークされていた女性郵便局職員が失踪する。彼女は失踪直前にパスポート用写真を撮影しており、その写真には叫ぶような表情と歪んだ骸骨が写っていた。モルダーは念写の一種だと推測する。

第5話 追憶

フィラデルフィアで黒人男性の失踪事件が続発。その中の1人が変死体で発見されたが、同一人物とは思えないほど全身の色素が失われていた。病原菌の仕業か分からないまま、またも黒人男性が失踪する。

第6話 整形

シカゴの総合病院で美容外科医が手術中の患者を死亡させた。手術時の医師の行動は明らかに常軌を逸しており、本人は「何かに取り憑かれたようだった」と証言。さらに、手術室の床に黒魔術の印が残されていた。

第7話 紫煙

モルダーの影の協力者、ローン・ガンメンが、ついにスモーキングマンの経歴を入手した。彼の調査報告は次第に核心に迫っていく。その頃、ローン・ガンメンの事務所にライフルを向け、紫煙をくゆらせる男の姿が…。

第8話 ツングースカ Part1

ホノルル空港で、ロシアから来た男の手荷物を調べていた検査官が何らかの菌に感染して死亡した。2日後、ダレス国際空港にロシアから荷物を運んできた男が到着。だが、その男はモルダーに気付いて姿を消してしまう。

第9話 ツングースカ Part2

モルダーが奪った外交郵袋の件で窮地に立たされたスキナーは、スカリーに彼の居場所を問う。彼女もモルダーをかばうことに限界を感じていた。一方、郵袋の届け先のウイルス研究者が事故死していることが判明し…。

第10話 ペーパー・ハート

現在服役している被害者の衣服をハート型に切り抜く殺人犯の余罪を調査中、彼の車から16枚のハートの布切れが発見される。それについて追求すると、1枚はモルダーの妹・サマンサのものだと分かる。

第11話 カビ

カリフォルニアの季節労働者キャンプで若い女性の変死体が発見された。モルダーとスカリーが目撃者の話を聞くと、雷が鳴り響き黄色い雨が降ってきたと証言。伝説の吸血鬼・チュパカブラの仕業だと恐れていた。

第12話 腫瘍

救急看護員のレナード・ベッツが、交通事故で頭部と胴体を切断され死亡した。遺体はそのまま病院に安置されたが、その晩、胴体が消失していた。さらに、残された頭部の脳細胞が癌に冒されていることが判明する。

第13話 タトゥー

フィラデルフィアである女性が行方不明になった。彼女のアパートの床には第三者の血痕があり、幻聴を起こす物質が検出される。調査の最中、スカリーは同じアパートに住む男性にタトゥーを勧められるが…。

第14話 メメント・モリ

が癌に冒されていることに気付いたスカリー。除去は困難で、脳に移転すれば助かる見込みはないという。彼女は発病の原因を突き止めようと、異星人に誘拐されたと主張する人たちに会いに行くが…。

第15話 魂のない肉体

人種差別による犯罪が多発している地域で、あるユダヤ人男性が射殺された。犯人は現場の監視カメラのテープだけを持ち去り、金銭目当てではないと思われた。後日、犯人と思われる青年の絞殺死体が発見されるが…。

第16話 P.O.W.

ベトナム戦没者追悼式の開催日。式に出席するはずだった将軍が移動中の車の中で射殺された。争った形跡はなく、死体の側には、兵士たちの間で「死のカード」と呼ばれるドクロの絵柄のトランプが残されていた。

第17話 MAX Part 1

旅客機がニューヨーク州北部に墜落した。交信記録は、飛行中にパイロットが「何かに進路妨害された」と叫んだ直後に途絶えていた。だが、墜落した時刻と現場で発見された乗客の腕時計の時間のズレが確認され…。

第18話 MAX Part 2

旅客機墜落事故には別の機体が関わっていた。だが、政府はその全てを公表することなく真実の隠蔽を行う。「空白の9分間」に何があったのかを推理するモルダー。そんな彼に、暗殺者の手が忍び寄る。

第19話 凍結

マサチューセッツ工科大学で研究生が交通事故に遭い死亡した。現場にいた友人は、見知らぬ老人に事故を予告されたと証言する。翌日、大学の警備員が氷像のように凍りついた状態で死ぬという不可解な事件が起こり…。

第20話 スモール・ポテト

ある町で、尻尾の生えた赤ん坊が5人も誕生した。母親は別々だが、赤ん坊の遺伝子に共通点が発見され、同じ父親の子供であると判明。5人のうち4人は人工授精によって生まれているため、産婦人科医に嫌疑が掛かる。

第21話 ゼロ・サム

宅配便配送センターの女性従業員が謎の死を遂げた。地元の刑事はモルダーに電子メールで現場写真を送るが、モルダーが目にする前に何者かに削除される。さらに保管されていた遺体と血液サンプルも消えてしまう。

第22話 哀歌

惨殺死体が発見され、目を離したわずかな間に血痕も残さず消えてしまうという事件が立て続けに起きた。モルダーは、事件の直前に何かを訴えようとしている被害者の姿を幻視した人たちがいることを知り…。

第23話 フラッシュバック

見知らぬ部屋で目を覚ましたモルダー。自分が血だらけで、拳銃を2発発砲していることを確認する。ひとまずスカリーに連絡を取るが、彼は2日間の記憶を失っていた。数時間後、老夫婦の射殺死体が発見される。

第24話 ゲッセマネ

カナダの地形測量チームが、山中で氷結している地球外生命体らしき物を発見した。現地へ飛んだモルダーを迎えたのは、銃撃を受け壊滅状態のチーム。彼は守られた標本を本物だと証明するため奔走する。

Season5 エピソード

第1話 帰還 Part 1

スカリーが証言した遺体は、モルダーではなく別の男のものだった。2人はFBI内部に敵がいる可能性があると考え、罠を張ることに。スカリーがうその報告をして時間を稼ぎ、モルダーは国防総省に侵入を試みる。

第2話 帰還 Part 2

スカリーが癌の悪化により倒れてしまった。FBIはモルダーに、なぜスカリーがうそをついてまでモルダーの生存を隠したのかと問う。一方、モルダーはFBI内部に裏切り者がいると指摘するが、その証拠がなく…。

第3話 アンユージュアル・サスペクツ

1989年。若き日のFBI捜査官・モルダーが、ある倉庫内で錯乱した状態で発見される。その場にいたローン・ガンメンの3人は逮捕され、取り調べを受けることに。彼らは「国家の極秘実験」について語り始める。

第4話 迂回

フロリダの森林で行方不明者が多発する事件が発生。モルダーは地元の警察と捜査を開始する。やがて、行方不明者の1人であるアシモフの家に何者かが侵入したことが判明。それは赤い目をした生き物だったというが…。

第5話 プロメテウス

インディアナ州在住の主婦からモルダーに事件の捜査依頼が来た。白い煙で意識が遠のく中、醜い怪物が部屋に入ろうとするところを目撃したという。その後、意識を取り戻した彼女の妊娠が発覚し…。

第6話 クリスマス・キャロル

クリスマス休暇中のスカリーに奇妙な電話が掛かってくる。電話の主は、亡き姉・メリッサの声で「彼女はあなたを必要としている」と告げる。発信元がシム家と判明するも、スカリーとは何の面識もなく…。

第7話 エミリー

亡き姉・メリッサとそっくりな少女・エミリーの血縁関係を探るために実施されたDNA鑑定。その結果は思いがけない事実を立証することになった。またスカリーは、エミリーが何者かに狙われている事実を知り…。

第8話 狐狩り

モルダーに逮捕された殺人鬼・プッシャーが刑務所から脱獄した。彼を追訴した検察官の変死体が発見され、その周囲には「狐狩り」という日本語が書かれていた。事件の捜査陣はモルダーへの挑戦状だと推測する。

第9話 分裂

枯れ葉病に冒された果樹園で、農夫たちが次々と不審な死を遂げる。警察側は第一犠牲者の義理の息子・ボビーを容疑者と見ていたが、モルダーは遺体に残された形跡から思いがけない犯人の正体に気付く。

第10話 ドール

休暇中に立ち寄ったスーパーで、スカリーは店内の人々が顔中血まみれになっている異様な光景を目撃する。店内の防犯カメラには、町の住人から「魔女の親子」と呼ばれる未亡人・メリッサと娘・ポリーが映っていた。

第11話 キル・スイッチ

あるインターネットプログラマーが銃撃戦に巻き込まれ死亡した。モルダーとスカリーは、現場に残されたモバイルコンピューターを手掛かりに謎の女性を拘束する。しかしその瞬間、軍事衛星のミサイルが…。

第12話 吸血

テキサス州の田舎町で、観光客が失血死する事件が発生する。被害者の首筋に残る跡から、モルダーは吸血鬼の仕業だと判断。犯人と思われる牙を持つ少年を捕らえ、モルダーは彼の胸に杭を打ちつけるが…。

第13話 ペイシェント X

かつてスカリーがアブダクトされたスカイランド・マウンテンで、大量の焼死体が発見される。その全てにマイクロチップが埋め込まれていた。スカリーは同じアブダクト経験がある女性・ペイシェントXと接触する。

第14話 赤と黒

スカイランド・マウンテンに続き、ラスキン・ダムでも放火による大量殺害が起こる。現場に居合わせた力サンドラは行方不明になり、スカリーは辛うじて生還したものの、事件当時の記憶を失っていた。

第15話 旅人

1952年。獄中自殺を図ったはずの連邦局員に遭遇したFBI捜査官・デールは、彼の口から昆虫のような生物が這い出てくるのを目撃する。デールはこの事件を報告するが、上層部から報告書の改ざんを命令される。

第16話 マインド・アイ

ある麻薬密売人が刺殺され、現場にいた盲目の女性・マーティが逮捕される。彼女は犯人しか分からない現場の状況を詳しく供述してみせる。モルダーは、彼女には透視能力があり、それで犯行を目撃したと主張する。

第17話 万霊節

ある嵐の夜、重度の歩行障害を持つ少女が突然歩き出す。少女が祈るように手をかざした瞬間、全身に閃光を浴びて黒焦げになって死亡する。ほかにも同じような少女の死亡事故があり、2人は姉妹であることが判明する。

第18話 アンダーカバー

テロリストへの潜入捜査を敢行したFBIは、人を瞬時に腐乱させてしまう生物兵器を目の当たりにする。極秘潜入捜査の任務を命じられたモルダーは、テロリストのボスから信頼を得るため銀行強盗に加担することに。

第19話 幻妖

「社内にモンスターがいる」という通報を受けて調査に赴いたモルダー。そこでは、営業マンのゲイリーが社員を人質に立てこもっていた。彼は「上司が社員全員をゾンビにしようとしている」と主張するのだが…。

第20話 ジ・エンド

バンクーバーで行われたチェスの世界大会で、ロシアのプレイヤーが狙撃された。FBIは暗殺者の身柄を拘束、犯人は国家安全保障局の元職員だった。事件の担当にはジェフリー・スペンダー捜査官が任命される。

Season6 エピソード

第1話 ビギニング

Xファイル担当から外されてしまったモルダーとスカリー。見かねたスキナーは、ある事件のファイルをモルダーに渡す。アリゾナ州で起きた事件で、死体は内蔵を食い破られ何かが這い出た形跡があるという。

第2話 迷走

ハイウェイを暴走していた盗難車が捕らえられた。人質だった女性は無事救出されたが、その直後、側頭部が血しぶきと共に突然破裂する。一方、モルダーは逮捕を振り切ったカージャック犯の人質になってしまい…。

第3話 トライアングル

バミューダ三角地帯付近で難破し、海に放り出されたモルダー。幸いにもとある船の乗務員たちに助けられるが、どこかおかしい。自分を助けたのは、60年前に消息を絶った豪華客船、クイーン・アン号だと知る。

第4話 ドリームランド Part1

エリア51の職員から匿名の情報提供があり、現地へ向かうモルダーとスカリー。途中、突然軍の関係者に呼び止められる。2人が尋問を受けていると、頭上をUFOらしき物が通過する。するとモルダーに異変が…。

第5話 ドリームランド Part2

モリスと人格が入れ替わってしまったモルダー。スカリーは現地の情報提供者から墜落機のフライトレコーダーを入手し、ローン・ガンメンと分析を急ぐ。モルダーも元の体に戻ろうと懸命になるものの…。

第6話 クリスマス・イブの過ごし方

1917年のクリスマスイブに起きた心中事件以来、カップルが次々と死を選ぶ呪われた館があった。モルダーとスカリーは屋敷の内部に侵入。不気味な書庫で、2人は自分たちと同じ服装をしたミイラを発見する。

第7話 愛児

妊娠中のローラは、赤い悪魔が自分の胎児を連れ去る夢を見る。目覚めると、身体は血まみれになり、赤ん坊が本当に消えていた。モルダーの調査の結果、赤ん坊は焼死体で見つかり、ローラは警察に連行されてしまう。

第8話 レイン・キング

カンザス州の町・クロナーはひどい干ばつに見舞われていた。そんな中、農家相手に雨を降らせる商売をしている男、レイン・キングが現れる。モルダーは興味を示し、早速クロナーへ飛ぶことにするが…。

第9話 S.R.819

ボクシングのトレーニング中に倒れ、病院に運ばれたスキナー。目を覚ました彼の下に電話が入り、「お前にはあと24時間の命しかない」という死の宣告がなされた。スカリーは毒を盛られたのではと推測するが…。

第10話 ティトノス

犯罪現場写真家・フェリッグは、人の絶命の瞬間に駆け付け、その姿をカメラに収めていた。FBIニューヨーク支部のリターは、彼が殺人を犯し、警察に通報されてから写真を撮っているのではないかと疑う。

第11話 ファイト・ザ・フューチャー Part1

UFOに連れ去られたカサンドラ・スペンダーが発見される。だが、彼女はエイリアンと人間のハイブリッドの成功第1号として生まれ変わっていた。これを機に、予想もしない地球規模の危機が人類に襲い掛かる。

第12話 ファイト・ザ・フューチャー Part2

1973年10月。異星人・コロニストの地球侵攻計画を知ったアメリカ国務省は、交戦を避けるため人質を差し出した。それから25年が経ち、ハイブリッドの第1号・カサンドラが完成。事態は動き出そうとしていた。

第13話 アグア・マラ

デールズからの連絡を受け、モルダーたちはハリケーンに襲われているフロリダ州へ向かう。彼によれば、隣人が吸盤のある触手に襲われたという。だがその未知の生物は、モルダーたちにも襲い掛かろうとしていた。

第14話 月曜の朝

月曜の朝、モルダーは破裂したウォーターベッドによって水浸しの中で目覚める。その後銀行強盗に遭遇し、爆弾を抱えた犯人の自爆に巻き込まれてしまう。次の朝、モルダーはまた水浸しの部屋で目を覚まし…。

第15話 スイート・ホーム

新興住宅地・アルカディアでは、過去7年に3件の失踪事件が起きていた。モルダーとスカリーは、囮捜査のため夫婦を装って入居する。住人たちは皆親切だが、異常に細かく厳しい住民規則が存在していて…。

第16話 絶滅種

中国籍の貨物船で乗員2人が惨死体となって発見された。コンテナからアジア産の犬が逃亡していると分かり、モルダーたちは捜査を開始する。やがて街中で犬による襲撃事件が発生し、死亡者まで出る事態になる。

第17話 電界

ミシシッピ州の刑務所で独房に入れられていた凶悪犯、ピンカー・ラウルスが、激しい竜巻によって独房ごと姿を消してしまう。そして、彼に恨まれていた刑務所長が身体を真っ二つにされた死体となって発見される。

第18話 ミラグロ

傷跡を残さず心臓だけ摘出されるという連続殺人事件が発生。モルダーは、心霊術師が相手の体内に手を埋め込んで臓器を摘出する心霊手術を行ったと推測。浮かんできた容疑者は、モルダーにも意外な人物だった。

第19話 アンナチュラル

1974年。エックスリーという選手が黒人野球チームに属していた。彼はスター選手だったが、黒人であるために差別主義者から命を狙われていた。そこで、警察官・デールズが護衛をすることになったのだが…。

第20話 荒野の三人

ラスベガスで謎の秘密兵器会議を探っていたローン・ガンメン。彼らはカジノで、10年前に政府に誘拐された科学者・スザンヌを見掛ける。ローン・ガンメンは彼女を救うため、スカリーの助けを借りつつ動き出す。

第21話 トリップ

ハイキングに行ったカップルが、数日後に白骨死体となって発見された。モルダーは、発見現場が不思議な光が目撃されているブラウン・マウンテンであることから、異星人に関わる事件だと睨み現場へと向かう。

第22話 創世記

アフリカの海岸沿いで、謎の文字が彫られた奇妙な遺物が発見される。しかし、この遺物に関わっていた博士のうち1人は暗殺され、もう1人は行方不明になってしまう。捜査を任されたモルダーとスカリーだったが…。

Season7 エピソード

第1話 第六の絶滅 Part 1

突然モルダーを襲った脳の異常。その奇病の原因と謎のUFO型遺跡を調査するため、スカリーはアフリカ・コートジボワールに向かう。そこに記されていたのは、人類誕生の謎に関わる衝撃の事実だった。

第2話 第六の絶滅 Part 2

病室にシガレット・スモーキング・マンが現れた直後、母親のティナは意識が混濁したままのモルダーを退院させる。しかしその後、モルダーは姿を消してしまった。スカリーは必死になって捜索するが…。

第3話 ハングリー

深夜のハンバーガースタンドで、頭蓋骨から脳みそが吸い取られたようになくなっている変死体が発見される。同じ頃、人間になりすまし店員として働いている怪物・ロブは、人間の脳みそへの欲求を必死に抑えていた。

第4話 ミレニアム

1999年12月、元FBI捜査官の墓が暴かれ、死体が消える事件が起きた。モルダーとスカリーは、世界の破滅を目論むグループ・ミレニアムの陰謀を察知。元メンバーであるフランク・ブラックに協力を依頼する。

第5話 ラッシュ

ある高校生が保安官殺害の容疑を掛けられた。だが、彼の身辺を調査しても手掛かりは見つからず、さらに保管されていた重要証拠品まで消えてしまう。ところが、モルダーが保管室の防犯カメラをチェックしていると…。

第6話 ゴールドバーグ

ギャング相手のポーカーで大勝したヘンリー。だが、逆上した相手にビルの屋上から突き落とされてしまうが、運良く工事中の穴に落ちて助かった。彼は飛行機事故に遭って以来、幸運が重なるようになったという。

第7話 オリソン

終身刑を受けた婦女連続殺人犯・ファスターが刑務所から脱走した。モルダーは、かつてスカリーを誘拐したこともある男の脱獄状況に不審を抱く。刑務所で囚人の世話をする牧師が手助けをしたのではと考える。

第8話 偉大なるマリーニ

売れないマジシャン・マリーニは、ステージで一世一代の大マジックを見せると宣言。何と自分の首を360度回転させてみせた。ショーは盛況に終わるが、彼は車の中で首を転がり落とし、死亡してしまう。

第9話 神のお告げ

鍵の掛かった車の中で、大量の蛇に噛まれた無残な死体が発見される。だが、襲った蛇の痕跡は見当たらない。モルダーとスカリーは、被害者が所属していたカルト教団を捜査し、教祖が犯人だと確信するが…。

第10話 存在と時間 Part 1

アンバー・リンという少女が何者かに誘拐された。残されていたメモの筆跡から母親が容疑者として浮かび上がるが、本人にその記憶はないという。モルダーは13年前にも同じ事件が起きていることを突き止めるが…。

第11話 存在と時間 Part 2

アンバー・リン誘拐事件を捜査する中、多くの子供の遺体が発見された。全てエド・トルーラブが誘拐し、殺害した被害者だという。しかし、その中にはアンバー・リンの遺体もモルダーが捜すサマンサの遺体もなかった。

第12話 X-コップス

ロサンゼルス郊外の住宅地をパトロールする警官たちの一夜を、ドキュメンタリー番組の制作クルーが密着取材していた。通報を受けた彼らが逮捕した容疑者は、モンスターの捜査をしていたモルダーとスカリーだった。

第13話 ファースト・パーソン・シューター

限りなく現実に近い仮想体験ができるバーチャル戦闘ゲーム。その試作をしていたプログラマーが、ゲーム内のキャラクター・マトレイヤに殺された。モルダーとスカリーは事件解決のためゲームに参加することに。

第14話 呪い

著名な医師が自宅で首を吊って亡くなった。現場の壁には「Theef」と血文字で書かれている。ベッドの上に人の形をした泥が付着していたことから、モルダーは黒魔術が殺人に使われたと推理する。

第15話 旅

天使が首筋にチップを埋め込み、癌に冒された少年が一夜のうちに回復したという話を聞いたスカリーは、かつて自分が同じ体験をしたことを思い出す。そんな彼女の前にシガレット・スモーキング・マンが現れて…。

第16話 キメーラ

高級住宅地で不自由なく暮らしていた主婦が行方不明になる。捜査に当たったモルダーは、不気味なカラスが出現し鏡が割れたという証言を聞き、邪悪な存在が関与しているのではないかと推理する。

第17話 宿縁

スカリーが病院で偶然目にしたカルテ。それはかつての恋人の物だった。モルダーと別行動を取ったスカリーは、重度の心臓病でベッドに横たわる元恋人を見舞う。思い出を語り合ううちに、彼は衝撃の告白をする。

第18話 ブランドX

大手タバコメーカーの内部告発をしようとしていた研究員が、密室で不可解な死を遂げた。遺体の肺はタバコ虫の幼虫に食い荒らされており、その虫の卵がタバコの煙を媒体に人間の体内で繁殖することが判明する。

第19話 ハリウッドA.D.

モルダーとスカリーをモデルにしたスリラー映画が公開された。題材になったのは、映画公開の18カ月前に実際に起きた事件。巧妙な偽古文書を作り、自分をキリストの再来と信じる男を追うストーリーだった。

第20話 ファイト・クラブ

突然怒りに駆られた人々が殴り合いのけんかをする事件が続けて発生する。モルダーとスカリーは、瓜二つの2人の女性が関与していることを突き止める。何らかの精神感応が働いているとスカリーは推測するが…。

第21話 三つの願い

3つの願いを叶えられる魔神だという女性。だが最後の願いには不可解な死がつきまとう。願いを叶えた末に死んだ男を調査していたモルダーは、偶然にも魔神を発見し、彼女の次の「ご主人様」になってしまう。

第22話 レクイエム

7年前、UFOによる誘拐を経験したビリー・マイルズから連絡が入る。今度は父親が謎の失踪を遂げたと聞いたモルダーとスカリー。さらに、かつてエイリアンに誘拐された人々が再び行方不明になっていることを知る。

Season8 エピソード

第1話 サーチ・フォー・モルダー Part 1

スキナーの目前でモルダーがUFOに連れ去られてしまった。FBIは、モルダー失踪事件の原因究明と救出のために特捜チームを結成する。指揮官には、叩き上げの捜査官、ジョン・ドゲットが指名された。

第2話 サーチ・フォー・モルダー Part 2

超能力少年・ギブソンが、モルダーらしき人物に連れ去られる。その人物はドゲットに追い詰められ、崖から転落してしまった。スカリーは、彼はモルダーに変装したバウンディハンターだということに気付く。

第3話 爪痕〈つめあと〉

X-ファイル課に正式着任したドゲット捜査官。彼の初仕事は血まみれの連続殺人事件だった。捜査を進めるドゲットとスカリー。やがて、人間でも動物でもない生物による殺人事件の可能性が浮上する。

第4話 ロードランナー

ある荒野で若いバックパッカーの遺体が発見された。検死のため1人で現場に向かうスカリーは、地図にも載っていない小さな町に迷い込んでしまう。不気味な静寂に包まれた町に、スカリーは不安を覚える。

第5話 冥界の使者

7歳の時に失踪した少年・ビリーが、10年ぶりに生還した。だが彼の姿は失踪当時から全く成長していない。スカリーとドゲットは事情を聞き出そうとするが、ビリーは謎の記号を描くだけで何も語ろうとしない。

第6話 レッドラム

留置所で目覚めた判事は、自分が妻殺しの容疑者になっていることを知る。彼はその後、護送中に妻の父親に射殺されてしまう。そして、殺される前日の朝に再び目を覚ます。自分の時間が逆行していることに気付き…。

第7話 第三の目

ピッツバーグのカルト教団で、信者20人とその教団を張り込み中の捜査官2人が斧で額を割られて死亡した。事件後に姿を消した教団のリーダーに容疑が掛けられる。そんな中、ドゲットはそのリーダーの姿を目撃する。

第8話 透視

「あいつに殺される」と警察に助けを求めてきた男が、密室状態の留置場で何者かに射殺された。捜査線上に金銭トラブルのあったネズミ駆除業者が浮かび上がるが、どうしても殺害方法が特定できずにいた。

第9話 救済

廃棄物処理場に勤務していた男・レイが死亡した。葬儀後、生前彼と関わりのあった人間が立て続けに不審な死を遂げる。奇妙なことに、全ての事件現場にレイの指紋が残されていた。実はレイにはある秘密があり…。

第10話 バドラ

ボンベイ発ワシントン行きの飛行機を利用したビジネスマンが、チェックイン直後のホテルで変死した。スカリーの検死によれば、内臓が異常に損傷しており、死亡推定時刻はボンベイを出発する前のはずだという。

第11話 ギフト

モルダーが姿を消す直前、内密に捜査していた事件があることが発覚。ドゲットは、最後の目撃者である夫婦の家から3発の弾痕を発見。さらにモルダーの家に隠された拳銃から3発の弾丸が消えていることが分かる。

第12話 メデューサ

ボストンの地下鉄で、潜入捜査中の警官が死体で発見された。その死体は頭部が半分溶けた状態になっている。調査のために地下鉄を全面的にストップし、ドゲットと特別捜査チームがトンネルに入っていくと…。

第13話 受胎

医者に自分の妻を殺されたと訴える男がX-ファイル課を訪れる。男の妻はUFOに何度も誘拐され、人体実験を受けた結果妊娠し、出産直後に不審な死を遂げたのだという。スカリーは問題の病院に潜入するのだが…。

第14話 デッドアライブ Part 1

モルダーと同時期に誘拐された女性・テレサが瀕死の状態で病院に運び込まれた。スカリーとドゲットは現場であるモンタナへ向かい、モルダー発見に繋がるヒントを見出そうと必死の捜索を開始する。

第15話 デッドアライブ Part 2

ついにモルダーを発見するが、彼はすでに死亡していた。モルダーの葬儀から3カ月後、UFOに誘拐されていたビリーの腐乱死体が発見される。だが彼の身体は、まるで生きているかのような反応を見せて…。

第16話 パスワード

ホワイトハウスに侵入を試みた男が自殺した。彼は「アメリカはエイリアンに乗っ取られる!」と叫びながら、あるディスクを大統領に渡そうとしていたという。モルダーは事件の背後に巨大な陰謀を感じ取る。

第17話 秘密

リストラを宣告された社員が、雇い主を惨殺する事件が発生。現場検証に当たったモニカ・レイエス捜査官はある幻覚に襲われてしまう。それはドゲットの息子が殺害された時に見た幻覚とよく似たものだった。

第18話 到来

メキシコ湾に浮かぶ海底油田プラントで不可解な死亡事件が発生した。スカリーが検死を行ったところ、死因がブラックオイルの感染によるものだと判明。だがすでに、ブラックオイルはほぼ全員に感染していて…。

第19話 孤立

産休に入ったスカリーの代わりに、現場経験ゼロの女性捜査官がX-ファイル課に配属された。ドゲットは彼女と共にニューヨークの殺人事件現場に急行する。だが慣れないパートナーとの捜査は混乱を極め…。

第20話 誕生 Part 1

出産を目前にしたスカリーは、赤ん坊を心待ちにする人たちに囲まれながら穏やかに暮らしていた。しかし、彼女の出産を阻止しようとする闇の力が彼女に迫ってくる。モルダーは不穏な予感を察知し、調査を開始する。

第21話 誕生 Part 2

追っ手から逃れるため、ドゲットの生まれ故郷へと向かうスカリーとレイエス。かつて栄えていた町は、今はゴーストタウンと化していた。スカリーの出産が近づき、分娩できる場所を探すレイエスはある廃屋を見つける。

Season9 エピソード

第1話 リターン・トゥ・ウォーター Part 1

車が川へ転落したという新聞記事がXファイル課に届く。死んだ男が政府関係者と分かり、ドゲットとレイエスは捜査を開始。だが、カーシュ長官代理とフォーマー副長官から手を引くよう命令される。

第2話 リターン・トゥ・ウォーター Part 2

フォーマーに追い詰められたドゲットは、シャノンという謎の女性に助けられる。彼女は自分が不死身の無敵戦士であることを告げ、政府がこれまで行ってきた戦士の量産計画について明かすのだった。

第3話 ダイモニカス

人里離れた一軒家で老夫婦の奇妙な惨殺死体が見つかった。妻の腹部には生きた蛇が縫い込められ、何かの儀式を思わせるような遺体の配置だった。さらにラテン語で「悪魔」を意味する文字が残されていて…。

第4話 4-D

女性の喉を切り取る連続異常殺人犯を捜査中、ドゲットは銃撃を受けて病院に運ばれる。意識が戻っても半身不随は免れないようだ。自宅でその連絡を受けたレイエスは、ドゲットならここにいると言いだした。

第5話 蠅の王

身体を張ったジョーク映像の撮影中に男子高校生が変死した。検死によると、彼は内部に巣くっていたハエに脳みそが食い尽くされていたという。ハエを異常に興奮させる特殊なフェロモンが関係しているらしいのだが…。

第6話 トラスト・ノー・ワン

政府機関に所属するという謎の人物が、無敵戦士の情報を提供したいとFBIにコンタクトを取ってきた。モルダーと直接会うことが条件なのだが、彼をこれ以上傷つけたくないスカリーは受けるべきか悩む。

第7話 ジョン・ドー

見知らぬ廃屋で目覚めたドゲット。そこは荒れ果てたメキシコの田舎町だった。なぜここにいるのか前後の記憶が無く、それどころか名前すらも覚えていなかった。彼は身元不明人として警察に拘置されることに。

第8話 境界

元服役囚の男が、生きながら皮を剥がれるという残忍な手口で殺された。過去の類似事件を調べていたスカリーは、1960年代に迷宮入りしているファイルを発見。遺体の切断面が今回のものと一致することに気付く。

第9話 神託 Part1

不法入国した男が事故を起こした。彼が持っていた不思議な文字が並ぶ書類について、スカリーは意見を求められる。彼女は、2年前にアフリカで見つかったUFOの機体に描かれていた物と同じだと直感する。

第10話 神託 Part2

湾岸戦争時に目撃した無敵戦士を黙示録の精霊と思い込み、信奉する男がいた。カルト集団の教祖となった彼は、UFOとの交信を実現させる「奇跡の子」として、スカリーの息子・ウィリアムを誘拐する。

第11話 オードリー

レイエスが交通事故に遭い、回復が見込めない脳死状態になってしまう。ドゲットは入院前後の状況に不自然さを感じ、独自に調査を開始。ドゲットに疑われた医師は、隙を見てレイエスの生命維持装置を外そうとする。

第12話 化体

13年前にドゲットが逮捕した殺人犯・ファッスルがDNA判定の結果、無罪を勝ち取る。納得のいかないドゲットは、スカリーに再鑑定を依頼する。一方、ファッスルがいた刑務所では謎の殺人事件が起きていた。

第13話 数秘術

場末のカジノの近くで若い女性が殺害された。レイエスは被害者の生年月日に注目する。過去に起こった殺人事件で同じ生年月日を持つ女性が7人いることを突き止め、レイエスとスカリーは次のターゲットを察知する。

第14話 モンスター

ある女性が自分の腹を17回刺して絶命するという不可解な事件が発生した。ドゲットとレイエスは、残された息子が「お母さんは怪物に殺された」と言っていることを聞きつけ、父親と2人住まいの山荘へ赴く。

第15話 英雄に捧ぐ

ドゲットとレイエスは、ローン・ガンメンに無敵戦士の調査を依頼する。写真を見た彼らは、彼女がかつての仲間で、消息不明になっている天才ハッカー・イヴだと断言。真相を探るため、彼らは捜査を開始するのだが…。

第16話 ウィリアム

重度の火傷を負った男がX-ファイル課に侵入。ファイルを盗み出そうとするところをドゲットが取り押さえた。彼は自分を「エイリアンの人体実験の犠牲者だ」と主張し、鍵はモルダーからもらった物だと言う。

第17話 解放

ドゲットは、ある廃屋で壁に埋め込まれた女性の死体を発見する。スカリーの教え子で研修医のヘイズは、検死の際に驚異的な洞察力で殺害状況を分析。そして、犯人はドゲットの息子の殺害に関係していると断言する。

第18話 サンシャイン・デイズ

ある夜、民家に侵入した若者が変死した。状況から考えると、侵入した家の中から屋根を突き破って上空へのぼり、家の前に落下したことになる。スカリーの検死により、死体が放電現象を起こしていることが分かり…。

第19話 真実 Part 1

警戒の厳重な政府の地下施設に侵入したモルダー。彼はサーバーにアクセスして情報を得ようとするが、そこに無敵戦士のノエル・ローラーが現れ、格闘となる。ノエルを欄干から突き落とし、辛くも助かるが…。

第20話 真実 Part 2

モルダーを何とか軍部から取り戻そうとするスカリーたち。だが政府は彼の処刑を望んでいた。海兵隊基地を訪れたカーシュ長官代理は、サベグ将軍から脅され、モルダーを軍事裁判に掛けて有罪にしろと迫られる。

Season10 「X-ファイル 2016」エピソード

第1話 闘争 Part 1

動画ニュースサイトを運営しながら、キャスターも務める保守派の陰謀論者、タッド・オマリーがモルダーとスカリーに協力を求めてきた。2人は彼の案内で、異星人に誘拐されたことがあるという女性を訪ねる。

第2話 変異

遺伝子研究の博士が、他人には聞こえない音を聞いた直後に自殺。その手の平には、「創始者の変異」と文字が書かれていた。モルダーとスカリーは博士の部屋で遺伝子疾患による形態異常の子供たちの写真を見つける。

第3話 トカゲ男の憂鬱

人生に迷いを感じ始めたモルダー。そんな時、動物管理局職員が怪物に襲われる事件が発生。現場にはそのほかにも複数の遺体があった。捜査を進める中でモルダーは、ガイ・マンという男と出会い…。

第4話 バンドエイド・ノーズ・マン

ホームレスの強制収容計画を進める住宅都市開発省の職員が惨殺される事件が発生し、モルダーとスカリーが捜査にあたる。ところがそこへ、スカリーの母が危篤との連絡が入ったため、彼女は病院へ向かう。

第5話 バビロン

美術館で自爆テロが起きたが、瀕死の爆破犯から情報を聞き出せれば連続テロを防げると考えた担当捜査官のミラー。モルダーならその方法を知っていると思い、相棒のアインシュタインと共にXファイル課を訪ねる。

第6話 闘争 Part 2

タッド・オマリーがニュース配信を再開し、異星人のDNAに関する陰謀を告発した直後、モルダーが失踪。病院には、あらゆる感染症の患者が溢れ始める。治療法を探っているスカリーの元にある電話が入る。

Season11 「X-ファイル 2018」エピソード

第1話 

スカリーが発作を起こして倒れ、病院に運ばれた。検査の結果、脳が異常な活動を示していることが判明。意識を取り戻した彼女はモルダーに、リアルな幻覚を見たと話す。

第2話 

死んだはずのローンガンマンのラングリーから、モルダーの携帯にメッセージが届く。その直後、謎の組織の男たちに襲撃され、モルダーとスカリーは追われる身となる。

第3話 

自分に瓜二つの人物を見た直後に不可解な死を遂げる事件が多発。捜査に向かった先でモルダーとスカリーは、テレパシーを使ってゲームをするという奇妙な双子の兄妹に会う。

第4話 

秘密の合図で呼び出され、モルダーは駐車場へ。そこで待っていたレジーと名乗る挙動不審な男は、モルダーが自分を覚えていないのは記憶を書き換えられたからだと告げる。

第5話 

2人の女子高生が互いに刃物で切りつけ合う事件が発生。しかし彼女たちは互いに相手の姿を見た覚えすらなく、“グーリー”という怪物に襲われたため反撃しただけだという。

第6話 

スキナーが突然失踪し、モルダーとスカリーは手がかりを追ってある田舎町へ。そこにあったのは、ベトナム戦争で精神を病んだ帰還兵が多数、収容されたという施設だった。

第7話 

レストランの予約から配車サービスの手配、自宅のセキュリティ、買い物まで、何もかもスマートフォンでタップひとつの現代社会。しかしデジタル機器は次第に暴走を始める。

第8話 

魔女伝説が残るコネティカット州の小さな町。公園で遊んでいた幼い男の子が、母親が目を離した隙にいなくなり、森で遺体で見つかった。警察は動物に襲われたと断定するが…。

第9話 

違法な臓器摘出を行っていた医師が殺害され、病院前に臓器が置き去りにされた。容器に書かれていた聖書の文句と凶器から、モルダーはキリスト教信者の関与を疑う。

第10話 

ウィリアムの居場所を告げる連絡が入り、モルダーが急行。スカリーはスキナーに助けを求めるも、人類滅亡の危機をネットニュースで警告したことで、課の閉鎖を宣告される。


U-NEXT
The X files Xファイル

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus