名探偵ポワロ

poirot

シーズン数13
IMDbスコア8.6/10
ジャンル ミステリー
主要出演者デヴィッド・スーシェ ヒュー・フレイザー フィリップ・ジャクソン
配信中サービス  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

アガサ・クリスティー原作を忠実にドラマ化。ベルギーの元警察官という経歴を持つ名探偵、エルキュール・ポワロが、アーサー・ヘイスティングス大尉、ジェームス・ハロルド・ジャップ警部、秘書のミス・レモンらと共に、“灰色の脳細胞”をフル回転させて難事件を解き明かしていくシリーズ。

名探偵ポワロの感想

シーズン1からシーズン13の最終シーズンまで約25年間続いた名作ドラマです。原作に最も近いと言われているポワロをデヴィッド・スーシェが演じており、彼でなくてはこれほど長く続かなかったのではないでしょうか。吹き替え版を昔テレビ放送していたときに見て、ポワロが連発する「モナミ」が印象に残っています。これは”mon ami”(わが友)というフランス語であり、字幕版をよく聞いていると「モナミ」だけでなく「My friend」もよく使っています。ポワロは几帳面で細かくプライドはかなり高いのですが、聞き込みをする際は小間使いの女性に対しても丁寧に紳士的に接します。他のキャラクターとの会話も楽しく、ヘイスティングス大尉がポワロの推理についていけずに「?」となるのは視聴者の気持ちを表しているとも言えるでしょう。初期のシーズンはやはり作りが昔っぽく、挿入される音楽がちょっと大げさかなと思うときもありますが、短編なので気軽に楽しむことができます。後期になると有名なオリエント急行殺人事件など、長編が多くなるので非常に見応えがあります。シーズン13の最終話は文字通りポワロの最後の事件であり、ポワロとヘイスティングスがかなり年を取ったなと感じます。その内容の是非はともかく、シーズン1から楽しんできた人はポワロの最後の言葉にウルッときてしまうのではないでしょうか。このような名作の全シーズンを気軽に観られるようになるとはいい時代ですね。是非、シーズンの移り変わりを楽しんで観てほしいと思います。

名探偵ポワロを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
 

予告編(英語)

Season1 エピソード

第1話 コックを捜せ

国家の一大事でもなければ捜査を請け負わないポワロだが、トッド夫人の依頼を受け、失踪した炊事婦イライザの捜査をすることになる。

第2話 ミューズ街の殺人

花火が打ち上がるガイ・フォークスの夜、喧騒に包まれたミューズ街で、若い女性、ミセス・アレンが亡くなった。

第3話 ジョニー・ウェイバリー誘拐事件

地方の大地主マーカス・ウェイバリーが、ポワロのところへ相談に訪れる。5万ポンドを支払わないと、翌日息子を誘拐するという脅迫状を受け取ったと言うのだ。

第4話 24羽の黒つぐみ

エルキュール・ポワロが扱う事件は、全部が全部、依頼されたものとは限らない。ロンドンのお気に入りのレストランで食事をしている時、ポワロは、ある馴染みの客の話を聞いて興味をそそられる。

第5話 4階の部屋

夜遅くアパート内で物音が聞こえた。それは、ポワロの部屋の下の階に住むパトリシアの婚約者ドノバンと友人のジミーが荷物用エレベーターを使う音だった。

第6話 砂に書かれた三角形

ポワロはギリシャのロードス島で休暇を過ごしていた。だがポワロの予想通り、休暇先でも殺人事件から逃れることはできないようだ。

第7話 海上の悲劇

ポワロはヘイスティングスと船旅を楽しんでいた。船の乗客たちは、同乗しているクラパトン夫妻の関係に注目していた。金持ちの妻が夫に横柄な態度を取り続けているのだ。

第8話 なぞの盗難事件

戦争が間近に迫っていた。ポワロは、ある週末、新型戦闘機を開発している実業家の邸へ招かれた。夜になり、彼の書斎から、戦闘機の重要な設計図が盗まれる。

第9話 クラブのキング

ポワロは映画にはあまり興味がないが、映画スターとなると話は別だ。映画スタジオにヘイスティングスと共に見学に訪れたポワロは、プロデューサーのリードバンの横暴な振る舞いを目の当たりにする。

第10話 夢

パイ工場の経営者ベネディクト・ファーリーから一通の手紙を受け取ったポワロは、彼の家を訪ねる。ファーリーの相談とは、自分が自殺する不可解な夢のことだった。

Season2 エピソード

第1話 エンドハウスの怪事件

ポワロとヘイスティングスは、南イングランドのセント・ルーで休暇を過ごしていた。そこで2人は、ホテルの近くの大邸宅に住む美女ニックと知り合いになる。

第2話 ベールをかけた女

ポワロたちが、最近起きた宝石泥棒の話をしていると、伯爵令嬢のミリセントがある捜査の依頼をしにやってくる。

第3話 消えた廃坑

ロンドン・シャンハイ銀行の頭取は、銀の鉱山の所在を示す地図を売りにくる中国人、ウー・リンを待っていたが、やって来たのは別人であった。

第4話 コーンワルの毒殺事件

裕福な歯科医夫人が、夫に殺されそうだとポワロのもとへやって来る。翌日、ポワロはコーンワルにある夫人の家を訪ねるが、既に夫人は殺されていた。

第5話 ダベンハイム失そう事件

著名な銀行家で金融業者のダベンハイム氏が、ある日突然、自宅から姿を消した。ポワロは、ジャップ警部と共にダベンハイム氏の行方を推理することになる。

第6話 二重の罪

北部の海辺の町ウィットコムで休暇を過ごしていたポワロは、バス旅行をすることにした。そしてバスの中でメアリ・ダラントと親しくなる。

第7話 安いマンションの事件

ポワロは、ジャップ警部から、スパイ事件の捜査でFBI捜査官のバートがロンドンへ来ると知らされる。

第8話 誘拐された総理大臣

国際連盟の軍縮会議に向かったイギリスの首相がフランスで誘拐され、ポワロは政府高官から相談を受ける。

第9話 西洋の星の盗難事件

ベルギーの人気映画スター、マリー・マーベルは、ポワロに「ダイヤを返せ」と要求する脅迫状を見せる。

Season3 エピソード

第1話 スタイルズ荘の怪事件

戦傷を癒そうと、旧友カベンディッシュの母エミリーの屋敷であるスタイルズ荘を訪れたヘイスティングスは、到着早々、事件に巻き込まれる。

第2話 あなたの庭はどんな庭?

サリーに住む車椅子の老婦人アメリア・バロウビーから助けを求める手紙を受け取ったポワロは、ミス・レモンと共にサリーに赴く。

第3話 100万ドル債券盗難事件

ロンドン・スコティッシュ銀行がニューヨークへ百万ドルの米国債を運ぶことになり、ポワロに同行を依頼する。

第4話 プリマス行き急行列車

プリマス行き急行列車の座席の下から心臓を突き刺された女性の死体が発見される。刺殺された女性は、オーストラリア人の実業家の一人娘フロレンスだった。

第5話 スズメバチの巣

ポワロは、旧友の息子である哲学書の著述家ハリスンの家に招かれる。 庭でスズメバチに刺される。薬局に寄ったポワロは、そこで劇薬を購入した人物の名前を目にして驚く。

第6話 マースドン荘の惨劇

に高額保険をかけたばかりのマルトラバースが、口の中を血でいっぱいにして急死した。死因は内出血だが、庭には、死者が引きずられてきた痕跡が残されていた。

第7話 二重の手がかり

ジャップ警部が上流社会で起きている連続強盗事件のことを相談しようとポワロを訪ねてくる。宝石収集家のガーデン・パーティーで手袋をした何者かが金庫からエメラルドのネックレスを盗み出した。

第8話 スペイン櫃(ひつ)の秘密

ポワロはレディ・チャタートンから、友人のマーゲリートが嫉妬深い彼女の夫エドワードに命を狙われていると知らされる。

第9話 盗まれたロイヤル・ルビー

ある外国の王子が由緒ある高価なルビーを女性に騙し取られた。ファルーク王子はエジプトの王位継承者で、ポワロは、国家のためと説き伏せられ、ルビーの捜査依頼を引き受ける。

第10話 戦勝舞踏会事件

ポワロは、ヘイスティングスに誘われて戦勝舞踏会に出かける。晩餐の後、女優のココと骨董陶磁器の収集家、クロンショーが争いながら食堂から出てくる。

第11話 猟人荘の怪事件

ロジャーは、叔父のハリントン・ペイスの敷地で行うライチョウ狩りにヘイスティングスを招き、それにポワロも同行することになる。

Season4 エピソード

第1話 ABC殺人事件

ポワロのもとに送られてきた挑戦状「今月の21日、アンドーバーを警戒されたし」の予告どおり、殺人は起こった。アッシャーという頭文字がAの老婆が撲殺されたのだ。

第2話 雲をつかむ死

パリのリッツ・ホテルに滞在中のポワロは、フレンチ・オープン・テニスの観客席で、スチュワーデスのジェーンと歯科医のノーマンと隣り合う。

第3話 愛国殺人

ポワロが通院している歯科医が、突然、自殺したという。続いて彼の患者の1人だったギリシャ人も死亡する。いずれも自殺と伝えられるが、ポワロには納得がいかない。

Season5 エピソード

第1話 エジプト墳墓のなぞ

著名な考古学者ジョン・ウィラード卿の探検隊が、エジプトの王家の谷でメンハーラ王の墓を発見する。ところが、王の埋葬室の扉を開けた直後、卿は心臓麻痺で急死する。

第2話 負け犬

ヘイスティングスが友人のチャールズからゴルフに招かれ、ポワロも同行。ポワロの目的はチャールズの叔父で、アストウェル化学社、社長のルーベンが持っているミニチュア・ブロンズのコレクション。

第3話 黄色いアイリス

ヘイスティングスは、ポワロにフランス料理の新しいレストランがオープンすることを知らせる。ポワロは、そのレストランの名に聞き覚えがあった。

第4話 なぞの遺言書

健康が優れないアンドルー・マーシュは、10年前に作成した遺言の内容を変更するとポワロに告げる。アンドルーの古い友人の息子夫婦であるシダウェイ夫妻をはじめとした何人かに小額を遺していた。

第5話 イタリア貴族殺害事件

ポワロは友人の医師の家で食事をしていた。そこへフォスカティーニ伯爵と名乗る人物から助けを求める電話が入る。医師とポワロとヘイスティングスがフォスカティーニのアパートへ駆けつけると…。

第6話 チョコレートの箱

ポワロは、ベルギーで叙勲されるジャップ警部に伴い、ブリュッセルを訪れる。今は、警視総監になった旧友のシャンタリエと再会したポワロは、20年前の事件を思い出す。

第7話 死人の鏡

ポワロは、オークションで手に入れたかったアールデコの鏡を競り落としたジャベイス・シェブニックスに、詐欺の調査を依頼され、彼の屋敷へ向かう。

第8話 グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件

ポワロは、医師に静養を勧められ、ヘイスティングスと共にブライトンを訪れる。グランド・メトロポリタン・ホテルに到着したポワロたち。

Season6 エピソード

第1話 ポワロのクリスマス

ポワロはシメオン・リーという人物から自分の館に来てクリスマスを過ごし、自分の命を守ってもらいたいとの依頼を受ける。シメオンの館には、長男アルフレッドとその妻リディア。

第2話 ヒッコリー・ロードの殺人

ミス・レモンの姉ハバード夫人が管理するヒッコリー・ロードの学生寮では、様々な物が次々になくなっていた。スカーフ、ホウ酸、電球、聴診器、くつ片方、指輪など。

第3話 ゴルフ場殺人事件

ノルマンディーにあるリゾート地、ドービルに滞在していたポワロとヘイスティングスは、ある事業家の殺人事件を手がけることになる。

第4話 もの言えぬ証人

ポワロは、ヘイスティングスの友人チャールズが、湖でボートのスピード記録に挑戦するというので、ウィンダミアを訪れる。ところが、チャールズの叔母でリトルグリーン荘の女主人エミリーが殺された。

Season7 エピソード

第1話 アクロイド殺人事件

引退したポワロは、イギリスの片田舎に居を構え、隣人のドクター・シェパードと親しくなるなど、静かな生活を楽しんでいた。しかし、平穏な日々は長くは続かなかった。

第2話 エッジウェア卿の死

引退を取りやめ、ロンドンに戻ったポワロは有名な女優ジェーン・ウィルキンソンから、夫のエッジウェア卿とできるだけ早く離婚したいのでその交渉をしてほしいと依頼される。

Season8 エピソード

第1話 白昼の悪魔

南海岸のリゾート・ホテルで静養中のポワロは、美しい新妻アレーナが海岸で悲惨な死を遂げる事件と遭遇する。

第2話 メソポタミア殺人事件

旧知の伯爵夫人の要請で中東を訪れたポワロ。その最中、遺跡発掘調査を行う有名な考古学者の妻が殺害された。

Season9 エピソード

第1話 五匹の子豚

美しく成長した娘ルーシー・クレイル。彼女が幼き折に死んだ母親キャロラインは、夫アミアスを殺した罪で死刑に処されていた。

第2話 杉の柩

義理のいとこロディと婚約し、幸せの絶頂にあったエリノアのもとに、叔母であるウェルマン夫人の死を予告する怪しい手紙が届く。

第3話 ナイルに死す

英国屈指の富豪リネットは、友人のジャクリーンから彼女の婚約者であるサイモンを略奪し、結婚した。

第4話 ホロー荘の殺人

週末を過ごしに田舎へとやって来たポワロは、旧知のサー・ヘンリー・アンカテルが住むホロー荘へ招かれる。そこにはアンカテル家の親類が集まっていた。

Season10 エピソード

第1話 青列車の秘密

ポワロは、思いもよらぬ遺産を手にしたばかりの女性キャサリンと知り合う。偶然にも2人は、同じニース行きのブルー・トレインに乗る予定だった。

第2話 ひらいたトランプ

ポワロと作家のミセス・オリヴァーは、犯罪芸術をコレクションしているという謎の男シェイタナからディナーに招かれた。食後のブリッジを楽しんだポワロたちが…。

第3話 葬儀を終えて

リチャード・アバネシーの葬儀の後、彼の遺言が発表された。全てを相続すると思われていた甥のジョージが相続人から外された事に親類一同は驚きを隠せず…。

第4話 満潮に乗って

大富豪ゴードン・クロードが爆発事故で亡くなって2年。クロード家の財産は、事故の奇跡的な生還者で、財産を相続した妻ロザリーンの兄デビッドに厳しく管理されており…。

Season11 エピソード

第1話 マギンティ夫人は死んだ

ポワロを訪ねて来たスペンス警視が、彼が担当し、既に判決も出ている「マギンティ夫人殺人事件」の再調査を依頼してきた。被告が犯人だと思えないというのだ。

第2話 鳩のなかの猫

名門女子学園を訪れたポワロは、旧知の校長から「後継者として教職員の誰が適任か」を観察して欲しいと頼まれて、しばらく学園に滞在することになった。

第3話 第三の女

人を殺したかも知れない―ある朝、ひとりの女性がポワロを訪ね、そう言い残し去っていた。彼女は、作家のオリヴァ夫人の家の下の部屋をルームシェアして住んでいるノーマだった。

第4話 死との約束

ポワロは、ボイントン卿のシリアの遺跡発掘現場を訪れた。そこには遺跡の見学者に加え、卿の再婚した妻とその子供たちや卿の息子も顔を揃えていた。

Season12 エピソード

第1話 複数の時計

ある夜、表向きは海軍大尉でありつつ実は秘密情報機関MI6に所属している旧友の息子コリンがポワロを訪ねてきた。

第2話 三幕の殺人

ポワロは友人の元俳優チャールズが開いたパーティに招かれる。その席上で老牧師がカクテルを飲んだ直後に急死するも、ポワロは病死と判断する。

第3話 ハロウィーン・パーティ

田舎町のロウィーナ・ドレイク邸でハロウィーン・パーティーが開かれ、隣人たちが集まっていた。客のなかにはポワロの友人オリヴァ夫人の姿もあった。

第4話 オリエント急行の殺人

中東での仕事を終えたポワロは、イスタンブール発のオリエント急行に乗りイギリスへの帰途につく。一等車両にはポワロの他、国籍も職業も様々な人々が乗り合わせ、季節外れの満席となっていた。

Season13 エピソード

第1話 象は忘れない

1938年、オリヴァ夫人は推理作家大賞を受賞。その会場で彼女はバートンコックスという女性から話を持ちかけられる。それは13年前のレーヴンズクロフト夫妻の心中事件の真相を夫妻の娘から聞き出すことだった。

第2話 ビッグ・フォー

ヘイスティングス、ミス・レモンのもとにポワロ死亡の知らせが届く。手配したのは警視監に昇進したばかりのジャップ。その頃、世界戦争をたくらむ国際的な秘密結社、ビッグ・フォーが世間を賑わせていた。

第3話 死者のあやまち

ポワロのもとに「ナス屋敷に来られたし」というオリヴァ夫人からの電報が届く。駆けつけたポワロにオリヴァは、屋敷の主であるジョージ卿による祭りの出し物・殺人推理ゲームの台本の制作を依頼されていた。

第4話 ヘラクレスの難業

大富豪ル・メスリエの邸宅でパーティが開かれていたが、その裏では、殺人鬼・マラスコーに対するおとり捜査が進行していた。だが、厳重な警戒態勢のなか、ル・メスリエの令嬢が無残な姿で見つかる。

第5話 カーテン~ポワロ最後の事件~

かつて殺人事件の舞台となったスタイルズ荘はラトレル夫妻が経営するゲストハウスとなっていた。ヘイスティングスは親友・ポワロから招かれ、屋敷を訪れる。すると、ポワロは見違えるほど痩せ衰えていた。


U-NEXT
POIROT 名探偵 ポアロ

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

 
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus