キリング/26日間

the-killing

シーズン数4
IMDbスコア8.2/10
ジャンル 犯罪, サスペンス
主要出演者ミレイユ・イーノス ジョエル・キナマン ビリー・キャンベル
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

デンマーク史上最高視聴率を記録し、ヨーロッパ諸国でも大ヒットした『THE KILLING/ザ・キリング』を、舞台をシアトルに移しリメイクしたのが『キリング/26日間』だ。舞台は雨の多いシアトル。失踪した17歳の少女ロージー・ラーセンが遺体で発見された事から物語は進んでいく。一見ありふれた殺人事件のように思えたが、捜査が進むに連れ政治家や警察関係者、被害者遺族や友人たちをも巻き込み、複雑な人間模様が浮かび上がってくる。誰が犯人なのか全く読めない刺激的なストーリーで高度なエンターテインメント性を保ちながら、同時に深い人間ドラマも描き出し、見る者を惹きこんでいく。

キリング/26日間の感想

ドラマは17歳のロージーの死体発見から話が始まる。シアトルのどんよりとした天気がドラマの重々しさを強調していく。ロージー殺しの犯人を捜しながら、なぜロージーが事件に巻き込まれたのかを調べていくと色々な過去がでてくる。「24」のように1話=1時間ではなく、このドラマは1日=1話で話が構成されている。つまり26日=26話のシーズン構成になっている。NETFLIXでは1シーズンは13話(13日)でシーズン1と2で26話(26日)が完結する。刑事役のジョエル・キナマンは「キリング」では少しとがった役だったが、「オルタード・カーボン」では肉体派の戦士役をこなしている。

キリング/26日間を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編(英語)


The Killing – Season 1-3 | Series Trailer | Netflix – YouTube

Season1 エピソード

第1話 消えた美少女

結婚退職を控えたシアトル警察の殺人課刑事サラ・リンデンは、その最終出勤日に森林公園で血痕のついた女性もののセーターが発見された事件を後任のホールダーと共に担当する。現場に落ちていたカードの名義人スタン・ラーセンの家を訪ねると、17歳の娘ロージーが行方不明になっている事が発覚する。その頃、ロージーが通っていた高校では、市長選に立候補していた市会議員のリッチモンドと現職市長との討論会が行われようとしていた。事態を重く見たリッチモンドは討論会の中止を決断する。再び現場に戻ったリンデンたちが湖の捜索をすると……。

第2話 リアル・パーティー

湖に沈んでいた車から遺体が発見され、ロージーだと断定される。上司から1日だけ退職を延期して捜査をするよう命じられたリンデンは、車がリッチモンドの選挙カーだったため、彼から話を聞くがロージーとの関係は見いだせない。同席した選挙参謀のジェイミーとグウェンは事件を選挙に利用しようと画策する。その頃、スタンとミッチはロージーの死を幼い弟たちに伝えようとしていた。捜査が難航する中、ホールダーはある方法で生徒たちのたまり場となっている地下室について聞き出す事に成功。単独乗り込んだホールダーはそこで衝撃的な証拠を発見する。

第3話 仮面の中の悪魔

ロージーの事件についてマスコミに嗅ぎつけられてしまったリッチモンド。一気に不利になった彼は選挙スタッフの誰かが情報をリークしたのではないかと疑う。マスコミが大騒ぎする中、ロージーの死から立ち直れないミッチは家事も放棄して伏せっていた。そんな妻の様子にスタンは自身の苦しみを抑えて残された家族をまとめようと孤軍奮闘する。一方、事件の指揮を任され再び退職が延期されたリンデンは、婚約者との関係にも影が差し始める。そんな中、彼女はホールダーと共に地下室の鍵を持っていた学校の用務員に話を聞こうとするが……。

第4話 無音のこだま

ロージーの幼馴染みのクリスと元恋人のジャスパーが、地下室で失踪前の彼女と一緒にいた事が発覚。警察は2人を連行するが、彼らは犯行を否認。直後、ロージーの親友スターリングから彼女が学校を抜け出しどこかに行っていたと聞いたホールダーは、ロージーの行先を突き止める。リンデンはロージーの部屋を再捜索し、新たな手掛かりを発見。一方、事件の影響で支持率が急落したリッチモンドは対立候補のアダムズを蹴落とすための策を考えるが、資金繰りに難航していた。そんな時、リッチモンドに情報漏えいを疑われたジェイミーはアダムズに接近する。

第5話 フィルムの中の謎

ロージーが担任教師アフメッドと校外で頻繁に会っていた事が判明。彼は容疑を否認し、彼女が撮影したあるフィルムを提供するが、アリバイに嘘がある事が分かる。そんな中、リンデンはホールダーの不審な行動が気にかかる。事件の影響はスタンの仕事にまで及び、ついにスタンは自ら犯人を捜す事を決意する。リッチモンドは選挙のためにミッチに接近するが、彼女の憔悴しきった様子に話を切り出せなかった。その頃密かにリッチモンドに不利な情報をリークした人物を探していたジェイミーは、意外な者が裏で動いていた事を突き止める。

第6話 容疑者

ロージーが殺害された夜に彼女がアフメッド宅を訪れていたとの目撃証言を得たリンデンとホールダーは彼を取り調べるが、アフメッドは忘れていただけだと言い、彼女は本を返してすぐに帰ったと証言する。高校の校長からアフメッドに容疑がかけられていると聞いたリッチモンドは、彼が起死回生のCMに起用した教育プログラムのメンバーだと分かり動揺する。ロージーの葬儀の日を決めたスタンとミッチは、彼女の想い出を語るうち、些細な事から口論してしまう。そんな夫婦の様子をミッチの妹テリーやスタンの部下ベルコは心配するが……。

第7話 弱き者

ベルコからアフメッドが容疑者だと聞いたスタンは、彼を人気のない場所に連れ出す。事態を察知したリンデンはアフメッド宅に向かい、彼の妻からモハメッドという男が出入りしていた事を聞き出す。スタンが思いとどまったためアフメッドは無事帰宅するが、彼の容疑を固めるため、リンデンとホールダーはモハメッドが出入りしていたというモスクに向かう。そこで何者かから住所が書かれたメモを渡された2人は、その場所で思いがけないものと遭遇する。一方、アダムズ陣営からアフメッドの事を暴露されたリッチモンドは窮地に陥っていた。

第8話 捜査妨害

FBIの捜査現場に令状なしで踏み込んでしまったリンデンたち。現場への立ち入りを禁止されてしまったリンデンは、FBIの隙を突いて遺留品の写真を撮ると、ミッチからそれがロージーのものだと確証を得る。TVで殺人容疑だけでなくテロリスト疑惑まで示唆されたアフメッドは校長から休職を勧告されてしまう。捜査情報がリークされている事を危惧したリンデンは、不審な行動を続けるホールダーに疑惑の目を向ける。リッチモンドはアダムズに対するネガティブ・キャンペーンを展開するため彼の弱みを探り出し、あるスキャンダラスな情報を入手する。

第9話 大きな過ち

FBIのテロ捜査が絡んだ事もあり、思うように捜査が進められない事に苛立つリンデン。ホールダーはアフメッドの電話に盗聴器を仕掛け、突破口を開こうとする。盗聴によってモハメッドが出国する情報を得たホールダーは知り合いの判事から令状を取ろうとするが、違法な捜査を咎められ認めてもらえない。一方、アダムズの愛人をリークしたリッチモンドだったが、彼からの反撃によって更なる窮地に立たされる。その頃ミッチもまた、容疑者のアフメッドがなかなか逮捕されない事に怒りを募らせ、そんな彼女の様子にスタンも追い込まれていく。

第10話 新たな容疑者

追い詰められたスタンに暴行されたアフメッドは意識不明の重体に。スタンは大人しく自首してくる。モハメッドの証言で、アフメッドの行動に不審な点があったのは12歳の少女を助けようとしていたためだったと判明し、捜査は振り出しに戻ってしまう。リンデンからアフメッドへの容疑が解消されたと報告を受けたリッチモンドは形勢逆転。本格的にアダムズ陣営に反撃していく。やがてタクシーの防犯カメラの映像からロージーが殺害当夜、一度家に帰宅していた事が判明。家族以外で唯一鍵を持っていたベルコを問いただすと、彼はその夜の真実を告白する。

第11話 心当たりの場所

ロージーが失踪時、フェリーに乗ったと確信したリンデン。対岸にある先住民族の島のカジノにはロージーのキーホルダーと同じマークがあった。リンデンはマネージャーで部族のチーフでもあるジャクソンに協力を要請するが、居留地である事を盾にあっさりと追い帰されてしまう。私生活では捜査に没頭するあまり、婚約者のリックととうとう破局してしまったリンデン。そんな状態に13歳の息子ジャックの行動も不安定になっていた。彼が3日も学校をサボっていた事を知ったリンデンは、ホールダーと共に1日中ジャックの行方を探して街中を奔走する。

第12話 ボー・ソレイユ

リンデンが手配したカジノの外に設置されていたATMの防犯カメラの映像を調べていたホールダーは、そこにロージーの姿を発見する。彼女は叔母テリー名義の口座に大金を預金していた。その頃、アダムズが主導していた再開発地域で人骨が発見され、選挙はリッチモンド有利に大きく傾く。やがてリンデンたちはカジノにボー・ソレイユという高級デートクラブが存在し、オルフェウスという暴力的な客がいた事、そしてその男がロージーの殺害された日にアカウントを閉じていた事を突き止める。男のメールアドレスを入手したリンデンは、意外な場所で男の正体を知る事に……

第13話 黄泉の国

リンデンが送ったオルフェウス宛のメールはリッチモンドに届いていた。ホールダーも別ルートから彼がオルフェウスだと突き止める。だが市長候補を逮捕するのは容易ではなく、リンデンたちは彼のアリバイを崩すために当日の行動を検証し直す。同じ頃、彼の過去の女性関係が大々的に報道され、選挙参謀で恋人でもあったグウェンは必死に動揺を隠していた。一方、保釈されたスタンは行き場もなく車で寝起きし、娘の死から立ち直れないミッチはある決意を胸に秘めていた。そしてついにリンデンはリッチモンドに自白させようと彼の元に向かう。

Season2 エピソード

第1話 決意

別れた婚約者リックの元に向かう途中、リッチモンド逮捕の決定的な証拠となった写真が偽造だと気付いたリンデンは、結局飛行機を降りてしまう。上司に写真の偽造を報告したリンデンは、偽造写真を提出したホールダーと距離を置きながら真相を探り始める。リッチモンドはベルコに銃撃され重体に。彼は犯行前に自分の母親も殺害し、完全に心のバランスを失っていた。ミッチが家を出ていったラーセン家ではベルコの犯行が報道され衝撃が走る。ホールダーは急によそよそしくなったリンデンに疑問を覚えながらも、一人ベルコの取り調べを進めるが……。

第2話 挑発

ラーセン家の玄関前に何者かが血の付いたロージーのリュックを置いていく。真犯人は別にいると感じたスタンは子供たちの安全のために警察に警備を依頼するが、まともに取り合ってもらえない。ベルコが自殺した事を知ったスタンは警察に対する怒りを募らせる。一方、ホールダーの郡警察時代の上司スローンがアダムズ陣営のスタッフと繋がっていた事を突き止めたリンデンは、再びグウェンから事件当夜の話を聞き、リッチモンドの取った行動の真実に気付く。ホールダーは上司のオークスがリュックの鑑識結果をごまかした事から、誤認逮捕を疑い始める。

第3話 麻痺

警察は頼りにならないと考えたスタンはかつて関わりのあったマフィアのヤネクに犯人捜しを依頼していた。リンデンはカジノへの疑惑を深め、ボー・ソレイユのパソコンを押収しようとするが、新しい上司カールソンに却下される。そうしている間に何者かが店に放火し、証拠ともども全焼してしまう。さらに鑑識に回されたロージーのリュックがすり替えられていた事を知ったリンデンは、ホールダーの仕業と確信し、彼と連絡を取ろうとする。一方、銃撃の影響で麻痺が残ると宣告されたリッチモンドは、脚に感覚があったと主張しリハビリを始めようとするが……。

第4話 タトゥーの男

ひとまずホールダーを信じる事にしたリンデンは再び彼を相棒に捜査をする事に。ロージーの残したフィルムに映っていた日本のマンガのタトゥーを入れた男が、ラーセン運送のトラックに乗り、ボー・ソレイユに放火した人物だと知った2人は男の行方を追う。そんな中、スタンがかつて殺人の疑惑をかけられていた事を知る。一方、下半身不随になってしまったリッチモンドは現実に絶望し、市長選への出馬を取りやめると言いだす。ラーセン家ではテリーが懸命にミッチの代わりを務めようとしていたが、母親の不在は子供たちに大きな影を落としていた。

第5話 過去の亡霊

タトゥーの男アレクシーが父親をスタンに殺された事を恨んでいると考えたリンデンたちは、そこでロージーとの関連ができたと推測。彼の所在を突き止め事情聴取を行うが、焦りから令状なしに彼の携帯電話を調べてしまう。そこには事件当日、ロージーから彼に助けを求める電話が入っていた。だが真相を聞き出す前にヤネクが雇った弁護士に連れ帰られてしまう。家を離れ旅に出ていたミッチは、モーテルで見かけた少女にロージーの面影を重ねる。その頃ジェイミーは希望を失ったリッチモンドを必死に支え、もう一度闘志を取り戻させようとしていた。

第6話 思い出の箱

スタンとロージーに血縁関係がない事が発覚。リンデンがスタンに聞くと、彼は最初から承知してミッチと結婚したが、ロージーの本当の父親が誰かは知らないと話す。やがてカジノでロージーと遭遇していた車にジャスパーの父マイケルが乗っていた事が判明。彼はロージーの叔母テリーと不倫していた。マイケルへの容疑を深めるリンデンたちだったが、上司のカールソンに邪魔をされ捜査は難航。一方、市長選への復帰を決めたリッチモンドはTVのインタビューを受ける。彼の元を離れていたグウェンはそれを見て、もう一度協力したいと申し出る。

第7話 警告

捜査がカジノに近づいたとたん、何者かに脅迫されたリンデンはホールダーの家に身を寄せる。そんな彼女をカジノの警備主任が密かに監視していた。選挙参謀に戻ったグウェンは殺人事件のイメージを払拭するため、スタンにリッチモンド支持を表明してもらおうとある取引を提案する。アレクシーの留守電に残されていたロージーのメッセージは、カジノの建設現場から発信された可能性が高まった。さらにマイケルの建設会社とカジノが繋がったため、リンデンは再びカジノ捜査に踏み切る。ホールダーはカジノと隣接するホテルへの潜入を試みるが……。

第8話 立ちはだかる壁

電話でホールダーが暴行を受けている様子を聞いたリンデンは捜索隊の派遣を依頼するが、またしてもカールソンに却下される。彼を脅して捜索隊を出させたリンデンはホールダーの行方を探して奔走。見つかったホールダーは瀕死の状態だった。彼に託されたメッセージを辿ったリンデンを待っていたのはロージーのリュックの発見者だった。その頃、選挙運動を再開したリッチモンドは投票を前に大きな話題を作ろうと策を練るが、なかなか決め手が見つからない。一方ロージー殺害の真犯人逮捕に懸賞金をかけたスタンの元には情報が続々集まっていた。

第9話 守りたい秘密

ジャックの身を案じ、苦渋の決断で彼を元夫のところに送ったリンデン。苦しみを振り切るように捜査を続けようとするが、既に捜査権は郡警察に移っていた。だが捜査資料は郡警察に届いていなかった。居留地のジャクソンと手を組み湾岸開発を進める市長が、郡警察のスローンを使って事件を迷宮入りさせようとしていると考えたリンデンは、スローンの動きを追う事にする。その頃ミッチは昔の恋人デビッドに会いに行っていた。再会した彼からロージーが彼を訪ねていた事を聞いた彼女は、ロージーが思いもよらない計画を立てていた事を知る。

第10話 72時間

潜り込んだカジノで襲撃されたリンデンは、精神科の隔離病棟で目を覚ます。ジャクソンが彼女の過去を利用し、自殺の危険性があると嘘の理由をでっち上げて強制入院させたのだった。リンデンは襲われる前に現場で市庁舎のカードキーを見つけていたが、外部と連絡する事すら出来ない。ホールダーは彼女を救い出すため彼女の元婚約者リックを頼る。投票まで72時間と迫る中、リッチモンド陣営ではジェイミーがグウェンと市長が会っていた証拠を見つけ、疑念を覚える。その頃スタンは事件のせいで家族がバラバラになった事に深く苦悩していた。

第11話 告白

少しずつ事件の真相に近づく中、市長がどう事件に絡んでくるのか答えが見つからないリンデンは、グウェンに父親のコネを利用してカジノの捜索令状を手に入れるよう依頼する。令状を手にしたリンデンたちはFBIと共に問題の部屋でカードキーを探すが……。一方、選挙に光明が見え希望に湧くリッチモンドの前にアダムズが現れ、ロージー殺害当夜のアリバイの件で脅しをかけてくる。一転、政治生命の危機に陥るリッチモンド。その頃スタンも窮地に陥っていた。ヤネクが彼に汚れ仕事をするよう脅しをかけてきたのだった。そしてスタンの決断は……。

第12話 2人の容疑者

密かに手に入れていたカードキーで市庁舎に入ったリンデンたちは、リッチモンド陣営の誰かがヤネクの部下に依頼し、妨害工作としてアダムズが主導する湾岸開発地域に先住民の骨を埋めさせていた事を突き止めた。リンデンたちはリッチモンド陣営の中にこそ真犯人がいると考える。当のリッチモンドは投票直前にロージー事件の夜に自殺を図った事を告白したにも関わらず、予想に反して善戦を続けていた。一方、家に戻ってきたミッチを黙って受け入れたスタン。だが家族はミッチが不在の間に確実に変化し、彼女は疎外感を拭いきれずにいた。

第13話 私が知っていること

ホテルの防犯ビデオの映像からジェイミーの姿を見つけたリンデンたちは、彼を探してリッチモンド陣営の集会場に向かう。しかしグウェンから彼とリッチモンドがまだ姿を見せていないと聞き、リンデンたちは必死にジェイミーの行方を探す。その頃、ジェイミーの行動を不審に思ったリッチモンドは彼を問い詰める。リンデンはジェイミーが事件に関与している事を確信しながらも、現場で目撃されたテールランプが壊れた車の事が気にかかっていた。一方、新居で心機一転を図る事に決めたスタンとミッチは引っ越しの準備に追われていたが……。

Season3 エピソード

第1話 新たな殺人と過去の事件 / 異常な選択

ホールダーが気に掛かる事件に出くわす。 リンデンは過去に担当した事件に導かれ恐ろしい発見をする。

第2話 17の遺体

リンデンが個人的な意図から捜査班の一員となり、ホールダーは新しい路上情報提供者を得る。一方、スワードは因縁のある相手を挑発する。

第3話 顔写真

捜査班がモーテルを閉鎖し、リンデンとホールダーはコンビを組んで「声」の主を捜す。一方、スワードは命令に従うように動機を与えられる。

第4話 追跡

リンデンとホールダーは、ブレットの助けを借り、犯人から逃れた被害者の行方を探す。一方、スワードは思いがけない面会人に薄情な態度で接する。

第5話 異なる視点

ブレットは事実を受け止めるのに苦しむ。リンデンとホールダーは保護した被害者から事情聴取をする。一方、スワードは自分の過去と向き合う。

第6話 はかない希望

リンデンとホールダーは捜査の突破口を見出す。一方、スワードは死ぬ運命に抵抗する。そしてブレットは保護者の役割を担う。

第7話 消せない過去

リンデンが消息を絶ち、捜査は最高潮に達する。一方、自力でリリックを救出する決心をしたブレットは、暗い秘密を探り出す。

第8話 報い

ポルノビデオ製作者の捜索が悲惨な発見に行き着き、ホールダーは怒りをぶつける相手を求める。一方、トゥイッチとリリックは理想の住処を手に入れる。

第9話 12時間

リンデンが過去の間違いによる結果に対処するなか、ホールダーは自分の中の闇と格闘する。一方、スワードが真実を打ち明ける。

第10話 動機 / 虚像

リンデンが心の平穏を取り戻そうとするなか、刑事たちは気になる新事件に遭遇する。身近な人物が行方不明になり、リンデンは自らを危険にさらす。

Season4 エピソード

第1話 水の中に沈む血

リンデンとホールダーはスキナーの失踪を隠蔽する。一方、陸軍士官学校と関係のある一家の惨殺事件が発生し、刑事たちが担当することに。

第2話 秘密

隣人の聞き込み調査から被害者の1人についての新事実が判明する。一方、レディックがスキナー警部補の失踪を探り始める。

第3話 不愉快な事実

レディックがスキナーの失踪の調査を進める。一方、リンデンとホールダーは自分たちの犯罪の発覚と、担当事件の捜査の行き詰まりを防ごうとする。

第4話 悪夢

リンデンとホールダーは、いかがわしい過去のある生徒を捜査の対象にする。一方、情報提供者からの密告によって、レディックは衝撃的な発見をする。

第5話 記憶の断片

カイルが記憶を取り戻し始めるなか、惨殺事件に関する情報が浮上する。スキナーの死について問い詰められ、ホールダーの忠誠心が試される。

第6話 エデンの園

一家惨殺事件の背後にある衝撃的な真実が明らかになる一方で、リンデンとホールダーの信頼関係が破綻する。


U-NEXT
The Killing 闇に眠る美少女

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus