孤高の警部 ジョージ・ジェントリー

孤高の警部 ジョージ・ジェントリー

シーズン数8
IMDbスコア8/10
ジャンル 犯罪, ミステリー
主要出演者マーティン・ショウ リー・イングルビー
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

1960年代のイギリスの社会背景を忠実に再現し、不屈の精神で事件に立ち向かうジョージ・ジェントリー警部を描く骨太のミステリーシリーズ。警察と犯罪者の癒着や、警察内部の汚職、麻薬の蔓延により社会が揺らぎ始めた1960年代のイギリス。最愛の妻を失い、心に傷を抱えたジョージ・ジェントリー警部は自身の信念を曲げることなく、相棒バッカスとともに、事件に、そして腐敗した警察組織に挑む。

孤高の警部 ジョージ・ジェントリーの感想

孤高の警部 ジョージ・ジェントリーを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編(英語)


「孤高の警部 ジョージ・ジェントリー(ファイナル・全2話)」<60秒> 予告編 – ミステリー専門チャンネル AXNミステリー – YouTube

Season1 エピソード

第1話 再挑戦の始まり

ロンドン警視庁に勤務するジョージ・ジェントリー警部は、観劇後に帰宅した際、最愛の妻を殺される。一度は退職を決意したジェントリーだったが、妻の殺害に関与したと思われるギャングのボスが、ある葬儀に出席後、姿を消したと聞き、捜査に乗り出す。

第2話 裏切りの末路

額に銃弾を受け、焼けて骨だけが残った遺体が発見される。非番だったジェントリー警部は、知らせに来たバッカスと現場に急行。唯一の証拠品は、ワンダ・レーンという刻まれた指輪だった。同じ頃、警視庁公安課のエンプトン警視長が当地を訪れていた。

第3話 偶然が犯した罪

ノーサンバーランドの港でドイツ人実業家の溺死体が見つかる。ジェントリーは、すぐに他殺と見抜き、バッカスと捜査を開始。殺されたドイツ人実業家グンターは、息子夫妻と船旅の途中で、20年前に戦争捕虜として過ごした地に立ち寄ったところだった。

Season2 エピソード

第4話 沈黙は永遠に

ジェントリーとバッカスのもとに、老人が殺害されたという知らせが入る。現場に向かった2人は、通報してきたコーラという女性と地元の熱心な警官ブラックスミス巡査部長に出会う。コーラはこの屋敷を買い取り、解体することを計画していた。

第5話 奔放への報い

教会で死体が発見される。被害者のオードリーは、バーとカジノを兼ねる店「レークス」のホステスだった。レークスを訪れたジェントリーとバッカスは、ホステスのフォーンに事情を聞くが、彼女は何か話すことをためらっている様子だった。

第6話 憎しみの残影

ジェントリーとバッカスは、ある密告から、墓地で張り込みをしていた。時間通りに1人の男がスーツケースを持って現れ、取り押さえようとするが、逃げられてしまう。しかし現場に残されたスーツケースの中には、失効したパスポートが200冊以上入っていた…。

第7話 新たなる挑戦

ジェントリーとバッカスは、製粉所管理者のパトリックが自殺した件で、リントン製粉所を訪れる。遺体のポケットに遺書はなく、オフィスの鍵が見つかったため、秘書ジュリーの案内でオフィスへ向かう。オフィスでは、棚が荒らされて現金が盗まれていた。

Season3 エピソード

第8話 隠された正体

ドメニカという女性が頭部を殴られ殺害された。彼女の顔には、ハンカチが掛けられていた。隣人の証言によると、彼女の部屋にはスコットランド訛りのある男性が訪ねてきていたらしい。捜査当初、別居中の夫アラン・チャールトンが犯人のように思われた

第9話 混沌のキャンパス

1966年、ポラリス原子力潜水艦が造船所に入るのを阻止しようと大学生のデモ隊が警察と衝突する。ダラム大学の学生たちはCND(核武装反対運動)の活動と自由恋愛の思想に燃えていた。デモの翌日、首謀者の大学講師フレイザーの水死体が埠頭で発見される。

Season4 エピソード

第10話 破滅への道

女学生メアリーの遺体が発見される。遺体は手を組まれて、丁寧に埋められていた。現場に到着したジェントリーとバッカスは、彼女に深い愛情を持つ者の犯行だと考え捜査を始める。メアリーの親友によると、メアリーには心に傷を負った恋人がいたという。

第11話 裁かれる者

ジェントリーのもとに情報屋のチャイナが死亡した知らせが届く。泥酔して転倒したケガで死んだというのだ。心を痛めたジェントリーが捜査をすると、チャイナは酔っていなかったことがわかる。さらに、チャイナを運んだ警官は救急車を使わなかったことが判明。

Season5 エピソード

第12話 ノーザン・ソウルの夜に

1968年、人種関係法案や移民問題が浮き彫りになる中、ニューカッスルにあるクラブ ザ・カールトンでは人種の壁を越えて若者たちが集まり、朝まで踊っていた。そんなある日、カールトン近くの空き地で、黒人の若い女性、ドロレス・ケニーが遺体で発見される。

第13話 歌声の行方

横転した車の助手席でエレン・マラムという女性の死体が発見される。車の所有者は地元の名士であるブラックストーン家であると判明。被害者のエレンは聡明で自由を愛し、ブラックストーン家の跡継ぎで、繊細なジェームズは彼女に魅了されていた。

第14話 消えた子供

グローブス夫妻の養女フェイスが誘拐される。妻のフランシスは買い物、夫のスティーブンは庭仕事をしていた。フランシスは不審者を見たことはなかったとバッカスに話すが、スティーブンはジェントリーに外にブルーの車が駐車していたと話す。

第15話 ジェントリー汚職疑惑

新婚のヘンダーソン警官は、立ち往生していた車輌に近寄るが、車内に死体を見つけてしまい銃殺される。しかし、警官の死は殉職ではなく汚職による自殺ではないかと噂される。一方、ジェントリーに恨みを持つラティガンが仮釈放される。

Season6 エピソード

第16話 死の真相

ジェントリーは、直接申し出ずにバッカスが辞表を出したということを知って驚き、怒りを覚える。しかし、バッカスは大聖堂での銃撃戦ですっかり自信を失ってしまっていた。自分自身も回復中であるジェントリーだったが、バッカスを助けようと心に決め、辞職する前にある捜査を手伝ってほしい、と持ちかける。ニューカッスルの留置所内で起きた、拘留中に死なせてしまった人物の事件だった。

第17話 キャンプ場に潜む闇

青い鳥キャンプ場の制服を着た若い女性の遺体が海辺で発見される。捜査に赴いたジェントリーとバッカスは、メーガンという名の従業員が出勤していないことを確認。両親が遺体の身元を確認するが、母親はなぜか冷ややかだった。キャンプ場を経営するトッドは何か隠し事がある様子。従業員のガリーは反抗的な態度を見せ、ゲイルは秘密を抱えているようだ。一方、バッカスは娘と月1回しか面会できないことに不満を募らせていた。

第18話 ホープウッドの秘密

サウナで男が殺された。現場に残されたIDから犯人は元兵士のスコット・タナーと判明する。彼が通っている精神科医のレズリー博士を訪ねると、博士は何か隠し事をしている雰囲気があった。スコットの医療費を除隊後にもかかわらず国防省が出していることも分かり、不審に思ったジェントリーが更に捜査を進めると、翌日、レズリー博士が自殺。スコットの診察ファイルも消えていた。

第19話 炭鉱町の闘い

炭鉱の坑道で労組幹部アーサーの遺体が発見される。彼のロッカーには賃金3か月分もの大金が残されていた。調べていくとアーサーが2週間前、酒場で2人の同僚とケンカ騒ぎを起こしていたことが判明。どうやらアーサーは、炭鉱を閉山に持ちこみたい経営側と内通し、再就職を世話してもらう代わりに、閉山に反対するストライキを抑えていたらしい。一方、ジェントリーを疎んじる上層部は、昇進をエサに彼を閑職に追いやろうと画策。

Season7 エピソード

第20話 被害者の声

娼館で張り込むバッカスとレイチェルの前に、店に入ろうとする男が現れた。男のIDを見たバッカスが妙に驚く。それは、バッカスの秘密の恋人ジェマの夫であるウォルター・ナン警部補だったのだ。翌日、売春婦のティナ・ホールがレイプの被害届を出しに来る。それをきっかけに、ジェントリーはレイプの捜査がろくに行われていないことに気付く。同じころ、川のそばで女性の死体が見つかる。

第21話 巨悪への挑戦

草原で女医バレリーの遺体が発見される。側に睡眠剤入りの注射器が落ちていた。同僚の医師の話では、彼女は難病の運動ニューロン疾患と診断され苦しんでいた様子。そこでバッカスは自殺と決めつけるが、ジェントリーは納得しない。バレリーが夫と別居後に住んでいた家に出向くと、家探しされた形跡が。その家のあるイースターホープは、若くしてガンで死んだレイチェルの友人エスターが住んでいた町だった。

第22話 ゆがんだ友情

スコット、ピーター、マイケルの3人は幼馴染。大人になり、仕事や生活スタイルが変わった今も親友だ。ピーターの誕生日パーティーで、酔ったスコットが、やや毒のあるスピーチをするが、気のいいピーターは笑って流す。しかし翌朝、スコットの遺体が橋の下で発見される。ピーターは飛び降り自殺だと言うが、マイケルは否定する。

第23話 若者たちの叫び

クリスマスイブに銀行が襲撃される。一味は第二次大戦中に使われていた短機関銃(ステンガン)を装備していた。翌日、発見された逃走車両から若い女性レクシーの遺体が発見される。レクシーの周辺を当たったところ、彼女はジョンジョ・バードンに率いられた“スキンヘッズ”の集団と行動を共にしていたことが判明。ジェントリーは、正式に刑事になることが決定したレイチェルに、バードン一味への潜入捜査を命じる。

Season8 エピソード

第24話 抑圧からの解放

工業原料を扱う工場の廃液タンクから、元従業員アリスターの遺体が見つかる。8年前にアリスターの妻イヴは夫を殺した罪で有罪となり、既に服役していた。ジェントリーは遺体の状況から共犯者か真犯人がいると考える。地元の英雄とされていたアリスターには問題も多く、有罪の決め手となった証言もあやふやで、ずさんな捜査にジェントリーは怒りをあらわにする。

第25話 新しい時代

退職の日まで残りわずかのジェントリーは、ロンドン警視庁特捜部からの依頼で、不正捜査の疑いがある未解決殺人事件を調べることに。事件当時大臣だった地元選出議員クレメンツが関わった疑いが出てくる。一方、ジョンとレイチェルは、労働争議中の建設会社で代替労働者が殺された事件を捜査する。ところが被害者が、労働者として潜入取材中の記者だったと判明、事態は思わぬ方向へ…。


孤高の警部 ジョージジェントリー inspector_george_gently

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus