スポンサーリンク

シカゴ・メッド

シカゴ・メッド ドラマ
シーズン数8
IMDbスコア7.5/10
ジャンル ドラマ, 医療
主要出演者ニック・ゲルファス
コリン・ドネル
トーリー・デヴィート 
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

シカゴ・シリーズ(「シカゴの街を守る」という使命を持つ者たちを描くドラマシリーズ)の第3作。シカゴ医療センター(シカゴ・メッド)の救急外来がリニューアルされ、華やかな式典が行われていた。責任者としてグッドウィンが挨拶をする中、電車が脱線事故を起こし多数の負傷者が運び込まれてくる。ちょうど乗り合わせていた新任の外科医コナーは、自ら負傷しながらも重態の乗客に付き添い救急車でシカゴ・メッドに到着すると、すぐに治療を開始する。押し寄せる患者を主任看護師マギーが的確な指示で振り分け、内科医ウィルや小児科医ナタリー、感染症の専門医チョイらが総出で治療に当たる。混乱の中、医学部4年生のサラは指示されたことがうまくできずに現場の厳しさを痛感する。一方、医師や看護師たちは私生活を含めて、それぞれに複雑な思いを抱えていた。彼らはひとつでも多くの命を救うために、日々現場で奮闘する。
シカゴ・シリーズはこの「シカゴ・メッド」以外に消防士ドラマの「シカゴ・ファイヤ」、刑事ドラマの「シカゴP.D.」、法廷ドラマの「Chicago Justice」がある。それぞれの登場人物が別ドラマに行き来し同じ事件・出来事をテーマにしたクロスオーバー・エピソードがある。


シカゴ・メッドの感想

数人の患者に同時並行で対応する病院内の1日を描く、という医療ドラマの鉄板ではありますが、メイン・キャラクター以外の様々な専門医や検査技師、管理者なども登場します。それによって現場の雰囲気を現実的に感じられる、本格的な医療ドラマと言えます。このドラマでビックリするのは、体を切開して中の臓器が動いていたり、帝王切開で赤ちゃんがスルリと出てきたりという、リアルな医療行為のシーンでしょう。最近の特殊効果はすごいですね。キャストの演技はどれも安定しているので見応えがあります。精神科部長のダニエル・チャールズ役のオリヴァー・プラット(「キャシーのbig C」「ファーゴ」)はたくさんの映画やドラマに出演している名脇役なので、ドラマ好きな人なら一度は見たことがあるはずです。

シカゴ・メッドを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編(英語)

Season1 エピソード

第1話 脱線

シカゴ医療センター(シカゴ・メッド)の救急外来がリニューアルされた日。通勤電車が脱線事故を起こして多数の負傷者が運び込まれてくる。現場に居合わせた新任の外科医コナーは、重態の乗客ホルヘに付き添って救急車で病院へ着くやいなや治療を開始。治療を引き継ごうとした内科医ウィルは、コナーの傲慢な態度に反発を覚える。現場は混乱する中、看護師マギーが患者を次々と振り分けていき、医師や看護師らは全力を尽くす。

第2話 後悔

通りがかりの男性に抱きかかえられて、血まみれの少女エリカが救急外来へ。路地でお産をしたらしくバックパックには赤ん坊が入っており、仮死状態だったが蘇生された。エリカの処置は緊急で感染症医イーサンが行う。母親は刑務所、父親は行方知れずのエリカに小児科医ナタリーは同情するが、イーサンは批判的な態度をとるのだった。一方、ウィルは心筋梗塞の恐れのある患者ダグを担当。検査では異常が出ず、帰宅させるが…。

第3話 希望

高級百貨店ドーラン・ローズで飾り付け中のシャンデリアが落下し、下敷きになったラッセルの胸にガラスが突き刺さる。彼はコナーの幼馴染で、コナーの妹クレアが付き添って病院にやってくる。百貨店の経営者で資産家のコーネリアスはコナーの父親で、2人の間には長年の確執があり、そのことでクレアとも不仲であるコナーは複雑な思いに駆られる。一方、ウィルはめまいと耳の不調を訴えるヴァイオリニストの女性を診察する。

第4話 誤解

映画館で銃の乱射事件があり、大勢の患者が運ばれてくる。混乱する中、銃で撃たれて瀕死の犯人が運び込まれ、撃った青年ミラーが軽症の治療をしに来ると拍手が起きる。ウィルは犯人に冷ややかな態度をとるが、コナーと医学生4年生のサラは全力で救おうとする。ミラーは一躍ヒーローとなり世間の注目を集めるが…。一方、映画館で気を失った少女が、以前から吐き気で食事を受け付けないことが判明。

第5話 悪意

シカゴ消防局51分署の消防士ハーマンがギャングに刺されて重傷を負い、コナーが診察する。だが、ウィルの発言により消防局のメンバーはコナーの対応に疑念を抱く。続いて頭に袋をかぶった意識不明の女性が運び込まれる。癌の治療を受けており自殺と判断されるが、チャールズは彼女が半年先の往復航空券を予約していたことから、自殺を疑問視する。高熱の高齢女性を診察するナタリーは、息子から口腔癌の治療中だと知らされるが…。

第6話 生死

メキシコから飛行機に隠れて密航した若い兄妹が運び込まれる。兄ミゲルは着陸時に落下して意識不明の重体、妹マリアはひどい低体温症だった。密入国者がいると聞きつけ、国土安全保障省の捜査官たちがやってくるが、管理部長グッドウィンとコナーはひとまず追い返す。転んで骨折した8歳の少年を診察するサラ。手術はなしで治療できるとわかるが、突然発作を起こしたため検査をする。同じ頃、臨月のナタリーが破水する。

第7話 聖人

1週間のカンファレンスを終え復帰したベテランの外科医サムは、コナーとともに緊急手術に臨む。一方、保護施設で暮らすホームレスのボビーが、人に靴をあげてしまい足に凍傷を負ってやってくる。1週間前にも同じ理由で治療したばかりだ。看護師エイプリルはお人好しのボビーが大好きだが、チャールズは医学的な原因を疑う。同じ頃、再生不良性貧血で入退院を繰り返している少女が、ついに骨髄移植を受けられることになるが…。

第8話 再会

1カ月の産休からナタリーが復帰。この日、心臓外科医の名医ダウニーの手術を受けにサウジアラビアの王子がやってくる。救急外来には呼吸困難の少女が運び込まれるが、治療しようとすると嘘のように発作は治る。父ヘンリーによると4年前に母親を亡くしてから原因不明の体調不良を起こしており、父親が自らネットで検索して対症療法をしているという。ウィルが詳しい検査を勧めると父親が猛反発したため、ウィルは違和感を覚える。

第9話 選択

カフェで意識を失い、骨折したジェニファーが搬入されてくる。彼女は末期の悪性リンパ腫で、心肺停止の際には蘇生拒否の意思表示をしていることが判明。だが、諦めたくないウィルは家族のためにも、新薬の治験に参加させるよう強引に話を進めていく。一方、コナーが建設現場の鉄筋が刺さった少年の緊急手術中、突然ダウニーが入ってきてコナーに心臓縫合の指導を始める。

第10話 愛憎

17歳のアイスホッケー選手ブレッドが、頭を強打して首の激痛を訴えている。CTは異常なかったが2週間前から頭痛があったことが判明し、髄膜炎の検査を実施する。元選手の父ジャックは大学の奨学金が取り消されるような診断を恐れていた。イーサンはジャックの症状から、ある疑いを持つ。一方、名医ダウニーの特訓を受けているコナーは、新しい方法で肺移植を手伝うことに。ところが、手術前に患者が心停止状態になってしまう。

第11話 感染

自宅で昏倒して運ばれてきた男性イライアスは、腕や胸部に水ぶくれのようなものが多数できていた。配偶者ジムはかかりつけの開業医アンガーから吹き出物と診断されたといい、サラは誤診ではないかと考える。次の急患ギャラガーは人工心臓を装着して以来、胃潰瘍などの激痛に悩まされており、人工心臓を外してほしいと訴える。一方、ウィルが患者ジェニファーに強引に行った治療の件で、ウィルと病院側は訴えられ困った事態に陥る。

第12話 逮捕

インフルエンザで満杯の救急外来。交通事故を起こして重症の若者トレヴァーが運ばれてくる。緊急手術が必要だが、警官がアルコール濃度を調べるための採血を迫ると拒否し、間に入った看護師マギーが逮捕されてしまう。ナタリーは赤ん坊を抱いて駆け込んできた母親が、極度のストレス下にあることに気づく。サラは車にはねられ膝を打った弁護士ディートリックを診察する。

第13話 仲間

研修先が決まる“マッチデー”を迎え、緊張するサラ。そんな中、頭にツララが刺さった女性が運ばれてくる。止血するも、脳の損傷がひどく意識は戻らなかった。夫ゲイブの希望で卵子を採取することになるが、ある事実が発覚して婦人科医は計画の中止を勧める。だが、ゲイブは事実を受け入れられない。次に、自分の左腕を切断しかけたタッカーが運び込まれてくる。

第14話 心臓

不眠が続いているイーサンは、退役軍人の患者レヴィを診ることに。彼は心臓の音が頭の中で鳴り響いていると訴える。イーサンはPTSD(心的外傷後ストレス障害)による幻聴と診断し、軍人病院に移すことにするが…。ナタリーは手首を骨折した少年ボーを診察する。兄グリフィンと遊んでいて転んだというが手に擦り傷はなく、レントゲンには古い骨折の跡があり、両親はそれに気づかなかったという。

第15話 契約

ナタリーは、激しい腹痛を訴え嘔吐を繰り返す16歳のエリーを診察する。薬物依存の父親のようになるのを恐れて、エリーは薬を一切受け付けようとしない。ナタリーは、喉の麻酔スプレーだけで胃カメラ検査を試みるが……。一方、妊娠32週で出血した代理出産の妊婦ニーラは胎盤剥離し、すぐ出産しないと危ないにもかかわらず断固として拒否する。理由は代理出産の契約内容に関係していた。

第16話 混乱

路上で突然妻を殴り、道路に飛び出して車にはねられたネイサンが胸を強打し骨折して運ばれてくる。元神経科医の妻ローラによると、レビー小体認知症を患っているという。だが、チャールズはネイサンが妻に暴力をふるったことを後悔し、オペラを楽しんだり料理を作ると聞いて疑問を抱く。その頃、救急車に乗り込んだイーサンは自宅で脚を負傷して動けない男性がいると通報を受け現場へ。そこはゴミ屋敷で、想像を絶する状態だった。

第17話 尊重

常連のアルコール依存症患者チャックは、幻覚を見ては嘔吐を繰り返す離脱症状を起こし、酒をくれとわめいていた。ウィルは強気で依存症の克服を目指す。一方、老人ホームから女性初のテストパイロットだったウェクスラーがせん妄状態で送られてくる。みじめな老後を送る彼女の姿に、悲しみを覚えるサラ。コナーは心筋梗塞のフランクを担当するが、夫妻はある宗教の信者で人工心肺を拒否する。

第18話 出発

卒業式の日を迎えたサラ。下痢と嘔吐で運ばれてきた赤ん坊マイケルに遺伝性疾患が疑われる。DNA検査中もサラはマイケルが心配で仕方がない。自宅で倒れたダウニーが、前日治療を受けた肝臓が出血して運ばれてくる。コナーが手術に当たるが…。一方、エイプリルは患者から弾みで突き飛ばされ脇腹を痛める。ナタリーは新しくやってきた医学生の中に昔馴染みの元消防士ジェフを見つけて喜ぶが、ウィルは複雑な思いに駆られる。

海外ドラマ観るなら圧倒的なコンテンツ数のU-Next

Season2 エピソード

第1話 人生

交通事故で重傷を負った妊婦シェリルが運び込まれる。ナタリーの友人で医学生のジェフが処置を始めようとするが、アテンディング・ドクターになったウィルは、彼に仕事をさせない。心臓胸部外科のフェローシップを開始したコナーは、指導医レイサムの変わり者ぶりに戸惑う。シェリルの父が心筋梗塞を起こすが、その手術方法をめぐって、レイサムと対立。医学生サラは、チャールズから精神科のレジデントになるよう誘われる。

第2話 明暗

仮死状態で生まれたティモシーは、長い間ICUで心臓移植を待っている。心臓の左側が機能しないため、もう限界に来ていた。そんな中、ある女性がお乳を飲まなくなったという生後3か月の娘を連れて来た。ナタリーは脳浮腫を疑ったが、その子は間もなく呼吸困難に陥る。そんな時、ティモシーは心室細動を起こし、今にも命が危ない状態に…。担当のコナーは、ティモシーへの心臓移植について、ナタリーにあることを頼み込む。

第3話 過去

ウィルはマギーの親戚が集まるバーベキューに参加し、姉のデニースを紹介される。しかし車に乗り込んだ彼女が衝突事故を起こす。突然目が見えなくなったというのだが…。落馬で大腿部を骨折した男性が脳梗塞を起こして重篤な状態に。コナーは指導医のレイサムに相談せずに緊急手術を決める。調理中にやけどをした妊婦は血圧が高く、念のためエコー検査を行ったところ、なんと胎児が写っていなかった。

第4話 束縛

非ホジキンリンパ腫を治療中の少女が、抗生物質が効かないスーパー耐性菌に感染していることがわかる。ウィルの患者も同じ菌に感染していた。そこで感染症科に配属されたロビンが集団感染の調査を行うことに。認知症の高齢男性に胸腺腫の疑いが。彼の若い恋人は手術を望むが、彼の息子は治療を拒否する。腸閉塞と診断された19歳のダニーはサラにヘロイン依存を打ち明ける。

第5話 切迫

ウィルとニーナが市内のマラソン大会に出場し、エイプリルとノアは救護所の担当に。そこへ男性が車にひかれたという知らせが。彼は肺虚脱を起こしていて危険な状態だが、通行止めと猛暑による停電で救急隊の到着が遅れていた。ナタリーは突発性難聴の少女を診察し、その原因を探る。ジェフは呼吸困難の高齢女性を診察し、熱中症と判断。点滴をオーダーするが、イーサンに重要なことを指摘され…。

第6話 未来

非ホジキンリンパ腫の少女が黄疸と意識障害で救急搬送される。病状が重く、もう長くないことがわかったが、ナタリーは彼女の両親に希望を持たせるようなことを言ってしまう。サラは病院の前でダニーを見つける。病院の外でサラに会いたいと言うのだが…。コナーは手術を終えた患者の心音を聴いて、異常が無いことを確認した。だがレイサムはわずかな雑音を聴き取り、コナーに再手術を告げる。

第7話 無念

ウィルが家賃の支払いに苦慮していると知ったノアは、自分が始めた出張診療ビジネスに彼を誘う。するとさっそく患者から依頼が来る。呼吸困難で運び込まれたレジー。彼はシャロンの初恋の人だった。再会を喜んだのもつかの間、レジーが激しく苦しみだす。街をうろついていた少女が警察に保護されるが、精神疾患の疑いがあり来院。チャールズはロビンに検査を依頼するが、つれなくされ…。

第8話 決断

末期の腎不全で透析後に意識を失った男性が搬送された。移植を希望しているがリストのだいぶ下にいる。彼の兄は、型が適合するのに臓器の提供を拒んでいた。サラは勤務中もダニーのことばかり考えている。そこへ刑事がやって来て、ある事実を告げる。テイトと共に人生を歩むことを決めたエイプリルだが、病気が進行していることがわかる。

第9話 急変

格闘技で対戦した男性が2名搬送されるが、彼らの付き添い同士が一触即発に。チャールズは心臓移植希望の女性が候補に適しているかどうか鑑定を頼まれる。彼女はアルコール依存症だったが、独力で断酒に成功していた。しかしチャールズはある状態を見て、移植決定を保留する。学生寮で意識を失った青年は糖尿病と判明。しかし腹部の圧痛を訴えたため検査したところ、別の病気がわかる。

第10話 別離

過去にマギーを逮捕した巡査が、事故に遭い意識不明の状態で搬送されて来た。しかし、すでに脳死状態だった。巡査は臓器提供に登録していたため、マギーが手続きをすることに。だが過去の経緯を知っていた巡査の同僚が、マギーの交代を要求する。大事なレースを明日に控えた競馬の騎手が、意識を失い搬送されて来た。診断は脱水症状と過食症。極端な低体重により、心臓にも異常をきたしていた。

第11話 珍客

ある夜、イーサンは「特別な」患者を受け入れてくれるよう、グッドウィンに頼んでいた。コナーは急きょ呼び出され、その患者を診ることに。CT画像から心臓の病気と診断したが、驚くべきその患者とは…?同じ夜、3人の若者が搬送されて来る。薬物の過剰摂取だった。その中の1人は腎不全で緊急透析が必要な状態になり、医師のウィーラーがカテーテル挿入をするが、誤って肺を傷つけてしまう。

第12話 逆転

スマホを片時も話さない仕事命の女性が自動車事故で額を切った。同乗していた彼女の娘アリエルは胃痛を訴え、何人もの医師に診せるも、異常が見つからない。だがアリエルの痛みは一向におさまらない。同じころ、副鼻腔の激痛で来院した男性は致死率が高い病気と判明。彼が治療の途中でけいれんを起こすと、アリエルも同じようにけいれんするのだった…。

第13話 分身

ロックアイランドの病院から市長の娘の施術について依頼が来た。珍しくて難しい手術を施したいが、現地には経験のある医師がいないという。その手術に挑戦したいコナーはレイサムに許可を求める。一方、シカゴ・メッドに非ホジキンリンパ腫の少年が搬送される。脳への転移が心配されるが、彼の父親は抗がん剤を与えていなかった。自動車事故を起こした女性。だが運転手は意外な人物で…。

第14話 吹雪

猛吹雪で車の玉突き事故が起き、多数の負傷者が出た。シカゴ・メッドには、車内から救出された多発外傷の4人家族、車両爆発で全身のやけどを負った男性、意識を失った妊婦が搬送される。非常事態だが、限られた職員と備品で乗り切るしかなかった。そんな中、患者の男性が、薬を出せと騒ぎ始める。チャールズがなだめに行くが、一旦その場を離れて戻ってみると、男性は姿を消していた。

第15話 喪失

ビルの33階から落下し、一命を取り留めた清掃員が搬送される。グッドウィンは担当のコナーに、マスコミが注目しているからとTV出演を求める。病院の外で女性から助けを求められたナタリーとイーサンは車内でぐったりしていた脚の不自由な夫を発見。どうやら感染症にかかっているようだが病巣がわからず…。スーパーヒーローの衣装に身を包んだ男性が、助けた高齢女性をメッドに運びこんだとたん、自分も気絶してしまい…。

第16話 倫理

エクアドル発の飛行機内で呼吸困難に陥った少女が搬送される。母親が心臓の悪い娘を専門医に診せるため渡米したのだ。だがその母親が挙動不審で…。医療施設から血尿の状態で搬送された若い女性。彼女は長年、植物状態だったが、診察すると意外なことが判明する。サラは精神科病院での研修中、ある患者と出会う。彼女はサラに助けを求めるため、有毒物質を飲んでメッドに搬送される。

第17話 犠牲

少年が引っ越しの段ボールを運んでいて階段から落ちた。母親は最近息子の動きがぎこちないと心配している。結果はろっ骨の骨折と腎臓損傷。ただの事故と考えるウィルに対し、イーサンは念入りに検査をする。すると少年が突然左半身まひを起こす。凍った川に落ちた子どもが救急搬送されるが、低体温で心停止状態に。急いで体温を上げる必要があるが、あいにく使える機器が使用中だった。

第18話 尊厳

少年の手術を成功させたコナー。数ヶ月で元気になると約束した直後、少年に思わぬ事態が…。飛行機の点検中に気絶しかけたパイロット。念のため薬物検査を実施したところ、重度の貧血が発覚する。だが彼はかたくなに入院を拒否していた。ウィルの恩師ローワンが搬送される。多臓器不全で、呼吸器も危なかった。ウィルはナタリーの反対を押し切り、ローワンに挿管する。

第19話 脅迫

シカゴ・メッドがランサムウェアに感染し、ハッカーが身代金を要求してくる。電子カルテもレントゲンも使えず、病院は大混乱に陥る。一部の患者のカルテを作り直すよう指示されたサラは、チャールズからEDのレジデントに空きがあると言われ、精神科を追い出されるのではと不安な気持ちに。そんな中、グッドウィンの元夫バートが、けがをした若い恋人と共に現れる。

第20話 世代

ナタリーは忙しくて息子との時間が持てず、後ろめたさを感じていた。そこへ来たのは3歳児とその母親。子どもには両脚のまひと口内炎があったが、原因がわからなかった。男子生徒が校内で暴力を受け、顔面を骨折。彼は暴力を受けた理由についてとんでもないことを口にする。心臓に持病を抱える父親の具合が悪いと連絡を受けたウィルは、コナーと共に父のもとへ向かう。

第21話 宿命

心不全と診断された妊婦。なんと娘が白血病で骨髄移植を受ける必要があるため、ドナーにする子をつくったという。コナーは妊婦の命を優先させるため、中絶を提案する。ナタリーが心筋梗塞と診断した男性は治療後安定していたが、まもなく発作を起こして死亡。ナタリーは訳が分からず困惑する。チャールズの娘ロビンが精神科の診察を受けることになり、サラが担当を任される。

第22話 恐怖

今日は医学生のマッチデー。エイプリルは弟ノアがメッドのEDに受かることを期待する。車にはねられて搬送された男性。硬膜下血腫と頭蓋骨骨折ですぐにでも手術が必要だが、ALSの持病がある彼は手術を拒否する。13歳の少女が数日前から腹痛が激しくなり、うわ言や眼振も見られたが、検査結果は異常無し。だがその後の検査で意外なことがわかる。

第23話 復讐

交通事故で多発外傷を負ったシリア難民の男子学生。治療をするも改善が見られない。そこに彼の子どもを妊娠中の恋人が駆けつける。コナーはレイサムの新しいフェロー、エヴァを紹介されるが、彼女の無遠慮な物言いに反感を抱く。病状が悪化したロビンに寝食を忘れて付き添う父のチャールズに、お騒がせ患者のケロッグが面会を要求する。

海外ドラマ観るなら圧倒的なコンテンツ数のU-Next

Season3 エピソード

第1話 証言

シカゴ・メッドの医師たちは、チャールズを銃撃した加害者を有罪にすべきだと考えている。ハルステッドとマニングは悲痛な症例を担当し、彼ら自身の心の問題に向き合わざるを得なくなる。ロビンの脳の腫瘍は除去され、リハビリセンターから退院したが、ローズは彼女の症状が治っていないことに悩まされていた。一方でローズは同僚のベッカーに不意打ちの攻撃を受けた。

第2話 不信

マニングは病院への不信感がある妊婦と深刻な発育不全の胎児を助けるために、最後の手段に出る。エイプリルは、チョイが2人の個人的な関係を利用して、患者にリスクのある検査を受けさせるよう説得したことに怒る。

第3話 身内

グッドウィンは病院の理事会から経営に関する苦情を受け取り、やむなく新しいガイドラインを導入したが、それは医師たちにとっては頭の痛いものだった。ローズとエヴァはオペ室での競い合いを続け、チャールズとリースは自分の症状についておかしな主張をする患者を治療している。

第4話 悪魔

チャールズは、彼を撃った男についてのあるニュースを聞き、悩む。ローズとベッカーは複雑な手術を成功させる。ウィルとナタリーは、不倫した患者がジカ熱の疑いがあることを妻に隠そうとしていて頭を悩ませる。

第5話 告白

HIVの症状があるが、保険に入っておらず、検査を拒否している若い女性の患者に対し、グッドウィンとチョイは病院の持ち出しで治療をしようとする。ナタリーとウィルは進行性の麻痺がある少女の診断に苦労する。ノアは研修医として初めて患者の死に直面し、家族に知らせる仕事を引き受ける。

第6話 呪縛

イーサンは特に症状のない男性の診断を試みる一方、サラの被害妄想は酷くなり、攻撃的な患者に催涙スプレーを使ってしまう。ウィルは妊娠を切望する若いカップルの治療をする。一方でナタリーは、衝撃の事実を患者に伝えなくてはいけなくなる。

第7話 決別

チャールズは、出産したばかりのヘロイン依存症の患者に対し、辛い決断を迫られる。また、チョイとマニングに病気の新生児に対しての彼の治療法を批判され、二人からの圧力を感じる。

第8話 限界

チョイは拒食症の女性をなんとか助けようとするが、必要な治療を拒む患者に対して何もできず、無力感を味わう。リースは2週間の停職が明けてすぐに、チャールズから試練を与えられる。ローズは患者が転院させられそうになり、自分の立場をはっきりと表明した。一方、ハルステッドはマニングの息子に好かれようと苦心している。

第9話 温情

患者の家族が虐待をしていることが分かり、チョイとエイプリルは児童保護局を呼ぶべきか悩む。マニングとハルステッドは未熟児が産まれた夫婦にどう接するかで意見がぶつかる。ローズは、ベッカーの恩師で著名な外科医のジャフリーにリスクの高い手術を行うことになる。一方、リースはチャールズと一緒にクック郡の刑務所を訪れる。

第10話 背信

車からの発砲事件を目撃し、その際に頭を打ったマニングはその影響に苦しむ。さらに複雑なことに、彼女とハルステッドはティーンエイジャーの患者と彼女より年上で高圧的な夫の相手をしなくてはいけなくなる。その夫は若い妻にとって一番いい治療のことなど興味がないようだった。

第11話 仮面

近所の人がナイフで刺され、チョイはエイプリルと共に事件の真犯人を探そうとする。ノアが患者を誤診し、ベッカーとローズの力が試される。リースの疎遠だった父親が患者としてチャールズのもとを訪れるが、彼女はそのことを知らず、チャールズ医師は気まずい立場に置かれる。一方、マニングは酷い咳の赤ん坊を救おうとする。

第12話 対立

妊娠しているティーンエイジャーがいると聞いたマニングとチョイはホームレスの野営地に向かい、緊迫した状況の中で出産の手助けをする。ローズとベッカーは、慢性病を持った少年の治療法について言い争う。ハルステッドとエイプリルは患者が小児性愛者だと分かって難しい状況に置かれる。グッドウィンとマギーは病院に対する訴訟に対処する。チャールズは、リースの父親についての重要な事実を知る。

第13話 計画

成人男性で植物状態の患者の処置について、その母親がある決断を下し、そのことでハルステッドとマニングは言い争いになる。ローズは、自分の患者を移植リストの最優先にするために、ベッカーの裏をかく。女性が待合室で眠り込み起きないが、チョイは原因が分からず途方に暮れる。

第14話 封鎖

赤ん坊がメッドで誘拐され、グッドウィンはチャールズとリースに犯人を捜す協力を頼む。病院が封鎖されたため、ローズは手術を手伝うためにオペ室に入り込む道を見つけなくてはいけなくなる。マニングとハルステッドは患者に対する適切な処置をめぐって議論になる。

第15話 本性

チャールズとリースは、娘が悪魔に取り憑かれたと主張する母親に会い、症状の答えを探す。ローズとベッカーは、結合双生児を救う方法を探さなくてはいけない。ハルステッドは、マニングの気を惹こうと奮闘する。マギーは、自分がしたことに対応するための選択肢を探る。

第16話 真実

手術で執刀医を務めた際、ベッカーはトラブルが起きて焦ってしまう。マニングとチャールズは9歳の少女のジェンダーについて難しい決断を迫られる。エイプリルとリースは危篤の患者の息子を探し出そうと奔走する。グッドウィンの名づけ子が病院に運ばれてくる。

第17話 親子

10歳の少年がメッドに搬入され、マニングとハルステッドは患者の両親にどう対応するのが良いかで揉める。ローズは、リースと仲違いしたままの父親に移植するための心臓を修復する。

第18話 乱射

地元の公園でのイベントで乱射事件が起き、メッドは病院とスタッフの限界を超えた犠牲者で溢れかえる。チョイはとっさに大規模災害の対策プランを考え付く。マニングは、息子とベビーシッターが乱射の現場にいたかもしれないと分かって仕事に集中できない。

第19話 疑惑

マニングは、命にかかわるインフルエンザの少年を救うために奔走する。先週の大規模災害時にオピオイド系鎮痛剤が盗まれたことが分かり、エイプリルはチョイの妹が犯人だと確信する。ローズとベッカーは心臓病を患う妊娠21週の患者について、最善の治療法をめぐって議論になる。

第20話 転機

ローズは、結合双生児の分離手術チームから外れるという自分の決断を後悔している。チョイとエイプリルは、彼の妹エミリーについて驚きの事実を知る。チャールズは、リースの父親についての悩ましい事実を発見する。
海外ドラマ観るなら圧倒的なコンテンツ数のU-Next

Season4 エピソード

第1話 伴侶

グッドウィンは、病院の新しいCOOであるグウェン・ギャレットと早くも衝突する。一方エイプリルは、イーサンの妹エミリーがまた薬物に手を出すのではないかと疑っている。チャールズは、過去の自分の行動と向き合うことになる。

第2話 覚悟

高層マンションの火災で、メッドには患者が殺到し、医者や看護師たちは厳戒態勢を強いられる。ローズ医師は「シカゴ・ファイア」のメンバーの一人の命を救おうと奮闘し、ハルステッド医師と弟のジェイは個人的なわだかまりから喧嘩になる。

第3話 判断

病気の少年を担当したイーサンは難しい選択を迫られ、事態はさらに複雑で危険な状況へと発展していく。コナーとマギーは試練にさらされ、ナタリーとチャールズは新しい医学生のエルサにどう対応するか悩まされる。

第4話 領域

ハルステッド医師はシカゴ警察から思いもよらぬ訪問を受ける。一方イーサンは、慢性的にな痛みを訴える女性に疑念を抱く。ナタリーはがん患者を担当するが、患者の兄にはある想いがあって治療の支援を拒否する。

第5話 秘密

状況が複雑になり、ウィルはナタリーに嘘をつかざるを得なくなる。イーサンとエイプリルはエミリーの彼氏についての衝撃の事実を知り、エヴァは治療を拒否する患者にどう対処すべきか迷う。

第6話 良心

マニング医師とハルステッド医師は、自動車事故で運び込まれた患者の怪我に疑問を抱く。イーサンとエイプリルは、最近の出来事にもかかわらずエミリーが彼氏を変わらず愛していることが理解できない。ウィルとナタリーは、彼らの独身サヨナラパーティーに向かう。

第7話 毒物

有毒な化学物質がEDに持ち込まれたため、病院は避難を余儀なくされ、患者とスタッフは重大な危機にさらされる。エレベーターに閉じ込められたチャールズ医師とマニング医師は、妊婦の患者に対して思い切った処置を取らざるを得なくなる。グッドウィンは難しい選択を迫られ、ローズ医師はベッカー医師が隠していた秘密を知る。

第8話 葛藤

チャールズ医師は、手術だけが解決策ではないとチョイ医師を説得するのに苦戦する。ローズ医師はグッドウィンの命令に従わず、トラブルが生じてしまう。マギーは、代理で主任看護師になったエイプリルのやり方に口を出し、エイプリルはストレスが溜まってしまう。マニング医師は、ハルステッド医師が何か隠し事をしているのではないかと疑う。

第9話 岐路

ウィルとナタリーは、二人の大切な日に向けて準備を進めるが、疑うことを知らないウィルはすぐに脇道へそれてしまう。チャールズ医師とグッドウィンは患者の治療法について意見が合わず、一方チョイ医師とエイプリルは自分たちだけで妊婦の出産を行う。ローズ医師は、ハルステッド刑事にとって重要な患者のオペをすることになる。

第10話 孤独

エイプリルは危険に晒され、ナタリーはウィルについてある事実を知る。ローズ医師は自分のハイブリッド手術室完成を祝うパーティーに向かい、ベッカー医師も来るようにと説得する。

第11話 暴走

ウィルは保護拘置を終えて、病院での仕事に復帰する。イーサンとエイプリルの関係は、仕事にも影響を及ぼし始める。チャールズ医師とマニング医師は、アルツハイマー病の患者を担当する。ローズ医師とベッカー医師は、肝移植が必要な患者について意見の相違が生じる。

第12話 対話

マニング医師が乗っていたドクターヘリが墜落し、ハルステッド医師は救出に向かう。ローズ医師とベッカー医師の間の個人的な諍いは加速する。チャールズ医師とチョイ医師は、患者が依存症に対処できるように働きかける。エルサが初めての患者の死に対処するのを、エイプリルが支える。

第13話 疑心

ハルステッド医師は、マニング医師にある重要な情報を隠していて、マニング医師は彼の怪しい行動に疑問を持ち始める。チョイ医師は、エイプリルが行った患者のケアについて、厳しい結論を下す。オペ室でベッカー医師がローズ医師から受けた出来事は、重大な影響を及ぼす可能性がある。

第14話 傷跡

ウィルの個人的な問題は、ナタリーとの関係や病院での仕事に影響を及ぼし続けている。ベッカー医師はローズ医師との関係を修復しようとする。グッドウィンはマギーが自分の命を危険に晒すことに疑問を抱き、チャールズ医師は新しい友人の娘を手助けしようとする。

第15話 差別

路上マーケットにトラックが突っ込むのを目撃したナタリーとマギーは、現場で厳しい判断を迫られる。シカゴ・メッドには助けを必要とする患者が次々と到着し、医師と看護師たちは緊急対応に駆り出される。チャールズ医師の元妻が、ある知らせを持ってシカゴにやってくる。

第16話 前進

ナタリーとウィルの距離はますます離れていく。チャールズ医師は、元妻への気持ちに折り合いをつけようと苦しむ。ローズ医師とベッカー医師の個人的な問題は、病院でもトラブルを引き起こし続けている。

第17話 距離

救急車庫のドアに車が激突し、下敷きになった作業員と、同じく危険に晒されたエイプリルを救うためにチョイ医師は難しい判断を迫られる。ローズ医師とベッカー医師は、患者を救うためにリスクの高い心臓手術に挑む。チャールズ医師は元妻キャロラインの治療に折り合いをつけようと苦しむ。

第18話 真相

重要な手術中のローズ医師に、慌てて手術室を出なくてはいけない電話がかかってくる。ハルステッド医師は救急治療室に運ばれてきたFBI捜査官の治療を担当するが、最初に聞いたのとは違う状況だったのではないかと疑いを持つ。マニング医師とチョイ医師は、医者と患者の間の守秘義務をめぐって、大きな意見の相違があり対立する。

第19話 籠城

銃を持った男が病院のスタッフを人質にとり、メッドは封鎖される。グッドウィンは厳しい判断を迫られる。ローズ医師は、自分の父親と過ごせる時間が短くなっていることに気づく。

第20話 疑念

チャールズ医師とマニング医師は、自分で毒物を飲んだ患者をどう扱うかで意見が分かれる。ローズ医師は、ベッカー医師について重大な告発をする。ハルステッド医師は、ナタリーの新しい彼氏に疑いを持ち、チョイ医師はバーニーの治療をする。

第21話 勇気

キャロラインがあるニュースを伝えたことで、チャールズ医師は二人の関係について重大な決断を下す。マギーは姉の新しい彼氏に会うが、その先には危険が待ち受けていることを知る。ローズ医師は悲痛な喪失を経験する一方、チョイ医師とエイプリルは思いがけない試練に直面し、二人の関係をより強固なものにする。

第22話 愛情

【シーズン4 最終話】チャールズ医師とキャロラインがある大きな計画を立てる。エヴァはコナーとの関係をなんとか続けようとする。リー捜査官は、ウィルの命を脅かすかもしれない知らせを持ってくる。

海外ドラマ観るなら圧倒的なコンテンツ数のU-Next

Season5 エピソード

第1話 変容

ウィルとナタリーが恐ろしい自動車事故の後遺症に直面し、命がけの戦いを強いられることになる。ローズ医師の父親コーネリアス・ローズの死についての調査が始まる。マギーは生活が一変する知らせを受け取る。チャールズ医師は新婚旅行を途中で切り上げ、統合失調症の疑いがある若い患者を担当する。

第2話 停電

メッドで停電が起きたことで多くの患者が危険に晒され、スタッフたちと熱心な医学生の腕が試される。ナタリーは頭部外傷から仕事に復帰。イーサンとエイプリルは、自分たちの将来の計画について考える。

第3話 理解

余命が残り少ない男性が、議論の余地がある方法で寿命を守ろうとし、チョイ医師とチャールズ医師は難しい決断を迫られる。マルセル医師とエイプリルは訳ありの患者への対応をめぐって衝突し、ウィルはナタリーの判断能力に疑問を呈す。シャロンが、マギーに補佐の看護師をつけ、マギーは狼狽える。

第4話 病原

パート23話にわたるクロスオーバー・エピソードの2話目。危険なウイルスが蔓延したアパートの住民全員が隔離される。シカゴ警察はバイオテロ事件の手がかりを追い、ウィルは容疑者に危険なほど接近する。

第5話 友情

慢性的な痛みを訴える患者の治療方針について、チョイ医師とマルセル医師は意見が一致しない。マギーについての噂が広がり始める。マニング医師は幼児の患者を担当するが、代替医療のみを信じる両親は彼女の治療方針に難色を示す。

第6話 干渉

マニング医師の患者に対する行動は、深刻な事態を招いている。エイプリルとノアは、暴漢に襲われて怪我をした患者について意見が食い違う。チャールズ医師の元に、幼馴染が驚きの事実を告げにやってくる。

第7話 転換

チャールズ医師とハルステッド医師は、血に飢えた患者を担当する。マルセル医師とマギーは、病院のスタッフを招いてザリガニパーティーを開く。新たな関係が芽生える一方で、別の関係は険悪になってしまう。

第8話 暴挙

マギーは、新しい友人について心配なニュースを聞き、彼を支えるためにルールを破ってしまう。メッドの仲間たちの一人である医者が、暴力を受けて緊急手術のため運び込まれる。SNSのインフルエンサーが、自分のファンたちの投票で治療方針を決めようとし、チャールズ医師は決断を迫られる。

第9話 自由

エイプリルはある不幸な知らせを聞き、イーサンとの将来が不安になる。チャールズ医師とマギーは、辛い時期を目前に控えている。ナタリーは欠けていた記憶が戻り始める。

第10話 克服

過去に担当した患者と再会し、ハルステッド医師は動揺する。エイプリルはイーサンに秘密を打ち明けようとしている。チャールズ医師は辛い時期だが何とか仕事に集中しようとする。

第11話 取引

オヘア空港で大きな事故が起きて、メッドの仲間の一人の命が危ない可能性がある。ウィルは理事会で安全な注射室の提案をする。ナタリーとグッドウィンはグウェンを心配する。

第12話 無謀

スクールバスの事故があり、メッドは負傷者の対応をする。チャールズ医師は、医師免許を失う危険を冒しているハルステッド医師を心配している。マギーは友達を助けようとする。

第13話 断腸

危険な状態の兄弟2人が病院に運び込まれ、チョイ医師・エイプリル・チャールズ医師が治療にあたり、また実際に何が起こったのかを解き明かす。マニング医師は、EDにやってきた新生児の母親に疑いを抱く。ハルステッド医師は注射室で働き始め、そこでの活動が仕事にも影響を与え始める。

第14話 味方

マニング医師とマルセル医師は、妻にDVをしている男性患者について意見を違える。非認可の注射室で働くハルステッド医師は、倫理的な問題に悩まされる。チャールズ医師とエルサは、患者の家族の生活を一変させるかもしれない誤診に気づく。

第15話 芝居

チャールズ医師とマニング医師は、別人のふりをしている患者を治療する。ノアは医師としての自分の能力に疑問を感じる。マルセル医師とチョイ医師は倫理上の難しい判断に直面する。ハルステッド医師は、依存症患者を信頼する。

第16話 免罪

脱獄した殺人犯に遭遇したメッドのメンバーが危険に晒される。患者の治療方針をめぐって、チャールズ医師とハルステッド医師の衝突が続く。チョイ医師とエイプリルは患者の嘘を暴く。マギーにはついに良い知らせが訪れる。

第17話 更生

シリーズ100話目の記念エピソード。マニング医師とチャールズ医師が担当した4歳の患者は、EDの常連であることが判明する。マルセル医師とチョイ医師が担当した警官には、腹部に謎の銃創があった。秘密が明らかになり、信頼関係が試される。

第18話 家族

若年性アルツハイマーの患者がメッドに運ばれてきて、チャールズ医師とグッドウィンは、ハルステッド医師が過去の過ちを繰り返すのではないかと警戒する。ベンの生徒の一人が入院することになり、マギーとベンは心配する。マニング医師とマルセル医師は末期患者の治療にあたるが、何が最善の治療か意見が分かれる。

第19話 逃避

チャールズ医師は、歩道橋から転落して運ばれてきた15歳の患者を診察する。ウィルは、リスクが高い手術でアッシャー医師の肩を持つ。チョイ医師とマルセル医師の関係は悪化し緊張が高まる。

第20話 対処

【シーズン5 最終話】クロケット医師の過去について話を聞きたいという2人のニューオーリンズの刑事が訪れる。チョイ医師は、子供を救うために自らの命を危険に晒す。チャールズ医師は娘に対して、父親としてのアドバイスをする。

このドラマはU-NEXTで配信しています。このドラマはHuluで配信しています。このドラマはTSUTAYA DISCASでレンタルできます。


U-NEXT
原題ほか:シカゴメッド chicago med chicagomed
タイトルとURLをコピーしました