スポンサーリンク

パラディーゾ~恋する百貨店~

パラディーゾ ドラマ
シーズン数5
IMDbスコア6.5/10
ジャンル ドラマ, ロマンス
主要出演者ジュジー・ブシェミ
ジョルジョ・ルパノ
アレッサンドロ・テルシニ
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

1950~60年代のイタリア・ミラノの高級百貨店を舞台に、恋に仕事に奮闘する女性を描く。快活な女性テレーザは、不誠実な婚約者から逃げるように田舎シチリアからミラノへやって来る。偶然立ち寄ったミラノの高級百貨店「パラダイス」で販売員として働くことになったテレーザは、持ち前のファッションセンスと発想力で百貨店の数々の危機を救う。そんななか、お互いの第一印象が最悪だった「パラダイス」オーナーのピエトロとの関係性にも徐々に変化が・・・。

パラディーゾ~恋する百貨店~の感想

2021年4月26日よりスカパー!の「女性チャンネル♪LaLa TV」にて日本初放送。2021年5月24日からはシーズン2の放送も始まる。主人公テレーザを演じているジュジー・ブシェミは「メディチ」にも出演している。顔立ちは美しいが、勝ち気で礼儀知らずで田舎者っぽいテレーザが、ドラマの進行と共にドンドン洗練されていき、周囲の人々にも受け入れられていく。ロマンスがメインだが、ピエトロの経営に関わるいざこざも同時に描かれ、シンプルだが楽しいドラマだ。イタリアのドラマだなあ、と感じたのは「誰も寝てはならぬ」を口ずさんでいるシーン。とにかく男女ともに濃い顔立ちばかりで最初はあまり見分けが付かない。50年代の色鮮やかなドレス、男性陣のビシッとしたスーツなどのファッションも見ていて楽しい。

パラディーゾ~恋する百貨店~を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編

Season1 エピソード

第1話 夢の都ミラノ

男まさりのテレーザが、シチリアからミラノへ。身を寄せた叔父の家では、逮捕騒動が起きていた。高級百貨店「パラダイス」のピエトロに、商売を妨害されたと激怒、叔父はトラックに火をつけたという。テレーザがピエトロに、告訴の取り下げを訴えかけるが交渉は決裂。憤慨した彼女だが、ひょんなことから「パラダイス」に採用されることになる。ピエトロが資金繰りに苦しんでいる。マンデッリ銀行の恣意的な融資ストップにあい、やむなく旧知の密売人から借金をする。

第2話 逆転劇

銀行の嫌がらせが続いている。こんどは返済期日を一方的に短縮し、全額を返せと迫った。不可ならば株式譲渡を要求、あからさまな買収策。ピエトロは宣伝担当のヴィットリオの忠告に従い、セレブが集うバーへ。銀行頭取の娘アンドレイ―ナと知り合う目的だった。仮採用の試用期間最終日。テレーザに気のあるヴィットリオが、このままでは不採用になる、もっと自分をアピールすべきだと彼女にアドバイスをする。テレーザは難客と名高い伯爵夫人の接客に挑戦、最後のチャンスに賭ける。

第3話 窃盗容疑

テレーザの父親がにわかに、シチリアからミラノへやって来た。昔かたぎの頑固な彼は、どうしても娘を連れ帰らねばならない事情をかかえていた。拒むテレーザと「パラダイス」前で小競り合いになり、ピエトロの仲裁を仰ぐ始末。ここ数日、「パラダイス」では、万引きが続発していた。当初からテレーザを問題視する販売主任マントヴァーニは、彼女に疑いの目を向ける。正式採用に落ちたモニカが、テレーザの失職とその後釜を狙って、卑劣な策を弄したのだ。

第4話 南部なまり

テレーザは父親説得に失敗、「パラダイス」を辞め帰郷することに。挨拶に来た彼女は、ヴィットリオと再会する。新規の客層開拓で企画した「南部週間」が不調で、頭をかかえる彼は、テレーザがシチリア出身と気づいた。彼女を巻き込み、仰天の作戦に打って出る。融資問題解決のために、頭取令嬢アンドレイ―ナに接近したピエトロが、彼女の心をつかんでいた。父のマンデッリはやむなく、娘に近づかぬことを条件に、ピエトロとの関係を再構築すると約束する。

第5話 仕事か愛か

父の決めた婚約を解消したアンドレイ―ナに、ピエトロがつれない。ビジネスの再構築の見込みが立ったあとは用済みとでもいうのか。彼女の誇りが傷つく。怒りにまかせて彼を、満座の中で平手打ちにする。ピエトロが仕入れ価格抑制で、中間業者を通さぬ新機軸を。不振の中小工場を束ね、直接にオリジナル製品をつくる構想である。ピエトロとの協力関係改善の裏で、頭取がひそかに調査を続ける。二次大戦中、弟ウンベルトがピエトロに殺されたと疑っていたのだ。

第6話 ピエモンテ出張

ピエトロの工場買収に応じたベルトーネが、職人たちの反対にあい、苦渋している。ピエトロは説得のため、テレーザを連れて織物の街ビエッラへ。到着早々、露骨な反感に直面したとき、彼女はとっさに見抜いた。家族のようにならねば。テレーザは職人たちの食事の席に就き、ともにワインを傾け、ありのままの自分をさらけ出した。

第7話 4月25日

イタリア解放記念日。「パラダイス」ではこの日、恒例の行事があった。ピエトロが乾杯の音頭をとり、全社員で祝うのだ。従軍して捕虜になった彼には、そうすべき深い事情があるのか。奇しくも同じ日、マンデッリが弟殺しの疑いで身辺を洗っていると知る。テレーザとのキスシーンを目撃したヴィットリオが、ピエトロに不信感を。辞職を申し入れた彼に、ピエトロは断言する。

第8話 接吻

ピエトロの下請けを嫌う叔父は、一家をあげてドイツ移住を決める。テレーザのミラノひとり暮らしが、伯母フランチェスカの尽力で辛うじて実現することに。ピエトロの過去を洗う調査が、アメリカで直接に資料を点検する局面に。テレーザに、接吻は特別な人としかしないと本心を告げたピエトロだが、調査の進展を知って苦慮している。挙句、ふたたびアンドレイ―ナに接近する。

第9話 ふたりのピエトロ

ピエトロが遂に、アンドレイーナへ結婚を申し込む。弟殺しの犯人だと猛反対の父に逆らい、彼女はプロポーズを承諾した。テレーザは結婚話を進めながら、同時に自分にやさしく接するピエトロが理解できない。「パラダイス」にいることが辛く、辞職を決めた。ヴィットリオの懸命な説得が続くが…。売り場の先輩アンナが、失意のどん底に。からだを許したマッシモが、実は既婚者だと判明した。

第10話 危険な男

ヴィットリオの父親が病死した。ピエトロにさえ明かさず、ひとり悲しみに耐える姿に、テレーザが同情する。ヴィットリオは彼女に、かつて弟の婚約者を誘惑、そのために兄弟は決定的な不仲になったと明かす。自らの愚行を悔いるプレイボーイ。テレーザの心が揺れた。アンドレイーナが、従妹イレーナと食事の席にピエトロを。イレーナは、収容所で殺されたウンベルトの娘である。

第11話 火花散る

アンドレイーナが一家所有の作品を披露するべく、絵画展開催に夢中に。会場は「パラダイス」。女主人公気取りの彼女は、本能的に敵意を覚えたテレーザに、故意にこぼしたシャンペンの掃除を命じた。とっさにピエトロがかばう。親に逆らって故郷を飛び出し、テレーザの部屋に転がり込んだ弟マリオが、密売煙草に関わり逮捕される。身元保証人となって解放させたのは、ふたたびピエトロだった。

第12話 揺れる心

ピエトロがアメリカ滞在の経験から、母の日イベントを思いつく。親子連れで大盛況の当日、厳格な販売主任クララがひそかに泣いている。孤児院の前に我が子を捨てた過去が、胸を衝いていた。ヴィットリオと不仲の弟家族が来店し、兄弟はぎこちなく握手。テレーザの口添えが功を奏した。ピエトロが頭取夫人であるアンドレイーナの母の不倫を目撃した。彼はそれを利用、アンドレイーナ一家にさらに食い込む。

第13話 災厄

テレーザの元婚約者サルヴォがミラノに着き、ボクシングジムのいとこの許に。「パラダイス」に来て、復縁を迫る。暴力沙汰になるところを、ヴィットリオが阻止。悪党はいとこと組み、彼を待ち伏せてめった打ちに。頭取が娘アンドレイーナの結婚にと、豪邸を与えた。弟ウンベルトに用意したものだと言い、ピエトロにあてつけて弟の写真を飾る条件をつける。

第14話 表と裏

火災をボヤで食いとめ、最小限の被害で収めたのは倉庫主任コッラードの功績だった。ピエトロの心からの謝辞を受け、煙草密売に手を貸す己を恥じるが。すぐれた企業家を表彰するミラノ賞が、ピエトロに授与されることに。賞はモンデッリ財団の創設による。すぐに頭取の小細工を悟ったピエトロが、自己嫌悪で断酒の禁を破る。

第15話 友情のはざまで

テレーザの弟マリオが、外泊して帰らなかった。ボクシングの賭け試合に勝ったことから、姉から独立、ジムで居住する気でいた。ヴィットリオを襲った小悪党のたむろする根城。連れ帰ると焦るテレーザに、ピエトロとヴィットリオが同行する。彼女に思いを寄せるふたりの、いわば共同戦線だった。アンナの検査結果が届いた。妊娠。恐れが現実となり、泣き叫ぶ彼女を、テレーザとシルヴァ―ナが必死でなだめる。

第16話 花ひらく

高慢なデザイナーと意見が合わず、契約交渉を打ち切ったピエトロ。では、オリジナル製品をどうするのか。解決策は目の前にあった。テレーザのスケッチ。ヴィットリオの催促と助言で描いた彼女のデザインは、ピエトロを仰天させた。テレーザには晴れて、デザイナーの道も。お祝いの席で彼女は、ヴィットリオと熱い接吻を交わす。妊娠の事実を告げ、両親の怒りに触れたアンナが絶望の底に沈んだ。

第17話 囚われの鶴

瀕死状態のアンナを救ったのは、すねていたクイントだった。彼は、アンナが懐妊中の赤ん坊を我が子にすると誓って、彼女を励ます。結婚式を控え、アンドレイーナが焦っている。彼女は鶴が、夫婦の絆のシンボルだと信じ、手元で飼うべく日本から取り寄せた。税関へ行ったピエトロは、箱に閉じ込められ悲痛に鳴く鳥の姿が耐え難く、送還を依頼する。テレーザとヴィットリオが、幸せをかみしめている。

第18話 破局

テレーザをあきらめ、「パラダイス」のために愛のない結婚を決めたピエトロが、自らの欺瞞にいら立つ。断っていた酒をがぶ飲みし、車を大破させた。そのことからヴィットリオと乱闘に。彼はピエトロが贈ったペンダントをつけるテレーザを見て、彼女の心の奥にある真実を悟る。店を辞め、テレーザから去ることに。ピエトロが遂に決断する。アンドレイーナへ婚約解消を宣言すると、その足でテレーザの元へ。

第19話 雲の行方

信頼するガッリの忠告に従い、ピエトロはテレーザに、あるがままの姿を見せようする。迷いを断ち、テレーザも自らに忠実に。事件がその直後に起きた。絶望と怒りからアンドレイーナが発砲、ピエトロの腕を傷つけた。娘を救いたい頭取が、警察沙汰にしないことを条件に、弟殺しの追求断念を約するが。最中、もうひとつの事件が発生する。アメリカ航路の「アンドレア号」が、濃霧で沈没したのだ。

第20話 逮捕

「パラダイス」に激震が走った。ピエトロ逮捕。陰険な頭取が、密売人ヤコビを大金で動かしていた。ガッリがテレーザに、捕虜収容所の事件を明かす。ガッリ殺害を阻止するために、ピエトロは極悪な頭取の弟ともみ合い、正当防衛で殺したのだと。ピエトロは拘置所移送中に、脱走する。ヤコビの偽証をただそうと、ふたりは対決する。悪童時代の記憶に触れながら。俺にも良心がとうそぶき、ヤコビが証言を翻し、ピエトロは釈放へ。

海外ドラマ観るなら圧倒的なコンテンツ数のU-Next

Season2 エピソード

第1話 新たな火種

ピエトロの前妻ローズの出現に、ショックを受けたテレーザ。一か月の空白のあとピエトロと会い、固い愛を確かめあう。テレーザの指に婚約指輪が。ピエトロへの中傷記事が、再開された。マンデッリの策略かと思われたが、事実は、ローズが仕組んだものだった。「パラダイス」の人気に打撃を与え、ピエトロが泣きついてくることを期待していた。

第2話 ミス・パラダイス

ピエトロが偽証の撤回と引き換えに、ブルーノの経営参画を承諾せざるをえない。案の定それは、「犯罪者の店」と新たな中傷記事に。人気回復企画「ミス・パラダイス選出」イベントは、大成功で終わると思いきや、「ミス・パラダイス」に輝いた女性が元犯罪者であるブルーノの名前を出した事で会場は一時騒然となる。ローズがブルーノの「パラダイス」株を買収し共同経営者となったと発言し、その場は収まるが…。

第3話 炭鉱事故

ダンジェロの入社からピエトロが、店の人気浮揚イベントを思いついた。記憶に新しいマルシネル炭鉱の事故を、追悼する催しである。その生還を称え、市長はダンジェロにメダル授与をしたいという。犠牲者の悲惨で胸いっぱいの彼にとって、それは侮辱だった。ローズの動きがあわただしい。誤解を解きたいとテレーザに接近、ドレスの直しを頼む。

第4話 シチリアの娘

テレーザの両親が、ミラノに滞在している。彼女は必死の思いでピエトロとの結婚を切り出すものの、離婚経験者への両親の反発はすさまじい。シチリア人にとって二番目の妻になるとは、ほとんど犯罪行為であった。ピエトロの苦悩は続く。メダル表彰拒否を根にもつ市長が、嫌がらせに。倉庫の規格をチェック、店の前で地下鉄掘削工事・・・。ピエトロはやむなく、ローズの提案に従う。

第5話 少年の眼

家出少年サルヴァトーレが、「パラダイス」で終日、靴磨きをすることに。少年はテレーザを見るやピエトロに、離しちゃ駄目だよ、と生意気な忠告をする。少年にやさしいピエトロに接し、ローズの心にさざ波がたつ。即刻ミラノを離れ、ローマへ行くと告げた。そのローマでは、アンドレイーナに同行したヴィットリオが、ロックフェラーのミラノ進出を促す説得に成功していた。

第6話 復讐計画

アンドレイーナが暗躍している。ロックフェラーの百貨店開設にと、「パラダイス」に隣接する建物の買収を画した。所有者はテレーザの顧客・トリアーニ伯爵夫人。夫人の拒絶にあうと、彼女の姪を金で動かし、伯爵夫人を禁治産者とする裁判を目論む。アンドレイーナの思惑は、ピエトロへの復讐であった。競合店を新設して、「パラダイス」に致命傷を与えたい――。

第7話 プライド

伯爵夫人の建物をめぐり、テレーザとぎくしゃくするピエトロにガッリが忠告した。自尊心はときに、愛の敵になると。我に返った彼は、ひとりの顧客もないがしろにしないテレーザ流こそ、店の信頼を与える基盤と知る。アンドレイーナの懇望で、新車販売の宣伝を請け負ったヴィットリオ。女性が車の新規開拓層だと、発表の場を「パラダイス」に。アンドレイーナの怒りを涼しい顔で受け流し、ピエトロと一時休戦する。

第8話 クイズ番組

新車発表会イベントのゲストに、宣伝チームはイタリア初の女性ドライバーを呼ぶことに。なんとそれは、トリアーニ伯爵夫人だった。が、夫人は彼女の辛い過去ゆえに、頑なに拒む。テレーザが説得に赴く。ローズのコネで、倉庫責任者のコッラードの夢が実現する。サイクリングおたくの彼は、テレビの人気クイズ番組に出演、見事に賞金を獲得した。栄光の影に、ガッリとクララの俄かトレーニングがあった。

第9話 ふたつの絶縁

マンデッリ夫人が娘のアンドレイーナを許さない。彼女がヴィットリオと組み、ロックフェラーとの商談を破約にしたことから、亡き夫(父)の遺志に背き、ピエトロを利したというのだ。アンドレイーナは、家を出ると宣告する。アメリカ出張の仕事がキャンセルになったヴィットリオは、それをピエトロの裏工作と誤解する。ロックフェラーから守ってやったのに、と叫んで。

第10話 監禁作戦

ロックフェラーのイタリア進出に、パートナーとして名乗りをあげること。敵を味方にして「パラダイス」を拡充するために、ピエトロは伯爵夫人の建物取得を画す。夫人はあくまで、テレーザとピエトロにやさしい。絶交したピエトロとヴィットリオ。テレーザが心を痛めている。一計を案じた彼女は、一室にふたりを閉じ込め、夜を徹して胸の内を吐き出す状況を作った。朝がきて、ふたりは昔のように笑い合う。

第11話 ロックンロール

ロックフェラーの来店予定を控え、ヴィットリオが「パラダイス」店内をアメリカン・ドリーム一色にした。ロックンロールのリズムが人びとの気分を盛り上げた直後、一同は暗く沈み込む。ハンガリー事件勃発と戦争への予感。ロックフェラーの来店も延期に。ピエトロは、ローズの助けを必要とする。孤独をかみしめるアンドレイーナに、その男頼りの生き方を手厳しく批判したエルサが、やさしく接近した。

第12話 ハンガリーを救え

ハンガリー事件の衝撃が、ミラノ中に広がっている。怯える市民に買い物の余裕はなく、「パラダイス」は閑散と。テレーザがアイデアを出す。今こそ「パラダイス」は、社会的存在を強調し、ハンガリー支援の拠点になろう。支援物資と献血でごった返す店を、ついにロックフェラーが訪れた。ローズが父のアンダーソン議員に、説得を頼んだのだ。ロックフェラーは大盛況の催しに、深く感銘する。

第13話 欠けた聖ヨハネ像

テレーザとシチリアへ行く約束を反故にして、ピエトロがローマへ。ローズの要請に応え、ロックフェラーとの契約を急いだのだ。相変わらず仕事優先のピエトロに、テレーザのなかでなにかがはじけた。閉店後の「パラダイス」に、強盗が潜んでいた。テレーザをはじめ居合わせた数人が、手足を縛られる羽目に。車のキーを探しに戻ったヴィットリオが格闘、強盗逮捕に導く。

第14話 転機

強盗がテレーザを傷つけたと知り、ピエトロが迷妄から覚める。ロックフェラーを餌に、言うがままに操ったローズに、激しい怒りをぶつけた。契約の署名を放棄、急ぎミラノへ戻った。最も大切なものが分かったと謝罪する彼を、テレーザは許さない。「パラダイス」を辞める決意を伝える。ヴィットリオは、アンドレイーナの自分への気持ちに気づきつつ動じず、テレーザへの一途な思いを貫く。

第15話 ローズ殺人事件

ヴィットリオの事務所に、同居するかたちになったテレーザとアンドレイーナ。ふたりの間のしこりは、依然として溶けない。ピエトロとヴィットリオの間にも微妙な空気が流れる。テレーザが、ヴィットリオに間借りしたからだ。彼らは「パラダイス」が催したフェンシングの試技で、あわや真剣勝負かと審判を慌てさせる。

第16話 洪水の夜

無実を訴えたピエトロが、恩を売りたいブルーノの手配した弁護士によって釈放された。ガッリから、ビエッラ地方に大雨、下請け工場が洪水の危機に陥ったと聞く。テレーザとヴィットリオが現地に急行と知ると、ただちに後を追った。ピエトロはテレーザに、ローズとの過ちを告白、衝撃を受けた彼女は口を利かず、ドアをぴしゃりと閉めた。ビエッラから帰宅したヴィットリオを、アンドレイーナが待っていた。

第17話 クリスマスの奇跡

テレーザが心を閉ざしたままでいる。伯爵夫人の親身なとりなしも功を奏さず、ピエトロを許そうとしない。シチリアへ電話した彼女は、両親不在を知り不安になる。ヴィットリオがアンドレイーナとの関係を一歩進めた。彼女の誤解を解こうと自宅を訪ね、マンデッリ夫人に交際の許可を請う。

第18話 それぞれの聖夜

テレーザの両親が料理をつくり、イブの食事を催すことに。両親を悲しませたくないテレーザは、ピエトロに演技を依頼するものの、母に見抜かれてしまう。宣伝のロベルトが、自らのホモセクシャルを自認せざるをえない。彼はシルヴァーナと別れ、ヴィットリオの事務所を去る決心を。マンデッリ家のイブに招かれたヴィットリオ。大胆な彼にして、さすがに居心地が悪い。

第19話 許し

伯爵夫人の建物を危険建造物と認定した測量技師に、ピエトロが疑いをもった。何者かに買収され、偽の報告書を作ったのではと。誠実になろうとするピエトロを見て、テレーザのわだかまりが溶解した。測量技師に愛人がいると知った彼女は、絶妙な解決策を示す。アンドレイーナの妊娠の兆候は、検査で陰性と判明。ヴィットリオに報告に来た彼女は、そこに売り場のイネスを見て、踵を返す。

第20話 カウントダウン

ピエトロが重大な危機に。マンデッリ夫人と密かに繋がるフランス人投資家が、投資金の即刻返済を迫ったのだ。不可なら、「パラダイス」の経営権をよこせと、テレーザを軟禁して、彼は脅した。ピエトロに迷いはない。「パラダイス」を手離すことにする。


U-NEXT
原題ほか:Il paradiso delle signore
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.