スポンサーリンク

DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機

Dopesick ドラマ
シーズン数1
ジャンル ドラマ
主要出演者マイケル・キートン
ピーター・サースガード
ウィル・ポールター
配信中サービス disney plus
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

ベス・メイシーのノンフィクション「DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機」のドラマ化。アメリカで依存症患者が激増しているオピオイド系鎮痛剤の蔓延について、バージニア州の炭鉱コミュニティを蝕んでいく様子、DEA(米麻薬取締局)の内部、富を築く大手製薬会社ビッグ・ファーマの実体を描く。

DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機の感想

DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
disney plus

予告編(英語)

Season1 エピソード

第1話 最初のボトル

リチャード・サックラーは強力な鎮痛剤を売り出す。田舎の医師はこの薬を紹介され、炭鉱作業員は将来の計画を立て、DEAの捜査官は闇ルートの薬について知り、連邦検事は鎮痛剤絡みの事件を担当することを決める。

第2話 痛みのブレークスルー

オキシコンチンは市場に出回るが、脅威に直面していた。パーデュー社の影響力はフィンチ・クリークにまで及び、ブリジットはDEA捜査官の権限を超えて動き、そしてオキシコンチンの犯罪捜査が始まる。

第3話 5番目のバイタルサイン

フィニックス医師はベッツィのオキシコンチンの量を減らし始め、ブリジットは薬が地域に与える影響力を知り、リックとランディは“痛みの社会”の世界を調査し、リチャード・サックラーはより大きな計画を立てる。

第4話 偽依存

オキシコンチンの高額な売り上げが、乱用の報告によって脅かされる。検察はオキシコンチンの売買に関する苦情について調査をし、フィニックスは薬の安全性に疑問を持ち始める。

第5話 内部告発者

オキシコンチンの乱用が国中に広がり、ブリジットはパーデュー社と戦い、リックとランディは事件を結びつけようと、パーデュー社の内部告発者を見つけようとする。

第6話 ハマー・ジ・アビューザーズ

リチャードはパーデュー社の収益に壊滅的な影響を与える問題に直面し、ブリジットはFDAに戦いを挑む。フィニックスは人生を見直し、ベッツィは依存症を克服しようと奮闘。リックとランディは衝撃的な証拠を見つける。

第7話 ブラックボックス警告

リチャードとパーデュー社は薬が規制されないよう、システムを構築する。ブリジットは任務で突破口を見つけ、フィニックスが新たな道を模索する中、ベッツィはどん底を経験。リックとランディは刑事事件の準備をする。

第8話 民衆 VS パーデュー社

リックとランディの捜査がリチャード・サックラーの帝国を脅かす。活動家がパーデュー社に行動を起こし、フィニックスは依存症でひどい状態になった大事なコミュニティを癒やそうとする。


U-NEXT
原題ほか:DOPESICK, アメリカを蝕むオピオイド危機, Dopesick
タイトルとURLをコピーしました