マーベル クローク&ダガー

マーベル クローク&ダガー

シーズン数1
IMDbスコア6.7/10
ジャンル アクション, ファンタジー, ヒーロー
主要出演者オリヴィア・ホルト オーブリー・ジョセフ
配信中サービス
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

マーベルコミックを原作とした闇と光のヒーロードラマ。父親を交通事故で失った少女タンディ・ボウエン。拳銃で撃たれ兄を失った青年タイロン・ジョンソン。実はこの事件は同じ日に起き、どちらも海上施設の爆発の余波によって引き起こされたものだった。全く面識がなく、背負ってきた人生も完全に異なる2人は、ニューオーリンズで起きたこの事故によって結びつけられ不思議な力を得る。光を操る能力を得た少女タンディは、光の短剣(ダガー)が使え、闇を操る能力を得た少年タイロンは、漆黒のマント(クローク)で自在に姿を隠し敵に恐怖を植え付けることができる。2018年9月7日よりhuluで配信開始

マーベル クローク&ダガーの感想

この2人のキャラクターはスパイダーマンのコミックに登場したのが最初だった。なぜキャラクターに「&」がついているかというと2人は一緒にいないと成り立たないからだった。2人で1体のヒーローというとDCの「Flash」や「レジェンド・オブ・トゥモロー」に出てくるファイヤーストームを思い出す。クローク&ダガーはそれぞれで存在でき、それぞれの能力をもっている。ではなぜ2人は一緒にいないと成り立たないのか…ドラマでどこまで描かれるかは不明だが、2人のヒーローは弱点をもっている。クロークは光を定期的に吸収しないと飢えで苦しみ、ダガーは光を定期的に放出しないとパワーが暴走してしまう。ドラマでこの弱点がどこまで描かれるか楽しみだ。
ドラマはダーガー役のタンディ(白人)は貧乏ですさんだ生活をしていて、クローク役のタイロン(黒人)は豊かな優等生役というのが近年のドラマならではだろう。昔のように白人しか出てこないドラマなどは近年は作りにくいようだ。ドラマでは音楽が多用されている。こちらも若者を意識した作りだろう。

マーベル クローク&ダガーを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見

予告編


Marvelドラマ「クローク&ダガー」日本版予告 – YouTube

Season1 エピソード

第1話 ファーストコンタクト

幼いタンディ・ボウエンは裕福な家庭で育つ明るく前向きなバレリーナだった。ある日、父親を事故で亡くすまでは。“タイ”ことタイロン・ジョンソン少年は兄をヒーローのように崇拝していた。その人を汚職警官の手で奪われるまでは。愛する者を失った2人は苦しみながら、自分なりの方法で正義を求めていく。しかし、タンディとタイが運命に報復しようとするたび、不思議な力が生じ、2人はとまどうのだった。

第2話 心の闇

突如として現れたパワーで男を瀕死の状態に追いやってしまったタンディは、街を出ると決意する。しかし、自由になるには最後にもうひと仕事する必要があった。その頃、タイロンも自分自身の抱える問題に苦しんでいた。バスケットボール、両親、パワー、そして兄を殺した汚職警官への復讐心…。1人では抱えきれない問題に押し潰されそうになる一方だった。自力で問題を解決しようとしたタイロンとタンディは、どちらも誤った選択をしてしまう。しかし運命は2人に別の道を用意していた。

第3話 ステンドグラス

タイロンとタンディは引き寄せ合う力に抵抗していた。自分の手で正義を成そうとして失敗したタイロンは、数々の疑問に押し潰されそうになり、ブードゥーの儀式に答えを求める。タンディは交通事故の影響でめまいを感じ、もうろうとしていた。それでも街から逃げ出そうとしたところ、思わぬ場所で突破口を見つける。タイロンとタンディのつながりは、本人たちが意識するよりずっと強く、やがて2人もそれぞれの疑問を解く鍵がお互いだと気づく。

第4話 共鳴

お互いの心の中を見たタンディとタイロンは、ようやく自分たちのつながりについて、じっくり話す覚悟を決める。タイロンはタンディの抱える恐怖について語り、タンディはタイロンの希望の深い意味を教える。2人の新たな関係は、到来するであろう試練に立ち向かう助けになると思われたが…。タイロンはマルディグラ・インディアンに会い、一人前の男にとって大切なものを学ぶ。一方、タンディは父親の無罪を証明すべく、大量の資料を調べ始めていた。

第5話 頭脳プレイ

タンディは、一歩大きく後退しながらもロクソンとの戦いを続行。怒りを原動力に変えてロクソンのイベントに潜入し、パワーを手当たり次第に使いながら、求めている答えを探す。しかしタンディがパワーを乱用するほど、タイロンは自身のパワーのコントロールを失っていく。バスケの州大会優勝決定戦の最中にも関わらず、試合に集中できなくなり…。そしてコナーズに裁きを下す方法を探していた時には、兄とつながりのある人物の矛盾を知ってしまう。その頃、オライリー刑事は、汚職警官を捕まえるべく、自分の手を汚していた。

第6話 もう1人の自分

父親の汚名をそそぐと誓ったタンディは、父親の同僚の娘と友達に。もし運命が少し道を変えていたら、タンディは彼女のような人生を送っていたかもしれない。タンディが科学者として沼を探究していた頃、タイロンも別の人生を垣間見ていた。もし昔の居住エリアを離れる事件がなければ、タイロンもストリートで生きる若者になっていたかもしれない。兄ビリーの昔の友達は今や麻薬の売人に。その男は、警官によるビリー殺害事件の重要な鍵を握っていた。

第7話 記憶の扉

タンディはタイロンを説得し、ミナの父親を昏迷状態から救おうとする。彼はリグ爆発以来、何年も心の牢屋に閉じ込められていた。彼を助ける過程でリグ爆発を何度も何度も経験するうち、タンディとタイロンは力をよりコントロールできるようになっていく。ミナの父親を救ってリグから脱出するには、具体的な条件を達成するだけでなく、自分の心の問題と向き合わなければならなかった。

第8話 追悼

愛する者たちを失ってから8年目の日、タンディとタイロンは亡くなった家族の汚名をそそぐべく危険な一手に出る。正義を求めるそれぞれの戦いはさらなる戦いへと発展し…。

第9話 試練

父親について知りたくなかったことを知って以来、タンディは落ち込んでいた。つらい気持ちを癒やそうと、過去の知り合いに接触する。一方、タイロンも不安定な心を抱えていた。ビリー殺害犯を捕まえても望んだ結末にならず、憤りを爆発させてしまう。そして2人とも自分の行動に対する代償を払わされることに。大きな危機が迫り来る中、果たして2人は試練を経て成長できるだろうか。

第10話 英雄への道

ビリー殺害犯に正義が成されることを求めたタイロンは、逆に警察に追われる身に。一方、落ち込んだ時に大切な人たちを傷つけてしまったタンディは、過ちを正そうとしていた。それぞれの戦いを続ける中、2人はマルディグラの祭りで盛り上がる街で合流。タイとタンディは自分自身の問題に打ち勝ち、街を崩壊から救えるか。


Cloak & Dagger marvel クローク&ダガー クロークアンドダガー

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus