シングル・ペアレンツ

シングル・ペアレンツ

シーズン数2
IMDbスコア6.8/10
ジャンル コメディ
主要出演者タラン・キラム レイトン・ミースター ブラッド・ギャレット
配信中サービス   
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

元嫁との離婚以来、7歳の娘ソフィの子育て一筋に生活を送ってきたシングルファーザーのウィル。娘の転校先でも真っ先に子煩悩パパぶりを発揮するが、そこで出会った独身パパママ・グループとの交流を通し、自身の人生をもう一度楽しむべく、恋や遊びにも大奮闘していくことに…!美人だけどちょっと天然なアンジー、偏屈な皮膚科医のダグラスなど、個性溢れるひとり親仲間たちが、子育てと自分の幸せの両立に向き合いながら、喜怒哀楽に満ちたシングル・ライフを突き進んでいく!

シングル・ペアレンツの感想

ウィルを演じるのはコメディ番組「サタデー・ナイト・ライヴ」で有名なタラン・キラム。また、アンジーを演じるレイトン・ミースターは「ゴシップガール」以来、久々のドラマ出演です。

シングル・ペアレンツを無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
  

予告編(英語)

Season1 エピソード

第1話 僕たちキッズシッター

ウィル・クーパーは一人娘のソフィを育てるシングルファーザー。ソフィが小学校に入学したその日、ウィルはソフィのクラスメイトの保護者たちと初めて顔を合わせる。クラスの保護者代表として、教室ではりきって自己紹介をするウィル。学校で行われる慈善活動への参加を保護者に義務づけようとする彼の姿勢に、戸惑いを隠せない者たちもいた。その中の1人がアンジーで、彼女もまた、息子のグレアムを育てるシングルマザーだった。

第2話 大人の友情

ウィルやアンジーたちが集まり、1週間の子守のスケジュールについて話し合う。土曜の夜には皮膚科医のダグラスの家で子供たちのお泊まり会が行われ、ダグラスは5人の子供たちを預かることになっていた。娘のソフィをお泊まり会に送り出すウィルは、ダグラスと打ち解けたいという胸の内をソフィに明かす。そしてウィルはダグラスと親しくなるために、お泊まり会の日に自身もダグラスの家で過ごすことを計画するのだった。

第3話 向き合う力

ウィルの家で子供たちのダンスパーティーが開かれる。ダグラスの娘のエマとエイミーは、ペットのモルモットを連れてパーティーに参加していた。しかしポピーの息子のロリーがそのモルモットを踏んでしまい、パーティーは中断となり皆そろって動物病院へと駆け込む。結局モルモットは死んでしまい、子供たちは初めて“死”という現象に向き合うことに。アンジーの息子のグレアムは帰宅後、パソコンで人を死なせない方法を検索する。

第4話 怒りの対処法

赤ん坊のジャックを寝かしつけることができず、寝不足に悩むミギー。親として先輩であるアンジーはミギーに、赤ん坊に1人で寝る練習をさせることが重要だと話す。それを聞いたダグラスは、“寝ろ”と言うだけで赤ん坊を寝かしつけることができたと豪語する。そして、女性を子育てが下手だと非難するのだった。彼の発言に激怒するアンジー。彼女はダグラスの考え方が間違っていることを証明したいと考え、彼にある申し出をする。

第5話 ハロウィーンパーティー

家でハロウィーンパーティーを開くことになり、その準備で忙しくしているウィル。当日、パーティーが始まる前に、彼はアンジーたちを家の前に呼び出し、自身が施したイルミネーションや装飾について彼らに意見を聞こうとする。仕事で忙しいアンジーは息子の仮装の準備が終わってないとウィルたちに嘆く。職場に戻った彼女は上司に残業を命じられるが、パーティーに参加するため、用事ができたから帰ると上司にウソをつくのだった。

第6話 霧リスト

ウィルの子供たちが通う小学校の壁に、1枚の紙が貼り出される。“インフルエンザに注意”と書かれたその紙を手に取り、娘のソフィに予防接種をさせたと話すウィル。一方、アンジーは、息子のグレアムが注射嫌いで、まだ予防接種を受けられずにいるとウィルたちに打ち明ける。そしてアンジーは、注射とは違うタイプの予防接種があるにもかかわらず、予約に空きがないため、グレアムに受けさせることができないと嘆くのだった。

第7話 ウソはウソで

子供たちのお守りを担当するダグラス。彼は車で子供たちを水族館に連れていき、帰る途中でウィルに電話をかける。ウィルの娘ソフィを家へ送ると連絡するためだったが、電話に出たウィルは慌てふためいている様子。ダグラスが彼の反応を変と思いながらもソフィを家へと送ろうとすると、家の前でウィルと恋人がキスをしているのを目撃する。ウィルが慌てふためいた理由を悟ったダグラスはソフィにバレないようその場を去るのだった。

第8話 野獣の精神

スーパーマーケットの駐車場で子供たちが親たちの車を洗う“洗車の会”が開かれる。ダグラス、ポピー、そしてミギーが雑談していると、別の駐車場に1台の車が現れる。乗っているのは、ダグラスがひと目ぼれした“赤毛の女”と彼女の同僚のジュディだった。一度、赤毛の女と酒を飲む機会があったものの彼女をものにできなかったダグラス。彼はどうしても赤毛の女を口説きたいと思い、ミギーを伴い車から降りた彼女たちに接近する。

第9話 ペン泥棒

いつものように子供たちが通う小学校に集まり、雑談をするウィルたち。その日の夜には、保護者が集う懇親会がダグラスの家で開かれる予定だった。1年前の懇親会もダグラスの家で開かれたのだが、ダグラスはその日、宝物にしていた記念品のペンを盗まれてしまい、マークという男の仕業だと考えていた。マークは保護者の間で優しい人柄が評判の人気者だったが、ダグラスは彼が記念品を盗んだと思い毛嫌いしていた。

第10話 クリスマスの魔法

クリスマスイブの夜、アンジーが家で飾りつけをしているとサンタクロースの格好をした1人の男性が現れる。彼はオーウェンというアンジーの同僚で、2人は恋人という関係まではいかないものの、親しい付き合いをしていた。突然、訪れたオーウェンを戸惑いつつ家に招き入れると、オーウェンはアンジーに贈り物を差し出す。オーウェンを恋人と言い切れないという理由で、彼に贈り物を用意していなかったアンジーはただ焦るのだった。

第11話 ウィルのカリスマ性

キッチン用品店で偶然、知人であるテレビ局のプロデューサーに会い、天気キャスターのオーディションを受けることになったウィル。自分でオーディション用の映像を撮影した彼は、その出来に自信がなく、ポピーやミギーに見てもらうことに。アンジーは、息子のグレアムが学校で額に“オナラ”と落書きをされ、大きなショックを受ける。誰の仕業か聞き出そうとするアンジーだったが、グレアムは名前を口に出そうとしないのだった。

第12話 女子会効果

ある朝、ウィルの家を1人の女性が訪れる。彼女はウィルの元妻でソフィの母親であるミア。翌日、ウィルの娘ソフィが誕生日を迎えるため、サプライズで訪問したのだった。ウィルはミアをソフィの学校へ連れていき、アンジーたちに紹介。アンジーたちはミアの優しい性格を絶賛するが、ウィルはミアの突然の訪問にストレスを感じていた。そんな彼のストレスを発散させるために、アンジーとポピーは、2人で開く女子会にウィルを誘う。

第13話 給食メンタリスト

子供たちの教室で談笑しているウィルやダグラス。すると父兄の1人であるマークが彼らに話しかける。ダグラスは元部下のマークを毛嫌いしているが、アンジーはマークをいい人と擁護する。ダグラスと同様にマークを敬遠するポピー。学校からの帰り道、敬遠する訳をミギーたちに聞かれたポピーは、マークにデートに誘われたことを告白。それを聞いたダグラスは、マークとのデートを禁じるとポピーに告げポピーを立腹させるのだった。

第14話 双子のケンカ

学校の校長室にダグラスが呼び出される。ダグラスの双子の娘たちが、学校の体育館を勝手に改装したからだった。カウンセラーに面談するよう言われたダグラスは面食らうが、ダグラスの話を聞いたウィルは、そのカウンセラーを絶賛する。ウィル自身も週に一度、面談を受けていて、カウンセラーの助言を受けるべきとダグラスに伝えるのだった。一方、アンジーは息子のグレアムにできた新しい友達のことで頭を抱えていた。

第15話 バレンタイン大作戦

バレンタインデーの夜にスーパーマーケットで、他の客と商品を取り合うアンジー。彼女のそんな姿を、ウィルとミギーが偶然に見かける。2人に声をかけられたアンジーは、どうやら気まずい様子。彼女の不自然な態度を気にかけるウィル。そんな彼にアンジーは、買い物代行の仕事を副業としてやっていると告白するのだった。バレンタインデーに忙しそうにしているアンジーを見て、ウィルは彼女に手伝いを申し出る。

第16話 小さなプレイボーイ

ウィルの娘ソフィが、アンジーの息子グレアムに片思いをしていることが学校中に知れ渡ってしまう。そのことで落ち込むソフィに、ウィルが助言を与えようとするが、ソフィは耳を貸そうとしないのだった。一方、ポピーは自らが経営する店で、息子のロリーから元夫の新しい恋人に関する話を聞いていた。その恋人の悪口で大盛り上がりするポピーとロリー。しかし、元夫と新しい恋人が同居する話をロリーから聞くと、ポピーは激怒する。

第17話 退屈な父親

息子のジャックが成長するにつれ、自分が老け込んでくると感じるミギー。子供がいなかった頃は若者らしくパーティー三昧だったと語る彼に、ウィルがパーティーを開くよう提案する。その日の夜は、ウィルが子守を担当する番で、ウィルがジャックの面倒も見ることになり、ミギーは急遽、パーティーを開くことを決意するのだった。一方、ポピーとダグラスはその夜、ある資金集めのための催し物に出席する予定だった。

第18話 エロのマント

1人の女の子が学校の敷地内の滑り台から落ちてしまう。しかしアンジーたちと雑談していたウィルが瞬時に行動し、女の子を抱きかかえるのだった。周りにいた母親たちはウィルのお手柄を拍手で称賛。その場にいたダグラスは、ウィルがこの出来事をきっかけに母親たちにとって色男的な存在になったと察知する。そしてダグラスは、ウィルを利用し自分もモテたいと考え、自身が会員であるクラブへとミギーと3人で出かけようと考える。

第19話 揺れる自尊心

学校の構内で、保護者たちから寄付品を受け取るポピー。寄付品は競売にかけられ、売上金は学校の運用費になるため、ポピーはいい品が集まるのを期待していた。しかし、保護者が持ってくるものは、どれもありふれたものばかり。そんな中、ウィルが現れるが、ウィルの寄付品もまたありふれたものだった。落胆するポピーだったが、その場にいた彼女の息子ロリーが画期的な提案をし、ポピーとウィルはその案に乗る。

第20話 20代にさよならを

ポピーとミギーが街で“カレンクラブ”という新しい店を見かける。店名から経営者を女性だと推測し同性のポピーは喜ぶが、ワインと本の店だと知ると動揺する。しかもポピーの店の常連客がその店から出てくるのを目撃し、ライバル店の出現にポピーは焦るのだった。店でその件について、ポピーから話を聞くウィルとアンジー。ウィルは、ふとしたことから翌日がアンジーの誕生日だと知り、彼女のためにパーティーを開こうと提案する。

第21話 ジョスト!

ポピーの店で談笑するウィルとアンジー。2人は「ジョスト!」というドラマシリーズに夢中で、その日の晩も2人でドラマを見る予定とのこと。彼らの熱狂ぶりを見て、ポピーはただ困惑するのだった。するとそこにゴルフウェアに身を包んだミギーが現れる。彼の見た目の変わりように驚くアンジーたち。交際中のボビーという女性がゴルフのインストラクターで、ボビーに服を買ってもらったと、ミギーはアンジーたちに話すのだった。

第22話 スペースキャンプ

“ランス・バス・スペースキャンプ”という、宇宙について学ぶサマーキャンプに参加する予定のソフィとグレアム。しかしウィルがソフィの参加費を支払ってないことが判明する。支払期限が過ぎており、ソフィを参加させることができないと悟るウィル。ソフィを落胆させたくない彼だったが、仕方なくソフィに事情を話すことに。しかし、何としてもプロジェクトに参加したいソフィは、事態をどうにかするようウィルに伝えるのだった。

第23話 塩とケチャップ

アンジーがグレアムをサマーキャンプに送り出す。1人で過ごすことに不安を覚える彼女をウィルが心配し家を訪ねると、やはりアンジーは情緒不安定な様子。彼女はグレアムを連れ戻しに行くと言い出し、ウィルを慌てさせる。前夜、ポピーと元夫がキスしているのを目撃したダグラスは、翌朝も困惑したままだった。そんな彼の元にポピーがやってきてキスについて弁解しようとする。しかしダグラスは関心のないそぶりを見せるのだった。


U-NEXT
Single Parents

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus