アブセンシア~FBIの疑心~

absentia

シーズン数2
IMDbスコア7.3/10
ジャンル 犯罪, サスペンス
主要出演者スタナ・カティック パトリック・ヒューシンガー
配信中サービス  
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

あらすじ

主人公のエミリーはFBI捜査官。エミリーは連続殺人事件の捜査中に行方不明となり、その6年後に森の中にある小屋で突如発見される。エミリーは失踪した時の記憶をなくしていた。なぜ行方不明になったのか?6年間どこにいたのか?自宅に戻ると夫は再婚しており、息子は母親である自分を誰だか分かってくれない…という辛い現実を突き付けられる。そして、ある殺人事件で自分が疑われていることを知る。

アブセンシア~FBIの疑心~の感想

大ヒットドラマ「キャッスル~ミステリー作家は事件がお好き」で主役コンビの一人、ケイト・ベケットを演じたスタナ・カティックがキャッスル後に選んだのがこの作品。キャッスルのようにニヤリとするシーンもない重々しいクライムサスペンスだが、その分、見る側としてはドキドキする。ただ、つらい思いをした主人公がいきなり容疑者だとか可哀想すぎる展開で、脚本がイマイチな部分はある。他の人を無能に描くことで主人公の有能さを際立たせようとしているのかもしれないが…。シーズンは継続しており、日本ではシーズン2がWOWOWプライムにて2019年11月23日より放送され、第1話は無料放送される。また、11月2日にシーズン2第1話先行無料放送がある。

アブセンシア~FBIの疑心~を無料で見るには!

このサイトがお勧め!!無料期間やポイントを利用してイッキ見
 

予告編


「アブセンシア〜FBIの疑心〜 シーズン1」2018年9月5日(水)DVD発売/同日DVDレンタル開始- YouTube

アブセンシア~FBIの疑心~のTwitterでの口コミ

Season1 エピソード

第1話 死者の生還

FBI捜査官のエミリー・バーンは、同僚で夫のニックと息子のフリン、犬のリッグスと幸せに暮らしていたが、突然行方不明になり死亡認定される。その後、コンラッド・ハーロウがエミリー殺害の罪で終身刑の判決を受けるが、彼女の遺体は見つからないでいた。それから6年後。突然、ニックのもとに収監され電話の自由などないはずのハーロウから電話が入る。戸惑うニックに対しハーロウは、エミリーが生きていると告げて……。

第2話 怪物の釈放

連続殺人事件の容疑者だったハーロウが、エミリーに対する殺人罪では無罪となり釈放され、エミリー監禁事件の捜査は暗礁に乗り上げていた。ボストン市警では、ケリーという女性が、「2週間前にエミリーとセメロフが言い争うのを見た」とトミー刑事に告げたため、トミーとFBIのラドフォードはエミリーに事情を聞く。一方ニックは、同僚のクラウンとケリーの調査を進め、ダイナーで採取した指紋から、彼女の正体を突き止め……。

第3話 負の連鎖

釈放されたばかりのハーロウが自宅で殺された。そんな中、エミリーにセメロフ殺害の容疑が掛かり、ニックは事件の目撃者の身元偽装を報告し、エミリーの逮捕を待ってほしいとトミーに掛け合う。間もなくニックはクラウンが報告書を提出した時間とオフィスを出た時間にずれがあることを突き止めるが……。一方、真相の手掛かりと思われた生花店員のクーパーは、エミリー監禁の時期に刑務所に収監されていたことが判明し……。

第4話 幻覚の正体

エミリーはラドフォードの自宅で血まみれの目が描かれた日記を発見し、彼が自分の監禁に関わったと確信する。ニックはエミリーの身柄をボストン市警に預けるため、いったん滞在先のホテルに2人で戻るが、その後エミリーは姿を消してしまう。ニックはエミリーを取り逃がしたとして停職処分となり、トミーとラドフォードを中心とするチームが、エミリー捜索に当たる。エミリーは2件の殺人事件の容疑者として報道され始めて……。

第5話 目の示す場所

エミリーが逃げた直後にラドフォードは何者かに射殺され、そこにニックとトミーが到着したため、2人はエミリーが殺したと思い込んでしまう。そのころエミリーは、ドクター・ヴェガの治療で「血まみれの目」が昔遊んだ森にあった木だということを思い出していた。チームに戻ったニックとトミーは、捜査会議に同席していたヴェガから、エミリーが2つの人格を持つ「解離性同一性障害」である可能性を指摘され……。

第6話 兄と妹

コールブルックの森で発見された遺体は検視が行なわれ、まぶたがそぎ落とされていたことが分かる。遺体のそばにあった木に「エミリー」と刻まれていたことや、彼女が昔遊んでいた森であることからエミリーがハーロウと共犯だった可能性が高まる。同じころ、ジャックにも疑惑が浮上。彼のパソコンから7年前に開設した銀行口座に大金が入っていることが判明する。一方、ニックは元支局長のナッシュに会いに行くが……。

第7話 被験者AとB

ジャックの手当てによりエミリーは一命を取り留め、ジャックはエミリー救助を機に酒を断つ。間もなくジャックは、ペースメーカーの持ち主をシリアルナンバーから割り出し、ドクター・ルーファン・シェンにたどり着く。ルーファンは行動科学者だったが、物議を醸す実験を行ないマサチューセッツ工科大学をクビになった後、エミリーが暮らしていた養護施設「バレット・ハウス」の園長になっていたことが分かるが……。

第8話 放たれた銃弾

ニックはエミリーが写った意味深な動画を見て、彼女がアリスとフリンを誘拐したと思いこみ、記者会見を開く。一方、犯人隠避の容疑で拘束されていたジャックが突然釈放される。彼の保釈金を支払ったのは記者のローリー・コルソンで、エミリーが救出されて間もなく病院に侵入した記者だった。同じころFBIでは、エミリーが掘り起こした遺体がルーファンだと判明する。ニックとトミーが、ルーファンの弟エリックの店を訪ねて……。

第9話 真実への入口

地下室で目覚めたアリスは、ドアのくぎがわずかに緩んでいるのに気付き、ドアの板を引き剥がしてフリンを助けに向かう。しかし、フリンを無事救出した直後、アリスは麻酔銃で撃たれて倒れてしまう。そのころエミリーは、エリックの店で水槽を確認。トライキングというメーカーを突き止めてジャックに報告し、ジャックはローレンに調査を依頼する。一方トミーとニックが、チャールズに事情を聞くべく療養所で待機していると……。

第10話 蘇る記憶

地下に降りたエミリーは麻酔銃で撃たれ、気が付いたときにはアリスと同じ部屋にいた。間もなく室内でテレビモニターがつき、仮面を着けた犯人がエミリーに関する分析を語り始める。一通り語った犯人の主張に心当たりがあったエミリーは、犯人に呼び掛ける。そして、ついに真犯人が姿を現わしたとき、ニックが部屋に現われエミリーに銃口を向ける。そこで水槽に閉じ込められたフリンが叫び、アリスが目を覚まして……。

Season2 エピソード

第1話 過去の亡霊

元FBI捜査官のエミリーは拉致・監禁されていた6年間の記憶を失い、捜査官を辞めた今も事件の真相を探るべく調査を続けている。ボストン市警のトミーはその調査に協力しておりエミリーが育った養護施設のファイルを持ってくる。そのファイルに残っていた携帯番号をたどって2人はその持ち主のマクネアという男を訪ねる。そのころ、連邦ビルでテロ事件が発生し、エミリーの元夫であるニックほかFBIチームが捜査を開始する。

第2話 妄想と狂気

ニックほかFBIチームは、毒ガスを使ったテロ事件を捜査している。過激派グループを調べる一方で、ガナーセンは単独犯の線も捨てきれないと主張する。そして容疑者として浮上したのは、ガナーセンのプロファイリング像に合わない人物だった。エミリーは、ある場所で自分の出生証明書を見つける。拘束から48時間後に警察署から解放されたヴァレリーは、おびえた様子で「奴らに監視されている」とエミリーに告げる。

第3話 愛国の守護者

ニックとガナーセンはテロ事件の捜査に集中し、連邦ビルに落ちていたようなソケットビットを買った人物がこの3カ月で48人いることを突き止める。ガナーセンのプロファイリングにより容疑者は7人に絞り込まれ、さらに店の防犯カメラの映像から、首に“愛国の守護者”が使うガズデン旗のタトゥーのある男が見つかる。一方、ある人物の死を知ったエミリーは検視を要望。その遺体から大量のフェンタニルが検出され……。

第4話 指名手配

毒ガステロ事件の容疑者が全国に指名手配された。容疑者の写真はテレビで公開され、関係者や金の動きはFBIの監視下に置かれることに。一方、FBIに復帰したエミリーとカルはフェンタニル殺人を追っている。そんな折、新たに下院議員と殿堂入りした元フットボール選手が殺害される。そして、被害者全員の体に共通する発疹を見つけたエミリーとカルは、彼らが同じ場所にいたか、どこかで出会った可能性があると考え始める。

第5話 豹変

エミリーとカルは、被害者である元フットボール選手の妻から事情を聞く。彼女は、昔は穏やかだった夫が急に暴力を振るうようになり、それは慢性外傷性脳症のせいだと語る。また、別の被害者である下院議員はシラフでカーチェイスをし、検挙した巡査を殴りつけていた。巡査は、まともな人間が急に豹変したようだったと言う。フリンと祖父のウォーレンは一緒にゲームセンターに行くが、急にウォーレンが倒れ……。

第6話 潜入捜査

ある事件の発生により、クラウンはチームのメンバーに聞き取りを行なう。ニックは、FBI本部が事実とは異なる主張をすることに抵抗する。一方、エミリーとカルはモルドバで潜入捜査を開始。エミリーは「鉄鋼会社の大物」、カルは彼女の「警護主任」という肩書だ。パーティーに出席し、民間軍事会社の人々と接触する中で「ナイトウォッチ」なる名前を耳にする。また2人はバーで偶然カルの元仲間と出会い……。

第7話 ハンターたち

エミリーとカルは襲撃され、トラックの荷台に監禁される。ようやく扉が開くとそこは空港だった。2人をパーティーで出迎えた男が現われ、ナイトウォッチと敵対した2人を飛行機に乗せて始末しようとする。同じころ、トミーはエミリーに調査を頼まれたカタリスト・ダイアグノスティクス社を調べる。しかし、令状なく社屋に忍び込んだ彼は、停職処分となる。一方、アリスとニックの関係はこれまでになくこじれる。

第8話 攻撃性

フェンタニル殺人の被害者の共通点を探るエミリーとカル。全員が定期的に注射をする機会があり、彼らの検査はカタリスト・ダイアグノスティクス社が担当していたことが判明する。そして、2人はある事件の現場に残っていた「クイル」という言葉を頼りに、さらなる捜査を進める。そのころニックはアリスの行動を疑い、彼女と口論になる。そして彼は酔った勢いでエミリーを訪ねるのだった……。

第9話 悪魔の科学

ある写真を見つけたエミリーはパニックになるが、カルのおかげで冷静さを取り戻す。その後、エミリーはある人物を訪ねて、「プロジェクト・クイル」に関わったことがあるかを問いただす。そして、エミリーはその人物のオフィスに見覚えのある絵が飾られていることに気付く。また、その人物とカタリスト・ダイアグノスティクス社との関連も明らかになり、エミリーはある行動に出るのだった。

第10話 裏切り

事件の真相が明らかになり、ある人物の自宅から押収した資料を調べたチームは「家の改装」というファイルの中に暗号化されたメールのキャッシュを発見。それは返信されていない7年分のメールだった。送信元は偽装のため、定期的にアドレスを変更していたようだった。さらに捜査を進めるうちに、エミリーは衝撃の事実を知ることになる。思いもよらない人物が事件に関係していることが明らかになり……。


U-NEXT
アブセンシア FBIの疑心 absentia

このドラマを無料で見るには!
無料期間やポイントを利用してイッキ見

 
該当ドラマの配信が終了になっているサービスもあります。また最新シーズンは見放題ではなく別途料金が発生するサービスもございます。必ず無料期間中にご確認ください

シェアする

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus