ビデオパス

ビデオパス

本日申し込めば2018年12月14日まで無料で楽しめます。
2018年12月14日までに解約すれば1円も料金は請求されません!

ビデオパス基本情報

月額料金562円〜(税抜)
30日間無料
作品ラインナップ数1万本
機能ダウンロード再生機能搭載
こんな方にオススメ映画館に映画をよく見にいく人

ビデオパスとは?

au(KDDI)が運営している動画配信サービス。以前はauの携帯を使っていないと加入できなかったが、2018年8月現在、auの携帯加入に関係なく、誰でも加入できるようになった。他の動画配信サービスと異なる点としては、TOHO Cinemasや United Cinemasのような実際の映画館での映画鑑賞料金が割引されるメリットがある。

ビデオパスの料金は月額562円(税抜)

  • 見放題
  • 追加課金

作品によって「見放題」と別途追加料金が必要な「有料課金」があります。有料課金と聞くと少し構えますが、有料課金を間違いにくい良心的な表示になっているので、それほど怖がることはありません。また毎月540円相当のコインが付与されるので、それを使って最新の映画やドラマも楽しめます。ドコモが運営しているdTVと月々料金はそれほど差はありませんが、このコイン分と映画館での割引がある分、ビデオパスの方がお得ですね

加入方法

au公式/ビデオパス 初回30日間無料
①Wow!ID発行
 au以外の方はWow!IDの発行が必要。
②ビデオパスに入会
  初回30日間は無料でご利用いただけます。
  au以外の方はクレジットカード登録が必要。

ビデオパス無料期間

初回は30日間は無料なはずなのに….申込画面には【初回:214円、次回以降:606円)と書いてあります。(初回の金額は申込日によって異なります)一瞬焦りますよね。でも大丈夫です。この画面の表記が分かりにくいだけです。例を挙げて説明した方が分かりやすいので簡単な図にしました。

ビデオパス初回説明

初回とは無料期間が終わった日からその月末までの日割りの料金になります。30日以内に解約すれば無料で利用できます。

③ビデオパスを楽しむ
 スマホやタブレットの場合はアプリダウンロードが必要。
videopassアプリiOSvideopassアプリandroid

月額料金の範囲

見放題作品と有料課金の区別
ビデオパスでは一見では見放題作品と有料課金作品の区別がつきません。他のVODサービスはドラマのサムネイルなどに印があるのですが、ビデオパスでは特段目立った印はありません。有料課金作品を選ぶと必ず以下のような値段と有効期限が表示されるので間違って選ぶ可能性は低いですね。

無料期間

入会してから30日間が無料期間です。無料期間中に以下の項目をチェックしておきましょう。

  1. 自分が見たい作品はあるか?
  2. 自分が持つパソコンやスマートフォン、タブレットで問題なく視聴できるか?
  3. ドラマの映像や字幕は見やすいか?

などを確認しましょう。

解約

継続を望まない場合は、無料お試し期間中に解約する必要があります。解約する予定の人は28日目か29日目あたりで解約すると安心ですね。解約すれば一切お金は請求されませんのでご安心を!無料期間中にもらえるコインもできる限り使い切って映画やドラマを楽しみましょう。

(1) 以下のURLにアクセス
https://web.videopass.auone.jp/c/pc_setting

(2)
ビデオパス解約−1

(3)
ビデオパス解約ー2

ビデオパスで配信されている作品のメリット・デメリット形式で徹底解説

メリット

  1. 有名どころの海外ドラマは揃っている

デメリット

  1. 見放題の海外ドラマが少しだけ少ない
  2. 吹き替えのドラマや映画が多い

ビデオパスの機能をメリット・デメリット形式で徹底解説

メリット

  1. ダウンロード機能が搭載されている
  2. Chromecastに対応している

デメリット

  1. amazon FireTV用アプリがない

ビデオパスでぜひ見てほしいドラマ

ビデオパス

ビデオパスで配信している作品一覧【見放題】(2018年8月更新)

ビデオパスで配信している作品一覧【レンタル】(2018年8月更新)